JP
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨
ヘルプ
日本国内 0120 925 780 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
国際電話 +86 513 8918 6112 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
App
無料アプリをダウンロード

羽田空港発ソウル行き格安航空券の最新料金

  • 羽田空港

    仁川国際空港

    -|直行便

    往復

    15,469円

  • 羽田空港

    金浦国際空港

    -|直行便

    往復

    23,336円

  • 羽田空港

    金浦国際空港

    -|直行便

    往復

    23,663円

  • 羽田空港

    金浦国際空港

    -|直行便

    往復

    33,041円

  • 羽田空港

    金浦国際空港

    -|直行便

    往復

    33,462円

  • 羽田空港

    仁川国際空港

    -

    往復

    34,755円

大人1名料金(税金・燃油サーチャージ込み)。(運賃は常に変動しているため、表示の価格は参考価格となります。実際の価格は、予約の際に表示されます。)

羽田空港発ソウル行きのフライト情報

よくあるご質問:

仁川国際空港からソウル市内中心部までの距離はどれくらいですか?

仁川国際空港からソウル市内中心部までの距離は約43.26 kmです。

仁川国際空港周辺のおすすめホテルはありますか?

はい、仁川国際空港の近くにSky Dream House、、をおすすめです。

ソウルへ旅行するベストシーズンはいつですか?

Trip.comのデータに基づいて、11月にソウルへ行くお客様が最も多く、この時期の航空券とホテルを早めに予約することをおすすめします。

ソウルへ旅行するオフシーズンはいつですか?

Trip.comのデータに基づいて、10月にソウルへ行くお客様が最も少なく、予算を安く抑えるならを避けて予約しましょう。

羽田発ソウル行きフライト情報

入国に必要な書類

韓国へ入国するにはパスポート、入国カード、税関申請書の提示をします。パスポートは、入国時に3か月の有効残存期間が必要です。入国カードと税関申請書は搭乗時に機内で渡されます。

ターミナル情報と搭乗の流れ

羽田空港(東京国際空港)は品川駅からモノレールを利用すると約13分で到着します。国内線(第1・2)と国際線ターミナルがあり、国際線利用時は3階の出発ロビーにある航空会社のカウンターでチェックインを行います。その後セキュリティチェック、税関検査、出国審査と進んで、搭乗ゲートに向かいましょう。国際線ターミナル内には航空会社の利用者とクレジットカード所持者が使えるラウンジや両替可能な銀行・ATMがあります。

フライト時間

羽田空港からソウルまでは、仁川国際空港着または金浦国際空港着の便を利用します。いずれの空港を利用しても、直行便で約2時間20分かかります。金浦国際空港はソウル市内にあり、移動時間の短縮になるため、金浦国際空港の利用がおすすめです。

旅行のベストシーズン

日本と気候の似ているソウルのベストシーズンは、気候が穏やかな4~5月、9~10月です。夏は日本と同様に梅雨があり、冬の平均気温はマイナス5度と低いため、この時期はあまり観光には適しません。1月末~2月中旬にかけては旧正月期間にあたるため、規制ラッシュや店舗の臨時閉店に注意が必要です。

おすすめの観光スポット

ショッピングが目的の人が必ず訪れたいのが、巨大ショッピング都市の明洞(ミョンドン)です。ブランド店やコスメショップが集まる流行の発信地であり、ストリートフードでの食べ歩きも楽しめる観光スポットです。ロッテ免税店は、特に多くの観光客が集まります。

韓流ドラマ好きにおすすめの観光地が、昌徳宮(チャンドックン)や景福寺(キョンボックン)、北村(プッチョン)韓屋村です。さまざまなドラマのロケ地であるだけでなく歴史的価値も高い歴史スポットです。

また写真好きの方には、さまざまな路上アートを楽しめる梨花壁画村というフォトスポットもおすすめです。

主要空港から都心部へのアクセス方法

金浦国際空港からソウル市内へのアクセス方法は、電車、リムジンバス、タクシーの3つの方法があります。いずれも空港からソウル市内直通で、所要時間は空港鉄道のA’REXが約40分、リムジンバスが約70分、タクシーが約60分です。バスやタクシーは道路状況によって時間が前後するので、渋滞にはまりたくない方は電車利用が最もおすすめです。

仁川国際空港を利用する場合も、やはりA’REXやリムジンバス、タクシーのいずれかを利用します。電車の場合、ソウル市内までは約50分、リムジンバスは約80分、タクシーの場合は約70分かかります。

