名古屋発台北行き格安航空券を検索・予約

名古屋発台北行きに関するフライト情報

よくあるご質問:
  • 名古屋発台北行き航空券を最安値で買える時期はいつですか?

    名古屋発台北行きの航空券は基本的に、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆この3つの繁忙期で、航空券が高くなる傾向にあります。この時期はハイシーズンとなっており、航空会社の早期割引やLCCで予約ができたとしても、料金は正規運賃とほぼ変わらないです。できるだけ、この3つの時期をずらしましょう。次に、航空券が比較的安くなるシーズンについてご紹介します。1月中旬~2月は、正月を終え、旅行する方は少なくなる傾向にあります。特にヨーロッパはオフシーズンのため、航空券が安いです。4月に入り、新生活が始まるなどで忙しくなる時期も旅行される方がわりと少ないため、航空券が安くなる傾向にあります。また、10月ごろもシルバーウィークを終え、クリスマスと正月に向けて旅行を控える方が多く、航空券が安くなる時期になります。 名古屋発台北行きの航空券は火曜日、水曜日、土曜日出発のフライトが比較的安くなる傾向があります。

  • 名古屋から台北までを運行している航空会社は?

    名古屋から台北までを運行している航空会社はスターフライヤー,エバー航空,日本航空,キャセイパシフィック航空,チャイナエアライン,エアアジア・ジャパン,ロイヤルブルネイ航空,デルタ航空,ハワイアン航空,ANA(全日空)になります。

  • 名古屋から台北までは、最も人気の直行便を運航している航空会社は?

    チャイナエアラインは、名古屋から台北までの直行便を169便を運航しています。

  • 台北周辺にいくつの空港がありますか?

    台北周辺に2つの空港があります。 - 台湾桃園国際空港,松山空港

  • 直行便の平均飛行時間:

    3h31m

  • 目的地の空港:

    TPE TSA

  • 路線:

    NGO ✈ TPE

  • 航空券の相場:

    30,437円

名古屋発台北行きの時刻表

便名・航空会社
出発
到着
路線週間スケジュール

07:55

NGO

10:40

TPE

名古屋 - 台北-------最安値を見る

08:20

NGO

10:50

TPE

名古屋 - 台北----最安値を見る

09:35

NGO

11:45

TPE

名古屋 - 台北最安値を見る

09:40

NGO

12:15

TPE

名古屋 - 台北------最安値を見る

09:50

NGO

12:20

TPE

名古屋 - 台北------最安値を見る

09:55

NGO

12:05

TPE

名古屋 - 台北最安値を見る

12:00

NGO

14:30

TPE

名古屋 - 台北--最安値を見る

12:45

NGO

15:20

TPE

名古屋 - 台北-最安値を見る

12:55

NGO

15:10

TPE

名古屋 - 台北最安値を見る

13:15

NGO

15:50

TPE

名古屋 - 台北--最安値を見る

15:55

NGO

18:40

TPE

名古屋 - 台北------最安値を見る

16:35

NGO

19:10

TPE

名古屋 - 台北最安値を見る

20:15

NGO

22:40

TPE

名古屋 - 台北-------最安値を見る
閉じる
名古屋発台北行きフライト情報

入国に必要な書類

台湾への入国には、パスポートに加え出入国カードと帰りの航空券が必要です。出入国カードは飛行機で配られるので、到着までの間に記入します。

ターミナル情報と搭乗の流れ

中部国際空港の国際線ターミナルは1つなので、迷う必要はありません。

出発ロビーは3Fにあるので、到着したらまずエスカレーターで3Fまで向かい、エスカレーターを降りてすぐのモニターで自分が乗る便のチェックインカウンターを探します。

出国ゲートは保安検査場を抜けたすぐ先にあり、顔認証や指紋認証にも対応しています。ラウンジは保安検査前後で利用できる場所が変わるので、カード会社などを事前にチェックしておくようにしましょう。両替は保安検査前後どちらでも利用可能です。

旅行のベストシーズン

台北観光のベストシーズンは春(3~5月)と秋(10・11月)です。台北は高温多湿な気候で、夏が4月から10月まで続きます。もし夏に台北を旅する場合は日本の真夏の格好で問題ありませんが、冷房がかなり強いので一枚羽織るものがあると安心でしょう。1年を通して雨の降ることが多いので、折り畳み傘を携帯しておくと便利です。

