名古屋発マニラ行き格安航空券を検索・予約

名古屋発マニラ行き便の情報

ピークシーズン

12月
18,751円

オフシーズン

6月
12,074円

往復航空券の最安値

95,665円
名古屋(NGO) ⇒ マニラ(MNL)

直行便の最安値

43,172円
名古屋(NGO) ⇒ マニラ(MNL)

よくあるご質問:

  • 名古屋(NGO)発マニラ(MNL)で、航空券が一番安いのはいつですか?

    航空券の価格は、日程や予約のタイミングにより、航空会社が調整しています。Trip.comでは、名古屋発マニラ行きの航空券は、火曜日、水曜日、土曜日出発の便が安い傾向にあります。
  • 名古屋(NGO)発マニラ(MNL)行きの航空券はいくらぐらいですか?

    Trip.comのデータによると、98,499円が最安値になります。
  • マニラの主要空港から市の中心までは、どうやって移動したらよいですか?

    • ニノイ・アキノ国際空港 から市中心部まで10km、タクシーで約 30分の道のりです。
  • 名古屋発マニラ行きの始発便の時刻を教えてください

    名古屋(NGO)発マニラ(MNL)行き始発便の出発時刻は、09:30です(到着時刻 12:40)。
  • 名古屋(NGO) 発マニラ(MNL)便で、人気のある航空会社を教えてください。

    名古屋(NGO)発マニラ(MNL)行きの直行便を運航している航空会社は次の通りです:セブパシフィック航空フィリピン航空ジェットスター・ジャパンANA(全日空)
  • 名古屋(NGO) 発マニラ(MNL)便で、人気のある航空会社を教えてください。

    フィリピン航空が、名古屋(NGO)発マニラ(MNL)行きの直行便を74便運航しています。
  • マニラ(MNL)には空港はいくつありますか?

    マニラ(MNL)には、空港は2個あります( ニノイ・アキノ国際空港サングレイポイント国際空港
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、マニラへ出かけるにあたって、何かアドバイスはありますか?

    入国制限、フライトの運航スケジュール及び便の変更・欠航などが頻繁に発生しております。マニラへのご旅行にあたっては、ご予約の航空会社の最新の情報をご確認ください。 また、Trip.comの入国制限情報もご参照いただけます。
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、こちらの目的地行きの便で、日時変更手数料が無料の航空会社はありますか?

    この目的地行きの便で、ご選択のサービスを提供している航空会社はありません。※参考情報です。正確な情報については、ご予約前に航空会社までお問い合わせください。

名古屋発マニラ行きの時刻表

便名・航空会社
出発
到着
路線週間スケジュール

09:35

NGO

13:05

MNL

名古屋 - マニラ---最安値を見る

19:35

NGO

23:05

MNL

名古屋 - マニラ-----最安値を見る

21:15

NGO

00:50

MNL

名古屋 - マニラ----最安値を見る
名古屋発マニラ行きフライト情報

入国に必要な書類

マニラ(フィリピン)に入国する際は、機内で配布される入国カードと税関申告書を提出する必要があります。機内でそれぞれの書類を受け取ったら、到着する前に必要事項を記入しておきましょう。入国審査の際に入国カード、税関審査の際に税関申告書をそれぞれ提出します。

ターミナル情報と搭乗の流れ

中部国際空港の国際線ターミナルは1つなので、迷う必要はありません。

出発ロビーは3Fにあるので、到着したらまずエスカレーターで3Fまで向かい、エスカレーターを降りてすぐのモニターで自分が乗る便のチェックインカウンターを探します。

出国ゲートは保安検査場を抜けたすぐ先にあり、顔認証や指紋認証にも対応しています。ラウンジは保安検査前後で利用できる場所が変わるので、カード会社などを事前にチェックしておくようにしましょう。両替は保安検査前後どちらでも利用可能です。

航空券を安く購入できる方法

航空券を安く購入するには、経由便を選ぶというのもひとつの方法です。経由便を選べばマニラまでの到着に時間がかかりますが、その分、航空券の価格を安く抑えられる可能性があります。

