>>
全日本空輸 航空券

日本最大の路線網を誇る全日空とは

全日本空輸(All Nippon Airways)は日本を代表するフルサービスキャリアの航空会社です。1952年に設立され、1954年に東京(羽田)-大阪(伊丹)間で旅客便を運航開始、1957年に全日本空輸株式会社に名称を変更しています。その後、高度経済成長期の航空需要拡大に伴い徐々に事業を拡大しました。国際線の定期運航はやや遅れて1986年に東京(成田)-グアム間で運航を開始しました。その後は積極的に路線を増やし、1999年のスターアライアンス加盟を機に、コードシェアによる路線網をさらに広げて行きました。現在では国内線50都市、国際線で44都市に乗り入れ、グループ各社を合わせると日本国内のマーケットシェアの50%近くを占める国内最大規模の航空会社に成長しています。2003年から公式呼称がANA(エー・エヌ・エー)に変わりましたが、現在でも全日空の通称で広く親しまれています。

全日空(ANA)のマイレージサービス

独自のマイレージサービス「ANAマイレージクラブ」の会員になることで様々な特典が得られます。飛行距離によってポイントが貯まるだけでなく、レストランやホテルなどの提携パートナーを利用すると貯まるポイントを特典航空券や特定商品などに変えることもできます。また330ものショップを有するオンラインショップ「ANAショッピングモール」を経由するだけでも貯まります。マイルの有効期限は搭乗した日から3年間です。クレジットカード付きのマイレージカードでは、決済金額に応じてマイルが貯まります。いっぽうでプレミアムポイントは飛行機の搭乗でしか得ることはできません。年間の獲得ポイント数によってブロンズ、プラチナ、ダイヤモンド会員に分かれており、それぞれのステイタス別のサービスが受けられます。10万ポイント以上のダイヤモンド会員は、空港のラウンジ利用やコンシェルジェサービス、座席のアップグレードなどの特典を利用できます。積算の対象となるのはANAグループ運航便とスターアライアンスコードシェア便、ANA便名のコードシェア便です。ポイントの保持期間は1月から12月までの1年間で、サービスは翌4月から受けられます。ポイントを翌年に持ち越すことはできないため、注意が必要です。(ダイヤモンド会員を除く)

全日空(ANA)のセール・割引情報

年間を通じて様々なキャンペーンを行っています。全日空独自のキャンペーンのほか、提携ホテルやレストラン、保険会社、宿泊サイト、ファッションメーカーなど他社とのジョイントキャンペーンも多数展開しています。ANAカード保持者を対象にマイルを使って参加できるイベントや、指定店での買い物でボーナスポイントがもらえるキャンペーンもあります。詳しいキャンペーン情報はこちらからご確認ください。 

全日空(ANA)の評判

英国の格付け機関であるスカイトラックス(Skytrax)社の「ワールド・エアライン・スター・レイティング」で世界最高評価の5スターを2012年から2019年まで7年連続で取得しています。5スターは空港から機内サービスまで800項目以上のカテゴリーで5つ星レベルのサービスを提供する航空会社のみに与えられる最高評価です。また同じスカイトラックス社の2019年「ワールド・エアライン・アワード」では「ワールド・ベスト・エアライン」で世界3位、空港サービス全般を評価対象とした「ワールド・ベスト・エアポート・サービス」部門や国際線ビジネスクラスの機内食を評価する「ワールド・ベスト・ビジネスクラス・オンボードケータリング」部門で最優秀賞を獲得しています。

また、世界の航空会社の格付けを行っているAirlineRatings.comの最新評価では、安全面で最高評価の7スター、飛行機の快適性(シートや食事、機内エンターテインメント、Webサイト情報など)でも最高評価の7スターを獲得しています。

全日空(ANA)の保有している航空機材の種類

  • エアバス A380-800 520席
  • ボーイング777-300 514席
  • ボーイング777-200 405席・392席
  • ボーイング787-9 395席・246席・215席
  • ボーイング787-8 335席、240席、184席、169席
  • ボーイング787-10 294席
  • ボーイング767-300 270席
  • ボーイング777-300ER 264席・250席・212席

全日空(ANA)と提携する主な航空会社

  • 全日空グループ会社 ANAウイングス(国内線を運航) エアージャパン(国際線を運航)
  • スターアライアンス加盟25社(ユナイテッド航空、ルフトハンザドイツ航空、エア・カナダ、中国国際航空、シンガポール航空など)
  • スターアライアンス準加盟1社(吉祥航空)
  • 全日空(ANA)の便名でコードシェア便を運航する航空会社
  • 国内線5社(エア・ドゥ、IBEXエアラインズ、スターフライヤー、ソラシドエア、オリエンタルエアブリッジ)
  • 国際線13社(アリタリア航空、ガルーダ・インドネシア航空、フィリピン航空、ヴァージン・オーストラリア航空など)
  • AMCマイレージ提携航空会社12社(ガルーダ・インドネシア航空、アリタリア航空、ヴァージン・アトランティック航空など)

