JP
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨
ヘルプ
日本国内 0120 925 780 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
国際電話 +86 513 8918 6112 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
App
無料アプリをダウンロード

ナハ空港発羽田空港行き格安航空券の価格比較

  • ナハ空港

    羽田空港

    -|直行便

    往復

    14,007円

  • ナハ空港

    羽田空港

    -|直行便

    往復

    14,547円

  • ナハ空港

    羽田空港

    -|直行便

    往復

    14,995円

  • ナハ空港

    羽田空港

    -

    往復

    35,373円

  • ナハ空港

    羽田空港

    -

    往復

    37,949円

  • ナハ空港

    羽田空港

    -

    往復

    50,985円

大人1名料金(税金・燃油サーチャージ込み)。(運賃は常に変動しているため、表示の価格は参考価格となります。実際の価格は、予約の際に表示されます。)

ナハ空港発羽田空港行きのフライト情報

よくあるご質問:

ナハ空港から羽田空港までの距離は?

ナハ空港から羽田空港までの距離は1555.47 kmです。

ナハ空港から羽田空港までの所要時間は?

ナハ空港発羽田空港行きの直行便の平均飛行時間は2.2時間です。 ※航空会社により変更する可能性がございます。

ナハ空港発羽田空港行きの1日平均運航本数は?

1日平均27便がナハ空港から羽田空港まで運行しています。

ナハ空港発羽田空港行き航空券の最も安く購入できる時期はいつですか、その月の平均運賃はいくらですか?

一般的にナハ空港発羽田空港行き航空券を最も安く購入できる時期は3月です。 3月の平均価格は18,757円です。

ナハ空港発羽田空港行き航空券の最も高い時期はいつですか、その月の平均運賃はいくらですか?

一般的にナハ空港発羽田空港行き航空券の最も高い時期は3月です。 3月の平均価格は18,757円 です。

那覇発羽田行きフライト情報

ターミナル情報と手続きの流れ

那覇空港には国内線ターミナルと国際線ターミナルがあります。国内線ターミナルは1階が到着ロビー、2階が出発ロビー、3階がチェックインカウンター、4階がレストラン街になります。

3階でチェックインした後、2階の出発ゲートからセキュリティチェックを受け、出発時刻の20分前には搭乗口に集合してください。 また国内線ターミナル1階には有料のラウンジがあります。クレジットカードの種類によっては、当日の搭乗券か半券の提示で無料利用できます。

那覇発羽田行きの一番早い便、一番遅い便

・一番早いフライト

一番早い便は、那覇空港(OKA) を8時00分に出て、羽田空港(HND)に10時25分に到着する直行便です。

・一番遅いフライト

一番遅い便は、那覇空港(OKA)を20時50分に出て、羽田空港(HND)に23時10分に到着する直行便です。

発着空港の概要

・那覇空港

那覇空港NDいは航空自衛隊那覇基地の施設が併用されていて、民間機と自衛隊機が共用しています。2019年3月には国内線と国際線のビルを結ぶ連結ターミナル施設が新しく開業しました。これに伴い、国内線のチェックインカウンターが大幅に増えて、今までLCCターミナルから出発していたピーチアビエーションとバニラエアが国内線ターミナルに一本化されました。また、新しくショップやレストランも増え、滑走路を見ながら食事を楽しめる空港らしいスペースも増えました。

・羽田空港

羽田空港は全国各地の国内線と多くの国際線を結ぶ、日本の主要空港のひとつです。JR品川駅から京急線を使ってアクセスすると、羽田空港国内線ターミナル駅までは約15分、羽田空港国際線ターミナルまでは約12分で到着します。関東の各観光地からリムジンバスでアクセスすることも可能です。

成田国際空港より利便性がよいため、最近は多くの路線が就航するようになりました。国際線ターミナルは快適都市空港として外国人観光客向けに整備されており、日本文化を感じられるショップやレストランが充実しています。

空港から中心部へのアクセス

羽田空港からは、京急モノレールで約15分、運賃400円ほどで品川駅へ、東京モノレールでは約20分、運賃500円ほどで浜松町駅に到着します。また、関東の各地への直行バスも出ているので便利です。

国内線に関するよくある質問

※以下の情報は全日本空輸と日本航空の公式サイトを参照しております。最新の情報は公式サイトをご参照ください。

キャンセルの際の航空券の払い戻しはできるのか?

