名古屋発宮古島行き格安航空券を検索・予約

>>>

名古屋発宮古島行き便の情報

往復航空券の最安値

118,185円
名古屋(NGO) ⇒ 宮古島(MMY)

直行便の最安値

55,889円
名古屋(NGO) ⇒ 宮古島(MMY)

名古屋発宮古島行き格安航空券の価格比較

  • 全て
  • 来週末
  • 今月
  • 来月
条件に合う結果が見つかりません。条件を変更して再検索してください。

大人1名あたり(税金・燃油サーチャージ込み)。(運賃は常に変動しているため、表示の価格は参考価格となります。実際の価格は、予約の際に表示されます。)

よくある質問:

  • 名古屋(NGO)発宮古島(MMY)で、航空券が一番安いのはいつですか?

    航空券の価格は、日程や予約のタイミングにより、航空会社が調整しています。Trip.comでは、名古屋発宮古島行きの航空券は、火曜日、水曜日、土曜日出発の便が安い傾向にあります。
  • 名古屋(NGO)発宮古島(MMY)行きの航空券はいくらぐらいですか?

    Trip.comのデータによると、112,442円が最安値になります。
  • 名古屋(NGO)発宮古島(MMY)行き便の所要時間を教えてください。

    名古屋(NGO) から宮古島(MMY)までの所要時間は約2時間 55分です。
  • 宮古島の主要空港から市の中心までは、どうやって移動したらよいですか?

    • 宮古島空港 から市中心部まで3km、タクシーで約 20分の道のりです。
  • 名古屋(NGO) 発宮古島(MMY)便で、人気のある航空会社を教えてください。

    名古屋(NGO)発宮古島(MMY)行きの直行便を運航している航空会社は次の通りです:ANA(全日空)
  • 名古屋(NGO) 発宮古島(MMY)の直行便で、人気のある航空会社を教えてください。

    ANA(全日空)が、名古屋(NGO)発宮古島(MMY)行きの直行便を85便運航しています。
  • 宮古島(MMY)には空港はいくつありますか?

    宮古島(MMY)には、空港は1個あります( 宮古島空港
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、宮古島へ出かけるにあたって、何かアドバイスはありますか?

    入国制限、フライトの運航スケジュール及び便の変更・欠航などが頻繁に発生しております。宮古島へのご旅行にあたっては、ご予約の航空会社の最新の情報をご確認ください。 また、Trip.comの入国制限情報もご参照いただけます。
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、こちらの目的地行きの便で、日時変更手数料が無料の航空会社はありますか?

    この目的地行きの便で、ご選択のサービスを提供している航空会社はありません。※参考情報です。正確な情報については、ご予約前に航空会社までお問い合わせください。

名古屋発宮古島行きの時刻表

便名・航空会社
出発
到着
路線週間スケジュール
ANA(全日空)

10:45

NGO

13:40

MMY

名古屋 - 宮古島最安値を見る
名古屋発宮古島行きフライト情報

航空券の相場

名古屋から宮古島までの往復航空運賃の相場は64,510円です。

年間を通して見ると、11月から1月にかけての冬季は平均して価格が高くなり、特に年末年始は大幅に高騰します。次いで夏休みの8月が高く、特にお盆は高騰しやすい傾向がみられます。

また、比較的価格の安い春や秋でも、ゴールデンウィークやシルバーウィークなどをはじめ連休の際には高騰します。

大手航空会社は早期割引運賃を設定していますが、割引率は便ごとの需要や予測に基づいて決まるため、人気の高い日程の便は割引率が低く、通常運賃とあまり差がありません。

安定して価格が安いのはゴールデンウィーク以降から6月の間と、シルバーウィーク以降の10月などで、この時期の連休を避けると、航空券を安く購入することが出来るでしょう。

曜日別に見ると、週末よりは週の半ばの火曜日や水曜日のほうが比較的安い傾向があります。

名古屋⇒宮古島間の航空券・新幹線・バスとの料金を比較

  • 飛行機(中部国際空港発):料金は34,140円、所要時間は2時間50分ほど。
  • 新幹線:運行はありません。
  • 高速バス(東京駅‐博多):運行はありません。
  • フェリー(東京港-新門司港):2008年に名古屋~大阪~那覇~宮古島~石垣島~台湾を結ぶフェリーが運航会社の経営破綻により廃止となり、以降フェリーはありません。

