名古屋発沖縄行き格安航空券を検索・予約

名古屋発沖縄行きに関するフライト情報

よくあるご質問:
  • 名古屋発沖縄行き航空券を最安値で買える時期はいつですか?

    名古屋発沖縄行きの航空券は基本的に、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆この3つの繁忙期で、航空券が高くなる傾向にあります。この時期はハイシーズンとなっており、航空会社の早期割引やLCCで予約ができたとしても、料金は正規運賃とほぼ変わらないです。できるだけ、この3つの時期をずらしましょう。次に、航空券が比較的安くなるシーズンについてご紹介します。1月中旬~2月は、正月を終え、旅行する方は少なくなる傾向にあります。特にヨーロッパはオフシーズンのため、航空券が安いです。4月に入り、新生活が始まるなどで忙しくなる時期も旅行される方がわりと少ないため、航空券が安くなる傾向にあります。また、10月ごろもシルバーウィークを終え、クリスマスと正月に向けて旅行を控える方が多く、航空券が安くなる時期になります。 名古屋発沖縄行きの航空券は火曜日、水曜日、土曜日出発のフライトが比較的安くなる傾向があります。

  • 名古屋から沖縄までを運行している航空会社は?

    名古屋から沖縄までを運行している航空会社はスカイマーク,日本航空,ジェットスター・ジャパン,ソラシドエア,ANA(全日空),ルフトハンザドイツ航空になります。

  • 名古屋から沖縄までは、最も人気の直行便を運航している航空会社は?

    日本トランスオーシャン航空は、名古屋から沖縄までの直行便を316便を運航しています。

  • 沖縄周辺にいくつの空港がありますか?

    沖縄周辺に2つの空港があります。 - 沖縄 那覇空港,嘉手納基地

  • 直行便の平均飛行時間:

    2h26m

  • 目的地の空港:

    OKA DNA

  • 路線:

    NGO ✈ OKA

  • 航空券の相場:

    11,398円

名古屋発沖縄行きの時刻表

便名・航空会社
出発
到着
路線週間スケジュール

00:05

NGO

02:05

OKA

名古屋 - 沖縄----最安値を見る

06:00

NGO

08:30

OKA

名古屋 - 沖縄最安値を見る

06:05

NGO

08:35

OKA

名古屋 - 沖縄最安値を見る

07:30

NGO

10:05

OKA

名古屋 - 沖縄----最安値を見る

07:35

NGO

10:05

OKA

名古屋 - 沖縄-----最安値を見る

07:40

NGO

10:00

OKA

名古屋 - 沖縄最安値を見る

08:40

NGO

11:00

OKA

名古屋 - 沖縄------最安値を見る

08:45

NGO

11:10

OKA

名古屋 - 沖縄最安値を見る

09:15

NGO

11:50

OKA

名古屋 - 沖縄最安値を見る

10:50

NGO

13:15

OKA

名古屋 - 沖縄------最安値を見る

11:15

NGO

13:45

OKA

名古屋 - 沖縄最安値を見る

11:55

NGO

14:15

OKA

名古屋 - 沖縄最安値を見る

12:35

NGO

15:00

OKA

名古屋 - 沖縄------最安値を見る

13:50

NGO

16:10

OKA

名古屋 - 沖縄-------最安値を見る

14:50

NGO

17:20

OKA

名古屋 - 沖縄最安値を見る

14:55

NGO

17:15

OKA

名古屋 - 沖縄-----最安値を見る

15:40

NGO

18:05

OKA

名古屋 - 沖縄------最安値を見る

16:05

NGO

18:30

OKA

名古屋 - 沖縄------最安値を見る

19:05

NGO

21:20

OKA

名古屋 - 沖縄----最安値を見る
閉じる
名古屋発沖縄行きフライト情報

航空券の相場

名古屋から沖縄までの往復航空運賃の相場は39,908円です。繁忙期にあたる年末年始・ゴールデンウィーク・お盆の季節はほぼ割引がなく、正規運賃と変わりません。反対に運賃が安くなる傾向がみられるのは、お正月明けの1月中旬から下旬頃です。この時期は、1年の中で最も観松山 (MYJ)光客が少ない時期にあたり、大手航空会社・LCCともに運賃を抑えています。中部国際空港には、ジェットスターやソラシドエア、スカイマークなどのLCCが乗り入れており、年度変わり後の4月中旬頃や夏休み前、ゴールデンウィーク明けなどの時期によっては、5,000円から7,000円程度で片道航空券を購入できることがあります。また、名古屋から沖縄に行く航空券は、火曜・水曜・土曜発の航空券が安くなる傾向がみられます。

