名古屋発宮崎行き格安航空券を検索・予約

>>>>

名古屋発宮崎行きに関するフライト情報

よくあるご質問:
  • 名古屋発宮崎行き航空券を最安値で買える時期はいつですか?

    名古屋発宮崎行きの航空券は基本的に、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆この3つの繁忙期で、航空券が高くなる傾向にあります。この時期はハイシーズンとなっており、航空会社の早期割引やLCCで予約ができたとしても、料金は正規運賃とほぼ変わらないです。できるだけ、この3つの時期をずらしましょう。次に、航空券が比較的安くなるシーズンについてご紹介します。1月中旬~2月は、正月を終え、旅行する方は少なくなる傾向にあります。特にヨーロッパはオフシーズンのため、航空券が安いです。4月に入り、新生活が始まるなどで忙しくなる時期も旅行される方がわりと少ないため、航空券が安くなる傾向にあります。また、10月ごろもシルバーウィークを終え、クリスマスと正月に向けて旅行を控える方が多く、航空券が安くなる時期になります。 名古屋発宮崎行きの航空券は火曜日、水曜日、土曜日出発のフライトが比較的安くなる傾向があります。

  • 名古屋から宮崎までを運行している航空会社は?

    名古屋から宮崎までを運行している航空会社はフィリピン航空,エティハド航空,ANA(全日空),ルフトハンザドイツ航空になります。

  • 宮崎周辺にいくつの空港がありますか?

    宮崎周辺に1つの空港があります。 - 宮崎空港

  • 直行便の平均飛行時間:

    1h22m

  • 目的地の空港:

    KMI

  • 路線:

    NGO ✈ KMI

  • 航空券の相場:

    29,119円

名古屋発宮崎行きの時刻表

便名・航空会社
出発
到着
路線週間スケジュール

08:15

NGO

09:45

KMI

宮崎 - 名古屋-----最安値を見る

11:20

NGO

12:50

KMI

宮崎 - 名古屋最安値を見る

11:25

NGO

12:50

KMI

宮崎 - 名古屋--最安値を見る

12:30

NGO

13:50

KMI

宮崎 - 名古屋---最安値を見る

17:00

NGO

18:15

KMI

宮崎 - 名古屋-----最安値を見る

17:10

NGO

18:30

KMI

宮崎 - 名古屋-----最安値を見る

名古屋 ⇒ 宮崎空港 (KMI)

9月16日 19:40 - 9月23日 15:05
NH | ANA(全日空)
1時間20分です。
NGO - KMI
直行便
20,641円
往復
最安値を見る
9月8日 13:10 - 9月9日 15:05
NH | ANA(全日空)
1時間25分です。
NGO - KMI
直行便
22,653円
往復
最安値を見る
9月5日 19:40 - 9月8日 15:05
NH | ANA(全日空)
1時間20分です。
NGO - KMI
直行便
24,465円
往復
最安値を見る
8月29日 19:40 - 9月1日 08:45
NH | ANA(全日空)
1時間20分です。
NGO - KMI
直行便
25,755円
往復
最安値を見る
9月20日 13:10 - 9月24日 08:45
NH | ANA(全日空)
1時間25分です。
NGO - KMI
直行便
25,801円
往復
最安値を見る

大人1名あたり(税金・燃油サーチャージ込み)。(運賃は常に変動しているため、表示の価格は参考価格となります。実際の価格は、予約の際に表示されます。)

名古屋発宮崎行きフライト情報

航空券の相場

名古屋から宮崎までの往復航空運賃の相場は42,052円です。大型連休など旅行客が増える時期はハイシーズンとなり、1年の中で最も航空運賃が高騰する時期です。お正月が終った1月中旬〜2月をはじめ、4月上旬〜中旬、10月中旬〜11月中旬などは旅行者の数も落ち着くため、航空運賃も安くなります。名古屋-宮崎空港はLCCの運航がないため、片道航空運賃はオフシーズンでも15,000円前後となります。チケット代を安く済ませたい場合はハイシーズンを避けるか、早期予約割引を利用すると良いでしょう。ただし早期予約割引は便ごとの需要や予測によって決まるため、同一区間で運賃が変わってしまう場合もあるため注意が必要です。

