沖縄発名古屋行き格安航空券を検索・予約

>>>

沖縄発名古屋行き便の情報

ピークシーズン

3月
7,600円

オフシーズン

6月
5,943円

往復航空券の最安値

28,376円
沖縄(OKA) ⇒ 名古屋(NGO)

直行便の最安値

13,075円
沖縄(OKA) ⇒ 名古屋(NGO)

よくある質問:

  • 沖縄(OKA)発名古屋(NGO)で、航空券が一番安いのはいつですか?

    航空券の価格は、日程や予約のタイミングにより、航空会社が調整しています。Trip.comでは、沖縄発名古屋行きの航空券は、火曜日、水曜日、土曜日出発の便が安い傾向にあります。
  • 沖縄(OKA)発名古屋(NGO)行きの航空券はいくらぐらいですか?

    Trip.comのデータによると、78,868円が最安値になります。
  • 名古屋の主要空港から市の中心までは、どうやって移動したらよいですか?

    • 中部国際空港 から市中心部まで36km、タクシーで約 50分の道のりです。
    • 名古屋小牧空港 から市中心部まで8km、タクシーで約 20分の道のりです。
  • 沖縄発名古屋行きの始発便の時刻を教えてください

    沖縄(OKA)発名古屋(NGO)行き始発便の出発時刻は、09:10です(到着時刻 11:05)。
  • 沖縄発名古屋行きの最終便の時刻を教えてください

    沖縄(OKA)発名古屋(NGO)行き最終便の出発時刻は、20:15です(到着時刻 22:15)。
  • 沖縄(OKA) 発名古屋(NGO)便で、人気のある航空会社を教えてください。

    沖縄(OKA)発名古屋(NGO)行きの直行便を運航している航空会社は次の通りです:ジェットスター・ジャパンANA(全日空)スカイマークソラシドエア日本航空
  • 沖縄(OKA) 発名古屋(NGO)の直行便で、人気のある航空会社を教えてください。

    ANA(全日空)が、沖縄(OKA)発名古屋(NGO)行きの直行便を261便運航しています。
  • 名古屋(NGO)には空港はいくつありますか?

    名古屋(NGO)には、空港は2個あります( 中部国際空港名古屋小牧空港
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、名古屋へ出かけるにあたって、何かアドバイスはありますか?

    入国制限、フライトの運航スケジュール及び便の変更・欠航などが頻繁に発生しております。名古屋へのご旅行にあたっては、ご予約の航空会社の最新の情報をご確認ください。 また、Trip.comの入国制限情報もご参照いただけます。
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、こちらの目的地行きの便で、日時変更手数料が無料の航空会社はありますか?

    この目的地行きの便で、ご選択のサービスを提供している航空会社はありません。※参考情報です。正確な情報については、ご予約前に航空会社までお問い合わせください。

沖縄発名古屋行きの時刻表

便名・航空会社
出発
到着
路線週間スケジュール
スカイマーク

06:00

OKA

08:10

NGO

沖縄 - 名古屋-------最安値を見る
日本トランスオーシャン航空

07:30

OKA

09:35

NGO

沖縄 - 名古屋------最安値を見る
ANA(全日空)

10:15

OKA

12:30

NGO

沖縄 - 名古屋-------最安値を見る
スカイマーク

10:25

OKA

12:25

NGO

沖縄 - 名古屋最安値を見る
ANA(全日空)

10:40

OKA

12:35

NGO

沖縄 - 名古屋最安値を見る
ジェットスター・ジャパン

10:50

OKA

12:55

NGO

沖縄 - 名古屋-----最安値を見る
日本トランスオーシャン航空

11:00

OKA

13:05

NGO

沖縄 - 名古屋-------最安値を見る
日本トランスオーシャン航空

12:05

OKA

14:05

NGO

沖縄 - 名古屋---最安値を見る
ソラシドエア

12:10

OKA

14:15

NGO

沖縄 - 名古屋------最安値を見る
ANA(全日空)

13:00

OKA

15:00

NGO

沖縄 - 名古屋------最安値を見る
ANA(全日空)

