長崎発沖縄行き格安航空券を検索・予約

>>>

長崎発沖縄行き便の情報

往復航空券の最安値

120,639円
長崎(NGS) ⇒ 沖縄(OKA)

直行便の最安値

36,680円
長崎(NGS) ⇒ 沖縄(OKA)

よくある質問:

  • 長崎(NGS)発沖縄(OKA)で、航空券が一番安いのはいつですか?

    航空券の価格は、日程や予約のタイミングにより、航空会社が調整しています。Trip.comでは、長崎発沖縄行きの航空券は、火曜日、水曜日、土曜日出発の便が安い傾向にあります。
  • 長崎(NGS)発沖縄(OKA)行きの航空券はいくらぐらいですか?

    Trip.comのデータによると、71,715円が最安値になります。
  • 長崎(NGS)発沖縄(OKA)行き便の所要時間を教えてください。

    長崎(NGS) から沖縄(OKA)までの所要時間は約1時間 35分です。
  • 沖縄の主要空港から市の中心までは、どうやって移動したらよいですか?

    • 沖縄 那覇空港 から市中心部まで21km、タクシーで約 40分の道のりです。
  • 長崎(NGS) 発沖縄(OKA)便で、人気のある航空会社を教えてください。

    長崎(NGS)発沖縄(OKA)行きの直行便を運航している航空会社は次の通りです:ANA(全日空)
  • 長崎(NGS) 発沖縄(OKA)の直行便で、人気のある航空会社を教えてください。

    ANA(全日空)が、長崎(NGS)発沖縄(OKA)行きの直行便を3便運航しています。
  • 沖縄(OKA)には空港はいくつありますか?

    沖縄(OKA)には、空港は2個あります( 沖縄 那覇空港嘉手納基地
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、沖縄へ出かけるにあたって、何かアドバイスはありますか?

    入国制限、フライトの運航スケジュール及び便の変更・欠航などが頻繁に発生しております。沖縄へのご旅行にあたっては、ご予約の航空会社の最新の情報をご確認ください。 また、Trip.comの入国制限情報もご参照いただけます。
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、こちらの目的地行きの便で、日時変更手数料が無料の航空会社はありますか?

    この目的地行きの便で、ご選択のサービスを提供している航空会社はありません。※参考情報です。正確な情報については、ご予約前に航空会社までお問い合わせください。

長崎発沖縄行きの時刻表

便名・航空会社
出発
到着
路線週間スケジュール
ANA(全日空)

11:45

NGS

13:20

OKA

長崎 - 沖縄最安値を見る
長崎発沖縄行きフライト情報

航空券の相場

長崎から沖縄までの往復航空運賃の相場は35,480円です。主に沖縄本島や離島への観光客がメインとなっており、ゴールデンウィークや夏休み、年末年始には、航空運賃は高くなる傾向があります。特に8月のお盆前の時期が1年の中で最も高騰します。その他の時期は、比較的安定した相場で推移しています。夏期のレジャーシーズンを除けば、週末でも比較的予約が取りやすく、リーズナブルな航空運賃で利用できます。長崎から沖縄間を運航する全日空(ANA)では75日~21日前の予約について、早期割引運賃が設定されていますが、割引率は便ごとの需要予測から金額が決まるので、同じ区間でも運航時期や運航時間によって運賃が異なります。

長崎 から沖縄まで運航している航空会社&LCC

長崎空港(NGS)‐那覇空港(OKA)間運航している航空会社&LCC

長崎空港と那覇空港間は、全日空(ANA)が1日1便運航しています。全日空のグループ会社のANAウイングスによる運航です。機材はボーイング737-800を使用し、プレミアムと普通席の2クラス仕様となっています。どちらのクラスでも、ANA Wi-Fi Serviceを無料で利用できるとともに、映画やドラマ、アニメなど約180のコンテンツを無料で楽しめます。プレミアムクラスでは、昼食のほか、ワインやこだわりのドリンクなど多彩なドリンクメニューが用意されています。また、本革素材の快適なシートでゆったりとしたフライトを楽しめます。機内からは天草諸島や屋久島、種子島、奄美大島などの風景を眺めることができます。台風シーズンは欠航になる場合もあるので、事前に台風情報を確認しておきましょう。

長崎から沖縄までの一番人気路線

長崎空港⇒那覇空港の11時45分発の全日空NH1871便が一番人気です。沖縄本島や離島への観光客のほか、平日にはビジネスマンの利用も多いです。

長崎から沖縄までの一番安い路線

長崎空港⇒那覇空港の一番安い路線は11時45分発の全日空NH1871便で、11,461円~と一番安い傾向にあります。

長崎から沖縄までの一番早い路線

長崎空港⇒那覇空港の11時45分発、13時25分着の全日空NH1871便が始発便となります。

長崎から沖縄までの一番遅い路線

長崎空港⇒那覇空港の11時45分発、13時25分着の全日空NH1871便が最終便となります。

長崎‐ 沖縄の空港情報

那覇空港 (OKA)