手荷物について

機内持ち込み手荷物

搭乗クラス 個数 重量 サイズ

国内線(総座席数100席未満) 身の回り品のほか1人1個まで 総重量10kg以内 3辺合計100cm以内、3辺が45cm×35cm×20cm以内(キャスター、ハンドルなども含む)

国際線・国内線(総座席数100席以上) 身の回り品のほか1人1個まで 総重量10kg以内3辺合計115cm以内、3辺が55cm×40cm×25cm以内(キャスター、ハンドルなども含む)

受託手荷物

搭乗クラス 個数 重量 サイズ

国内線:プレミアムクラス 制限なし 合計40kgまで無料、以降は超過料金(1個あたりの上限32kg、合計100kg以下) 3辺の合計が203cm以内(キャスター、ハンドルなども含む)

国内線:普通席 制限なし 合計20kgまで無料、以降は超過料金(1個あたりの上限32kg、合計100kg以下) 3辺の合計が203cm以内(キャスター、ハンドルなども含む)

国際線:ファーストクラス 1人3個まで無料、以降は超過料金(1個あたり32kgまで無料、上限45kg、合計100kgまで) 3辺の合計が158cm以内まで無料、以降は超過料金、上限203cm(キャスター、ハンドルなども含む)

国際線:ビジネスクラス 1人2個まで無料、以降は超過料金(1個あたり32kgまで無料、上限45kg、合計100kgまで) 3辺の合計が158cm以内まで無料、以降は超過料金、上限203cm(キャスター、ハンドルなども含む)

国際線:プレミアムエコノミークラス 1人2個まで無料、以降は超過料金(1個あたり23kgまで無料、上限45kg、合計100kgまで) 3辺の合計が158cm以内まで無料、以降は超過料金、上限203cm(キャスター、ハンドルなども含む)

国際線:エコノミークラス 1人2個まで無料、以降は超過料金(1個あたり23kgまで無料、上限45kg、合計100kgまで) 3辺の合計が158cm以内まで無料、以降は超過料金、上限203cm(キャスター、ハンドルなども含む)

機内サービスについて

機内エンターテインメント

離陸約5分後から着陸約5分前まで、無料のWi-Fiサービスがあり、スマートフォン、タブレット端末でインターネット、Eメール、SNSを利用することができます。また「ANA SKY LIVE TV」ではリアルタイムでニュースやスポーツなどのテレビ番組を無料視聴できます。その他、雑誌やコミック、観光誌など約180のコンテンツが無料で閲覧できます。前方スクリーンでは月替わりで偶数便・奇数便において、ANAオリジナル番組などを上映。オーディオ番組では、流行のJ-POPからクラシック、落語などを聞くことができます。個人シートモニターでは、最新映画をはじめ、様々なコンテンツを楽しめます。

機内食&飲み物

国内線ではソフトドリンク類が無料で提供されます。アルコールは有料です。プレミアムクラスではフライトの時間帯に合わせて、朝食、昼食、軽食、夕食のサービスがあります。普通席では機内食の提供はありません。

国際線では全てのクラスで機内食2食とアルコールを含むドリンク類が無料で提供されます。プレミアムエコノミークラスとエコノミークラスでは出発の24時間前までに予約すれば有料でオーガニックの機内食(和食または洋食)のサービスを受けられます。ビジネスクラスは1食目のコースメニューの内容を和食と洋食から事前に予約することもできます。またアレルギー対応食や糖尿病対応食など健康に配慮した特別食も予約できます。ベジタリアン向けメニューもヴィーガン、ローフードヴィーガン、ラクト・オボ・ベジタリアンなど5種類が用意されており、その他イスラム教徒向けなど宗教に対応した食事もあります。これらの特別食の提供を希望する場合は、所定の期限内に申し込みが必要です。