名古屋から宮崎間の航空券・新幹線・バスとの料金を比較

  • 飛行機(中部国際空港発):片道8.540円~、所要時間は1時間20分ほど。
  • 新幹線(名古屋⇒新神戸駅⇒鹿児島中央⇒宮崎駅):名古屋からで新幹線ひかりに乗り、 新神戸駅で下車、新幹線みずほに乗り換え、鹿児島中央で下車し、特急きりしまに乗り換え、宮崎駅下車、乗り換え時間も含む7時間30分程度 、自由席27,100円。
  • 高速バス:直行便はありません。
  • フェリー:直行便はありません。

※これらの料金は弊社のデータにより算出したものです。

※すべて直行の片道料金で算出しています。

名古屋から宮崎まで運航している航空会社&LCC

中部国際空港(NGO)‐宮崎空港(KMI)間運航している航空会社&LCC

現在は全日空(ANA)とソラシドエアの2社が運航しており、LCCは参入していません。ソラシドエアは宮崎県宮崎市に拠点を置く航空会社です。この区間は1日に3便が運航しており、そのうち2便は全日空(ANA)およびソラシドエアのコードシェア便(共同運航便)となっています。搭乗手続きは全日空(ANA)のチェックインカウンターで行いますが、キャビンはソラシドエアの飛行機が使用されます。ソラシドエアのキャビンは広めのシートピッチを採用しており、前列の人が背もたれを倒してもゆったりと机を利用できます。お茶やコーヒー、ソフトドリンクは無料で提供されます。このほか、スマートフォンやタブレットで機内コンテンツを楽しめるサービスもあります。

名古屋から宮崎までの一番人気路線

中部国際空港から13時10分発、14時35分着の全日空(ANA)NH345便が一番人気です。出発時刻が13時台と余裕があるため、旅行者からビジネスマンまで幅広く利用されています。

名古屋から宮崎までの一番安い路線

中部国際空港から19時40分発、21時着の全日空(ANA)NH2443便は片道6,940円~と一番安い傾向にあります。

名古屋から宮崎までの一番早い便

中部国際空港から10時45分発、12時5分着の全日空(ANA)NH2437が始発便となります。

名古屋から宮崎までの一番遅い便

中部国際空港から19時40分発、21時着の全日空(ANA)NH2443が最終便となります。

※これらのデータは弊社のデータにより算出したものです。航空会社によってはスケジュールが変更される可能性があります。

名古屋‐宮崎の空港情報

中部国際空港(NGO)

中部国際空港は愛知県常滑市にある空港です。「セントレア」という愛称が付けられていますが、これは英語で中部地方を表す”central”と、空港を意味する”airport”を合わせた造語です。国内19路線をはじめ、アジア、北米、ヨーロッパなど海外43都市にも運航しています。

2019年9月にLCC専用の第2ターミナルビルがオープンし、ターミナルは2つになっています。両者は「動く歩道」を利用して徒歩9分ほどで行き来できるようになっています。ターミナルビル内にはレストランやお土産ショップ、免税店、アパレルショップ、雑貨店など数多くの店舗が入っており、商業面も非常に充実しています。空港内をセグウェイで巡るツアーもあります。

また第1ターミナル4Fには珍しい展望風呂もあり、湯船に浸かりながら飛行機の離着陸を眺めることができます。ターミナルビルの一部エリアでは無料Wi-Fiサービスが利用でき、空港内で仕事や調べ物をしたいときに便利です。このほか、外貨両替やWi-Fiルーターのレンタル、クリーニング、診療所などが整っています。ターミナルビル内には24時間利用可能なカプセルホテル、さらに空港島内には4つのホテルがあり、早朝便を利用する際なども安心です。荷物の引き取りは出発ロビー、発送は到着ロビーで行っています。

第1ターミナルには保険自動契約機、郵便局のほか、三菱UFJ銀行中部国際空港出張所があり、通常の銀行業務が行われています。また24時間営業のコンビニもあります。各ターミナルには両替所と両替機が両方設置されており、両替機は両替所が開いていない早朝、深夜にも利用できます。充電をしたい時は、空港内各所にUSBから電源をモバイル端末などに充電できるスペースがあります。また、第1ターミナル出発制限エリア内に、充電用のコンセント、電源付きテーブルなどが設置されています。