※航空券料金は弊社のデータにより算出したものです。

※高速バス、新幹線は片道料金で算出しています。

名古屋から宮古島まで運航している航空会社&LCC

中部国際空港(NGO)‐宮古空港(MMY)間運航している航空会社&LCC

土日・平日とも毎日運航がありますが、午前中に全日空(ANA)の運航が一本のみで、時間帯は朝の7時台や10時台など、時期によって異なります。全便プレミアクラスと普通席の2クラス仕様で、プレミアムクラスでは10時29分までの出発便なら朝食、10時30分以降の出発便なら昼食のミールサービスの提供があり、ゆとりのある座席でくつろぎの一時を過ごせます。また、普通席も含む全席でANA Wi-Fi serviceを無料で利用でき、パソコンやスマートフォンでインターネット、Eメール、SNSなどに使用できます。なお、Wi-Fiの利用は離陸の5分後から着陸の5分前なので注意が必要です。また、一部の機材ではPC電源とUSBポートが座席に完備されているものもあるので、確認しましょう。中部国際空港は航空会社によってターミナルが異なり、全日空(ANA)の国内便は第1ターミナル発着となります。

名古屋から宮古島までの一番人気路線

中部国際空港(NGO)⇒宮古空港(MMY)までの路線は1つしかなく、また1日1便しかありません。それが全日空・ANA329便となります。7時45分発と朝早い便のため、多くの観光客に利用される傾向があります。

名古屋から宮古島までの一番安い路線

中部国際空港⇒宮古空港の7時45分発、10時20分着の全日空NH329便は11,742円~と一番安い傾向にあります。

名古屋から宮古島までの一番早い便

中部国際空港⇒宮古空港の7時45分発、10時20分着の全日空NH329便が始発便となります。

名古屋から宮古島までの一番遅い便

中部国際空港⇒宮古空港の7時45分発、10時20分着の全日空NH329便が最終便となります。

※これらのデータは弊社のデータより算出したものです。航空会社によってはスケジュールが変更される可能性があります。

名古屋‐宮古島の空港情報

中部国際空港(NGO)

愛知県常滑市伊勢湾沖の人工島に2005年に作られた中部国際空港は、一般公募で決まった「セントレア」の愛称で知られています。国際線はアジア向けの便を中心に、国内線は北海道から沖縄まで、合わせて60以上の航空会社が就航する、日本の中部エリアの重要な空の玄関口です。空港までは、車であれば7,800台収容できる24時間営業の駐車場を利用できます。その他、空港直結の中部国際空港駅までの特急電車、県内や県外の主要都市から充実している空港リムジンバスも利用できます。また、高速船も使いやすく、タクシーも多く乗り入れているので、非常にアクセスの良い空港です。

空港構内では、空港会社ごとに発着を第1ターミナルと第2ターミナルに分け、決められたターミナルで離発着の手続きが行われます。メインの第1ターミナルの広大な構内は、1階がウェルカムガーデンとセンタービアガーデン、2階が到着ロビーとセンタービアガーデン、3階が出発ロビーとなっています。4階にはスカイタウンというおしゃれな店が並ぶレンガ通りと懐かしい店並みのちょうちん横丁とスカイデッキがあり、憩いの場となっています。構内各所に銀行ATM、両替機、手荷物預かり、電源コーナー、Wi-Fiスポットがあり、またそれらを示す掲示板や案内所も充実しています。第2ターミナルビルは出国と入国の手続きに特化され、1階の到着ロビー、2階の出発ロビーには最低限の設備やサービスに抑えられています。

宮古空港(MMY)

美しいサンゴ礁を持つリゾート地である宮古島の中にある宮古空港は、沖縄の赤瓦を利用した非常に個性的で洗練されたデザインの建物が特徴です。そこに降り立っただけで、訪れた人を南国ムードに包み、宮古島の魅力を伝えるという役割を果たしています。小さいながらも、東京(羽田)、大阪(関西)、名古屋(中部)といった主要都市との直行便や、那覇、多良間、石垣の沖縄各地とを結ぶ路線を持ちます。

