【2021年最新版】東京の観光ガイドブック

Travel Tips
2021年11月23日

今人気の旅のブログ

目次

1. 東京観光
東京について
定番の観光スポット
2. 東京へのアクセス
空港・都内への移動手段
3. 東京都内の移動手段
交通機関
4. 観光におすすめの時期
東京旅行のベストシーズンはいつ!? 東京 の 天気
5. 東京の楽しみ方
おすすめグルメスポット・・・「スカイツリー」、「すみだ水族館」、「東京ソラマチ」、「雷門」、「恩賜上野動物園」、「国立西洋美術館」、「上野の森美術館」
グルメ・・・「豊洲市場」、「築地市場」、「築地場外市場」、「月島もんじゃストリート」、「のんべい横丁」、「思い出横丁」
ショッピングガイド・・・「GINZA SIX」、「竹下通り」、「表参道」、「かっぱ橋道具街」
文化・習慣
【決定版】2021年 日本の祝日・休みカレンダー

【2021年最新版】東京の観光ガイドブック

📍東京 東京地方(東京)の天気

>> 東京都・東京の天気予報 東京の天気概況

【2021年最新版】東京の観光ガイドブック

2022年の祝日・連休 🎡👨‍👩‍👧‍👧👭👫

【2021年最新版】東京の観光ガイドブック

祝日の名称 2021年 連休
元日 1月1日 1月1〜3日
成人の日 1月10日 1月8〜10日
建国記念の日 2月11日 2月11~13日
天皇誕生日 2月23日 なし
春分の日 3月21日 3月19~21日
昭和の日(GW)
GW =ゴールデンウィーク
4月29日 4月29〜5月5日
※5月2日は祝日ではないが休みを取る人も多い
憲法記念日(GW) 5月3日 4月29〜5月5日
みどりの日(GW) 5月4日 4月29〜5月5日
こどもの日(GW) 5月5日 4月29〜5月5日
海の日 7月18日 7月16~18日
山の日 8月11日 なし
お盆 8月13〜16日前後 祝日ではないが、休みをとる人が多い
敬老の日 9月19日 9月17〜19日
秋分の日 9月23日 9月23〜25日
スポーツの日 10月10日 10月8〜10日
文化の日 11月3日 なし
勤労感謝の日 11月23日 なし

人口約1,400万人の東京は、徳川家が江戸幕府を置いた江戸時代から400年以上にわたって日本の首都として栄えている日本最大の都市です。伝統文化と最先端のテクノロジー、ポップカルチャーが融合するユニークな都市として、国内にかぎらず国外の人々も魅了する世界有数の都市です👍

1. 東京観光

東京について

東京は異なる魅力をもつ街が集まる巨大都市。東西南北どのエリアも見どころが多く、何度でも訪れたい都市として人々を引き寄せる魅力を持っています。

有名観光スポットが集まる東京の東エリアには、江戸時代から商業や伝統芸能を支える繁華街として栄えてきた浅草があります。1,400年近い歴史をもつ都内最古の寺「浅草寺」やその周辺の下町ならではの風情ある街並みは、散策するだけでも楽しめます。また同エリアには、現存する電波塔としては最も高い634mの「スカイツリー」があり、展望台からは東京を一望できます。

東京の北エリアは上野をはじめとする文化の街としても有名です。「上野公園」内は日本で最も古い動物園「恩賜上野動物園(通称:上野動物園)」をはじめ、「国立西洋美術館」や「上野の森美術館」といった美術館と博物館が複数あり、まさに文化の中心地です。他にも「谷根千」(谷中・根津・千駄木の総称)と呼ばれるエリアは、ノスタルジックな街並みが続き古き良き時代にタイムスリップしたような気分を味わえます ❤️

ファッションやトレンドをの発信地といえば、渋谷・原宿。この2つの街がある西側のエリアには、ネオン街が広がる新宿や、サブカルチャーや音楽文化が盛んな下北沢や中野、高円寺といったユニークな街が数多くあります。

東京の南側に行くと、雰囲気が大きく変わります。東京湾に浮かぶ人工島にハイテクの娯楽施設が集うお台場や、高層ビル群と巨大ターミナル駅がある品川も外せない観光スポットです。

そして中心部には、伝統文化と最新のトレンドカルチャーが入り混じる大人の街・銀座と、ポップカルチャーの聖地・秋葉原があり、いずれも東京観光の際には見逃せません 👏

どこを訪れても個性豊かで魅力あふれる街が集まる東京。お気に入りの街を見つけるのも東京の楽しみ方かもしれません 👍

定番の観光スポット

東京は見どころが盛りだくさん!初めて訪れるなら、王道の観光スポットとして人気の浅草・スカイツリーエリア、上野エリア、東京湾沿いのお台場エリアは確実にリストに入れておきたい場所。東京一の観光名所・浅草で伝統的な神社仏閣を巡り、風情ある下町を散策して伝統文化に思いをはせた後は、世界一高い電波塔のスカイツリーで東京を一望!

