名古屋発ニューヨーク行き格安航空券を検索・予約

>>>

名古屋発ニューヨーク行き便の情報

往復航空券の最安値

173,892円
名古屋(NGO) ⇒ ニューヨーク(EWR)

よくある質問:

  • 名古屋(NGO)発ニューヨーク(NYC)で、航空券が一番安いのはいつですか?

    航空券の価格は、日程や予約のタイミングにより、航空会社が調整しています。Trip.comでは、名古屋発ニューヨーク行きの航空券は、火曜日、水曜日、土曜日出発の便が安い傾向にあります。
  • 名古屋(NGO)発ニューヨーク(NYC)行きの航空券はいくらぐらいですか?

    Trip.comのデータによると、235,334円が最安値になります。
  • ニューヨークの主要空港から市の中心までは、どうやって移動したらよいですか?

    • ニューアーク・リバティー国際空港 から市中心部まで14km、タクシーで約 30分の道のりです。
    • ラガーディア空港 から市中心部まで13km、タクシーで約 30分の道のりです。
    • ジョン・F・ケネディ国際空港 から市中心部まで20km、タクシーで約 40分の道のりです。
  • ニューヨーク(NYC)には空港はいくつありますか?

  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、ニューヨークへ出かけるにあたって、何かアドバイスはありますか?

    入国制限、フライトの運航スケジュール及び便の変更・欠航などが頻繁に発生しております。ニューヨークへのご旅行にあたっては、ご予約の航空会社の最新の情報をご確認ください。 また、Trip.comの入国制限情報もご参照いただけます。
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、こちらの目的地行きの便で、日時変更手数料が無料の航空会社はありますか?

    この目的地行きの便で、ご選択のサービスを提供している航空会社はありません。※参考情報です。正確な情報については、ご予約前に航空会社までお問い合わせください。
名古屋発ニューヨーク行きフライト情報

入国に必要な書類

ニューヨークへ入国する場合、短期間の観光ならビザは必要ありません。ただし、あらかじめESTA(電子渡航認証)を取得しておく必要があります。加えて、90日以上の有効期限が残っているパスポートも必須です。

ターミナル情報と搭乗の流れ

中部国際空港の国際線ターミナルは1つなので、迷う必要はありません。

出発ロビーは3Fにあるので、到着したらまずエスカレーターで3Fまで向かい、エスカレーターを降りてすぐのモニターで自分が乗る便のチェックインカウンターを探します。

出国ゲートは保安検査場を抜けたすぐ先にあり、顔認証や指紋認証にも対応しています。ラウンジは保安検査前後で利用できる場所が変わるので、カード会社などを事前にチェックしておくようにしましょう。両替は保安検査前後どちらでも利用可能です。

フライト時間

名古屋からニューヨークまでのフライト時間は、約15時間となっています。ただし、直行便はないため、経由便を利用する必要があります。

航空券を安く購入できる方法

航空券を安く購入するには、スケジュールを早めに決めて先割チケットなどを利用するのがよいでしょう。日付や時間によっては、通常よりもかなり安い航空券が出ることもあるので要チェックです。

さらに、航空券のキャンペーンを利用すると安く購入できる場合があります。キャンペーンは期間限定で行われるので、こまめにチェックして情報を見逃さないようにしましょう。

おすすめの観光スポット

ニューヨークには、都会的でおしゃれな雰囲気の観光スポットが多いです。たとえば、タイムズスクエアの近くには、ブロードウェイミュージカルの劇場があります。ミュージカルの本場で舞台を堪能してみてはいかがでしょうか。さらに、有名な「セントラルパーク」もあり、ニューヨーカーの憩いの場として親しまれています。広場や動物園などがあり、広大な敷地を誇ります。観光に疲れたら、休憩がてら訪れてのんびりリラックスするのもよいでしょう。

主要空港から都心部へのアクセス方法

ニューヨークの周囲には、「ジョン・F・ケネディ国際空港」「ニューアーク・リバティー国際空港」「ラガーディア空港」があります。「ジョン・F・ケネディ国際空港」は、アメリカ国内においても代表的な空港です。

どの空港からニューヨークの都心部まで向かう場合も、電車、バス、タクシーなどを利用できます。

旅費を節約するなら、電車やバスを利用するとよいでしょう。タクシーを利用するときはチップも含めた料金の支払いが必要です。

なお、どれも24時間利用できるため、時間に関係なく都合に合わせた交通手段を選べます。

一番早い便、一番遅い便

・一番早いフライト

一番早いフライトは、中部国際空港(NGO)を7時40分に出て、ラガーディア空港(LGA)に21時36分に到着する便です。

電車が動いていない場合は、タクシーを利用してアクセスすることをおすすめします。

・一番遅いフライト

一番遅いフライトは、中部国際空港(NGO)を18時00分に出て、ニューアーク・リバティー国際空港(EWR)に23時57分に到着する便です。

この時間帯であれば、電車が利用できます。

ニューヨークについて

ニューヨークの基本情報

・国名:アメリカ合衆国

・宗教:キリスト教、イスラム教、ユダヤ教など

・言語:英語

・気候:ニューヨークを訪れるなら、気候が穏やかな春や秋がベストシーズンです。冬は平均気温が氷点下となるため、徹底的な防寒が必要です。また、夏は日差しが強いので、帽子をかぶりましょう。

・時差:-14時間 ※日本よりも14時間遅い

・ビザ:短期間の観光であれば、ビザなしで渡航できます。その場合、ESTAによる電子渡航認証の取得は必須です。

ニューヨークの注意点

・治安:ニューヨークの治安は以前よりもよくなっていますが、人込みや観光地では警戒も必要です。観光客は、置き引きや詐欺の被害にもあいやすいので注意してください。

・飲料水:水道水を飲んでも問題ありません。心配なら、コンビニなどでミネラルウォーターを購入しましょう。

・マナー:積極的にコミュニケーションをとる雰囲気があり、初対面の人とも挨拶やお礼を交わします。

・チップ:アメリカではチップの習慣が根付いています。そのため、サービスを受けたら、料金の1~2割程度のチップを渡しましょう。

・物価:ニューヨークの物価は日本に比べると高い傾向にあります。たとえば、ニューヨークの地下鉄の初乗り料金は約300円です。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。
また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

  • 名古屋⇒ニューヨーク

    名古屋発ニューヨーク行きのチケットはを安く購入できる時期は正月明け~2月中旬、4月上旬~中旬、ゴールデンウィーク明け~6月中旬、10月中旬~11月上旬になります。また、正月、ゴールデンウィーク、8月9月の夏休み期間中は高くなる傾向です。Trip.comは航空券やホテル情報が満載!オンライン予約も迅速で簡単!! Trip.comが名古屋からニューヨークへの旅行計画をお手伝い致します。

  • 旅先で思い出に残る旅を

    Trip.comで、名古屋からニューヨークへの旅を思い出に残る最高の旅に。Trip.comで事前に見所をチェック、あらゆる予約を済ませて、素晴らしい旅をお楽しみください。Trip.comで事前に目的地の見どころやレビューをチェック。ホテルから現地ツアーまで簡単に予約が可能です。あとは現地で素晴らしい旅をお楽しみ下さい。