自己都合で予約便の出発前にキャンセルをした場合、所定の取消・払戻手数料を差し引いた金額が戻ってきます。それぞれの手数料は取消時期や運賃によって異なりますが、出発前に手続きを行わなければ変更できません。

欠航の際はどうなるのか?

悪天候や機材故障などの原因で予約便が欠航した場合、航空会社が発表している対象空港に該当すれば払戻手数料がかかることなくキャンセルできます。

払い戻しを行う際、予約便を取り消したうえで航空券の払戻可能期間内(JALは基本出発予定日+40日、ANAは出発予定日+30日)に手続きを行いましょう。

マイルを使って航空券を購入できるのか?

貯まったマイルはJALであればJALグループ、ANAはANAの航空券として利用できます。1区間につきJAL6,000マイル、ANA5,000マイルから交換可能です。マイルで購入した航空券は予約便に限り有効となります。また、利用できない期間もあるので、各航空会社のホームページから確認するようにしましょう。

国内線の荷物サイズ制限について

国内線に搭乗する場合、機内にはハンドバッグやカメラなどの身の回り品と手荷物1個を持ち込むことができます。3辺の和は115㎝以内かつ3辺それぞれの長さは55㎝×40㎝×25㎝以内におさめなければなりません。総重量は身の回り品を含め10㎏以内です。

無料で預けられる手荷物は普通席の場合は重量20㎏以内で、個数制限はありません。

空港内のくつろぎスポット

那覇空港には1階到着ロビー、2階出発ロビーのゲートラウンジ内、3階チェックインロビーのお手洗いに授乳室が併設されています。授乳専用個室もあり、男女兼用で利用できます。

また、1階到着ロビーには色とりどりの熱帯魚が泳ぐ水槽があり南国ムードを盛り上げています。3階4階では無料の見学者デッキも開放されています。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。
また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

ナハ空港発羽田空港行き航空券を安く購入する方法は?

航空券の価格は、曜日、時間帯、ルートなどにより決まります。これから航空券を安く購入できるコツをご紹介いたします。なお、航空会社などの影響で航空券の価格は常に変動しているのでご注意ください。

  • 1.発着の空港を変えてみること
  • 2.出発日の曜日を土日祝以外にしてみること
  • 3.片道ずつで購入してみること(特に国内線は安くなる傾向がある)
  • 4.ホテルとセットで一緒に購入してみること
  • 5.SNSでキャンペーン情報を入手してみること
  • 6.できるだけ同じ航空会社を乗り、マイルをためて使うこと

ナハ空港⇒羽田空港

ナハ空港発羽田空港行きの航空券は基本的に、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆この3つの繁忙期で、航空券が高くなる傾向にあります。この時期はハイシーズンとなっており、航空会社の早期割引やLCCで予約ができたとしても、料金は正規運賃とほぼ変わらないです。できるだけ、この3つの時期をずらしましょう。次に、航空券が比較的安くなるシーズンについてご紹介します。1月中旬~2月は、正月を終え、旅行する方は少なくなる傾向にあります。特にヨーロッパはオフシーズンのため、航空券が安いです。4月に入り、新生活が始まるなどで忙しくなる時期も旅行される方がわりと少ないため、航空券が安くなる傾向にあります。また、10月ごろもシルバーウィークを終え、クリスマスと正月に向けて旅行を控える方が多く、航空券が安くなる時期になります。 ナハ空港発羽田空港行きの航空券は火曜日、水曜日、土曜日出発のフライトが比較的安くなる傾向があります。

Trip.comは、Trip.comグループ(Trip.com Group Limited)のグローバルブランドです。Trip.comグループは、世界最大級の旅行会社です。
Ctrip Skyscanner Trip