福岡発札幌行き格安航空券を検索・予約

福岡発札幌行き格安航空券の価格比較

福岡発札幌行きに関するフライト情報

よくあるご質問:
  • 福岡発札幌行き航空券を最安値で買える時期はいつですか?

    福岡発札幌行きの航空券は基本的に、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆この3つの繁忙期で、航空券が高くなる傾向にあります。この時期はハイシーズンとなっており、航空会社の早期割引やLCCで予約ができたとしても、料金は正規運賃とほぼ変わらないです。できるだけ、この3つの時期をずらしましょう。次に、航空券が比較的安くなるシーズンについてご紹介します。1月中旬~2月は、正月を終え、旅行する方は少なくなる傾向にあります。特にヨーロッパはオフシーズンのため、航空券が安いです。4月に入り、新生活が始まるなどで忙しくなる時期も旅行される方がわりと少ないため、航空券が安くなる傾向にあります。また、10月ごろもシルバーウィークを終え、クリスマスと正月に向けて旅行を控える方が多く、航空券が安くなる時期になります。 福岡発札幌行きの航空券は火曜日、水曜日、土曜日出発のフライトが比較的安くなる傾向があります。

  • 福岡から札幌までを運行している航空会社は?

    福岡から札幌までを運行している航空会社はピーチ・アビエーション,スカイマーク,日本航空,フィンランド航空,ベトナム航空,ハワイアン航空,ANA(全日空)になります。

  • 札幌周辺にいくつの空港がありますか?

    札幌周辺に2つの空港があります。 - 新千歳空港,札幌丘珠空港

  • 直行便の平均飛行時間:

    2h15m

  • 目的地の空港:

    CTS OKD

  • 路線:

    FUK ✈ SPK

  • 航空券の相場:

    最安値 10,853円

福岡発札幌行きの時刻表

便名・航空会社
出発
到着
路線週間スケジュール

08:50

FUK

11:10

CTS

新千歳空港 - 福岡空港-------最安値を見る

08:55

FUK

11:15

CTS

新千歳空港 - 福岡空港-------最安値を見る

10:20

FUK

12:35

CTS

新千歳空港 - 福岡空港------最安値を見る

11:40

FUK

13:55

CTS

新千歳空港 - 福岡空港最安値を見る

11:45

FUK

14:00

CTS

新千歳空港 - 福岡空港最安値を見る

11:50

FUK

14:05

CTS

新千歳空港 - 福岡空港最安値を見る

12:20

FUK

14:40

CTS

新千歳空港 - 福岡空港最安値を見る

14:25

FUK

16:40

CTS

新千歳空港 - 福岡空港最安値を見る

14:55

FUK

17:05

CTS

新千歳空港 - 福岡空港最安値を見る
閉じる

福岡 ⇒ 新千歳空港 (CTS)

10月1日 11:40 - 10月6日 13:25
MM | ピーチ・アビエーション
2時間25分です。
FUK - CTS
直行便
10,853円
往復
最安値を見る
10月1日 14:25 - 10月6日 13:25
BC | スカイマーク
2時間20分です。
FUK - CTS
直行便
12,504円
往復
最安値を見る
8月25日 14:35 - 8月27日 13:25
JL | 日本航空
2時間20分です。
FUK - CTS
直行便
16,325円
往復
最安値を見る
8月19日 11:45 - 8月20日 13:25
NH | ANA(全日空)
2時間25分です。
FUK - CTS
直行便
19,199円
往復
最安値を見る
7月15日 11:40 - 7月17日 13:25
MM | ピーチ・アビエーション
2時間25分です。
FUK - CTS
直行便
11,556円
往復
最安値を見る

大人1名あたり(税金・燃油サーチャージ込み)。(運賃は常に変動しているため、表示の価格は参考価格となります。実際の価格は、予約の際に表示されます。)

