福岡発沖縄行き格安航空券を検索・予約

福岡発沖縄行き便の情報

ピークシーズン

11月
5,865円

オフシーズン

6月
4,791円

往復航空券の最安値

36,731円
福岡(FUK) ⇒ 沖縄(OKA)

直行便の最安値

9,583円
福岡(FUK) ⇒ 沖縄(OKA)

よくあるご質問:

  • 福岡(FUK)発沖縄(OKA)で、航空券が一番安いのはいつですか?

    航空券の価格は、日程や予約のタイミングにより、航空会社が調整しています。Trip.comでは、福岡発沖縄行きの航空券は、火曜日、水曜日、土曜日出発の便が安い傾向にあります。
  • 福岡(FUK)発沖縄(OKA)行きの航空券はいくらぐらいですか?

    Trip.comのデータによると、44,023円が最安値になります。
  • 沖縄の主要空港から市の中心までは、どうやって移動したらよいですか?

    • 沖縄 那覇空港 から市中心部まで21km、タクシーで約 40分の道のりです。
  • 福岡発沖縄行きの始発便の時刻を教えてください

    福岡(FUK)発沖縄(OKA)行き始発便の出発時刻は、07:05です(到着時刻 08:50)。
  • 福岡発沖縄行きの最終便の時刻を教えてください

    福岡(FUK)発沖縄(OKA)行き最終便の出発時刻は、20:55です(到着時刻 22:30)。
  • 福岡(FUK) 発沖縄(OKA)便で、人気のある航空会社を教えてください。

    福岡(FUK)発沖縄(OKA)行きの直行便を運航している航空会社は次の通りです:ピーチ・アビエーションANA(全日空)日本トランスオーシャン航空スカイマークエバー航空
  • 福岡(FUK) 発沖縄(OKA)便で、人気のある航空会社を教えてください。

    ANA(全日空)が、福岡(FUK)発沖縄(OKA)行きの直行便を308便運航しています。
  • 沖縄(OKA)には空港はいくつありますか?

    沖縄(OKA)には、空港は2個あります( 沖縄 那覇空港嘉手納基地
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、沖縄へ出かけるにあたって、何かアドバイスはありますか?

    入国制限、フライトの運航スケジュール及び便の変更・欠航などが頻繁に発生しております。沖縄へのご旅行にあたっては、ご予約の航空会社の最新の情報をご確認ください。 また、Trip.comの入国制限情報もご参照いただけます。
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、こちらの目的地行きの便で、日時変更手数料が無料の航空会社はありますか?