14:00

OKA

16:15

NGO

沖縄 - 名古屋--最安値を見る
ジェットスター・ジャパン

15:10

OKA

17:15

NGO

沖縄 - 名古屋最安値を見る
ANA(全日空)

15:20

OKA

17:30

NGO

沖縄 - 名古屋-----最安値を見る
日本トランスオーシャン航空

15:55

OKA

18:05

NGO

沖縄 - 名古屋最安値を見る
ANA(全日空)

18:00

OKA

19:55

NGO

沖縄 - 名古屋最安値を見る
ANA(全日空)

19:15

OKA

21:10

NGO

沖縄 - 名古屋------最安値を見る
日本トランスオーシャン航空

19:25

OKA

21:25

NGO

沖縄 - 名古屋最安値を見る
スカイマーク

20:10

OKA

22:05

NGO

沖縄 - 名古屋最安値を見る
スカイマーク

22:00

OKA

23:55

NGO

沖縄 - 名古屋最安値を見る
閉じる
沖縄発名古屋行きフライト情報

航空券の相場

沖縄から名古屋までの往復航空運賃の相場は26,313円です。沖縄発名古屋行きの航空券は、年末年始・ゴールデンウィーク・夏休み(お盆)の時期に高くなる傾向にあります。これは観光客が増えることにより、航空券の価格が上昇するからです。逆に観光客が少なくなる正月明けから2月・4月のゴールデンンウィーク前、ゴールデンウィーク直後から6月にかけて、シルバーウィーク後の10月から11月の時期には、航空券が安くなることが一般的です。航空券を安く手に入れたい場合はこれらの時期を狙ってみるか、LCCの利用、搭乗日と予約日が離れているほど運賃が割安になる早期割引や株主優待割引の利用をおすすめします。

沖縄から名古屋まで運航している航空会社&LCC

那覇空港(OKA)‐中部国際空港(NGO)間運航している航空会社&LCC

那覇空港から中部国際空港まで運航しているのは、全日空(ANA)、日本航空(JAL)グループの日本トランスオーシャン航空です。LCCでは、スカイマーク、ジェットスターが運航しています。全日空(ANA)、プレミアムクラスと普通席の2クラス仕様です。日本トランスオーシャン航空は、日本航空(JAL)と同じ機体を利用しており、クラスはファーストクラス・クラスJ・普通席の3クラス仕様となっています。スカイマークは全席統一ですが、最前列のみフォワードシートという特別な席になっており、足元が広く優先搭乗やドリンクの無料提供が行われています。ジェットスターはエコノミークラスとビジネスクラスの2クラス仕様です。

沖縄から名古屋までの一番人気路線

那覇空港から19時25分発、21時25分着の日本航空(JAL)JL046便が一番人気です。夜に名古屋に到着する予定を組む方が多く見られます。

沖縄から名古屋までの一番安い路線

那覇空港から22時発、23時55分着のスカイマークBC558便が11,870円~と一番安い傾向にあります。深夜着のLCC便ということもあり、価格が安くなっているようです。

沖縄から名古屋までの一番早い便

那覇空港から10時25分発、12時25分着のスカイマークBC552が始発便となります。

沖縄から名古屋までの一番遅い便

那覇空港⇒中部国際空港の22時発、23時55分着のスカイマークBC558が最終便となります。

※これらのデータは弊社のデータにより算出したものです。航空会社によってはスケジュールが変更される可能性があります。

沖縄‐名古屋の空港情報

那覇空港(OKA)

那覇空港は年間1,000万人以上の利用があり、国内の旅客数ランキングTOP5にも入る空港です。国内からの旅行客はもちろん、国外からの旅行客も増えており、空港の混雑緩和や定時運航のために、2020年3月末からは新たな滑走路の使用も始まります。そんな沖縄空港のターミナルビルは、1階が到着・エントランスロビー、2階が出発ロビー、3階がチェックインロビー、4階がレストランとなっています。国内線と国際線は左右で分かれており、簡単に乗り継ぎが可能です。ターミナルビル内には無料のWi-Fiが通っており、パソコンやスマートフォンなど電子機器を利用するときに便利です。また、銀行・ATM・外貨両替機・ラウンジなどのサービスも充実しています。手荷物預かり所やコインロッカーもあるので、空港内で長時間過ごすときに便利です。空港内おすすめのスポットは、4階にあるレストランです。ここでは、沖縄のご当地グルメである沖縄そばやポークたまごおにぎりが食べられます。またコンビニをはじめ沖縄の特産品を取り扱うショップも多く、旅行に必要なものやお土産を購入できます。那覇空港へアクセスする際は、ゆいレールを利用するのがおすすめです。ゆいレールはターミナル2階と連絡通路を通じて繋がっており、下車後すぐに空港での手続きに移れます。