名古屋から沖縄まで運航している航空会社&LCC

中部国際空港(NGO)‐那覇空港(OKA)間運航している航空会社&LCC

中部国際空港(NGO)では、航空会社によって出発ターミナルが異なり、全日空(ANA)、日本トランスオーシャン航空、スカイマーク、ソラシドエアはターミナル1、ジェットスターはターミナル2から出発します。全日空(ANA)では、一部の便をのぞきプレミアムクラスと普通席の2種類から選択できますが、Wi-fiサービスが利用できない機材もあります。プレミアムクラスでは、時間帯に合わせて朝食・昼食・軽食・夕食などの食事が提供されます。普通席では、食事の提供はありませんが、無料の飲み物と有料のドリンク・スナックを注文できます。ソラシドエアとの共同で運航される便の場合には、機材もソラシドエアの機材が使用されます。ソラシドエアの座席にはレザー素材のシートカバーがかけられ、足元にUSBの接続口が完備されています。無料のエンターテインメントサービスが提供されるので、飛行中の時間も満喫できます。日本トランスオーシャン航空は、クラスJと普通席があり、無料Wi-fiのサービスがあります。スカイマークでは、定時運航率が93.91%・欠航率が1.15%(いずれも2018年度実績)と、ほぼ定刻運航がされています。各座席の下にコンセントが装備されており、携帯電話やパソコン・ゲームなどに利用可能です。

名古屋から沖縄までの一番人気路線

中部国際空港(NGO)から8時40分発、11時05分着の全日空(ANA)NH307便が一番人気です。現地に到着してからも、観光の時間をしっかり確保できます。

名古屋から沖縄までの一番安い路線

中部国際空港(NGO)から6時05分発、8時15分着のスカイマークBC549便は片道5,160円~と一番安い傾向にあります。

名古屋から沖縄までの一番早い便

中部国際空港(NGO)から6時05分発、8時15分着のスカイマークSKY549が始発便となります。

名古屋から沖縄までの一番遅い便

中部国際空港(NGO)から19時05分発、21時20分着の日本航空JL49便が最終便となります。

※これらのデータは弊社のデータにより算出したものです。航空会社によってはスケジュールが変更される可能性があります。

名古屋‐沖縄の空港情報

中部国際空港(NGO)

2005年に開港した中部国際空港(愛称:セントレア)は、名鉄名古屋駅から名鉄特急ミュースカイに乗車すると最速28分で到着します。中部国際空港駅がアクセスプラザに直結しており、アクセスプラザから直接旅客第1ターミナルビルに入れます。

第1ターミナルと第2ターミナルは、徒歩で7分ほど離れていますので、第2ターミナルを利用される場合は時間の余裕をもって移動されることをお勧めします。出発ロビーは、第1ターミナルは3階、第2ターミナルは2階となっています。両ターミナルとも、出発ロビーに銀行のATMがありますので、必要な場合は出発前に利用可能です。コンビニも両ターミナルにありますので、飲み物などを買いたい時に便利です。

第1ターミナルの4階にあるレストラン街は、レンガ通りとちょうちん横丁に分かれており、多彩なジャンルの飲食店や土産物屋が立ち並んでいます。レストラン街のすぐ近くにある出口からスカイデッキに出ると、飛行機を間近に見られるほか、対岸の三重県や港を行き交う船舶を見学できます。冬の時期には、スカイデッキでイルミネーションのイベントも行われます。第1ターミナルから第2ターミナルへ向かう途中に、ボーイング787の初号機を展示したテーマパークである「FLIGHT OF DREAMS」が2018年にオープンしました。少し早めに空港に到着して、中のレストランで食事をするのも楽しみ方の一つです。