福岡発札幌行きフライト情報

航空券の相場

福岡から札幌までの往復航空運賃の相場は49,020円です。航空券は、一般に年末年始、ゴールデンウィーク、お盆・夏休みの時期になると高くなります。

早期割引などを利用した場合でも、正規の運賃とそれほど違いはありません。

できるだけ安く乗りたい場合は、1月中旬から2月中旬、4月上旬から中旬、5月中旬から6月中旬そして10月中旬から11月上旬頃に出発するのがよいでしょう。

この時期は年末年始やゴールデンウィーク、シルバーウィークなどの大型連休が終わった後、もしくはその直前であるため、旅行者が減り、運賃が下がる傾向にあります。また、4月上旬は年度初めで忙しいため旅行客が少ない傾向にあります。

福岡から札幌間の航空券・新幹線・バスとの料金を比較

  • 飛行機(福岡発):料金は7,530円、所要時間は2時間20分ほど
  • 新幹線:直行便はありません。
  • フェリー:直行便はありません。

※航空券料金は弊社のデータにより算出したものです。

福岡から札幌まで運航している航空会社&LCC

福岡空港(FUK)‐新千歳空港(CTS)間運航している航空会社&LCC/

福岡空港(FUK)‐新千歳空港(CTS)間では日本航空(JAL)、全日本空輸(ANA)のほかに、LCCのスカイマーク、ピーチアビエーションが運航しています。ピーチでは無料の機内サービスはありません。

食事や飲み物も有料で、毛布の貸し出しなども行っていません。同じLCCながらスカイマークでは、キャンディーやおしぼり、毛布の無料サービスがあり、提携しているネスレのコーヒーや「キットカット」も無料で提供されています。

一方、JALやANAは機内サービスも充実しており、機内のスクリーンやイヤホンでオリジナルの映像や音楽を楽しむことができます。さらに、スマートフォンを使って、ビデオやテレビが見られるサービスも行われているので、退屈で時間を持て余すようなことはないでしょう。

福岡から札幌までの一番人気路線

福岡空港⇒新千歳空港の11時45分発の日本航空JL3513便は時間帯も手頃で、一番人気の路線となっています。

福岡から札幌までの一番安い路線

福岡空港‐新千歳空港の11時40分発のピーチMM455便は片道6,305円~と一番安い傾向にあります。

福岡から札幌までの一番早い便

福岡空港‐新千歳空港の10時20分発のスカイマークBC771便がこの路線の一番早い便となっています。

福岡から札幌までの一番遅い便

福岡空港‐新千歳空港の14時55分発の日本航空JL3515便がこの路線の一番遅い便となっています。

※これらのデータは弊社のデータより算出したものです。航空会社によってはスケジュールが変更される可能性があります。

福岡‐札幌の空港情報

福岡空港(FUK)

福岡空港は、全国的にも珍しい市街地にあることで有名な空港です。利用者も非常に多く、首都圏の羽田・成田、関西の関空に次ぐ、全国第4位となっています(2018年度)。

ターミナルは滑走路を挟んで、国内線と国内線に分かれています。国内線ターミナルは地下鉄駅と直結しており、国際線ターミナルとは連絡バスで接続されています。

お金に関するサービスも国内線と国際線とに分けられており、通常業務を行う銀行は国内線ターミナルに、両替所は国際線ターミナルに設置されています。ATMも国内線の方に多く集中しています。

免税店は国際線ターミナルにあり充実したサービスが魅力です。事前にホームページから商品を予約しておいたり、出発する前に購入した商品を帰ってきた時に受け取ったりということができるため、大変便利です。

また、国内線ターミナルには病院も存在し、空港にいながら「内科・胃腸内科」と「歯科」で診察や治療を受けることができます。さらに調剤薬局も併設されているので、旅先に薬を持っていくこともできるようになっています。

新千歳空港(CTS)