    この目的地行きの便で、ご選択のサービスを提供している航空会社はありません。※参考情報です。正確な情報については、ご予約前に航空会社までお問い合わせください。

福岡発沖縄行きの時刻表

便名・航空会社
出発
到着
路線週間スケジュール

07:05

FUK

08:50

OKA

福岡 - 沖縄最安値を見る

07:10

FUK

08:50

OKA

福岡 - 沖縄----最安値を見る

08:00

FUK

09:40

OKA

福岡 - 沖縄-------最安値を見る

08:45

FUK

10:30

OKA

福岡 - 沖縄最安値を見る

09:25

FUK

11:15

OKA

福岡 - 沖縄最安値を見る

10:00

FUK

11:40

OKA

福岡 - 沖縄最安値を見る

10:30

FUK

12:25

OKA

福岡 - 沖縄最安値を見る

11:00

FUK

12:55

OKA

福岡 - 沖縄------最安値を見る

12:30

FUK

14:20

OKA

福岡 - 沖縄-------最安値を見る

12:35

FUK

14:35

OKA

福岡 - 沖縄最安値を見る

12:40

FUK

14:30

OKA

福岡 - 沖縄--最安値を見る

12:50

FUK

14:45

OKA

福岡 - 沖縄最安値を見る

14:40

FUK

16:25

OKA

福岡 - 沖縄-------最安値を見る

14:50

FUK

16:40

OKA

福岡 - 沖縄最安値を見る

15:25

FUK

17:10

OKA

福岡 - 沖縄最安値を見る

15:30

FUK

17:15

OKA

福岡 - 沖縄-------最安値を見る

15:45

FUK

17:30

OKA

福岡 - 沖縄最安値を見る

16:30

FUK

18:10

OKA

福岡 - 沖縄最安値を見る

16:45

FUK

18:25

OKA

福岡 - 沖縄------最安値を見る

16:55

FUK

18:50

OKA

福岡 - 沖縄------最安値を見る

17:10

FUK

18:50

OKA

福岡 - 沖縄-------最安値を見る

17:35

FUK

19:30

OKA

福岡 - 沖縄最安値を見る

17:50

FUK

19:30

OKA

福岡 - 沖縄最安値を見る

20:00

FUK

21:55

OKA

福岡 - 沖縄---最安値を見る

20:25

FUK

22:00

OKA

福岡 - 沖縄最安値を見る

20:45

FUK

22:25

OKA

福岡 - 沖縄最安値を見る
閉じる
福岡発沖縄行きフライト情報

航空券の相場

福岡から沖縄までの往復航空運賃の相場は17,735円です。ゴールデンウィークやお盆を含む夏休み期間、年末年始はハイシーズンとなり、航空運賃も上がる傾向にあります。チケット代を抑えたい場合は、これらの時期をできるだけ避けるようにしましょう。福岡-那覇空港はLCCが運航しているため、オフシーズンであれば片道5,000円以下でチケットを購入することも可能です。往復航空券を購入すると割引が適用されることもありますが、国内航空券の場合は割引率がそれほど大きくありません。往路・復路で別々に最安航空券を購入した方が安く済む場合もあるので、各航空会社の割引運賃をしっかりと確認しましょう。

福岡から沖縄間の航空券・フェリーとの料金を比較

  • 飛行機:料金の相場は8,510円、LCCなら5,000円程度。所要時間は約1時間55分。
  • フェリー:直行便はありません。

※航空券料金は弊社のデータにより算出したものです。

福岡から沖縄まで運航している航空会社&LCC

福岡空港(FUK)‐那覇空港(OKA)間運航している航空会社&LCC

この区間を運航している航空会社は、全日空(ANA)、日本トランスオーシャン航空(JTA)、スカイマーク、ピーチです。また、2020年3月29日より新たにソラシドエアが参入する予定です。全日空は全便、普通席とプレミアクラスの2クラスがあります。機内Wi-Fiサービスが無料で、フライト中もインターネットやメールなどを利用できます。日本トランスオーシャン航空は日本航空(JAL)のグループ会社で、この区間では普通席・クラスJの2クラス仕様のキャビンとなっています。こちらのキャビンでも、無料で機内Wi-Fiが利用可能です。

スカイマーク・ソラシドエアは各座席にコンセントやUSBポートが設置されており、スマートフォンやタブレットを充電することができます。ピーチは座席指定、機内食、手荷物預かりといったサービスが基本的に有料ですが、その分運賃が安い点が特徴です。

福岡から沖縄までの一番人気路線

福岡空港⇒那覇空港の7時10分発、8時50分着の日本トランスオーシャン航空JTA051便が一番人気です。8時台には那覇空港に到着するため、午前中から観光したい旅行客などに利用されています。

福岡から沖縄までの一番安い路線

19時55分発、21時50分着のピーチMM289便は4,840円~と一番安い傾向にあります。

福岡から沖縄までの一番早い便

7時5分発、8時50分着の全日空NH1201が始発便となります。

福岡から沖縄までの一番遅い便

20時45分発、22時25分着の日本トランスオーシャン航空JTA065が最終便となります。

※これらのデータは弊社のデータにより算出したものです。のものです。航空会社によってはスケジュールが変更される可能性があります。

福岡‐沖縄の空港情報

福岡空港(FUK)

福岡空港は、全国でも珍しい「街中」にある空港として知られています。福岡市営地下鉄と直結しており、博多駅まで約5分、福岡の中心である天神へも約10分と抜群の利便性を誇ります。国内28路線にくわえて、国際線はアジアを中心に27路線運航しています。ターミナルは国内線と国際線の2つに分かれており、この間は無料のシャトルバスで行き来することが可能です。空港内では無料Wi-Fiが利用できるほか、パソコンで旅行の下調べなどができるインターネットコーナーなどもあります。

