福岡発シンガポール行き格安航空券を検索・予約

>>>

福岡発シンガポール行き便の情報

ピークシーズン

3月
18,434円

往復航空券の最安値

76,529円
福岡(FUK) ⇒ シンガポール(SIN)

直行便の最安値

41,771円
福岡(FUK) ⇒ シンガポール(SIN)

よくある質問:

  • 福岡(FUK)発シンガポール(SIN)で、航空券が一番安いのはいつですか?

    航空券の価格は、日程や予約のタイミングにより、航空会社が調整しています。Trip.comでは、福岡発シンガポール行きの航空券は、火曜日、水曜日、土曜日出発の便が安い傾向にあります。
  • 福岡(FUK)発シンガポール(SIN)行きの航空券はいくらぐらいですか?

    Trip.comのデータによると、165,359円が最安値になります。
  • シンガポールの主要空港から市の中心までは、どうやって移動したらよいですか?

    • チャンギ国際空港 から市中心部まで18km、タクシーで約 30分の道のりです。
  • 福岡発シンガポール行きの始発便の時刻を教えてください

    福岡(FUK)発シンガポール(SIN)行き始発便の出発時刻は、09:45です(到着時刻 15:20)。
  • 福岡(FUK) 発シンガポール(SIN)便で、人気のある航空会社を教えてください。

    福岡(FUK)発シンガポール(SIN)行きの直行便を運航している航空会社は次の通りです:シンガポール航空ANA(全日空)ヴァージン・オーストラリア
  • 福岡(FUK) 発シンガポール(SIN)の直行便で、人気のある航空会社を教えてください。

    シンガポール航空が、福岡(FUK)発シンガポール(SIN)行きの直行便を31便運航しています。
  • シンガポール(SIN)には空港はいくつありますか?

    シンガポール(SIN)には、空港は3個あります( チャンギ国際空港,パヤレバー空港セレター空港
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、シンガポールへ出かけるにあたって、何かアドバイスはありますか?

    入国制限、フライトの運航スケジュール及び便の変更・欠航などが頻繁に発生しております。シンガポールへのご旅行にあたっては、ご予約の航空会社の最新の情報をご確認ください。 また、Trip.comの入国制限情報もご参照いただけます。
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、こちらの目的地行きの便で、日時変更手数料が無料の航空会社はありますか?

    この目的地行きの便で、ご選択のサービスを提供している航空会社はありません。※参考情報です。正確な情報については、ご予約前に航空会社までお問い合わせください。

福岡発シンガポール行きの時刻表

便名・航空会社
出発
到着
路線週間スケジュール
シンガポール航空

10:00

FUK

15:00

SIN

福岡 - シンガポール-----最安値を見る
福岡発シンガポール行きフライト情報

入国に必要な書類

シンガポールの入国時は、必要事項を記入した出入国カードを提出します。入国審査のカウンターでパスポートや帰りの航空券と一緒に提示しましょう。

ターミナル情報と搭乗の流れ

福岡空港は福岡市営地下鉄と直結しており、博多駅から5分で到着します。

空港には、国内線ターミナルと国際線ターミナルを結ぶ無料の連絡バスがあります。国際線ターミナルに到着後、搭乗手続きを済ませると保安検査に進めます。その後、出国審査まで済ませれば、搭乗に必要な準備は完了です。

またターミナル内には、カードラウンジや航空会社ラウンジの他、一般有料ラウンジが設置されており、ターミナルビルの1階または3階に両替所が複数設置されています。

旅行のベストシーズン

シンガポールの季節は、雨季と乾季に分かれています。雨季は10~2月頃、乾季は3~9月頃です。観光のベストシーズンは乾季ですが、短時間のスコールが降ることもあります。シンガポールは1年を通して暖かいため、いつ訪れても十分に観光を楽しめるでしょう。

特にショッピングを楽しみたいのであれば、盛んにバーゲンセールがおこなわれる6~8月の時期がおすすめです。また、11~1月初め頃まではクリスマスの特別なイルミネーションを街のあちこちで堪能できます。目的に合わせてシンガポール旅行の時期を決めましょう。

