沖縄発ホノルル行き格安航空券を検索・予約

沖縄発ホノルル行きに関するフライト情報

よくあるご質問:
  • 沖縄発ホノルル行き航空券を最安値で買える時期はいつですか?

    沖縄発ホノルル行きの航空券は基本的に、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆この3つの繁忙期で、航空券が高くなる傾向にあります。この時期はハイシーズンとなっており、航空会社の早期割引やLCCで予約ができたとしても、料金は正規運賃とほぼ変わらないです。できるだけ、この3つの時期をずらしましょう。次に、航空券が比較的安くなるシーズンについてご紹介します。1月中旬~2月は、正月を終え、旅行する方は少なくなる傾向にあります。特にヨーロッパはオフシーズンのため、航空券が安いです。4月に入り、新生活が始まるなどで忙しくなる時期も旅行される方がわりと少ないため、航空券が安くなる傾向にあります。また、10月ごろもシルバーウィークを終え、クリスマスと正月に向けて旅行を控える方が多く、航空券が安くなる時期になります。 沖縄発ホノルル行きの航空券は火曜日、水曜日、土曜日出発のフライトが比較的安くなる傾向があります。

  • 沖縄からホノルルまでを運行している航空会社は?

    沖縄からホノルルまでを運行している航空会社はになります。

  • ホノルル周辺にいくつの空港がありますか?

    ホノルル周辺に1つの空港があります。 - ホノルル国際空港

  • 目的地の空港:

    HNL

  • 路線:

    OKA ✈ HNL

  • 航空券の相場:

    85,887円

沖縄発ホノルル行きフライト情報

入国に必要な書類

ホノルル(アメリカ)への入国に際し、既にESTA(電子渡航認証システム)を取得している場合は、出入国カードは記入不要です。また機内で配布される税関申告書の提出は、入国する人全員が義務付けられています。家族で旅行する際は、家族で1通の記入で問題ありません。

ターミナル情報と搭乗の流れ

那覇空港のターミナル3階にある各社カウンターでチェックインをします。南側にはJAL 、JTA 、琉球エアコニューター、ジェットスター、北側には、ANA 、ソラシドエア、スカイマークのカウンターがあります。

LCC のピーチアビエーション、バニラエアの場合は、国際ターミナルの先にあるLCC 専用ターミナルで行います。

その後、手荷物はカウンターへ預け、手荷物チェック、税関手続きを行い、出国審査カウンターにて搭乗券と、出国印を押されたパスポートを受け取り搭乗口へ向かいます。

空港内にはラウンジや両替所があり、出国前に利用可能です。

フライト時間

那覇空港からダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)までは経由便により約14~34時間とさまざまです。

航空券を安く購入できる方法

各航空会社では、お得に飛行機を利用できるプランを用意しています。全日空では搭乗日の指定日前までの予約で割引運賃が利用できる早割、日本航空はたまったマイルプラス追加料金で利用できるマイル割引があります。また、航空会社の株主になることで50%の割引が受けられる株主優待もあります。割引プランによっては、変更・取消不可の場合や、手数料が高いことがあるので注意しましょう。

おすすめの観光スポット

ホノルルがあるオアフ島では、定番のワイキキビーチやダイヤモンドヘッドなどの他にも見どころが盛りだくさんあります。ハナウマ湾で熱帯魚を観察したり、ハレイワタウンでオールドハワイの雰囲気を感じたりするのがおすすめ。モアナルアガーデンズパークでは、日本のCMで有名になった幅40mの巨大な木が見られます。また、第二次世界大戦の真珠湾攻撃での戦没者の慰霊施設であるアリゾナ記念館を訪れれば、厳粛な気持ちで歴史を学ぶことができます。

主要空港から都心部へのアクセス方法

ダニエル・K・イノウエ国際空港から市内へ行く方法は、タクシー、スピーディシャトル、旅行会社の送迎プランなどがあります。

タクシーの場合、出口すぐのタクシースタンドからワイキキ中心部まで約20~30分で到着します。運賃約4400円の他に適宜チップを渡します。

スピーディシャトルは乗合で、希望の場所まで行くことができます。1人約1800円で、2人以上や往復で利用した場合は割引があります。この他に、ザ・バス(島内を走る市バス)がありますが、膝に乗らない大きな荷物は持ち込みできません。