ターミナルビルは国内線がB2F〜4F、国際線が1F〜4Fまでのつくりとなっており、商業面でも非常に充実した空港です。福岡ならではのグルメを堪能できるレストラン・居酒屋や、九州のお土産が変えるショップが数多く並びます。また、クリニックや調剤薬局、リラクゼーションサロンなども入っており、空港内での時間を有意義に過ごすことができます。国内線ターミナルビルは一部リニューアル工事を行っており、2020年の春には飛行機が間近に見える展望デッキや「空平線の見える公園」などが誕生する予定です。大型商業施設やホテルのオープンも予定されており、今後ますますの発展が期待できるでしょう。

那覇空港(OKA)

那覇空港は、沖縄県那覇市にある国際空港です。沖縄の玄関口とも言うべき存在で、利用者数は日本国内の空港で第6位(参照:国土交通省 2018年度統計http://www.mlit.go.jp/koku/15_bf_000185.html)となっています。近年はLCCの運航数も増え、沖縄へのアクセスはますます便利になりました。また国際線15路線が乗り入れているということもあり、中国や台湾からの観光客も増えています。

沖縄都市モノレール(ゆいレール)が那覇空港駅に直結しており、那覇市の中心地である国際通りへは約13分でアクセス可能です。空港自体はそれほど大きくありませんが、その分、空港内の移動や乗り継ぎの時間が少なく済むというメリットがあります。

ターミナルビルは国内線と国際線ともに1F〜4Fまであり、沖縄ならではの飲食店やお土産ショップが揃っています。空港内では無料Wi-Fiが利用できるほか、コイン式の携帯充電器やパソコンなど便利なサービスが提供されています。また、インフォメーションや観光案内所など、旅行客に嬉しい各種窓口も設置されています。2020年3月には新たに第2滑走路が運用開始となり、年間の発着数がさらに増える予定です。これまで課題とされてきた離着陸時の混雑が大きく改善されるため、より快適に利用できるようになるでしょう。

空港⇔市内中心部のアクセス案内

市内中心部⇒福岡空港(FUK)

市街地にある福岡空港は、福岡市の都心部へのアクセスに優れています。九州最大のターミナル駅である博多駅までの所要時間は、福岡市地下鉄空港線で約5分。料金はICカード・現金払いともに260円です。地下鉄を利用すれば、繁華街である天神や中洲といったエリアへも乗り換えなしでアクセス可能です。地下鉄は、国内線旅客ターミナルビルの南側へ乗り入れています。タクシーを利用する場合は、各ターミナルの前にあるタクシー乗り場を利用しましょう。博多駅までのタクシー運賃は約1,340円、距離は3.5kmで所要時間は約11分です。また、空港から博多駅までの路線バスも運行しており、運賃は270円です。バスの種類にもよりますが、15分〜25分ほどで博多駅前のバスターミナルに到着します。市街地までの交通手段が非常に多く、いずれもあまり時間がかからない点が魅力です。

那覇空港(OKA)⇒市内中心部

那覇空港には、沖縄都市モノレール(ゆいレール)が直結しています。乗り場は2Fの出発ロビーにあるため、雨天でも濡れる心配がありません。2020年3月10日より「Suica」などの交通系ICカードが利用できるようになり、沖縄県外の利用者にとっても利便性が高まりました。国際通りの最寄り駅である「県庁前駅」へは約13分でアクセスでき、料金はICカード・現金払いともに270円です。駅から歩いて5分ほどで国際通りがあります。このほか牧志公設市場や、免税店の「T ギャラリア沖縄 by DFS」など、那覇観光のメインとなる場所はすべてモノレールで回ることができます。発券から24時間、または48時間乗り降り自由な「フリー乗車券」もおすすめです。空港から国際通りまでタクシーで行く場合は、国内線および国際線の到着ロビー前にあるタクシー乗り場を利用しましょう。国際通り周辺までの運賃は約1,400円、距離は約4.9km、所要時間は約13分です。