その次は上野へ。日本最古の動物園「恩賜上野動物園」でジャイアントパンダをはじめとする動物を鑑賞したら、同公園内の美術館や博物館で文化に親しみましょう。

夕方からはお台場方面に向かい、「お台場海浜公園」で東京湾沿いを散歩し、レインボーブリッジの夜景を楽しむのもよいかもしれません。

お台場海浜公園
お台場海浜公園
4.6/5
485件のレビュー
お台場海浜公園お台場海浜公園、東京お台場地区で最も観賞できる観光スポット。公園の総面積は51万平方メートルで、東京湾の古い防波堤と湾の中のお台場公園に囲まれています。公園の陸地部分は海岸線に沿って狭くて長い形をしており、面積は大きくないが(7.5万平方メートル)、景観と展望の設計は非常に精巧で、下から上に3層に分かれている。下層:海に密着し、海岸に磯浜区(石灘)と海浜区(砂浜)が設置されている。石のビーチで釣り、ビーチを散歩し、海とゼロ距離で接触し、自由で快適な気持ちが生まれます。長い砂浜では、古いアンカーチェーンがどこにでも見え、豊かな変遷感は遠くの虹橋の淡雅な清新感と相まって趣があります。上層階:お台場の歩道に接続し、環状の展望台(展望台)が造られている。展望台に登って、近くと遠くから:高のトーチの自由の女神、百の争流の東京湾、両岸に横たわる虹の橋、都心に立っている東京タワー~美しい景色、一望できます。中層:上階と下階は階段を通って中間の空中散歩道に着きます。緑の茂った遊歩道をぶらぶらしたり、自由の女神像を近距離で打ったり、お台場の風景を全方位で鑑賞したりします。景色が魅力的で、心が爽やかです。
詳細

ショッピングにおすすめなのは銀座。高級ブティックからファストファッションの大型店舗まで、どんなニーズもかなえてくれる街です。電化製品やゲーム・アニメ関連のお買い物なら、専門店が数多く並ぶ秋葉原へ!日本のファッションやサブカルチャーの発信地でもある原宿・渋谷エリアでお買い物を。カワイイ文化の発信地「竹下通り」や、流行の最先端が集まる「表参道」も忘れずにチェックしましょう。

初めての東京でぜひ食べたいのが名物の「江戸前寿司」や「もんじゃ焼き」。築地場外市場には新鮮な寿司や海鮮丼を提供する店が約40店舗あり、そこから約2km離れた月島には有名な「月島もんじゃストリート」があります。夜は渋谷や新宿にある昔ながらの横丁へ。ディープな東京体験で1日を締めくくりましょう。

2. 東京へのアクセス

空港・都内への移動手段

飛行機で東京を訪れる場合、東京国際空港(通称:羽田空港、HND)が便利です。東京大田区にある羽田空港は東京都心までも約15km、「京急線エアポート特快」で品川駅までわずか約13分、「東京モノレール空港快速」で、浜松町までたったの約13分とアクセス抜群です。千葉県にある成田国際空港(NRT)は国際線がメインですが、国内線も就航しています。東京都心までは約60kmで、所要時間は「京成スカイライナー」や「成田エクスプレス」の利用で約50分、高速バスの利用で約1時間です。また、よりお得な交通手段として、成田空港~東京駅/銀座駅間の「エアポートバス東京・成田」や成田空港~大崎駅間の「成田シャトル」も定期的に運行されています。

【2021年最新版】東京の観光ガイドブック

東京駅は東海道新幹線や東北新幹線をはじめ、日本全国からの新幹線が乗り入れており、同駅から在来線や地下鉄に乗り換えることができるため、東京観光に非常に便利です。JR東日本の「えきねっと」を利用すると、事前に乗車券・特急券を予約できるのでおすすめです。


