沖縄発大阪行き格安航空券を検索・予約

>>>

沖縄発大阪行き便の情報

往復航空券の最安値

27,142円
沖縄(OKA) ⇒ 大阪(UKB)

直行便の最安値

11,380円
沖縄(OKA) ⇒ 大阪(UKB)

ピークシーズン

3月
8,424円

オフシーズン

1月
6,767円

今後12週間の価格グラフ

沖縄 (OKA) - 大阪 (OSA)

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

沖縄発大阪行き格安航空券の価格比較

  • 片道
  • 往復

取り消し線のある価格は、Trip.com上の該当する路線の平均価格に基づいて計算されています。

よくある質問:

  • 沖縄(OKA)発大阪(OSA)で、航空券が一番安いのはいつですか?

    航空券の価格は、日程や予約のタイミングにより、航空会社が調整しています。Trip.comでは、沖縄発大阪行きの航空券は、火曜日、水曜日、土曜日出発の便が安い傾向にあります。
  • 沖縄(OKA)発大阪(OSA)行きの航空券はいくらぐらいですか?

    Trip.comのデータによると、87,251円が最安値になります。
  • 沖縄(OKA)発大阪(OSA)行き便の所要時間を教えてください。

    沖縄(OKA) から大阪(OSA)までの所要時間は約1時間 55分です。
  • 大阪の主要空港から市の中心までは、どうやって移動したらよいですか?

    • 関西国際空港 から市中心部まで38km、タクシーで約 50分の道のりです。
    • 神戸空港 から市中心部まで26km、タクシーで約 40分の道のりです。
    • 伊丹空港 から市中心部まで12km、タクシーで約 30分の道のりです。
  • 沖縄発大阪行きの始発便の時刻を教えてください

    沖縄(OKA)発大阪(UKB)行き始発便の出発時刻は、06:35です(到着時刻 08:30)。
  • 沖縄発大阪行きの最終便の時刻を教えてください

    沖縄(OKA)発大阪(KIX)行き最終便の出発時刻は、20:35です(到着時刻 22:30)。
  • 沖縄(OKA) 発大阪(OSA)便で、人気のある航空会社を教えてください。

    沖縄(OKA)発大阪(OSA)行き便を運航している航空会社は次の通りです:ジェットスター・ジャパンピーチ・アビエーションANA(全日空)日本航空日本トランスオーシャン航空ソラシドエア
  • 沖縄(OKA) 発大阪(OSA)の直行便で、人気のある航空会社を教えてください。

    ANA(全日空)が、沖縄(OKA)発大阪(OSA)行きの直行便を525便運航しています。
  • 大阪(OSA)には空港はいくつありますか?

    大阪(OSA)には、空港は3個あります( 関西国際空港,伊丹空港神戸空港
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、大阪へ出かけるにあたって、何かアドバイスはありますか?

    入国制限、フライトの運航スケジュール及び便の変更・欠航などが頻繁に発生しております。大阪へのご旅行にあたっては、ご予約の航空会社の最新の情報をご確認ください。 また、Trip.comの入国制限情報もご参照いただけます。
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、こちらの目的地行きの便で、日時変更手数料が無料の航空会社はありますか?

    この目的地行きの便で、ご選択のサービスを提供している航空会社はありません。※参考情報です。正確な情報については、ご予約前に航空会社までお問い合わせください。
沖縄発大阪行きフライト情報

航空券の相場

沖縄から大阪までの往復航空運賃の相場は28,746円です。

沖縄行きの航空券は、観光客が増加する年末年始やゴールデンウィーク、夏休み(お盆)などの期間に価格が高騰します。逆に、観光客が比較的少なくなる1月中旬〜2月、4月上旬〜中旬、9月後半〜10月は、航空券の価格が低下します。航空券とともにホテルの宿泊費も安くなることがあるので、観光の際はこれらの時期を狙ってみましょう。

航空券は早期割引や株主優待割引を利用することで、さらに安く手に入れられる可能性があります。とくに早期割引は早く購入するほど割引が大きくなるので、早めに手配することをおすすめします。ただし、割引できるかどうかや割引率は航空会社によって異なるため、よく確認しておきましょう。

沖縄から大阪まで運航している航空会社&LCC

那覇空港(OKA)‐伊丹空港(ITM)間運航している航空会社&LCC

那覇空港(OKA)から伊丹空港(ITM)まで運航しているのは、全日空(ANA)と日本航空(JAL)の2社です。フルサービスキャリアのみで、LCCの運航はありません。

全日空ではプレミアムクラスと普通席が用意されており、どちらのクラスも無料Wi-Fiや機内エンターテイメントを利用できます。またプレミアムクラスでは、時間帯にあわせて有名料理店の食事を楽しめます。

日本航空はファーストクラス・クラスJ・普通席の3クラス仕様で、すべてのクラスで無料Wi-Fiと機内エンターテイメント、機内雑誌を利用できます。ファーストクラスでは食事が楽しめ、クラスJ・普通席でも飲み物の提供があります。クラスJのサービス内容は普通席とほぼ変わりませんが、普通席よりワンランク上の座り心地が特徴です。