沖縄の観光情報

沖縄の観光スポット

沖縄旅行でおすすめの観光スポット3か所をご紹介します。まず紹介するのは、沖縄随一の景勝地である「万座毛(まんざもう)」。沖縄中部に位置するリゾートエリア・恩納村(おんなそん)にある岬です。高さ20mの断崖絶壁の中でひときわ目を引くのは、「象の鼻」のような形をした不思議な岩。万座毛のシンボルで、この岩をバックに写真を撮るのが定番となっています。目の前に広がる東シナ海は透明度が高く、海の底や泳いでいる魚が見えるほど。鮮やかなグリーンとブルーのグラデーションは宝石のようで、一度見たら忘れられない絶景です。那覇空港から万座毛までは50kmほどなので、高速道路を利用すれば1時間ほどでアクセスできます。

2番目におすすめのスポットは同じく恩納村にある「琉球村」です。沖縄の食や文化を体験できるテーマパークで、万座毛からは車で20分ほどです。サーターアンダギー作りやシーサーオブジェ作り、マリンアクティビティなど様々な体験ができ、子どもから大人まで楽しむことができます。パーク内に点在する赤い瓦の古民家は、どれも実際に使用されていたものです。古き良き沖縄を間近に感じられ、まるでタイムスリップしたかのような気分になります。入場料無料のフリーゾーンには屋根が付いているので、雨の日も楽しく遊ぶことができます。

3番目は「沖縄美ら海水族館」。沖縄本島北西部に位置する海洋博公園の中にあり、沖縄旅行では外せないスポットとなりました。貴重で美しいサンゴを大規模飼育している「サンゴの海」をはじめ、ジンベエザメやマンタを観察できる世界屈指の大水槽「黒潮の海」は必見。沖縄の豊かな海をそのまま持ってきたような空間が広がっています。那覇空港から車で約2時間、高速バス利用で約3時間です。

沖縄のグルメ

沖縄と言えば、異国情緒あふれるグルメも忘れてはいけません。沖縄といえば「沖縄そば」が定番。沖縄県内で1日に15万食以上も食べられているという沖縄そばは、県民食と言われるほどの人気ぶりです。“そば”という名前が付いていますがそば粉は使われておらず、主に小麦粉から作られています。豚とカツオのだしをブレンドしたあっさりスープに、紅しょうが、三枚肉、かまぼこをトッピングしたものが有名ですが、地域によってバリエーションはさまざま。離島を含め沖縄全土にお店があるので、食べ比べてみるのもおすすめです。

四方を海に取り囲まれた沖縄は海鮮もとびっきり美味。その中でも一押しが「車エビ」です。意外かもしれませんが、実は沖縄は車エビの生産量日本一を誇ります。特に沖縄本島の西方に浮かぶ久米島(くめじま)は、海洋深層水を利用して良質な車エビを養殖していることで有名です。那覇市内だけでも、おいしい車エビが食べられるレストランや居酒屋さんがたくさん。お刺身はもちろん、独自の歯ごたえが楽しめる天ぷらやエビフライ、唐揚げなどもおすすめです。沖縄ならではの新鮮な車エビを堪能しましょう。最後に、沖縄グルメの定番「タコライス」をご紹介します。タコライスはメキシコ料理のタコスにライスを組み合わせたもので、沖縄発祥の料理です。白米の上にひき肉、レタス、トマトなどをのせ、スパイシーなサルサソースをかけて食べます。元祖タコライスの味を引き継ぐ「キングタコス」をはじめ、沖縄県内にはタコライスのお店がたくさんあります。有名店は行列ができる場合もあるので、時間に余裕を持って行きましょう。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。

また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

トレンドランキング

福岡 東京 飛行機 | 東京 高松 飛行機 | 東京 大阪 飛行機 | 東京 鹿児島 飛行機 | 福岡 沖縄 飛行機 | 沖縄 飛行機 | 函館 飛行機 | グアム 航空券 | ソウル 航空券| 福岡 羽田 飛行機 | 鹿児島 羽田 | 羽田 シンガポール | 羽田 台北 | 羽田 ソウル | 新千歳空港 羽田空港 | 成田 関空 | 大阪 ホテル | 京都 ホテル | 横浜 ホテル | 台北 航空券 | 金沢 ホテル | 上海 ホテル