「北の玄関口」として有名な新千歳空港は、札幌市ではなく、近郊の千歳市にあります。

2020年現在、国内線28路線、国際線24路線が運航され、一日に6万5,000人、年間で2,360万人ほどが利用している国内第5位(2018年度)の空港です。

ターミナルはやはり国内線と国際線とで分かれています。ロビーの場所もそれぞれ異なっており、国内線は「階が到着ロビーで2階が出発ロビー、国際線は2階が到着ロビーで3階が出発ロビーとなっています。

ビジネスエリアでは、コピーやFAX、携帯の充電器、証明写真機、インターネットコーナーがあります。また講習会や壮行会などができる有料の会議室や接遇室、団体待合室があります。ショッピングや食事も空港の楽しみの一つですが、新千歳空港も多種多様なお店が軒を連ねています。とりわけ食べ物関係は特に充実しています。新鮮な海の幸や農産物、乳製品などを扱うお店も実に豊富で、お土産だけでなく、自分用としても大いに利用できます。

また「ドラえもん」「キティちゃん」「ポケモン」などのキャラクターグッズショップや、生チョコレートで有名なロイズではガラス越しに見学できるチョコレート工場やチョコレートのミュージアムがあり、お子さまだけでなく、大人でも楽しめます。

さらに、空港内には温泉と映画館まで設けられています。映画館では過去の名作から現在公開中の新作や話題作まで、バラエティに富んだ作品を楽しむことができます。

空港⇔市内中心部のアクセス案内

市内中心部⇒福岡空港(FUK)

福岡空港は福岡市の市街地にあり、交通の便には大変恵まれています。博多駅からは、地下鉄で2駅、時間にしてわずか5分という近さです。料金は260円です。市内のみならず、九州最大の繁華街と言われる天神からも11分しかかからず、料金も同じ260円です。

ただ地下鉄駅は国内線ターミナルにあるため、国際線を利用する場合は連絡バスを経由します。その際は路線バスが便利です。博多からなら乗車時間は15分で、料金は270円です。

天神からは、35分ほどかかりますが、料金は320円です。

タクシーの場合も、距離が近い分、お得です。博多からなら15分ほどで到着し、料金は約1,700円です。天神だと25分かからない程度で、料金は約2,400円です。荷物が多いときや、何人かで一緒に移動するときなどは便利です。

市内中心部⇒新千歳空港(CTS)

札幌市内から新千歳空港までは、直通のバスや電車を利用すると便利です。バスは、JRや地下鉄の駅前を始めとして、市内各所から乗車することができます。また市内の主要ホテルにも乗り場が設けられているため、ホテルへ宿泊後移動する手間と時間が省けます。市内の中心部からは、乗車時間は1時間20分ほどで、料金は1,100円です。

ただし、降りる場所は国内線ターミナルのみとなっていますので、国際線を利用する際は注意が必要です。電車の場合、札幌駅から快速エアポートが運行されています。到着時は空港ターミナルと直結しているため、大変便利です。札幌駅からの乗車時間は40分ほどで、料金は1,150円です。日中は、15分ほどの間隔で運行されています。

タクシーを利用する場合は、高速道路利用で1時間ほどアクセス可能です。料金は天候や交通事情にもよりますが、約15,000円となっています。

札幌の観光情報

札幌の観光スポット

札幌に行かれた際はぜひ訪ねてみていただきたい、おすすめの場所をいくつかご紹介いたします。

モエレ沼公園は市内中心部から車で30分ほどの市内東区にあります。世界的な彫刻家「イサム・ノグチ」が設計を手掛け、「全体が一つの彫刻作品」となっているユニークな公園です。公園のシンボル「ガラスのピラミッド」を始めとし、「モエレ山」「海の噴水」「モエレビーチ」「プレイマウンテン」「サクラの森」など、見所やプレイスポットは豊富にあり、四季を通じて楽しむことができます。敷地面積が広く、自然と一体になった作りになっているため、大人も子どもものびのびと過ごすことができます。また公園内には北海道産の食材を堪能できる高級フレンチレストランがあります。