那覇空港(OKA)‐関西国際空港(KIX)間運航している航空会社&LCC

那覇空港(OKA)から関西国際空港(KIX)まで運航しているフルサービスキャリアは、全日空(ANA)と日本トランスオーシャン航空です。LCCはジェットスター・ジャパン、ピーチが運航しています。

全日空(ANA)は、プレミアムクラスと普通席の2クラス使用で、普通席でも11.6インチと最大クラスのタッチパネル式モニターを利用できるのが特徴です。

日本トランスオーシャン航空は日本航空グループの傘下なので、クラス内容は日本航空と同じくファーストクラス・クラスJ・普通席の3つとなっています。

ジェットスター・ジャパンはLCCながらも、エコノミークラスとビジネスクラスを用意しています。

ピーチではクラスによる差はないものの、座席の位置によって広さやリクライニングなどの違いがあり、有料で座席指定ができます。

沖縄から大阪までの一番人気路線

那覇空港から18時05分発、伊丹空港に20時00分着の日本航空(JAL)JL2088便が一番人気です。夜に大阪に着く日程を組む方が多く見られます。

沖縄から大阪までの一番安い路線

那覇空港から11時15分発、関西国際空港に13時20分着のジェットスターJQ350便は片道4,950円~と、一番安い傾向にあります。ジェットスターやピーチの航空券は1万円以下で買えるものも多くあります。

沖縄から大阪までの一番早い便

那覇空港から7時10分発、関西国際空港9時05分着の日本航空JL2便が始発便となります。

沖縄から大阪までの一番遅い便

那覇空港から20時25分発、関西国際空港に22時30分着のピーチMM220便が最終便となります。

※これらのデータは弊社のデータにより算出したものです。航空会社によってはスケジュールが変更される可能性があります。

沖縄‐ 大阪の空港情報

那覇空港(OKA)

那覇空港は、沖縄県那覇市字鏡水にある空港です。国内線・国際線の乗り入れがあり、国内でもトップ5に入る利用客数の多さを誇ります。

那覇空港は施設内の設計がとてもわかりやすく、左右で国内線と国際線に分かれており、どちらも1階が到着・エントランスロビー、2階が出発ロビー、3階がチェックインロビー、4階がレストランとなっています。出発時には1階から上に上がっていくだけでチェックイン可能です。

ターミナル内には一部使えないスペースがあるものの、無料Wi-Fiへの接続が可能。銀行・ATM・外貨両替機などのサービスも揃っています。空港内には沖縄ならではのショップやレストランが多くあるので、お土産選びや沖縄料理を楽しむこともできます。

そんな那覇空港では、国際線の取り扱いが増えてきたことから、2014年より2,000億円ものお金をかけて、第2滑走路の建設を進めてきました。その第2滑走路がいよいよ2020年3月より利用開始となります。これにより発着時の混雑が軽減し、さらに利便性が高まることでしょう。

那覇空港へのアクセスは、沖縄の主要観光スポットと空港を結ぶ「ゆいレール」が便利です。ゆいレール「那覇空港駅」は、国内線側のターミナル2階と連絡通路を通じて繋がっています。

伊丹空港(ITM)

伊丹空港は、大阪府豊中市にある空港です。正式名称を大阪国際空港といいます。正式名称では「国際」とついていますが、国内線のみの取り扱いとなっているのが特徴です。

昔は伊丹空港でも国際線の取り扱いがありましたが、1994年に関西国際空港ができてからは国際線の乗り入れがそちらに移り、国内線のみとなりました。そのため海外旅行・海外出張の際には、関西国際空港を利用する必要があります。しかし、伊丹空港は大阪府豊中市から兵庫県伊丹市にまたがっており、大阪の北側エリアに近いので、北側地域にお住まいの方はアクセスしやすい空港となっています。また伊丹空港は、ユニバーサルスタジオジャパンへの距離も近いので、大阪観光で行く予定があるなら、伊丹空港を選ぶのがおすすめです。

空港内は、1階がチェックインカウンター、2階が出発・到着フロア、3階がホテル、4階が展望デッキ、5階が貸会議室となっています。外貨両替やWi-Fiのレンタル、ATMは1階、ラウンジは3階です。

伊丹空港へのアクセスには、各地域から出ているリムジンバスが便利です。大阪駅前(梅田)・なんば・新大阪駅・あべの橋(天王寺)・神戸(三宮)・京都駅八条口の計6地域から空港直行バスが出ています。

関西国際空港(KIX)

関西国際空港は大阪府泉佐野市にある、世界初の完全人工島に建設された海上空港です。1984年に建設されて以来、24時間運用可能な空港として、多くの人々から利用されています。

空港は第1ターミナルビルとLCC専用の第2ターミナルビルによって構成されています。第1ターミナルビルは、1階が国際線到着フロア、2階が国内線発着フロア、3階がショップ・レストランフロア、4階が国際線出発フロアです。第2ターミナルビルは1階のみで、国際線・国内線の発着ロビーがあります。