おすすめの観光スポット

シンガポールの観光スポットといえば、「マーライオンパーク」が定番です。シンガポールを訪れたなら、マーライオンと一緒に記念撮影をしましょう。さらに、印象的な人工ツリーのある「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」も人気の観光スポットです。植物園になっており、暑いシンガポールでも涼しく過ごせるのが魅力的です。さらに、シンガポールには東南アジアで初めてオープンした「ユニバーサル・スタジオ・シンガポール」もあります。ここでしか体験できないアトラクションもあり、大人から子どもまで一緒になって楽しめるテーマパークです。

主要空港から都心部へのアクセス方法

シンガポールのチャンギ空港からは、都心部へ向かうためのさまざまな交通手段があります。シンガポールは鉄道が充実しており、MRT(マス・ラピッド・トランジット)で空港から市内へ30分程度で向かうことが可能です。ターミナル2とターミナル3に直結しているチャンギ・エアポート駅からMRTへ乗車しましょう。

また、シンガポールではタクシーも一般的によく利用されています。空港から市内までの所要時間は約30分です。ただし、深夜から朝方にかけての0~6時の時間帯は、料金が50%割増しになります。

空港から市内までは公共バスも運行しています。8~12分おきに運行しており、低料金で市内へアクセスできます。

一番早い便、一番遅い便

・一番早いフライト

福岡空港から7時45分に出発し、チャンギ空港に17時35分に到着する便があります。

・一番遅いフライト

福岡空港から21時15分に出発し、チャンギ空港に翌日6時40分に到着する便があります。

※航空会社などにより、スケジュールが変更される可能性があります。

シンガポールの基本情報

シンガポールの基本情報

・国名:シンガポール共和国

・宗教:仏教、イスラム教、キリスト教など

・言語:マレー語、英語など

・気候:シンガポールは四季がなく、1年中暖かいです。日中は30度以上になることも珍しくなく、夜もそれほど気温は低くなりません。ただし、雨季は雨が多くなり、気温はやや下がって湿度が高くなります。

・時差:-1時間 ※日本よりも1時間遅い

・ビザ:30日以内の滞在であれば不要です。

シンガポールの注意点

・治安:他国に比べると犯罪率は低いですが、盗難や詐欺の被害には注意が必要です。特に日本人は標的にされやすいため、常に気を付けて行動しましょう。

・水:水道の水をそのまま飲むことができます。ただし、胃腸が弱い人は、念のため市販のミネラルウォーターを購入して飲んだほうが安心です。

・通貨:通貨単位は「シンガポール・ドル」、補助通貨単位は「シンガポール・セント」です。1シンガポール・ドルは、日本円で約82円です。

・マナー:日常の何気ない習慣に対する罰則があるため注意が必要です。たとえば、チューインガムの持ち込みが禁止されています。また、イスラム教の寺院を訪れる際は、肌を露出する服装は避けてください。

・チップ:チップの習慣はありません。ただし、レストランやホテルでサービスを受けた場合は気持ち程度のチップを渡すケースが多いです。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。
また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

  • 福岡⇒シンガポール

    福岡発シンガポール行きのチケットはを安く購入できる時期は正月明け~2月中旬、4月上旬~中旬、ゴールデンウィーク明け~6月中旬、10月中旬~11月上旬になります。また、正月、ゴールデンウィーク、8月9月の夏休み期間中は高くなる傾向です。Trip.comは航空券やホテル情報が満載!オンライン予約も迅速で簡単!! Trip.comが福岡からシンガポールへの旅行計画をお手伝い致します。

  • 旅先で思い出に残る旅を

    Trip.comで、福岡からシンガポールへの旅を思い出に残る最高の旅に。Trip.comで事前に見所をチェック、あらゆる予約を済ませて、素晴らしい旅をお楽しみください。Trip.comで事前に目的地の見どころやレビューをチェック。ホテルから現地ツアーまで簡単に予約が可能です。あとは現地で素晴らしい旅をお楽しみ下さい。