那覇空港(OKA)

那覇空港は、沖縄県那覇市にあり、沖縄本島の各地からモノレールやバス、タクシーなどでアクセス可能です。

ターミナルビルは1つで、国内線と国際線間の乗り換え時に同じ建物で搭乗手続きができます。チェックインロビーは3階、出発ロビーは2階、到着ロビーが1階にあります。コンビニのほか、沖縄ならではの土産物屋が多く並んでいるため、買い物を楽しめますし、レストランも沖縄料理を取り扱っているところが多く、旅の思い出の一つとなるでしょう。

そのほかにも、テイクアウトできる軽食スタンドや弁当屋があったり、コイン式の携帯充電器が各階に設置されていたりします。また、一部を除いてターミナルビル館内の全エリアで無料Wi-fiが利用できます。ATMは国内線エリア2階出発ロビーにあり、8つの金融機関のATMが設置されています。2階の出発ロビーには、ターミナルのシンボルとなっているウェルカムホールがあり、ここから飛行機の離発着を見たり大自然のパノラマを一望したりしながら、南国の雰囲気を楽しめます。

空港⇔市内中心部のアクセス案内

市内中心部⇒中部国際空港(NGO)

名古屋市内中心部から中部国際空港(NGO)へアクセスするには、鉄道・バス・自動車・高速船などの方法があります。

鉄道では、名鉄名古屋駅から特急ミュースカイに乗るのが最も早く、最短28分で到着します。ミュースカイは全席指定で、乗車券890円のほかに座席指定券「ミューチケット」360円が必要です。ミューチケットは当日でも購入できるほか、名鉄のネット予約サービスで購入することも可能です。

バスでは、名鉄バスセンターを始め、各地から出発している空港バスが利用できます。名鉄バスセンターから空港バスで中部国際空港へ向かう場合、所要時間は1時間25分ほど、運賃は1,300円です。バスの路線によって、事前予約が必要な場合がありますので、あらかじめ確認しておくと安心です。

タクシーで名古屋駅から中部国際空港へ向かう場合は、所要時間は1時間14分ほど、運賃はおよそ15,410円です。バス・タクシーいずれも、道路状況によって所要時間が変わる場合がありますので、時間に余裕を持ってお出かけ下さい。高速船は、対岸の三重県津市にある乗り場「津なぎさまち」から毎日運航されています。津なぎさまちから空港まで所要時間は45分、運賃は2,520円です。

市内中心部⇒那覇空港(OKA)

那覇市内中心部から那覇空港(OKA)へアクセスする手段として、モノレール・タクシー・バスがあります。モノレールはゆいレールと呼ばれており、浦添市にある「てだこ浦西駅」から那覇空港駅までを約50分で結んでいます。ゆいレール沿線には沖縄の観光名所がたくさんあり、首里駅から徒歩15分で首里城、おもろまち駅に直結している免税店、牧志駅から歩いてすぐの国際通りなど、地元の方や観光客の足として利用されています。

タクシーを使うと、首里城から那覇空港までおよそ27分で到着でき、運賃は約2,380円です。また、国際通りから那覇空港までタクシーに乗車すると、およそ11分で到着し、運賃は約1,330円です。

バスは、4つのバス会社が乗り入れており、高速バスや路線バスなどが運行されています。国際通りからですと、牧志バス停から琉球バスに乗車し、那覇空港までおよそ21分で到着し、運賃は240円です。

沖縄の観光情報

沖縄の観光スポット

沖縄は自然が豊かで、見どころがたくさんありますが、その中でもぜひ訪れていただきたい観光スポットをご紹介します。

公設市場は、正式名称を「第一牧志公設市場」と言い、那覇最大の観光スポットです。沖縄県民の台所として60年以上の長い歴史があり、沖縄ならではの食材やお土産・雑貨などをここで購入できます。国際通りからすぐアクセス可能で、入口は何と11個もあります。建替えのため、2019年7月から仮設市場で営業していますが、2022年4月に新しい建物で営業される予定です。

