鹿児島発名古屋行き格安航空券を検索・予約

鹿児島発名古屋行きに関するフライト情報

よくあるご質問:
  • 鹿児島発名古屋行き航空券を最安値で買える時期はいつですか?

    鹿児島発名古屋行きの航空券は基本的に、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆この3つの繁忙期で、航空券が高くなる傾向にあります。この時期はハイシーズンとなっており、航空会社の早期割引やLCCで予約ができたとしても、料金は正規運賃とほぼ変わらないです。できるだけ、この3つの時期をずらしましょう。次に、航空券が比較的安くなるシーズンについてご紹介します。1月中旬~2月は、正月を終え、旅行する方は少なくなる傾向にあります。特にヨーロッパはオフシーズンのため、航空券が安いです。4月に入り、新生活が始まるなどで忙しくなる時期も旅行される方がわりと少ないため、航空券が安くなる傾向にあります。また、10月ごろもシルバーウィークを終え、クリスマスと正月に向けて旅行を控える方が多く、航空券が安くなる時期になります。 鹿児島発名古屋行きの航空券は火曜日、水曜日、土曜日出発のフライトが比較的安くなる傾向があります。

  • 鹿児島から名古屋までを運行している航空会社は?

    鹿児島から名古屋までを運行している航空会社はスカイマーク,日本航空,ジェットスター・ジャパン,ソラシドエア,ANA(全日空)になります。

  • 名古屋周辺にいくつの空港がありますか?

    名古屋周辺に2つの空港があります。 - 中部国際空港,名古屋小牧空港

  • 直行便の平均飛行時間:

    1h15m

  • 目的地の空港:

    NGO NKM

  • 路線:

    KOJ ✈ NGO

  • 航空券の相場:

    12,121円

鹿児島発名古屋行きの時刻表

便名・航空会社
出発
到着
路線週間スケジュール

09:35

KOJ

10:45

NGO

名古屋 - 鹿児島最安値を見る

10:00

KOJ

11:15

NGO

名古屋 - 鹿児島最安値を見る

10:20

KOJ

11:35

NGO

名古屋 - 鹿児島--最安値を見る

10:35

KOJ

11:50

NGO

名古屋 - 鹿児島最安値を見る

12:50

KOJ

14:10

NGO

名古屋 - 鹿児島最安値を見る

15:00

KOJ

16:20

NGO

名古屋 - 鹿児島----最安値を見る

16:30

KOJ

17:50

NGO

名古屋 - 鹿児島最安値を見る

17:15

KOJ

18:35

NGO

名古屋 - 鹿児島最安値を見る

18:15

KOJ

19:35

NGO

名古屋 - 鹿児島----最安値を見る

19:30

KOJ

20:45

NGO

名古屋 - 鹿児島-------最安値を見る

20:30

KOJ

21:45

NGO

名古屋 - 鹿児島最安値を見る

20:45

KOJ

22:00

NGO

名古屋 - 鹿児島最安値を見る
閉じる

鹿児島 ⇒ 中部国際空港 (NGO)

9月2日 16:30 - 9月3日 17:55
GK | ジェットスター・ジャパン
1時間20分です。
KOJ - NGO
直行便
7,777円
往復
最安値を見る
10月19日 13:20 - 10月21日 17:55
BC | スカイマーク
1時間20分です。
KOJ - NGO
直行便
9,296円
往復
最安値を見る
9月16日 09:55 - 9月16日 17:55
NH | ANA(全日空)
1時間20分です。
KOJ - NGO
直行便
13,868円
往復
最安値を見る
9月3日 09:50 - 9月3日 17:55
GK | ジェットスター・ジャパン
1時間20分です。
KOJ - NGO
直行便
7,807円
往復
最安値を見る
8月13日 09:50 - 8月16日 07:50
GK | ジェットスター・ジャパン
1時間20分です。
KOJ - NGO
直行便
7,959円
往復
最安値を見る

大人1名あたり(税金・燃油サーチャージ込み)。(運賃は常に変動しているため、表示の価格は参考価格となります。実際の価格は、予約の際に表示されます。)

鹿児島発名古屋行きフライト情報

航空券の相場

鹿児島から名古屋までの往復航空運賃の相場は30,590円です。利用者が増える年末年始、ゴールデンウィークなど大型連休、夏休みに入る7月下旬、8月の旧盆前後の時期は相場が高めといえます。4月の新年度スタート後や9月から年末までは比較的価格が安定している傾向です。通常期の平日なら航空料金は5,000円程度、週末でも6,000円程度で利用することができます。LCCのジェットスター・ジャパンの場合、通常期の平日なら片道料金で5,000円程度からあり、週末でも6,000円程度で利用することができるでしょう。全日空などフルサービスキャリアの場合、早期購入割引の利用がおすすめです。