チェックイン

主要空港のチェックインカウンター

出発空港 チェックインカウンター

成田空港

・国際線:第1ターミナル 南ウイング 4階 A B C Zカウンター

・国内線:第1ターミナル 南ウイング 1階 国内線チェックインカウンター

羽田空港

・国際線:第2ターミナル3階 ANAチェックインカウンター 第3ターミナル3階 ANAチェックイン・発券カウンター

・国内線:第2ターミナル2階 チェックインカウンター

関西国際空港

・国際線:第1ターミナル3階 ANAチェックイン・発券カウンター

・国内線:第1ターミナル2階 ANA国内線チェックインカウンター

伊丹空港 

・南ターミナル2階 チェックインカウンター

中部国際空港 

・第1ターミナルビル3階 チェックインカウンター

福岡空港 

・国内線旅客ターミナル2階 チェックインカウンター

新千歳空港 

・国内線ターミナルビル2階 ANAチェックインカウンター

那覇空港 

・国内線旅客ターミナルビル3階 ANAチェックインカウンター

オンラインチェックインサ-ビス

国内線では独自の事前チェックインサービス「スキップサービス」利用で、空港で搭乗手続きをせずに直接保安検査場に進むことができます。事前に航空券を予約購入し座席指定を済ませておけば、2次元バーコード画像入りの搭乗券をスマートフォンやApple Watchで表示する、eチケットをプリンターで印刷する、またはANAマイレージクラブカードを提示するなどの方法で空港でのチェックインを省略できます。一部の割引運賃や3才未満の幼児を同伴している場合にはスキップサービスが利用できない場合もありますので注意しましょう。

国際線は出発時刻の24時間前からオンラインチェックインが可能です。出発の24時間前までに座席指定とパスポート情報を入力すれば、出発24時間前にオンラインチェックインの案内メールが送付されます。出発24時間前から出発の1時間15分前まで全日空(ANA)公式Webサイトのオンラインチェックイン画面からチェックインできます。オンラインチェックインを行った後は、メールで送付されるモバイル搭乗券の画像をモバイル端末でダウンロード、搭乗券をプリンターで印刷、空港の自動チェックイン機で受け取り、いずれかの方法で搭乗券を取得します。路線によってはオンラインチェックインを利用できない場合もあります。

予約時の手数料とキャンセル料

国内線は予約手数料、発券手数料とも無料です。国際線の場合の予約手数料は無料、インターネット予約以外の空港カウンターや電話で予約した場合には所定の発券手数料がかかります。

また、チケットをキャンセルした場合、払戻手数料として(1区間)につき430円必要となり、旅割によって所定の取消手数料(運賃の5~100%)がかかるものもあります。

搭乗クラス

国際線 ファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミー、エコノミー

国内線 プレミアムクラス、普通席

座席指定

国内線は無料で座席指定ができます。予約と同時に無料でシートマップから自由に席を選べますが、運賃の種類によって指定できる範囲と指定できるタイミングが決められています。搭乗日を含め3日前以降は、購入後のみ指定ができます。インターネットからの座席指定は便出発の15分前までです。

国際線のエコノミークラスでは一部の予約クラスで事前の座席指定が有料です。エコノミークラスで予約クラスの分類がV、W、S、L、Kの場合、足元が広い席を選択する場合指定料金が4,500円から、それ以外は1,500円から指定できます。エコノミークラスでその他の予約クラスの場合や、本人または同行者が「プラチナサービス」「ダイヤモンドサービス」いずれかの会員なら無料で座席指定ができます。また、プレミアムエコノミーなどその他のクラスも座席指定は無料です。

子ども料金&サービスについて

予約・運賃

小児:3歳以上12歳未満の小児について大人の航空券と同時にインターネットで予約した場合、小児普通運賃が自動で適用されます。この時、早期割引運賃など小児運賃以外を選択して予約した場合でも、選択した運賃と小児運賃を比較してより安価な運賃が自動で適用されます。ただし特典航空券やいっしょにマイル割は自動適用されません。「プレミアムビジネスきっぷ」「ビジネスきっぷ」を利用する大人と同伴する場合は、別途予約が必要です。

幼児:大人1名につき、幼児1名がひざの上に座る場合は無料です。大人1人につき幼児2人まで同行可能です。この場合1人が無料で、もう1人は小児運賃などで座席の確保が必要です。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。

また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

よくあるご質問:

全日本空輸の人気路線は?

全日本空輸の人気路線は東京⇒大阪、東京⇒札幌そして札幌⇒東京です。東京⇒大阪は、毎日26便を運航しています。※航空会社より変更する可能性があり、必ず事前に当該航空会社のホームページよりご確認ください。

手荷物の規定はありますか?

全日本空輸のエコノミークラス航空券の場合、手荷物許容量はないか、あっても1個のみのことが大半です。手荷物許容量についての規定は航空会社より異なりますので、必ず事前にご予約の航空会社にてご確認ください。