一番早い便、一番遅い便

・一番早いフライト

一番早い便は、羽田空港(HND)を8時25分に出て、金浦国際空港(GMP)へ10時45分に到着する直行便です。

・一番遅いフライト

一番遅い便は、羽田空港(HND)を20時05分に出て、金浦国際空港(GMP)へ22時25分に到着する直行便です。

ソウルの基本情報

ソウルの基本情報

・国名:大韓民国

・宗教:仏教、キリスト教(プロテスタント、カトリック)

・言語:韓国語

・気候:亜寒帯と温帯の中間のような気候で、大陸性気候の影響もあり、夏以外は降水量が少なく寒暖差が激しいのが特徴です。夏は半袖で過ごせますが、冬は防寒具が必須です。

・時差:0時間 ※日本との時差は無し

・ビザ:90日以内の観光、短期語学研修の場合はビザが不要です。

ソウルの注意点

・治安:ソウル市内の治安は基本的に良好です。ただ、人の多い場所での観光客を狙ったスリや置き引きには注意が必要です。タクシーによるぼったくり被害が多数報告されているので、ホテルでタクシーを呼んでもらうか模範タクシーを利用するなど対策が必要です。

日本と韓国間の政治問題について観光客が敏感になる必要はありませんが、反韓など軽率な言動は控えましょう。

・飲料水:水道水は基本的に飲用に適しません。ミネラルウォーターの購入がおすすめです。レストランで提供される水は安心して飲めます。

・マナー:儒教文化の強い韓国では目上の人を尊重します。目上の人がその場にいる場合、優先席でなくても席をゆずる、タバコを吸わない、先に食べないなどの配慮が必要です。

・タバコ:飲食店は全面禁煙です。駅周辺や大通りなどは屋外も禁煙区域となっていることが多いので注意してください。

・トイレ:紙は流さず備え付けのごみ箱に捨てます。個室に紙が無い場合も多いので、ポケットティッシュを持ち歩きましょう。

・チップ:基本的に必要ありません。高級ホテルでサービスを受けたときには気持ち分渡してもいいでしょう。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。

また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

羽田空港発ソウル行き航空券を安く購入する方法は?

航空券の価格は、曜日、時間帯、ルートなどにより決まります。これから航空券を安く購入できるコツをご紹介いたします。なお、航空会社などの影響で航空券の価格は常に変動しているのでご注意ください。

  • 1.発着の空港を変えてみること
  • 2.出発日の曜日を土日祝以外にしてみること
  • 3.片道ずつで購入してみること(特に国内線は安くなる傾向がある)
  • 4.ホテルとセットで一緒に購入してみること
  • 5.SNSでキャンペーン情報を入手してみること
  • 6.できるだけ同じ航空会社を乗り、マイルをためて使うこと

羽田空港発ソウル行き航空券を安く購入できる時期は?

羽田空港発ソウル行きの航空券は基本的に、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆この3つの繁忙期で、航空券が高くなる傾向にあります。この時期はハイシーズンとなっており、航空会社の早期割引やLCCで予約ができたとしても、料金は正規運賃とほぼ変わらないです。できるだけ、この3つの時期をずらしましょう。次に、航空券が比較的安くなるシーズンについてご紹介します。1月中旬~2月は、正月を終え、旅行する方は少なくなる傾向にあります。特にヨーロッパはオフシーズンのため、航空券が安いです。4月に入り、新生活が始まるなどで忙しくなる時期も旅行される方がわりと少ないため、航空券が安くなる傾向にあります。また、10月ごろもシルバーウィークを終え、クリスマスと正月に向けて旅行を控える方が多く、航空券が安くなる時期になります。 羽田空港発ソウル行きの航空券は火曜日、水曜日、土曜日出発のフライトが比較的安くなる傾向があります。

ソウルへ出発前の準備は?

  • 1.オンラインチェックインは、飛行機が出発する24時間、または36時間前(会社によって異なる)から行うこと。
  • 2.空港までの移動手段を決め、リムジンバスなどのチケットを早めに購入すること。
  • 3.海外の場合、パスポート(ビザ申請など)、必要な荷物、外貨、Wi-Fi、保険を事前に準備すること
  • 4.現地のホテル、空港からホテルまでの移動手段(送迎バスの時間&予約など)を早めに予約&確認すること

Trip.comは、Trip.comグループ(Trip.com Group Limited)のグローバルブランドです。Trip.comグループは、世界最大級の旅行会社です。
Ctrip Skyscanner Trip