宮崎空港(KMI)

宮崎空港は宮崎県宮崎市にある空港で、「宮崎ブーゲンビリア空港」という愛称で親しまれています。国内線は羽田、成田、大阪(伊丹・関西)、中部、福岡、沖縄、国際線は仁川、台北、香港への定期便が運航しています。宮崎市の中心部から5kmほどと近く、アクセスは良好です。

ターミナルビルは1階〜3階と屋上があります。1階はチェックインと到着ロビー、2階は出発ロビーと売店、3階はレストラン街、屋上は送迎・展望デッキがあります。無料Wi-Fiサービスが全館で使用できます。2階には外貨両替機のほか、国内線制限エリア内に、JALとANA共同運営の「ラウンジ大淀」があります。屋上にある「エアプレインパーク」では東日本大震災の津波被害を逃れた航空大学校の訓練機が展示されており、子どもたちはコックピットの見学や制服を着て記念撮影などができます。

このほか銀行ATMやコインロッカー、外貨両替、授乳室など様々な設備が揃っています。空港に着いて荷物を預けるとそのまま宿泊先のホテルに届けてくれる「手ぶら観光サービス」などの便利なサービスもあります。ターミナルビルでは物産展や展示会など様々なイベントが定期開催され、いつも活気に溢れています。そのほか、1階には免税店、外貨両替機があります。また朝6時半から最終便到着までコンビニが開いています。

充電器は空港ビル内1階 インフォメーション 横に1台、出発ロビー9番搭乗口付近に1台あり、それぞれ30分200円で利用できます。

空港⇔市内中心部のアクセス案内

市内中心部⇒中部国際空港(NGO)

名古屋駅には「アクセスプラザ」と呼ばれる電車、バス、車、高速船など各種の交通機関と旅客ターミナルとの連絡機能を持った施設があり、あらゆる交通手段が整備されています。

空港には名鉄空港線の「中部国際空港駅」が直結しているため、名古屋方面からのアクセスは電車が便利です。名鉄空港特急ミュースカイを利用した場合、名古屋駅からわずか28分でアクセス可能です。運賃は特急料金を含めて1,250円です。

このほか、名古屋駅など各方面から出ている空港バスも便利です。リムジンバスであればスーツケースなども預けられるため、特に荷物が多い人におすすめ。名古屋駅西口からの所要時間は55分ほど、運賃は1,500円です。1時間に1~2本間隔で運行しています。予約は不要ですが座席定員制のため、満席の場合は乗車できません。

名古屋駅からタクシーを利用する場合、所要時間は1時間14分ほど、運賃は約15,410円です。タクシーのりばへはアクセスプラザからしか行けません。

宮崎空港(KMI)⇒市内中心部

宮崎空港は宮崎空港線の「宮崎空港駅」が直結しているため、空港から市街地までは電車でアクセスすることができます。宮崎駅まではJR宮崎空港線に乗り、所要時間は11分ほど、運賃は360円です。

宮崎空港と宮崎駅の間を繋ぐバスも頻繁に運行しています。所要時間は25~30分ほど、運賃は大人450円、子ども230円です。1時間に1~3本間隔で運行しています。予約制ではありません。空港から宮崎駅は7.5kmほどの距離なので、

タクシーを利用するのもおすすめです。料金は約2,670円、所要時間は20分ほどです。ターミナル正面入り口のタクシーのりばを利用しましょう。タクシーのりばには8時半から21時半まで「タクシーコンシェルジュ」が待機しており、タクシーの手配や高齢者の荷物運搬、空港施設の案内などをサポートしてくれます。宮崎空港は市街地から近いため、どの交通手段を使ってもそれほど時間がかかりません。

宮崎の観光情報

宮崎の観光スポット

宮崎で最も有名な観光地の「高千穂峡(たかちほきょう)」。かつて阿蘇山の火山活動によって噴出した火砕流が冷えて固まり、見事な懸崖をつくり上げました。幻想的で美しい峡谷は国の名勝・天然記念物にも指定されています。峡谷内にある名瀑「真名井の滝」は高千穂峡のシンボルであり、日本の滝百選に選ばれました。ほかにも「おのころ島」や「月形」、「鬼八の力石」など神話に所縁のあるスポットが点在しており、九州随一のパワースポットとしても知られています。高千穂峡は、宮崎駅からは車で2時間半ほどです。