鹿児島から名古屋間の航空券・新幹線・バスとの料金を比較

  • 飛行機(鹿児島発):料金は8,840円、所要時間は1時間15分ほど
  • 新幹線(鹿児島中央駅⇒博多駅⇒名古屋駅):料金は24,860円(自由席)、所要時間は5時間ほど
  • 高速バス(鹿児島中央駅⇒西鉄天神高速バスターミナル⇒名鉄バスセンター):料金は14,250円~、所要時間は15時間30分ほど
  • フェリー:直行便はありません。

※航空券料金は弊社のデータにより算出したものです。

※新幹線、高速バスは片道料金で算出しています。

鹿児島から名古屋まで運航している航空会社&LCC

鹿児島空港(KOJ)‐中部国際空港(NGO)間運航している航空会社&LCC

鹿児島-名古屋間は全日空(ANA)、スカイマーク(SKY)、ソラシドエア(SNJ)、LCCのジェットスタージャパン(JJP)の4社が1日合計7~8本を運航しています。全日空はスターアライアンス加盟で、ジェットスターは日本航空のマイルをためることが可能です。

使用機材は全日空がボンバルディアDHC8-Q400で全座席数は74席。プレミアムシートの設定と機内Wi-fiはありません。

ソラシドエアはボーイング737-800、総座席数は174席または176席で、全席レザーシートの普通席です。機内Wi-fiはありませんがUSB電源があります。

スカイマークはボーイング737-800で総座席数は177席。機内Wi-fiはありませんが電源コンセントが完備。追加料金で優先搭乗ができるシートの指定ができます。

ジェットスターはエアバスA320使用で、全席エコノミーの180席です。有料で足元が広めの席などを選べます。機内Wi-fiはありません。ジェットスターは中部国際空港第2ターミナル、その他は第1ターミナルの利用です。

鹿児島から名古屋までの一番人気路線

鹿児島空港⇒中部国際空港の12時50分発、全日空(ANA)NH354便と17時15分発、全日空(ANA)NH358便が一番人気です。乗り継ぎに便利な全日空便に人気があります。

鹿児島から名古屋までの一番安い路線

鹿児島空港⇒中部国際空港の9時50分発、ジェットスターJQ690便は片道4,390円~と一番安い傾向にあります。

鹿児島から名古屋までの一番早い便

鹿児島空港⇒中部国際空港の9時50分発、21時55分着ジェットスターJQ690便が始発便となります。

鹿児島から名古屋までの一番遅い便

鹿児島空港⇒中部国際空港の20時40分発、21時55分着のソラシドエアSNJ28便が最終便となります。

※これらのデータは弊社のデータにより算出したものです。航空会社によってはスケジュールが変更される可能性があります。

鹿児島‐名古屋の空港情報

鹿児島空港(KOJ)

鹿児島空港は、霧島市の高台にある県内唯一の空港で、鹿児島市中心街まで約30kmです。奄美大島や種子島などの離島への路線が多く、国内線は日本航空、日本エアコミューター、全日空、スカイマーク、ソラシドエア、フジドリームエアラインズ(FDA)、LCCではピーチ(peach)とジェットスターが運航しています。このうち日本航空がワンワールド、全日空がスターアライアンスに加盟。国際線は仁川、上海・浦東、台北・桃園、香港へ定期便が運航しています。

空港ターミナルビルは地上3階です。国際線ターミナルビルは国内線ターミナルの左側にあります。国内線ターミナルビル1階にはチェックインカウンターと到着ロビーがあり、手荷物受取所の左側に全日空、ピーチ、ソラシドエアのチェックインカウンターが設置されています。右手に日本航空、ジェットスター、フジドリーム、スカイマークのカウンターがあります。2階が出発ロビーで、3階には展望デッキがあるので景色を眺めることも可能です。

鹿児島県黒豚や桜島鶏など地元の食材を使ったお弁当が購入できる各種売店やレストランもあります。観光・総合案内所は1階にあり、飛行機の発着案内や観光案内のほか、交通機関やホテルの案内、レンタカー取り次ぎなどのサービスも利用できるので便利でしょう。また国内線ターミナル1階の3番玄関前には空港内から湧き出る天然温泉の足湯「おやっとさぁ」が常設されており、旅の疲れを癒やせるスポットになっています。空港内では無料Wi-Fiが利用可能です。