那覇空港(OKA)は、那覇市内中心部から近い便利な空港です。2010年3月現在、国内線は30都市32路線、国際線は15都市15路線が運航しています。乗降客数は、国内線・国際線合わせて約2,100万人以上にも及び、全国第6位にランクインしています。2020年春には第2滑走路の供用が開始され、路線の拡大や増便が見込まれており、東アジアのハブ空港として、利用客の増加が期待されています。石垣島や宮古島、久米島、与那国島など離島への定期便も運航しており、沖縄の基幹空港としての役割を担っています。

国内線は、長崎空港間を運航する全日空(ANA)のほか、日本航空(JAL)、スカイマーク、ピーチアビエーション、ジェットスターなど、9つの航空会社が運航しています。国際線は、ソウル、大邱、釜山、北京、台北、香港、シンガポール、バンコクなどの間で運航しており、利用客も年々増加しています。2019年には、国内線ターミナルと国際線ターミナルを連結する際内連結ターミナルが開業。LCC専用ターミナルも際内連結ターミナルに移転して、乗り継ぎなどの利便性が高まっています。

1階が到着ロビー、2階が出発ロビー、3階がチェックインロビーとなっています。4階はレストラン街となっており、国内線エリアには10軒以上の飲食店がならび、沖縄そばなどを味わえます。1階から3階にも、多数の飲食店やカフェがあります。2階と3階に並ぶみやげ店では、泡盛やサーターアンダギーなど定番の沖縄みやげや空港限定のみやげを購入できます。その他、コンビニやドラッグストア、書店、マッサージ店、クリーニング店など多彩な店舗が軒を連ねています。

ターミナルビル館内全エリアで無料Wi-Fiサービスを利用でき、銀行やATM、自動外貨両替機、コイン式携帯充電器、コイン式パソコン、旅行代理店、レンタカーなど、便利なサービスが用意されています。

那覇空港には、3つの立体駐車場があります。収容台数は、2,472台。営業時間は6時から24時ですが、航空便に遅れがあった場合には延長されます。

長崎空港(NGS)

長崎空港(NGS)は、長崎市の北、長崎県のほぼ中央に位置する大村市にある空港です。大村湾に浮かぶ簑島を開発した空港で、1975年に世界初の海上空港として開通しました。空港が対岸の森園町との間を全長970mの簑島大橋で結ばれており、徒歩でも行き来することができます。

長崎市内観光やハウステンボス、佐賀の嬉野温泉、有田などへの観光客などに利用されています。

最近は、LCCの就航や世界遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」などをきっかけに、乗降客数も増加傾向にあり、国内線・国際線合わせて年間約320万人以上が利用しています。国内線は、那覇空港のほか、羽田や成田、伊丹、関西など12便が運航しています。全日空(ANA)をはじめ、日本航空(JAL)、スカイマーク、ピーチアビエーション、ジェットスターなど、8つの航空会社が運航しています。五島列島の福江や対馬、壱岐へは、長崎空港を拠点とするオリエンタルエアブリッジ (ORC)が定期便を運航しており、世界遺産登録の教会など島めぐりにも便利な空港です。国際便は、上海とソウル、香港との間で運航しています。


長崎空港は、1階が到着ロビーとチェックインカウンター、2階が出発ロビー、3階が展望デッキとなっています。2階には、長崎ちゃんぽんやカステラなどの長崎みやげが購入できるみやげ店など15店舗以上が集まったショッピングモールがあります。飲食店は、1階と2階に5店舗あり、長崎ちゃんぽんやトルコライス、五島うどんなど長崎グルメを味わえます。2階にあるビジネスラウンジ「アザレア」では、フリードリンクの他、有料で壱岐焼酎など長崎特産の焼酎や地酒を提供しています。

また、ATMや外貨両替機、コンビニ、ドラッグストア、レンタカー、コイン式マッサージチェア、コイン式携帯充電器、コイン式パソコン、全館で利用できる無料Wi-Fiサービス、キッズコーナーなど、旅先で便利なショップやサービスも揃っています。長崎空港には、平面駐車場があります。収容台数は1,051台で、24時間利用可能です。

空港⇔市内中心部のアクセス案内

市内中心部⇒長崎空港(NGS)

