沖縄発宮古島行き格安航空券を検索・予約

>>>

沖縄発宮古島行き便の情報

ピークシーズン

8月
9,413円

オフシーズン

9月
5,695円

往復航空券の最安値

19,134円
沖縄(OKA) ⇒ 宮古島(MMY)

直行便の最安値

9,294円
沖縄(OKA) ⇒ 宮古島(MMY)

よくある質問:

  • 沖縄(OKA)発宮古島(MMY)で、航空券が一番安いのはいつですか?

    航空券の価格は、日程や予約のタイミングにより、航空会社が調整しています。Trip.comでは、沖縄発宮古島行きの航空券は、火曜日、水曜日、土曜日出発の便が安い傾向にあります。
  • 沖縄(OKA)発宮古島(MMY)行きの航空券はいくらぐらいですか?

    Trip.comのデータによると、104,403円が最安値になります。
  • 沖縄(OKA)発宮古島(MMY)行き便の所要時間を教えてください。

    沖縄(OKA) から宮古島(MMY)までの所要時間は約54分です。
  • 宮古島の主要空港から市の中心までは、どうやって移動したらよいですか?

    • 宮古島空港 から市中心部まで3km、タクシーで約 20分の道のりです。
  • 沖縄発宮古島行きの始発便の時刻を教えてください

    沖縄(OKA)発宮古島(MMY)行き始発便の出発時刻は、07:30です(到着時刻 08:15)。
  • 沖縄発宮古島行きの最終便の時刻を教えてください

    沖縄(OKA)発宮古島(MMY)行き最終便の出発時刻は、18:25です(到着時刻 19:15)。
  • 沖縄(OKA) 発宮古島(MMY)便で、人気のある航空会社を教えてください。

    沖縄(OKA)発宮古島(MMY)行きの直行便を運航している航空会社は次の通りです:ANA(全日空)日本トランスオーシャン航空アシアナ航空ネパール航空
  • 沖縄(OKA) 発宮古島(MMY)の直行便で、人気のある航空会社を教えてください。

    日本トランスオーシャン航空が、沖縄(OKA)発宮古島(MMY)行きの直行便を252便運航しています。
  • 宮古島(MMY)には空港はいくつありますか?

    宮古島(MMY)には、空港は1個あります( 宮古島空港
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、宮古島へ出かけるにあたって、何かアドバイスはありますか?

    入国制限、フライトの運航スケジュール及び便の変更・欠航などが頻繁に発生しております。宮古島へのご旅行にあたっては、ご予約の航空会社の最新の情報をご確認ください。 また、Trip.comの入国制限情報もご参照いただけます。
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、こちらの目的地行きの便で、日時変更手数料が無料の航空会社はありますか?