空港内は、1階が吹き抜けのホールで明るい雰囲気を作り、到着ロビーのほか、警察派出所や救護室、観光案内などの設備があります。2階には出発ロビーのほか、多くの売店やレストラン、リラクゼーションが並び、搭乗待合室とA&W店内に無料Wi-Fiスポットもあるので出発前のゆったりした時間を思い思いに過ごせます。3階は送迎デッキで、離着陸する飛行機や宮古島の美しい景色を楽しめます。島への交通は路線バスやシャトルバス、リムジンバスもありますが、いずれも本数が少ないうえに路線も乗り換えが必要な場合があるため、レンタカーやタクシーが便利です。

空港⇔市内中心部のアクセス案内

市内中心部⇒中部国際空港(NGO)

中部国際空港へは車でのアクセスが便利で、7,800台収容の大きな24時間営業駐車場があります。駐車場料金は1時間当たり300円、1日最大1,600円、5日目~30日までは期間内一律8,000円、それ以降は1日ごとに1,000円追加と長期の利用にも安心な値段設定です。

鉄道の場合は、名古屋鉄道の特急かミュースカイを利用して中部国際空港駅で降りれば空港に直結しています。神宮前駅からの運賃は760円、所要時間はミュースカイで21分です。また、名鉄名古屋駅からの運賃は890円、所要時間はミュースカイで28分となっています。都心部から近く、6時台から21時台までほぼ10分間隔で運行しています。

空港リムジンバスも充実しており、名古屋市、豐田市、知多半田駅などの愛知県内だけでなく、静岡や岐阜、三重、京都、長野など近隣の県からも発着しています。主要都市は1時間に1本、その他の各地でも一日1~5本の便があります。運賃の例としては、豊田市駅からは1,900円で所要時間1時間23分ほど、浜松駅からは3,200円で所要時間2時間15分ほど、京都駅八条口からは4,000円で2時間40分ほどです。

さらに津エアポートラインの高速船も入港し、津(なぎさまち)・セントレア間は運賃2,520円、所要時間は45分、朝6時の始発から22字の終発まで相互に15便ずつ運行しています。

タクシーも構内に各社が乗り入れており、目安として名古屋駅まで約16,000円+通行料2,210円、所要時間は約50分です。

宮古島空港(MMY)⇒市内中心部

宮古島には鉄道がなく、空港と島内各地への間は路線バスやシャトルバスが運行しています。

島内6カ所のホテルを回る無料シャトルバスが、空港着と空港発それぞれ日中1時間に2本ずつ出ています。ホテルに直接向かう場合は便利ですが、予約制のため、利用するには各ホテルからの予約が必要です。

また、空港から宮古市内に向かう路線バスもあり、宮国まで運賃は290円、所要時間は約15~25分です。しかし一日3本と非常に本数が少なく、他の観光地に向かうには乗り換えが必要になるため、利便性は高くありません。

おすすめは、自分の好きなように動けるレンタカーか、地元に詳しい運転手に案内もしてもらえるタクシーです。レンタカーは、空港の観光案内で手配できます。

タクシーも空港に呼ぶことができ、運賃の目安として空港から宮古島の南東の端に位置する東平安名崎公園に行く場合は、運賃4,310円ほど、所要時間は50分ほどです。

宮古島の観光情報

宮古島の観光スポット

・もともと青い海とサンゴ礁や熱帯魚が有名で、シュノーケリングやスキューバダイビングの名所として親しまれている宮古島ですが、近年人気上昇中なのが、お隣の伊良部島にある「青の洞窟」。青の洞窟と言えば、イタリアのカプリ島にある世界的に有名な観光名所ですが、実は宮古島にもあります。

本家イタリアの青の洞窟に劣らぬ、神秘的に青く光る洞窟内部の美しさは圧巻です。アクセスは、シュノーケル船、カヤック、グラスボートのいずれかで海から伊良部島に行く必要があります。ボートシュノーケルや体験ダイビングなどと組み合わせれば、ダイビングの経験がない人でも安心して楽しむことができます。

宮古島の景勝地である島の南東端にある東平安名崎の近く、保良泉(ほらがー)と呼ばれる湧水のある天然ビーチが保良泉(ほらがー)ビーチです。断崖の下にある天然の砂浜で、サンゴ礁や岩場に囲まれ、魚も多くシュノーケリングが楽しめます。