また、なるべく早めに航空券を手配すると早期割引を利用できることもあります。割引を利用したいなら、搭乗の4~5カ月前に航空券を手配するようにしましょう。

おすすめの観光スポット

マニラには、一度は訪れてみたい観光スポットが多数あります。たとえば、さまざまな食材が並ぶ「サン・アンドレス・マーケット」では、現地の人々の活気ある様子を目にすることができます。日本では珍しいお土産の購入にも適しています。また、マニラの歴史を感じたいなら、「城砦都市跡」を訪れてみてもよいでしょう。これは、1571年に建造されたとても古い史跡です。加えて、有名なサンセットもぜひ見ておきたいところ。夕日は市街地の西側に広がっているマニラ湾から眺めることができ、このエリアには商業施設やホテルも多く並んでいます。

主要空港から都心部へのアクセス方法

ニノイ・アキノ国際空港からマニラ中心部までの距離は約7kmです。空港から都心部へ向かう交通手段としては、タクシーまたはレンタカーのどちらかとなっています。

タクシーは、空港の認可が下りている黄色い車体のイエローキャブに乗車すると安心です。空港の到着ロビーにあるカウンターでチケットをもらい、その後、順番にタクシーに乗車できます。パサイ界隈までであれば15~20分ほどで到着し、料金は400円程度です。マカティ界隈までであれば20~30分ほどの所要時間で、700円程度となります。

またレンタカーを借りるときは、空港の到着ロビーに設置されているカウンターで手続きをしましょう。運転手付きのレンタカーもあるので、自分で運転ができない場合も利用可能です。

一番早い便、一番遅い便

・一番早いフライト

一番早いフライトは、中部国際空港(NGO)を0時30分に出て、ニノイ・アキノ国際空港(MNL)に11時55分に到着する便です。

この時間帯であれば、電車の利用が便利です。

・一番遅いフライト

一番遅いフライトは、中部国際空港(NGO)を15時10分に出て、ニノイ・アキノ国際空港(MNL)に22時30分に到着する便です。

この時間帯であれば、電車の利用が便利です。

マニラの基本情報

マニラの基本情報

・国名:フィリピン共和国

・宗教:キリスト教、イスラム教など

・言語:フィリピノ(タガログ)語、英語

・気候:熱帯モンスーン気候とサバナ気候の中間にあり、年間を通して暖かいのが特徴的です。季節は1~4月の乾季、5~12月の雨季に分かれています。

・時差:-1時間 ※日本よりも1時間遅い

・ビザ:短期(30日以内)の滞在ならビザは必要ありません。

マニラの注意点

・治安:それほど良好ではないため、最低限の警戒は必要です。特に日本人は裕福なイメージがあるため、スリやひったくり、強盗に注意しましょう。

・飲料水:水道水は飲料水として利用できません。そのため、ミネラルウォーターを購入して飲み水を確保しましょう。

・マナー:特別注意すべきマナーはありません。日本で過ごすときと同じように、周囲に迷惑がかからないよう行動すれば問題ないでしょう。

・チップ:チップの習慣があるため、レストランやタクシーを利用する際はチップを含めた料金の支払いが必要です。

・物価:物価は日本に比べて安いです。たとえば、500mlのミネラルウォーターの価格は、1本あたりおよそ32円です。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。
また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

トレンドランキング

福岡 東京 飛行機 | 東京 高松 飛行機 | 東京 大阪 飛行機 | 東京 鹿児島 飛行機 | 福岡 沖縄 飛行機 | 沖縄 飛行機 | 函館 飛行機 | グアム 航空券 | ソウル 航空券| 福岡 羽田 飛行機 | 鹿児島 羽田 | 羽田 シンガポール | 羽田 台北 | 羽田 ソウル | 新千歳空港 羽田空港 | 成田 関空 | 大阪 ホテル | 京都 ホテル | 横浜 ホテル | 台北 航空券 | 金沢 ホテル | 上海 ホテル