またよりお得に東京を訪れたい場合におすすめの交通手段は高速バスです。例えば大阪~東京間の高速バスは所要時間は約8~10時間ですが、料金は約3,000円~最大約12,000円と、同区間の新幹線(定価・普通席で14,000円前後)と比べると割安です。都内には東京駅や「バスタ新宿」をはじめ、主要駅周辺の高速バスターミナルが複数あるため観光にも便利です。

3. 東京都内の移動手段

交通機関

東京内には様々な移動手段があります。電車、タクシー、バス、さらにエリアによっては水上バスやモノレールなどの交通手段が充実しており、目的や所要時間、予算に合わせて使い分けるのがおすすめです。

東京都内には在来線・地下鉄を合わせて655駅あるため、電車がもっとも便利な交通手段と言えるでしょう。1日で複数回JRや地下鉄を利用する場合は、JR東日本の「東京フリーきっぷ」や「東京メトロ・都営地下鉄共通一日乗車券」がおすすめ。プリペイド式の交通系カード「Suica」や「PASMO」は、いずれか1枚で在来線や地下鉄、さらにバスやタクシーなどの交通手段も利用できる上、コンビニエンスストアをはじめ様々な店舗での買い物にも使えるので便利です。東京の駅には出口が複数あるため、地図アプリや乗換案内アプリを利用して、目的地に合わせた乗車位置と出口を事前に確認することをおすすめします。

東京はバスも充実していますが、混雑するエリアや時間帯などは所要時間が長くなるため注意が必要です。

またタクシーは都内の路上では拾いやすく、便利な移動手段ではありますが、他の交通手段に比べると割高になります。「JapanTaxi(ジャパンタクシー)」アプリは、現在地までのタクシーの呼び出しや予約、料金検索ができ、登録すればネット決済もできるためぜひ活用しましょう。

天気が良ければ、「ドコモ・バイクシェア」や「PiPPA(ピッパ)」などのライドシェアサービスを利用するのもおすすめです。自転車ならではの別の角度から東京の新たな姿を発見できるかもしれません。

4. 観光におすすめの時期

東京旅行のベストシーズンはいつ!? 東京 の 天気

ベストシーズン

東京は一年を通して気温の変化がありますが、どの時期に訪れても楽しめます。ただし、夏(6月後半~9月中旬ごろ)は湿度・気温ともに高くなるため熱中症対策が必須です。春の桜シーズンや、散策に最適な穏やかな天気の日が多い秋がおすすめですが、ホテルの料金も上がることが多いので注意が必要です。

東京の近年の年間最高気温は32.8℃前後、年間最低気温は1.4℃前後で、一年を通して気温の変化があります。

【2021年最新版】東京の観光ガイドブック

梅雨の時期から夏(6~9月)にかけては平均湿度が80%を超えることが多く、この期間は蒸し暑い天候が続きます。また夏は高温かつ降水量が多くなるため、この時期のお出かけには折り畳み傘などの雨具は必須です。特に都心部ではヒートアイランド現象により熱帯夜となることがあるので、風通しのよい服装を心掛けることをおすすめします。

冬は晴れの日が多いですが、乾燥する日が続くため、乾燥対策を忘れずにしましょう。春や秋は穏やかな天気の日が多く、観光におすすめのシーズンですが、梅雨の時期や秋の台風シーズンは降水量が増えるため、注意が必要です。

5. 東京の楽しみ方

おすすめグルメスポット・・・「スカイツリー」、「すみだ水族館」、「東京ソラマチ」、「雷門」、「恩賜上野動物園」、「国立西洋美術館」、「上野の森美術館」

東京で人気の観光スポットのひとつ「スカイツリー」は高さが634mあり、電波塔としては世界で最も高いとされています。360m地点の「展望デッキ」では東京を見渡すパノラマビューを、450m地点の「天望回廊」では空中散歩の気分を味わいながら、スロープ状の展望回廊を上ることができます。地上に戻ってきたら、「すみだ水族館」でクラゲやペンギンを眺めたり、約300の多彩な店舗が並ぶ「東京ソラマチ」でショッピングを楽しみましょう。

またスカイツリーから約1km離れた「浅草」は東京観光の定番スポット。「雷門」をくぐり、スイーツやお土産を買いながら参道を進みましょう。1,400年近い歴史をもつ都内最古の寺である「浅草寺」でお参りしたら、レトロな遊園地「浅草花やしき」で日本現存最古のローラーコースターに乗ってスリルを体験するのはいかがでしょうか。