中部国際空港(NGO)

中部国際空港は、セントレアの愛称で知られ、愛知県常滑市の伊勢湾海上の人工島に2005年に開港しました。名古屋市中心部からは約35km、長さ3,500mの滑走路がある24時間運用可能な空港です。

空港の中心部には各種の交通機関と空港のターミナルを繋ぐ連絡施設「アクセスプラザ」があり、観光情報などを提供するカウンターも設けられています。

ターミナルはアクセスプラザのすぐ隣にある第1ターミナルと、少し離れた場所にある第2ターミナルの2ヶ所あり、航空会社によって利用するターミナルが異なります。鹿児島からの便では、スカイマーク、全日空、ソラシドエアが第1ターミナル、ジェットスターが第2ターミナルの発着です。第1ターミナルから第2ターミナルまで移動する場合、アクセスプラザを経由して移動に10分ほどかかりますので、乗り継ぎの場合は余裕を持ち早めに移動しておきましょう。空港内の所定エリアでは無線Wi-Fiが使えます。

第1ターミナルの屋上には長さ約300メートルの総ウッド張り屋外展望台「スカイデッキ」があり、航空機の離着陸を間近で見られます。また、滑走路や発着する飛行機を眺めながら入浴できるスーパー銭湯の「風(ふー)の湯」も人気スポットです。

第2ターミナルビルの近くには飛行機のテーマパーク「FLIGHT OF DREAMS」もあり、ボーイング787の初号機の展示やフライトシミュレーターなどが楽しめます。

空港⇔市内中心部のアクセス案内

市内中心部⇒鹿児島空港(KOJ)

鹿児島空港には電車の乗り入れがないため、市内中心部からの移動手段は連絡バス、車、タクシーのいずれかになります。

バスで移動する場合、空港直通バスが便利です。連絡バスは鹿児島市内方面のほか、志布志方面や枕崎方面、川内、阿久根方面、熊本、宮崎方面などから出ています。鹿児島中央駅から鹿児島空港まで連絡バスを利用すると所要時間は約38分で、料金は大人1,300円です。現金またはICカード(Rapica・いわさきカード)が利用できます。

タクシーを利用する場合、鹿児島中央駅から鹿児島空港まで約35km、一般道を利用した場合所要時間は1時間程度で料金は約10,490円かかります。

空港の駐車場はターミナルビル直結の24時間営業で収容台数は7,800台です。空港公式Webサイトから予約もできます。

電車で行く場合はJR加治木駅で乗り換えとなり、JR鹿児島中央駅から加治木駅まで35分程度、料金は現金、ICカードとも480円です。加治木駅から空港バスで約22分、料金は350円で現金またはICカード(Rapica・いわさきカード)が利用できます。

中部国際空港(NGO)⇒市内中心部

中部国際空港から市内中心部には電車、バス、車、高速船など各種の交通手段を利用できます。電車やバスには第1ターミナル直結の「アクセスプラザ」から乗車可能です。

名古屋市内中心部に電車で向かう場合、アクセスプラザの中部国際空港駅から名鉄空港特急「ミュースカイ」に乗れば名鉄名古屋まで約30分、料金は1,250円かかります。急行は約45分、準急は50分程度で、料金はICカード、現金ともに890円です。

バスで名古屋市内へ向かう場合、第1ターミナル3階または第2ターミナル2階の乗り場から空港バスが発車しています。空港バスは名古屋行きの他に、豊田市方面や三重、静岡、常滑方面などへの便があります。座席定員制ですが、空席があれば予約なしでも乗車可能です。1時間に1本程度運行があり、第1ターミナルから名古屋駅まで約1時間33分、第2ターミナルからは約1時間25分かかります。料金はICカード利用、現金ともに1,300円です。一部ICカードが使えない便もありますので注意しましょう。

タクシーに乗る場合、第1ターミナルからはアクセスプラザ2階の乗り場を利用するのが便利です。第2ターミナルのタクシー乗り場は1階で、乗車したい場合には案内所のタクシー呼び出し電話でタクシーを呼び出します。空港から名古屋駅まで一般道利用の場合、所要時間は1時間10分程度で、料金は約15,180円です。また、市内の各エリアから乗り合いタクシーを利用することもできますが、事前の予約が必要です。