一番早い便、一番遅い便

一番早いフライト

一番早い便は、那覇空港(OKA)を11時45分に出て、ダニエル・K・イノウエ国際空港(HNL)に10時5分に到着する経由便です。

県庁前からゆいレールに乗ると便利です。

・一番遅いフライト

一番遅い便は、那覇空港(OKA)を19時55分に出て、ダニエル・K・イノウエ国際空港(HNL)に16時8分に到着する経由便です。

県庁前からゆいレールに乗ると便利です。

ホノルルの基本情報

ホノルルの基本情報

・国名:アメリカ合衆国(ハワイ州)

・宗教:キリスト教、仏教など

・言語:英語、ハワイ語

・気候:亜熱帯気候で1年を通じて半袖で過ごせますが、長袖もあると便利です。

・時差:-19時間 ※日本よりも19時間遅い

・ビザ: 90日以内の観光・ビジネスはビザ不要ですが、ESTAが必須です。パスポートは入国時90日以上の残存期間が望ましいです。

ホノルルの注意点

・治安:比較的安定していますが、犯罪被害防止のため1人で外出しない、貴重品は最低限のみ持ち歩く、手荷物に十分注意するなどの行為を徹底しましょう。

・飲料水:水道水はそのまま飲めますが、心配な人はミネラルウォーターを購入しましょう。

・マナー:屋内と公共の場での喫煙及びビーチ、公園などでの飲酒は禁じられています(飲酒は21歳から)。また、横断歩道以外での横断や、日本で言う歩きスマホ、信号機の点滅時の横断も罰金が科せられます。

・チップ:タクシー、ホテルのポーターやベッドメイキング、ドアマン、ボーイ、レストラン利用時にはチップを紙幣で渡します。

・物価:ホノルルの物価は、東京よりも少し高いと言われています。水1本は約110円、タクシーの初乗りは約500円です。

※上記情報は予告なく変更されることがあります。
また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

沖縄発ホノルル行き格安航空券の往復チケットと片道チケットの比較

基本的に各航空会社は往復を利用することを条件に、航空券を割引して販売しています。特に海外格安航空券の割引幅が大きい傾向があります。また、片道航空券は単純に往復航空券の半額料金とは限りません。片道航空券を往路・復路で購入する場合むしろ高くなります。 国内線航空券に関して、航空会社のルール(有効期間内に、同一区間を往復すること)により、割引が適用されますが、海外格安航空券のよう金額面でのメリットはそこまで大きくありません。場合によって各航空会社の割引運賃を確認し、往路・復路でそれぞれ最安航空券を組み合わせたほうが安く抑えられます。

沖縄⇒ホノルル

沖縄発ホノルル行きのチケットはを安く購入できる時期は正月明け~2月中旬、4月上旬~中旬、ゴールデンウィーク明け~6月中旬、10月中旬~11月上旬になります。また、正月、ゴールデンウィーク、8月9月の夏休み期間中は高くなる傾向です。Trip.comは航空券やホテル情報が満載!オンライン予約も迅速で簡単!! Trip.comが沖縄からホノルルへの旅行計画をお手伝い致します。

旅先で思い出に残る旅を

Trip.comで、沖縄からホノルルへの旅を思い出に残る最高の旅に。Trip.comで事前に見所をチェック、あらゆる予約を済ませて、素晴らしい旅をお楽しみください。Trip.comで事前に目的地の見どころやレビューをチェック。ホテルから現地ツアーまで簡単に予約が可能です。あとは現地で素晴らしい旅をお楽しみ下さい。

トレンドランキング

福岡 東京 飛行機 | 東京 高松 飛行機 | 東京 大阪 飛行機 | 東京 鹿児島 飛行機 | 福岡 沖縄 飛行機 | 沖縄 飛行機 | 函館 飛行機 | グアム 航空券 | ソウル 航空券| 福岡 羽田 飛行機 | 鹿児島 羽田 | 羽田 シンガポール | 羽田 台北 | 羽田 ソウル | 新千歳空港 羽田空港 | 成田 関空 | 大阪 ホテル | 京都 ホテル | 横浜 ホテル | 台北 航空券 | 金沢 ホテル | 上海 ホテル