ビーチの他、天然の湧水を利用したプールが無料で楽しめ、家族連れに人気です。カヤックや体験ダイビング、鍾乳洞探検など、魅力的なツアーも盛りだくさん。宮古島の海の魅力を堪能できます。

泡盛を製造する宮古島の代表的な酒造所です。泡盛を3年以上寝かせたものを古酒といいますが、多良川では泡盛の古酒づくりに拘り、原酒を天然の洞窟の中に5年も寝かせて古酒を作ります。その泡盛の製造工程や原酒が眠る天然洞窟を無料で見学することができ、ひそかな人気スポットになっています。

多良川の泡盛作りへの情熱が詰まったビデオを鑑賞してから泡盛の原酒が眠る洞窟「ウイピャーうぷうす蔵」へ。めったに見ることのできない洞窟の中に静かに並ぶ泡盛の甕を見学できます。見学が終わったら、販売コーナーで試飲をしながらお土産の泡盛を選ぶのも楽しみの一つです。ここで原酒を買い、洞窟に5年預けることも可能です。場所は島の三南端、城辺砂川で、390号線沿いから少し南に入ったところで、アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジに向かう途中にあります。

宮古島のグルメ

宮古島で人気の3スポットを紹介します。

大和(だいわ)食堂は、地元の人にも愛される、昔ながらの沖縄そばが味わえるお店です。清潔に掃除され、各テーブルにはカレー粉が常備されています。優しい味の多い料理に途中で入れることで、味の変化を楽しめます。かつおだしの優しいスープも、昔から変わらない味で地元の人も通うほどの美味しさです。

宮古そばのほか、ソーキそば、三枚肉そば、軟らかく煮た豚足が入ったてびちそばなど、沖縄そばが多数あるほか、スパムの入ったみそ汁や沖縄ちゃんぽんなど、沖縄ならではのグルメが味わえる食堂です。場所は宮古空港から車で7分、78号沿いの、宮古病院東交差点と第三給油所交差点の中間あたりにあります。営業時間は9時30分~19時、定休日は火曜日です。

お食事処 すむばりは、島の北端にある池間大橋の近くのこぢんまりとしたお店です。むすばりとは、地元集落の隅の方、という意味があると言います。このお店のメニューは沖縄料理ではなく、すべて女将が考えた創作料理なのですが、素材として、宮古でよく獲れるタコやモズクなど、地元の名産物を多く使っています。

魚介類はもちろん、野菜も地元産を使っており、その意味では立派な沖縄料理です。メニューには、むすばりそばやたこ丼など個性的な名前が並び、どのような料理が出てくるのか、楽しみになります。営業時間は11時~17時、日中のみの営業です。

眞茶屋は、宮古島を代表するもう一つのグルメは「宮古ぜんざい」。その独自の食文化を味わえるのが眞茶屋で、おばあの味を大切に守り、お客さんに提供しています。宮古ぜんざいは4種類の豆を炊き合わせ、黒糖で奄美をつけたもので、様々な豆の異なる食感と、黒糖の優しい甘さが特徴です。

現在は、平良にある市の公営市場の2階でカフェとして経営し、地産地消に取り組みながら、訪れる観光客に宮古の味を提供しています。メニューはぜんざいのほか、宮古特産の赤みそと黒糖を使った「宮古味噌カレー」や、沖縄の有名なB級グルメ「スパイシータコライス」などがあります。開店時間は11時30分~18時30分、定休日は月曜日です。

  • 名古屋⇒宮古島

    名古屋発宮古島行きのチケットはを安く購入できる時期は正月明け~2月中旬、4月上旬~中旬、ゴールデンウィーク明け~6月中旬、10月中旬~11月上旬になります。また、正月、ゴールデンウィーク、8月9月の夏休み期間中は高くなる傾向です。Trip.comは航空券やホテル情報が満載!オンライン予約も迅速で簡単!! Trip.comが名古屋から宮古島への旅行計画をお手伝い致します。

  • 旅先で思い出に残る旅を

    Trip.comで、名古屋から宮古島への旅を思い出に残る最高の旅に。Trip.comで事前に見所をチェック、あらゆる予約を済ませて、素晴らしい旅をお楽しみください。Trip.comで事前に目的地の見どころやレビューをチェック。ホテルから現地ツアーまで簡単に予約が可能です。あとは現地で素晴らしい旅をお楽しみ下さい。