海中道路は、うるま市与那城屋慶名から平安座島までを繋ぐ、全長4.75㎞の橋です。もともと、平安座島の人達が本島に渡ることを目的に作られた橋ですが、現在では沖縄を代表する観光スポットとなっています。橋の中心辺りには海の駅もあり、休憩したり食事やショッピングを楽しんだりすることも可能です。

座喜味城跡は、読谷村にある建造物で、1420年頃に読谷山按司・護佐丸によって築かれました。当時は、統一国家に向けた争いが多く、敵の攻撃を避けるため高台に築城したと言われています。城壁の構造は、現代のダムにおける平面アーチの構造に似ており、大変強固な造りです。一番高い場所からは、読谷村を一望できるほか、結婚式の撮影スポットとして人気を集めています。

沖縄のグルメ

沖縄は、沖縄そばやチャンプルー料理などの郷土料理以外にもいろいろなグルメを堪能でき、見逃すことはできません。

牛屋は、炭火焼ステーキがお値打ちに食べられるお店ですが、ステーキ以外のメニューも豊富で、沖縄の食文化を味わうことができます。ジャッキーステーキハウスは1953年にオープンし、沖縄のステーキハウスの老舗との別名も。ヒレ肉のテンダーロインステーキやニューヨークステーキの2大看板メニューを始め、タコスやカツレツ、スパゲティー、サンドイッチなどの軽食も充実しています。安くて美味しく、気軽に入れる雰囲気が、観光客のみならず地元の方々を魅了しているのです。

やんばるダイニング松の古民家は、趣のある琉球古民家で営業しているダイニングで、沖縄料理以外にもやんばる産アグーを使ったしゃぶしゃぶや沖縄の黒毛和牛を使ったすき焼き、オーナーがひらめいた創作料理などを楽しめます。アグーは、名護産の希少な豚である「黒琉豚アグー」を使っていて、豚肉本来の旨味や甘みが感じられる品種です。定番の沖縄料理も、オーナーのひと手間が感じられるほか、事前に伝えておけばメニュー以外の料理もリクエストできます。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

名古屋発沖縄行き格安航空券の往復チケットと片道チケットの比較

基本的に各航空会社は往復を利用することを条件に、航空券を割引して販売しています。特に海外格安航空券の割引幅が大きい傾向があります。また、片道航空券は単純に往復航空券の半額料金とは限りません。片道航空券を往路・復路で購入する場合むしろ高くなります。 国内線航空券に関して、航空会社のルール(有効期間内に、同一区間を往復すること)により、割引が適用されますが、海外格安航空券のよう金額面でのメリットはそこまで大きくありません。場合によって各航空会社の割引運賃を確認し、往路・復路でそれぞれ最安航空券を組み合わせたほうが安く抑えられます。

名古屋⇒沖縄

名古屋発沖縄行きのチケットはを安く購入できる時期は正月明け~2月中旬、4月上旬~中旬、ゴールデンウィーク明け~6月中旬、10月中旬~11月上旬になります。また、正月、ゴールデンウィーク、8月9月の夏休み期間中は高くなる傾向です。Trip.comは航空券やホテル情報が満載!オンライン予約も迅速で簡単!! Trip.comが名古屋から沖縄への旅行計画をお手伝い致します。

旅先で思い出に残る旅を

Trip.comで、名古屋から沖縄への旅を思い出に残る最高の旅に。Trip.comで事前に見所をチェック、あらゆる予約を済ませて、素晴らしい旅をお楽しみください。Trip.comで事前に目的地の見どころやレビューをチェック。ホテルから現地ツアーまで簡単に予約が可能です。あとは現地で素晴らしい旅をお楽しみ下さい。

トレンドランキング

福岡 東京 飛行機 | 東京 高松 飛行機 | 東京 大阪 飛行機 | 東京 鹿児島 飛行機 | 福岡 沖縄 飛行機 | 沖縄 飛行機 | 函館 飛行機 | グアム 航空券 | ソウル 航空券| 福岡 羽田 飛行機 | 鹿児島 羽田 | 羽田 シンガポール | 羽田 台北 | 羽田 ソウル | 新千歳空港 羽田空港 | 成田 関空 | 大阪 ホテル | 京都 ホテル | 横浜 ホテル | 台北 航空券 | 金沢 ホテル | 上海 ホテル