中部国際空港(NGO)

中部国際空港は、愛知県常滑市にある空港で、名古屋駅からは電車で最速28分ほどとアクセスしやすい便利な空港です。開港は2005年と比較的新しく、空港としての機能はもちろん、テーマパークとしての機能も併せ持ったエンターテイメント空港として活躍しています。第1ターミナル・第2ターミナル・アクセスプラザ・FLIGHT OF DREAMSという4つの建物があります。第1ターミナルには、フルサービスキャリアをはじめとした国内線・国際線の発着口があり、ショップやレストラン、スカイデッキ、展望風呂もあります。第2ターミナルは2019年に新設されたターミナルビルで、LCC専用のターミナルです。第1ターミナル同様、国内線・国際線の発着口があります。ただし、第2ターミナルビル内にはラウンジがありません。ラウンジを利用する場合は第1ターミナル3階へと移動する必要があるため注意が必要です。アクセスプラザは電車の駅やバス、タクシーのりばがある建物です。FLIGHT OF DREAMSは航空機について学べるテーマパークとなっています。どの建物も徒歩で移動が可能です。空港内には、外貨両替機・保険カウンター・ATM・Wi-Fiカウンターなどのサービスが揃っており、第1ターミナル4階にある「ちょうちん横丁」では、名古屋グルメを楽しめます。

空港⇔市内中心部のアクセス案内

市内中心部⇒那覇空港(OKA)

那覇空港へのアクセスには、モノレール・バス・タクシーがあります。モノレールがとくに便利で、沖縄のいろいろな場所から空港へ短時間でアクセス可能です。たとえば、住宅街である「小禄」駅からは所要時間6分ほど、運賃230円、市内の中心部である「県庁前」駅からは13分ほど、運賃270円、首里駅からは27分ほど、運賃340円で空港に到着できます。モノレール「那覇空港」駅は、ターミナルビル2階と直結しているので、下車後連絡通路を通ってすぐに空港へアクセス可能です。バスを利用する場合は、「高速バス系統117番」が便利です。このバスは、美ら海水族館から近い「記念公園前」から「名護バスターミナル」や、「旭橋・那覇バスターミナル」などを通って、空港を繋いでいます。それぞれの場所から空港までの所要時間と運賃は、記念公園前が2時間26分ほどで2,550円、名護バスターミナルが1時間38分ほどで2,230円、旭橋・那覇バスターミナルが9分ほどで240円となっています。タクシーを利用する場合は、県庁前駅からが所要時間11分ほど、運賃約1,330円、旭橋・那覇バスターミナルからが所要時間8分ほど、運賃約1,190円となっています。

中部国際空港(NGO)⇒市内中心部

中部国際空港から市内中心部である名古屋駅への主なアクセス方法には、バス・電車・タクシーがあります。バスを利用する場合は、名古屋駅までの所要時間は1時間25分ほど、運賃1,300円です。第1ターミナルと第2ターミナルでのりばが異なります。第1ターミナルはアクセスプラザ1階の6番のりば、第2ターミナルは1階の22番のりばとなっています。のりばによって出発時間が異なるため、注意が必要です。電車を利用する場合は、アクセスプラザ内にある名鉄「中部国際空港駅」から、名古屋鉄道に乗車します。一番早いミュースカイに乗車すると所要時間28分ほど、運賃は1,250円で名古屋駅へアクセス可能です。特急に乗ると、所要時間が37分ほどと増えますが運賃を890円に抑えることができます。タクシーを利用する場合は、所要時間1時間9分ほど、運賃は約15,270円となっています。