    この目的地行きの便で、ご選択のサービスを提供している航空会社はありません。※参考情報です。正確な情報については、ご予約前に航空会社までお問い合わせください。

沖縄発宮古島行きの時刻表

便名・航空会社
出発
到着
路線週間スケジュール

NU551

07:25

OKA

08:15

MMY

沖縄 - 宮古島最安値を見る

RA000

08:05

OKA

09:00

MMY

沖縄 - 宮古島-------最安値を見る

NH1721

09:25

OKA

10:20

MMY

沖縄 - 宮古島最安値を見る

NU557

10:40

OKA

11:35

MMY

沖縄 - 宮古島最安値を見る

NH1723

10:45

OKA

11:40

MMY

沖縄 - 宮古島-最安値を見る

NH1189

11:45

OKA

12:40

MMY

沖縄 - 宮古島------最安値を見る

NU559

12:00

OKA

12:55

MMY

沖縄 - 宮古島----最安値を見る

NU2581

13:00

OKA

13:55

MMY

沖縄 - 宮古島------最安値を見る

NH1725

13:05

OKA

14:00

MMY

沖縄 - 宮古島------最安値を見る

NU581

14:15

OKA

15:10

MMY

沖縄 - 宮古島最安値を見る

NU563

14:25

OKA

15:20

MMY

沖縄 - 宮古島--最安値を見る

OZ9177

15:20

OKA

16:10

MMY

沖縄 - 宮古島------最安値を見る

NU565

15:25

OKA

16:25

MMY

沖縄 - 宮古島-----最安値を見る

NH1727

16:00

OKA

16:55

MMY

沖縄 - 宮古島-最安値を見る

NU567

16:20

OKA

17:15

MMY

沖縄 - 宮古島--最安値を見る

NH1729

17:00

OKA

17:55

MMY

沖縄 - 宮古島最安値を見る

NU571

17:15

OKA

18:10

MMY

沖縄 - 宮古島最安値を見る

NU573

18:15

OKA

19:10

MMY

沖縄 - 宮古島最安値を見る

NU1581

18:50

OKA

19:40

MMY

沖縄 - 宮古島-------最安値を見る
閉じる
沖縄発宮古島行きフライト情報

航空券の相場

沖縄(那覇)から宮古島までの往復航空運賃の相場は12,558円です。

宮古島への移動手段では空路が人気で、沖縄-宮古島線の利用目的は、観光が大多数です。沖縄から宮古島行きは年末年始に加え、ゴールデンウィークやお盆の時期に相場が高くなり、航空券の価格は片道28,000円前後になります。

このようにハイシーズンに相場が高くなる傾向は他の観光地も同様ですが、宮古島は温暖な気候で過ごしやすく、時期を選ばずに観光を楽しめるため1年を通して人気の路線です。また、沖縄-宮古島線は、日本トランスオーシャン・琉球エアーコミューター・全日空(ANA)の3社が運航しています。日本トランスオーシャン・琉球エアーコミューターはJALグループの航空会社のため、JALの割引運賃が適用されます。

沖縄から宮古島間の航空券・フェリーとの料金を比較

  • 飛行機(沖縄(那覇)空港発-宮古空港):料金は9,620円、所要時間は55分ほど
  • フェリー(沖縄から宮古島):現在は運航なし

※航空券料金は弊社のデータにより算出したものです。

沖縄から宮古島まで運航している航空会社&LCC

那覇空港(OKA)‐宮古空港(MMY)間運航している航空会社&LCC

沖縄(那覇)-宮古島線は、日本トランスオーシャン・琉球エアーコミューター・全日空(ANA)の3社が運航しています。1日の運航本数は、日本トランスオーシャンが8本、琉球エアーコミューターが1本、全日空が5本です。LCCは現在運航していません。

沖縄(那覇)-宮古島線の直行便は、朝早くから夜遅くまで運航しているので那覇空港で乗り継ぎをするために全国から利用者が集まります。機材はボンバルディアDHC8-Q400が使われており、翼が胴体上部に取り付けられているので、景色を見るときに視界が遮られることがありません。

沖縄(那覇)-宮古島行きは、直行便の他にも、石垣(新石垣)を経由して宮古島へ向かう経路もあります。沖縄(那覇)-石垣(新石垣)間は55分ほど、石垣(新石垣)-宮古島間は30分ほどです。

沖縄から宮古島までの一番人気路線

沖縄(那覇)-宮古島までの人気路線は、那覇空港から8時00分発、8時55分着の琉球エアーコミューターRAC801便は、到着日にも十分な活動時間が確保できるため人気です。

沖縄から宮古島までの一番安い路線

沖縄(那覇)-宮古島の9時30分発、10時45分発、11時45分発の全日空NH1721便・全日空NH1723便は7,232円と一番安い傾向にあります。

沖縄から宮古島までの一番早い便

沖縄(那覇)-宮古島の始発便は、7時25分発、8時15分着の日本トランスオーシャン航空JTA551便となります。

沖縄から宮古島までの一番遅い便

沖縄(那覇)-宮古島の最終便は、18時10分発、19時05分着の日本トランスオーシャン航空JTA573便となります。

※これらのデータは弊社のデータにより算出したものです。航空会社によってはスケジュールが変更される可能性があります。

沖縄‐宮古島の空港情報

那覇空港(OKA)

沖縄(那覇空港)は、沖縄県那覇市にあります。

2020年2月現在、国内線では10社、国際線で23社の飛行機が発着しています。

那覇空港ターミナルビル館内全エリア(一部を除く)で無線LANインターネットサービスが使用できる他、コイン式携帯充電器の設置もあり、空港内でのモバイル機器の使用で不便に感じることはありません。

ターミナルビル1階と1階のインフォメーション近くにはコイン式パソコンが設置されています。那覇空港の利用者の多くが観光目的のため、パソコンは持ってきていない人も多く、搭乗前にパソコンで作業したいときに便利です。

ショップエリアには土産店・専門店・コンビニエンスストア・レストラン・ファーストフード・カフェなど、多数揃っています。レストランは沖縄料理の店舗もあり、沖縄そば・ポークたまごおにぎりなどが楽しめます。