高速船も三重県の津市まで1日15便が運航しています。所要時間は45分、料金は2,520円です。現金、クレジットカード、旅行会社クーポン券が利用できますが、ICカードでの支払いはできません。アクセスプラザ経由で連絡通路を通って船着き場へ移動します。第1ターミナルから船着き場まで徒歩約5分、第2ターミナルから徒歩約10分です。出発時刻の20分前までに乗り場に到着する必要がありますので、時間に余裕を持って移動しましょう。

名古屋の観光情報

名古屋の観光スポット

日本有数の大都市で、独特の文化を誇る名古屋には、たくさんの観光スポットがあります。熱田神宮は創建から1900年以上を経ているとされる古社で、「古事記」に登場する三種の神器の一つ、「草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)」を祀る神社として知られています。名古屋鉄道の神宮前駅から徒歩約3分、JR熱田駅や地下鉄名城線の神宮西駅からもアクセス可能です。周辺にはグルメスポットも多数あり、ぜひ訪れたい観光名所といえるでしょう。

名古屋市科学館は世界最大のプラネタリウム施設を備え、2011年にリニューアルオープンしました。プラネタリウムはドーム内径が35mで、これは世界一の大きさです。科学の世界を体験できる展示館といえます。プラネタリウムのほか、人工竜巻を体験できる竜巻ラボ、雷のような放電を見られる放電ラボ、マイナス30℃の室内でオーロラ映像を見られる極寒ラボなどがあります。電車で行く場合は地下鉄鶴舞線の伏見駅から徒歩5分程度でしょう。

レゴランド・ジャパンは、レゴブロックのテーマパークです。パーク内ではレゴを組み立てて遊んだり、アトラクションを体験するなどファミリーで楽しめる観光スポットとしておすすめ。中部国際空港から直通バスも運行しています。

名古屋のグルメ

名古屋には名古屋ならではのグルメがたくさんあります。特に押さえておきたいメニューは味噌煮込みうどん、台湾ラーメン、ひつまぶしです。

味噌煮込みうどんは、名古屋で広く親しまれており、一般的な知名度も高いでしょう。一人用の土鍋に赤味噌仕立てのつゆを煮立て、煮込んだ太麺のうどんです。麺は通常のうどんよりも固めで歯ごたえがあるのが特徴といえます。トッピングにネギ、シイタケ、鶏肉、月見卵などが入っており、卵の黄身を割って麺にからめて食べるのが定番です。

台湾ラーメンは、台湾ではなく名古屋発祥のラーメンです。名古屋にある台湾料理店「味仙」の店主が台湾のタンツーメンを基に、ニンニクや唐辛子などで辛く味付けして完成させたとされています。ぜひ味わっておきたい名古屋のご当地ラーメンです。

ひつまぶしは細かく刻んだうなぎをご飯の上にのせた料理です。1杯目はそのままうなぎとご飯を食べます。2杯目はわさび・ネギなどの薬味と一緒に食べ、3杯目はお茶漬けでさっぱりと味わう食べ方がよしとされています。店によってはだし汁をかけるところもあるようです。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

鹿児島発名古屋行き格安航空券の往復チケットと片道チケットの比較

基本的に各航空会社は往復を利用することを条件に、航空券を割引して販売しています。特に海外格安航空券の割引幅が大きい傾向があります。また、片道航空券は単純に往復航空券の半額料金とは限りません。片道航空券を往路・復路で購入する場合むしろ高くなります。 国内線航空券に関して、航空会社のルール(有効期間内に、同一区間を往復すること)により、割引が適用されますが、海外格安航空券のよう金額面でのメリットはそこまで大きくありません。場合によって各航空会社の割引運賃を確認し、往路・復路でそれぞれ最安航空券を組み合わせたほうが安く抑えられます。

鹿児島⇒名古屋

鹿児島発名古屋行きのチケットはを安く購入できる時期は正月明け~2月中旬、4月上旬~中旬、ゴールデンウィーク明け~6月中旬、10月中旬~11月上旬になります。また、正月、ゴールデンウィーク、8月9月の夏休み期間中は高くなる傾向です。Trip.comは航空券やホテル情報が満載!オンライン予約も迅速で簡単!! Trip.comが鹿児島から名古屋への旅行計画をお手伝い致します。

旅先で思い出に残る旅を

Trip.comで、鹿児島から名古屋への旅を思い出に残る最高の旅に。Trip.comで事前に見所をチェック、あらゆる予約を済ませて、素晴らしい旅をお楽しみください。Trip.comで事前に目的地の見どころやレビューをチェック。ホテルから現地ツアーまで簡単に予約が可能です。あとは現地で素晴らしい旅をお楽しみ下さい。