長崎空港(NGS)は長崎市中心部から約40㎞に位置する空港です。長崎市内中心部や県内各地から長崎空港への交通手段は、リムジンバスまたは車、タクシーとなります。リムジンバスを利用した場合は、中華街のある長崎新地までは35分ほど、長崎駅までは43分ほどで到着します。運賃は1,000円です。ハウステンボス・佐世保方面へのリムジンバスもあります。ハウステンボスまでは56分ほど、運賃は1,250円。佐世保までは89分ほど、運賃は1,650円です。雲仙・島原への乗換駅となる諫早までは31分ほど、運賃は640円です。

車を利用する場合は、長崎自動車道・大村ICが最寄りのICとなります。高速を利用して、長崎市内中心部から35分ほどで到着します。ハウステンボスからは45分ほどです。

タクシーを利用する場合は、長崎市内中心部から約9,740円、ハウステンボスからは約9,070円です。諫早駅からは25分ほど、運賃は約4,990円です。
また、ハウステンボスとの間で高速船が発着しており、50分ほどで到着します。運賃は2,000円です。

那覇空港 (OKA)⇒市内中心部

那覇空港(OKA)は、那覇市内中心部から約5mに位置する空港です。那覇空港から那覇市内中心部へは、「ゆいレール」と呼ばれるモノレールが便利です。モノレールは那覇空港駅から市内中心部、首里城近くの首里駅などを結びます。那覇空港から国際通り近くの県庁駅まで13分ほど、運賃は270円。首里駅までは27分ほど、料金は340円です。


那覇空港は中心部に近いので、タクシーもおすすめです。沖縄のタクシー料金は本土より安く、那覇空港から国際通りまで13分ほど、運賃は約1,400円です。

北谷や万座など、中・北部にあるリゾートホテルに宿泊するのなら、主要なリゾートホテルへ直行するリムジンバスがおすすめです。ヒルトン沖縄リゾート北谷リゾート、ホテル日航アリビラ、万座ビーチリゾート、嘉瀬ビーチパレス、ホテルオリオンモトブリゾート&スパなどの主要ホテルとコース上のホテルを結ぶ8つの路線があります。1階の到着ロビーに空港リムジンバスのカウンターで乗車チケット購入しましょう。運賃は160円から2,550円です。

沖縄では、観光客の多くがレンタカーを利用します。那覇空港にもレンタカー案内所がありますが、各レンタカー会社の営業所は空港から離れているので、送迎バスで移動することになります。受付から乗車まで時間がかかるので、事前に予約しておき時間を短縮しましょう。

沖縄の観光情報

沖縄の観光スポット

世界遺産である首里城の正殿が焼失してしまいましたが、首里城周辺には琉球王国の歴史や文化を感じる観光スポットが点在しています。首里城の西側にある世界遺産・玉陵(たまうどぅん)は、1501年に尚真王が父・尚円王のために創建した陵墓です。歴代の国王が眠る大規模な陵墓で、墓域は2,442㎡もあります。

同じく世界遺産・識名園(しきなえん)は、中国からの使者を接待するために1779年に建てられた琉球王国最大の別邸で、六角堂や石橋などが配された美しい回遊式庭園です。戦争により壊滅しましたが、20年の歳月をかけて復元され、国の特別名勝にも指定されています。

1887年に創業した瑞泉酒造株式会社は、戦火を免れた黒麹菌を発酵させた泡盛「御酒(うさき)」で知られています。工場見学や古酒の飲み比べなどができます。

沖縄のグルメ

沖縄グルメといえば、沖縄そばをはじめ、ステーキやハンバーガー、タコス・タコライス、てびちなどが有名です。また、ゴーヤや島らっきょう、島ニンジン、紅いもなど、長寿の秘訣といわれる滋味豊かな島野菜をたっぷり使用したチャンプルーなど、伝統的な沖縄料理もおすすめです。また、全国一の養殖生産量を誇る車エビもぜひ、味わってみましょう。宜野座などの養殖場近くにある料理店では、大きなサイズの活き車エビを刺身や天ぷら、塩焼きなどで味わえます。

  • 長崎⇒沖縄

    長崎発沖縄行きのチケットはを安く購入できる時期は正月明け~2月中旬、4月上旬~中旬、ゴールデンウィーク明け~6月中旬、10月中旬~11月上旬になります。また、正月、ゴールデンウィーク、8月9月の夏休み期間中は高くなる傾向です。Trip.comは航空券やホテル情報が満載!オンライン予約も迅速で簡単!! Trip.comが長崎から沖縄への旅行計画をお手伝い致します。

  • 旅先で思い出に残る旅を

    Trip.comで、長崎から沖縄への旅を思い出に残る最高の旅に。Trip.comで事前に見所をチェック、あらゆる予約を済ませて、素晴らしい旅をお楽しみください。Trip.comで事前に目的地の見どころやレビューをチェック。ホテルから現地ツアーまで簡単に予約が可能です。あとは現地で素晴らしい旅をお楽しみ下さい。