「青島(あおしま)」は周囲1.5kmほどの小さな島で、「鬼の洗濯板」と言われる波状の岩で囲まれています。ビロウジュをはじめ、島内にはたくさんの亜熱帯性植物が生息しています。島の中央にある青島神社は「海幸山幸(うみさちやまさち)」の神話で知られる彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)が祀られており、縁結びの神社として時に女性から人気。宮崎駅から車で25分ほどの場所にあります。島内は車が入れないため、青島参道入口周辺の駐車場を使いましょう。

「えびの高原」は、霧島山の最高峰である韓国岳の裾野に広がり、四季折々の自然が楽しめます。日本初の国立公園に指定された場所であり、今では宮崎県屈指の観光名所となっています。コバルトブルーの水面が神秘的な六観音御池(ろっかんのんみいけ)や不動池(ふどういけ)など、息を飲むほど美しい光景が待っています。雄大な自然を肌で感じたい人には絶対に行ってほしいスポットです。宮崎空港からは車で1時間半ほどです。

宮崎のグルメ

せっかく宮崎に行くなら、ご当地グルメを堪能して帰りましょう。「チキン南蛮」は言わずと知れた宮崎の名物料理です。油でカラッと揚げた鶏肉を甘酢にくぐらせ、タルタルソースをたっぷりとかけて食べるのが定番。宮崎では多くのお店でチキン南蛮が出されていますが、お店によって肉質やソースの味が異なり、バリエーションは豊かです。チキン南蛮の元祖と言われる「おぐら本店」など、地元民に愛されるお店がたくさんあります。

「豊味(とよみ)うどん」は宮崎県小林市に2店舗、高原町に1店舗を展開するうどん店で、柔らかくモチモチとした手打ち麺が特徴です。少し甘めのスープとの愛称は抜群です。看板メニューの「豊味うどん」は、エビ天、ワカメ、牛肉、山芋など様々な具材がのった贅沢なうどんです。このほかに、「なめことじ」や「鴨南蛮」といったメニューもあります。宮崎の美味しいうどんを食べたければ少し足を伸ばしてでも行きたい場所です。

「流しそうめん」は今や夏の風物詩ですが、実は宮崎県の高千穂町が発祥ということをご存知でしょうか。高千穂町にある食堂「千穂の家」は、昭和30年代に日本で初めてそうめん流しを行ったお店です。そうめん流しに使う水は、お店のすぐ近くを流れる「玉垂れの滝」の清水。1年を通して流しそうめんを楽しめるお店なので、いつ訪れても元祖・そうめん流しを体験できます。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。

また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

名古屋発宮崎行き格安航空券の往復チケットと片道チケットの比較

基本的に各航空会社は往復を利用することを条件に、航空券を割引して販売しています。特に海外格安航空券の割引幅が大きい傾向があります。また、片道航空券は単純に往復航空券の半額料金とは限りません。片道航空券を往路・復路で購入する場合むしろ高くなります。 国内線航空券に関して、航空会社のルール(有効期間内に、同一区間を往復すること)により、割引が適用されますが、海外格安航空券のよう金額面でのメリットはそこまで大きくありません。場合によって各航空会社の割引運賃を確認し、往路・復路でそれぞれ最安航空券を組み合わせたほうが安く抑えられます。

名古屋⇒宮崎

名古屋発宮崎行きのチケットはを安く購入できる時期は正月明け~2月中旬、4月上旬~中旬、ゴールデンウィーク明け~6月中旬、10月中旬~11月上旬になります。また、正月、ゴールデンウィーク、8月9月の夏休み期間中は高くなる傾向です。Trip.comは航空券やホテル情報が満載!オンライン予約も迅速で簡単!! Trip.comが名古屋から宮崎への旅行計画をお手伝い致します。

旅先で思い出に残る旅を

Trip.comで、名古屋から宮崎への旅を思い出に残る最高の旅に。Trip.comで事前に見所をチェック、あらゆる予約を済ませて、素晴らしい旅をお楽しみください。Trip.comで事前に目的地の見どころやレビューをチェック。ホテルから現地ツアーまで簡単に予約が可能です。あとは現地で素晴らしい旅をお楽しみ下さい。