国営滝野すずらん丘陵公園は、同じく車で50分ほどの市内南区に位置する公園です。春から秋までは、東京ドームの実に85倍にも及ぶ広大な敷地の中に多種多様な花が咲き乱れ、サイクリングや山歩き、キャンプなども楽しむことができます。冬になると「スノーワールド」となり、スキーやそり遊び、クロスカントリーなど、北海道ならではの冬の楽しみを満喫することができます。

狸小路商店街は「明治初期から」という長い歴史を持つ、札幌を代表する商店街です。場所もまさに市内の中心で、ちょうど「大通公園」と「すすきの」の中ほどになります。全体は「1丁目」から「7丁目」までに分かれており、全長は900mにも及びます。シンボルともいえる「アーケード」は1丁目から6丁目まで設置されており、雨や雪の日でも濡れることなく買い物が楽しめます。また、年末には名物の「現金つかみ取り」が行われることでも有名です。

札幌のグルメ

札幌では、「みそラーメン」や「スープカレー」など札幌発祥と言われる料理はもちろんのこと、全道各地の名物料理も味わうことができます。その中から、いくつかご紹介いたします。

石狩鍋は、名物の「サケ」を主役に据えた北海道を代表する郷土料理の一つです。札幌のお隣「石狩市」が発祥の地とされています。ぶつ切りにしたサケに、キャベツやタマネギなどの野菜、豆腐やこんにゃくなどの具材を加えて、みそで味を付けます。うま味を引き立たせるために、最後に山椒をかけるのが本場の味です。栄養も豊富で、身も心も温まる、冬にはぴったりの一品です。

豚丼は道東の中心地「帯広市」で生まれ、今や北海道を代表する名物料理の一つとなりました。うな丼がヒントになったと言われており、甘辛いたれで焼いた豚肉のみを、丼からはみ出るほどたっぷり乗せた見た目も豪快な、まさしく「これぞ北海道」といった一品です。札幌にも名店・人気店がたくさんありますので、ぜひ訪ねてみてください。

いかめしは、北海道のみならず、全国的にもその名を知られる駅弁の代表格です。函館から車で1時間ほどの「森町」が発祥の地です。もち米も加えたお米を詰めて炊き上げた丸ごと一杯のイカに、「秘伝のたれ」で味を付けただけというシンプルさが魅力の一品です。地元の森町だけでなく、新千歳空港でも販売されていますので、ぜひ手に取ってみてください。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

福岡発札幌行き格安航空券の往復チケットと片道チケットの比較

基本的に各航空会社は往復を利用することを条件に、航空券を割引して販売しています。特に海外格安航空券の割引幅が大きい傾向があります。また、片道航空券は単純に往復航空券の半額料金とは限りません。片道航空券を往路・復路で購入する場合むしろ高くなります。 国内線航空券に関して、航空会社のルール(有効期間内に、同一区間を往復すること)により、割引が適用されますが、海外格安航空券のよう金額面でのメリットはそこまで大きくありません。場合によって各航空会社の割引運賃を確認し、往路・復路でそれぞれ最安航空券を組み合わせたほうが安く抑えられます。

福岡⇒札幌

福岡発札幌行きのチケットはを安く購入できる時期は正月明け~2月中旬、4月上旬~中旬、ゴールデンウィーク明け~6月中旬、10月中旬~11月上旬になります。また、正月、ゴールデンウィーク、8月9月の夏休み期間中は高くなる傾向です。Trip.comは航空券やホテル情報が満載!オンライン予約も迅速で簡単!! Trip.comが福岡から札幌への旅行計画をお手伝い致します。

旅先で思い出に残る旅を

Trip.comで、福岡から札幌への旅を思い出に残る最高の旅に。Trip.comで事前に見所をチェック、あらゆる予約を済ませて、素晴らしい旅をお楽しみください。Trip.comで事前に目的地の見どころやレビューをチェック。ホテルから現地ツアーまで簡単に予約が可能です。あとは現地で素晴らしい旅をお楽しみ下さい。