文化の街・上野にある「恩賜上野動物園(通称:上野動物園)」は1882年に開園した日本でも最も古い動物園で、日本一の入園者数を誇ります。ニュースなどでもたびたび取り上げられるジャイアントパンダや、ゴリラをはじめ、エゾシカやニホンカモシカなど日本ならではの動物も見られます。

動物に癒されたら、上野公園内にある「国立西洋美術館」や「上野の森美術館」でアートを堪能したり、日本で唯一国立の総合科学博物館「国立科学博物館」で、日本の歴史や生態系にまつわる展示、科学技術の発展を学んだりしましょう。

グルメ・・・「豊洲市場」、「築地市場」、「築地場外市場」、「月島もんじゃストリート」、「のんべい横丁」、「思い出横丁」

東京は世界各地の料理が楽しめるグルメの宝庫です。東京を訪れたら豊富な選択肢に頭を悩ませてしまうかもしれませんが、せっかくなら東京ならではのグルメを楽しんでみませんか。

東京でまず食べたいのが寿司をはじめとする海鮮料理。2018年に「豊洲市場」が開場したことで、公設の卸売市場としての「築地市場」は営業を終了しましたが、「築地場外市場」は今でも営業を継続しており、「すしざんまい本店」をはじめ、江戸前寿司や海鮮丼を提供する店舗が約40店舗並んでいます。

東京のソウルフードといえば「もんじゃ焼」。中央区の月島は古くからもんじゃ焼きの街として親しまれており、「月島もんじゃストリート」と呼ばれる区域にはもんじゃ焼き専門店が50店舗以上並びます。また、「新木場 江戸前汽船」ではお台場または隅田川を周遊する屋形船に乗りながらもんじゃ焼きを食べることができ、観光とグルメを一度に満喫できます。

ディープな東京グルメを楽しむなら、各地にある横丁を訪れるのはいかがでしょうか。もともとは闇市としてはじまった新宿西口の「思い出横丁」は今では昭和の香りがそのまま残る居酒屋横丁として国内外から人が集まり、焼き鳥やもつ焼きの名店が立ち並びます。渋谷の「のんべい横丁」は賑やかな街中で異色の雰囲気を漂わせるレトロな通りで、古き良き居酒屋やスナック、お洒落なビストロやバーが並ぶ、活気あふれる通りです。

ショッピングガイド・・・「GINZA SIX」、「竹下通り」、「表参道」、「かっぱ橋道具街」

東京は手に入らないものがないと言われるほど、世界各国の様々な商品が集まる街です。なかでも銀座は、東京メトロ銀座駅より徒歩2分の場所にある「GINZA SIX」をはじめ、デパートや高級ブティックが多数あり、ラグジュアリーなファッションアイテムを求めて国内外の多くの人が集まります。近年はファストファッションの大型店や「無印良品 銀座」がオープンするなど多様化しており、世代・趣向を問わずあらゆる人におすすめのショッピングエリアです。

東京のファッションをさらに追及するなら、ファッションの聖地・原宿や渋谷に行きましょう。原宿駅から明治通りに向かってのびる「竹下通り」やその周辺のエリアはカワイイ文化の発信地として、常に話題性のあるお店が並びます。ハイストリートファッションをお求めの場合は「表参道」に行きましょう。

電化製品の買い物なら、秋葉原がおすすめです。駅周辺や中央通りには、小さな露店から大型店舗まで、家電やコンピューター関連、ゲームなどを販売する店舗が豊富にあるので選択肢に困りません。

浅草と上野の中間にある、「かっぱ橋道具街」は食器具・包材・調理器具・食品サンプル・食材・調理衣装など、食の専門店が集まるエリアです。プロ向けの商品はもちろん一般人でも入りやすい店舗もあるため、お気に入りの食器や調理器具を調達しに行くのはいかがでしょうか?

文化・習慣

都内の飲食店での喫煙は原則禁止されています。また、路上や公園なども喫煙禁止のエリアが多数あります。喫煙は指定の喫煙所で行いましょう。

【2021年最新版】東京の観光ガイドブック

今回は一度は訪れておきたい定番スポットを中心にご紹介しました。

ぜひ皆様の旅に役立ててください。

※ご紹介したスポットは営業時間などが変更されている可能性がございます。最新情報は各公式サイトにてご確認をお願いいたします。

※お出かけ前には都道府県の要請をご確認いただき、体調や安全に十分ご注意ください。