名古屋の観光情報

名古屋の観光スポット

名古屋にはさまざまな観光スポットがあります。「栄」は、名古屋の中心に位置する名古屋最大の繁華街です。名古屋駅からは地下鉄東山線に乗り、5分ほどでアクセスできます。松坂屋、三越、PARCOなど、さまざまなショッピングビルが立ち並び、さらに地下鉄と直結している地下街にもファッションやアクセサリー、レストランなど、さまざまなショップが集まっています。おしゃれな洋服・アクセサリーを探したい、インスタ映えするカフェやランチをしたいというときにはぴったりです。また栄には居酒屋も多く、夜までたっぷり遊べます。「名古屋市科学館」は栄から近い伏見駅にある科学館で、ビルに挟まれて浮かんでいる丸い球体が目印です。この丸い球体の中には、世界最大といわれるプラネタリウムがあり、毎日上映を行っています。プラネタリウムは本物と見間違うほどのクオリティの高さで、映像はもちろん、学芸員による生解説が人気です。プラネタリウムはホームページから予約も可能で、空席情報も確認できます。栄と同じく名古屋でも活気ある繁華街の1つ、「大須」へは栄から徒歩25分ほど、地下鉄鶴舞線の「大須観音駅」と地下鉄名城線の「上前津駅」の間に位置しています。古着屋や雑貨屋、パソコンショップ、メイド喫茶などサブカルチャーな雰囲気が強く、さまざまな人が集まります。お団子や唐揚げ、ロールアイスなど食べ物も豊富で、食べ歩きも可能。フォトジェニックな料理を提供するお店もあります。

名古屋のグルメ

名古屋は天むすや手羽先など、ユニークなご当地グルメが多いことで有名です。名古屋に来たらぜひ食べておきたいご当地グルメといえば、「ひつまぶし」です。ひつまぶしとは、おひつにご飯を敷き詰め、刻んだうなぎを乗せた料理のことをいいます。通常のうな丼と違うところは、3つの食べ方があるところです。ひつまぶしは、まずそのままうなぎとご飯を食べ、2杯目に薬味を乗せていただき、3杯目にだしをかけてお茶漬けにするという食べ方をします。そんなひつまぶしの発祥店といわれるのが熱田神宮のそばにある「あつた蓬莱軒(ほうらいけん)」です。こちらでは秘伝のタレと活うなぎを使った美味しいひつまぶしをいただけます。本店以外に栄にも2店舗出店しています。

「きしめん」は平たいうどんのことを指し、たまり醤油で味付けし、青味、味付けあげ、かつおぶしを盛り付けるのが一般的です。そんなきしめんの老舗店「宮きしめん」では、素材・製法・だしにこだわったこだわりの一杯をいただけます。名古屋駅の近くにも店舗があり、駅に隣接するJPタワー内地下1階で本格的なきしめんを食べられます。

名古屋コーチンとは日本3大地鶏の1つで、コクのある味が特徴的な鶏肉です。名古屋コーチン料理で有名なのが、栄に本店を構える「鳥銀」です。こちらでは、名古屋コーチンを贅沢に使った会席料理が食べられます。刺身・鍋・手羽先・焼鳥など、さまざまな調理を施した絶品の名古屋コーチンを味わうことができます。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

  • 沖縄⇒名古屋

    沖縄発名古屋行きのチケットはを安く購入できる時期は正月明け~2月中旬、4月上旬~中旬、ゴールデンウィーク明け~6月中旬、10月中旬~11月上旬になります。また、正月、ゴールデンウィーク、8月9月の夏休み期間中は高くなる傾向です。Trip.comは航空券やホテル情報が満載!オンライン予約も迅速で簡単!! Trip.comが沖縄から名古屋への旅行計画をお手伝い致します。

  • 旅先で思い出に残る旅を

    Trip.comで、沖縄から名古屋への旅を思い出に残る最高の旅に。Trip.comで事前に見所をチェック、あらゆる予約を済ませて、素晴らしい旅をお楽しみください。Trip.comで事前に目的地の見どころやレビューをチェック。ホテルから現地ツアーまで簡単に予約が可能です。あとは現地で素晴らしい旅をお楽しみ下さい。