大人1,200円(税別)の入場料とフリードリンクの注文で利用できる「ラウンジ華〜hana〜」など各種ラウンジや有料待合室が揃っていますが、県内外や海外からの賓客をおもてなしする特別待合室やVIPルーム「珊瑚の間」もあり、沖縄(那覇空港)が外交や接待の重要な拠点であることが伺えます。

宮古空港(MMY)

宮古島空港(宮古空港)は、沖縄県宮古島市(宮古島)にあります。

昭和18年に旧日本軍により海軍飛行場として建設されましたが、昭和31年に民間航空機の運航が開始しました。宮古空港のターミナルビルは、中央の吹き抜けを囲んで3階建てとなっており、吹き抜けのホールから差し込む自然光が気持ちの良い空港です。

空港ターミナルで無料Wi-Fiが利用できますが、アクセスはパスワード入力方式になっています。接続に必要なパスワードは、Wi-Fiの設置場所である、A&Wと搭乗待合室の2箇所に掲示されています。

レストランやショップの多くは、出発ロビーのある2階にあります。空港レストラン・喫茶店・ファーストフード・マッサージなどの店舗があり、飲食店と売店の営業時間は8時00分~19時30分まで(店舗により異なる)となっています。一番早い便を利用する場合、空港内の食店と売店のほとんどが開店前で利用できないため注意が必要です。

3階は送迎デッキになっています。旅客機が空の彼方に消えていく姿や、2,000mの滑走路を離着陸する姿を見られるパノラマビューのデッキです。晴れた日には美しい夕日や遠くの伊良部島も望むことができます。

空港⇔市内中心部のアクセス案内

市内中心部⇒那覇空港(OKA)

沖縄(那覇)空港へのアクセス手段は、モノレール・タクシー・バス・自家用車が主な手段となります。モノレールの場合、県庁前駅から那覇空港駅までは約13分で、料金は現金払いの場合270円です。県庁前駅からモノレールに乗車する場合、朝7時台に7本、8時台13本、18時台10本、那覇空港駅方面行きが出ており、通勤や通学の足として頻繁に運行しています。

県庁前駅から那覇空港駅までタクシーで移動する場合は、乗車時間は約11分、運賃は約1,330円です。モノレールかタクシーかで移動手段を迷う場合は、時間としては若干タクシーのほうが早いものの、モノレールが頻繁に運行していることから、荷物が少ない場合はメリットが大きいでしょう。

車で空港に向かう場合、空港の駐車場は3つあり、3駐車場合計で収容台数が2,472台です。

駐車場の営業時間は、6時00分から24時00分の18時間となっており、深夜は営業していないため注意が必要です。なお、航空機の到着が遅れた場合は、営業時間が延長されます。

宮古空港(MMY)⇒市内中心部

宮古島(宮古空港)から市内中心部までは、バスまたは自家用車で移動します。例えば、宮古空港から宮国方面へ向かう場合、路線バスの新里宮国線を利用します。所要時間は約15~25分で、運賃は大人1人290円です。宮古方面行きは1日3本と本数が少ないため注意が必要です。

また、協栄タクシーでは貸し切りタクシーによるタクシープランも手配できます。大人4名定員の小型タクシーは3,880円/1時間、大人9名定員のジャンボタクシーは6,740円/1時間で、いずれも3時間以上の利用からとなっています。タクシープランでは、タクシー貸し切りの時間内に移動する場所は、乗務員と直接相談して決定できるため、好きな場所へ無駄なく移動して、宮古島観光が楽しめます。ジャンボタクシーによるプランでは、予約制でホテル~空港間の送迎も対応しているため、バスがない時間にホテルへ移動する場合などは便利です。

宮古島(宮古空港)の駐車場の台数は、一般利用駐車場(248台)と月極めの定期駐車場(150台)で合計398台です。一般利用駐車場では、入場から9時間までは1時間100円、9時間を超え24時間までは1,000円/1日です。

宮古島の観光情報

宮古島の観光スポット

主要な宮古島の観光スポットを3つ紹介します。

与那覇前浜は、宮古島の南西の端にある白砂の海岸で、真っ白な砂浜が7kmも続きます。

宮古島では「マイパマビーチ」とも呼ばれており、白砂はきめ細やく、海は透き通ったコバルトブルーと、その美しさに魅了されることは間違いありません。与那覇前浜ビーチでは、さまざまなマリンスポーツが楽しめ、トライアスロン宮古島大会のスタート地点にもなっています。与那覇前浜には、無料駐車場・更衣室・シャワー・トイレ・売店・食堂があります。