おすすめの観光スポット

・士林夜市

台湾は屋台文化が発達していることが知られていますが、士林夜市は台北の数ある夜市の中でも最大級で、地元の人々と観光客でにぎわうエネルギッシュなスポットです。毎日夕方になると多くの屋台が集まり、B級グルメやフレッシュジュースなど台湾らしいグルメを食べ歩きすることができます。チープでかわいい日用雑貨やお土産品も見逃せません。

・龍山寺

今でこそ観光の定番スポットですが、古くより地元の人から強い信仰を集める伝統的な寺院です。豪華で堂々とした門構えからは、台湾人独特のセンスを感じられます。龍山寺はパワースポットとして人気で、特に三日月形のおみくじを胸のあたりから下に落とす占いはその形の可愛さも相まって観光客にも大人気です。

・中正紀念堂

中正紀念堂で必ず見ておきたいのは、一糸乱れぬ隊形で行われる「衛兵交代式」です。建物の中央には蒋介石の大きな像があり、その両脇を守る衛兵が1時間に1回交代式を行うのです。衛兵たちが動いて良いのは交代式の時のみで、あとの時間は微動だにせず直立不動の姿勢を貫きます。

主要空港から都心部へのアクセス方法

台北には台北桃園国際空港と松山空港がありますが、日本からの直行便の多くが桃園国際空港に着陸します。以前はバスかタクシーで市内に出る方法が主流でしたが、2017年2月に空港と市内を結ぶMRTが開通したことによりアクセスがより便利になりました。MRTは6時台から23時台まで運航しており、快速なら市内まで35分で到着します。価格と所要時間の面からすればMRTを利用するのがおすすめです。

一番早い便、一番遅い便

・一番早いフライト

8時15分に出発して10時25分に到着する便が一番早いフライトです。(日、月、火、水、木、土運行)

・一番遅いフライト

16時40分に出発して18時50分に到着する便が一番遅いフライトです。

※航空会社などにより、スケジュールが変更される可能性があります。

台北の基本情報

台北の基本情報

・宗教:仏教、キリスト教、道教など

・言語:中国語。観光地では日本語が通じることも多いです。

・気候:高温多湿の亜熱帯性気候です。1年の半分は夏で、暑さ対策に注意が必要です。通気性の良い服を着る、日傘をさすなど熱中症には注意しましょう。冬は日本に比べ温暖で、10℃を下回れば比較的気温の低い日とされます。冬でも日中は20℃超えもざらです。

・時差:-1時間 ※日本よりも1時間遅い

・ビザ:90日以内の観光であれば不要です。ただし、帰国時の航空券を提示することが条件になります。また、パスポートは滞在日数以上の残存有効期間が必要です。

台北の注意点

・治安:治安は良いですが、観光客狙いのスリや置き引きなどは頻繁に起きています。身の回り品には十分注意してください。タクシーのぼったくりや夜間の女性を狙うトラブルなども頻発しています。また、台湾はバイクが非常に多く運転マナーもあまり良くありません。道路を横断する際などは十分に注意してください。

・水:水道水は飲めません。ミネラルウォーターを購入しましょう。

・チップ:チップの文化がないため必要ありません。

・トイレ:洋式トイレが主流になりつつありますが、和式トイレもまだまだあります。トイレットペーパーは詰まりの原因になるので備え付けのゴミ箱に捨てます。また、トイレットペーパーは補充されていないことが多いため、ちり紙の携帯が必須です。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。
また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

名古屋発台北行き格安航空券の往復チケットと片道チケットの比較

基本的に各航空会社は往復を利用することを条件に、航空券を割引して販売しています。特に海外格安航空券の割引幅が大きい傾向があります。また、片道航空券は単純に往復航空券の半額料金とは限りません。片道航空券を往路・復路で購入する場合むしろ高くなります。 国内線航空券に関して、航空会社のルール(有効期間内に、同一区間を往復すること)により、割引が適用されますが、海外格安航空券のよう金額面でのメリットはそこまで大きくありません。場合によって各航空会社の割引運賃を確認し、往路・復路でそれぞれ最安航空券を組み合わせたほうが安く抑えられます。

トレンドランキング

福岡 東京 飛行機 | 東京 高松 飛行機 | 東京 大阪 飛行機 | 東京 鹿児島 飛行機 | 福岡 沖縄 飛行機 | 沖縄 飛行機 | 函館 飛行機 | グアム 航空券 | ソウル 航空券| 福岡 羽田 飛行機 | 鹿児島 羽田 | 羽田 シンガポール | 羽田 台北 | 羽田 ソウル | 新千歳空港 羽田空港 | 成田 関空 | 大阪 ホテル | 京都 ホテル | 横浜 ホテル | 台北 航空券 | 金沢 ホテル | 上海 ホテル