 

宮古島の北方約5~22kmの海域に、国の天然記念物にも指定されている美しいサンゴの大陸・八重干瀬があります。八重干瀬は"やびじ"と呼び、その名称の由来は、8つの干瀬からなるからという説や、干瀬が幾重にも重なっているからという説があります。八重干瀬は、周囲約25km、大小100以上の環礁で形作られる日本最大級のサンゴ礁です。色鮮やかなサンゴ礁に群がる無数の魚たちを目当てに、ダイビングやシュノーケリングを楽しむ人が訪れます。

八重干瀬へは、ダイビングやシュノーケリングなどのアクティビティツアーを取り扱っている各店の船を利用して向かいましょう。

宮古島にある2つの温泉のうちのひとつがシギラ黄金温泉です。シギラ黄金温泉は宮古島のリゾートホテル、シギラが運営している温泉施設です。黄金温泉という名の通り、そのお湯は黄金色をしています。シギラ黄金温泉は源泉温度50℃・日量800tという良質で豊富なお湯が湧き出る温泉で、泉質はナトリウム塩化物温泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)となっています。温泉の他にジャングルプールという水着で入るプールがあり、黄金の温泉の中で家族一緒に遊べます。

宮古島のグルメ

宮古島に来たら是非食べてみたい宮古島グルメを3つ紹介します。

まずは、沖縄名物の沖縄そば。宮古島は、知られざる沖縄そばの激戦地域でもあります。「沖縄そば」とひとくくりにされることの多い宮古そばとソーキそばですが、宮古そばとソーキそばは麺に違いがあります。宮古そばは細くて真っ直ぐな麺であるのに対し、ソーキそばはや縮れ麺となっています。また、宮古そばとソーキそばでは、具の盛り付け方にも違いがあます。宮古そばは、かつては具を麺の下に隠す盛り付け方が一般的でした。理由は、具が乾かないようにするためとも、具も乗せられないほど貧しいことをアピールするためとも言われています。宮古島の沖縄そばは、手頃な価格の店も多く、そばの食べ歩きを楽しむ人も多くいます。

次に紹介したいグルメは、大きいものは1kgにもなるというヤシガニです。巨大なハサミは人間の指をも切断するほどの力を持っています。ヤシガニは、日中は岩穴に潜み、夜になるとアダンの実を食べるために外に出てきます。与論島以南に分布しているとされていますが、リゾート乱開発や道路の整備等により、現在では沖縄本島で見つかることがほとんどありません。

そんなヤシガニが食べられるのが宮古島ならではです。食べてみると、伊勢エビのような食感と甘さという「ヤシガニ」は、宮古島に来たら食べたいグルメの筆頭です。

宮古島生まれ、宮古島育ちである宮古牛は、現在、そのほとんどが宮古島を中心とした沖縄県内で消費されるといわれています。宮古島で育つ宮古牛は、その希少性から"幻の和牛"とも呼ばれています。一般的な和牛では、無理矢理太らせるために配合飼料を使いますが、宮古牛はワラと宮古島ならではの豊富な地下水を使って飼育します。宮古牛は、家庭での少量飼育でゆっくりと育てられるため希少性が高く、脂が上質です。現在でも、このような少量飼育が続いているため、数が少なくて手に入りにくいことが"幻の和牛"と呼ばれるゆえんです。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。

また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

  • 沖縄⇒宮古島

    沖縄発宮古島行きのチケットはを安く購入できる時期は正月明け~2月中旬、4月上旬~中旬、ゴールデンウィーク明け~6月中旬、10月中旬~11月上旬になります。また、正月、ゴールデンウィーク、8月9月の夏休み期間中は高くなる傾向です。Trip.comは航空券やホテル情報が満載!オンライン予約も迅速で簡単!! Trip.comが沖縄から宮古島への旅行計画をお手伝い致します。

  • 旅先で思い出に残る旅を

    Trip.comで、沖縄から宮古島への旅を思い出に残る最高の旅に。Trip.comで事前に見所をチェック、あらゆる予約を済ませて、素晴らしい旅をお楽しみください。Trip.comで事前に目的地の見どころやレビューをチェック。ホテルから現地ツアーまで簡単に予約が可能です。あとは現地で素晴らしい旅をお楽しみ下さい。