両ターミナルともにショップやレストランが豊富にあるのが特徴で、出発時間まで空港でゆっくりと過ごすことができます。お土産屋ばかりではなく、100均や300円ショップ、ユニクロなど、ちょっとした買い物や旅行用アイテムの買い足しができるお店が揃っているのも嬉しいポイント。ATMや海外旅行保険カウンターまたは自販機、外貨両替機、イモトのWi-Fiなど、出発前の準備に必要なサービスも揃っているので安心です。

関西国際空港は、大阪駅からJR関空快速で約1時間5分、そのほかバスや車でのアクセスも可能となっています。神戸空港からは高速船も出ており、両空港を約30分で繋いでいます。

空港⇔市内中心部のアクセス案内

市内中心部⇒那覇空港(OKA)

那覇空港へのアクセスには、モノレール・バス・タクシーなどが挙げられます。

とくに便利なのが沖縄の観光スポットやオフィス街、住宅街、空港を結んだ「ゆいレール」です。ゆいレールを利用すれば、住宅街である「小禄駅」や、市内の中心部である国際通りの「県庁前駅」、新都心である「おもろまち駅」「古島駅」など、さまざまなスポットから空港を目指せます。それぞれの駅から空港までの所要時間と運賃は、小禄駅が約6分・230円、県庁前駅が約13分・270円、おもろまち駅が約22分・300円、古島駅が約24分・340円です。モノレールの駅はほかにもあるので、近くから出ていないか確認してみてください。モノレールの「那覇空港駅」は空港2階と直結しているので、降りて連絡通路を通ればすぐに空港に到着できます。

バスの場合は、美ら海水族館のある「記念公園前」から空港を繋ぐ「高速バス系統117番」が便利です。このバスは「名護バスターミナル」や「琉大入口」、「旭橋・那覇バスターミナル」なども繋いでいます。それぞれの所要時間と運賃は、記念公園前が約2時間26分・2,550円、名護バスターミナルが約1時間33分・2,230円、琉大入口が約34分・750円、旭橋・那覇バスターミナルが約9分・240円です。高速バスの会社が琉球バス交通、または那覇バスの場合、バス内で無料Wi-Fiを利用できるのも嬉しいポイントです。

タクシーを利用する場合は、「県庁前駅」からで所要時間約11分・運賃約1,330円、旭橋・那覇バスターミナルからは所要時間約8分・運賃約1,190円となっています。

伊丹空港(ITM)⇒市内中心部

伊丹空港から市内中心部を目指す場合には、バス・電車(モノレール)・タクシーなどが利用できます。

バスには、空港リムジンバス・長距離高速バス・近距離路線バスの3種類があり、各地へのアクセスには空港リムジンバスの利用がおすすめです。「新大阪駅」まで約25分・510円、「大阪駅前(梅田)」までは約30分・650円、「なんば駅前」までは約30分・650円となっています。近距離路線バスを利用した場合は「新大阪」まで約54分・280円となり、運賃を抑えられるものの、所要時間は長くなります。

電車(モノレール)を利用する場合は、新大阪駅まで「千里中央」で乗り換えて約25分・660円、大阪駅前(梅田)まで「蛍池」で乗り換えて約23分・430円、なんば駅まで「蛍池」と「梅田」で乗り換えて約31分・660円です。市内中心部まで何回か乗り換えの必要があるので注意してください。

タクシーを利用する場合は、新大阪駅まで約28分・約4,600円、大阪(梅田)駅まで約36分・約5,480円、なんば駅まで約52分・約7,400円です。

関西空港(KIX)⇒市内中心部

関西国際空港から市内中心部までのアクセス方法には、バス・電車・タクシーが挙げられます。

バスの場合、「新大阪」まで約1時間34分(第2ターミナルから/第1ターミナルからは約1時間21分)、「大阪駅前(新阪急ホテル)」まで約1時間11分(第2ターミナルから/第1ターミナルからは約58分)で運賃は一律1,600円、「なんば」まで約1時間3分(第2ターミナルから/第1ターミナルからは約50分)で運賃は1,100円です。第1・第2ターミナルともに1階にバス乗り場がありますが、所要時間が異なるので注意してください。

電車の場合は、新大阪駅までJR特急はるかで約50分・2,380円、大阪駅までJR関空快速で約1時間11分・1,210円、難波駅まで南海特急ラピートβで約39分・1,450円(南海空港線空港急行の場合は約45分・930円)となっています。

タクシーの場合は、新大阪駅まで約1時間55分・約17,110円、大阪(梅田)駅まで約1時間46分・約15,850円、なんば駅まで約1時間31分・約14,590円です。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

  • 沖縄⇒大阪

    沖縄発大阪行きのチケットはを安く購入できる時期は正月明け~2月中旬、4月上旬~中旬、ゴールデンウィーク明け~6月中旬、10月中旬~11月上旬になります。また、正月、ゴールデンウィーク、8月9月の夏休み期間中は高くなる傾向です。Trip.comは航空券やホテル情報が満載!オンライン予約も迅速で簡単!! Trip.comが沖縄から大阪への旅行計画をお手伝い致します。

  • 旅先で思い出に残る旅を

    Trip.comで、沖縄から大阪への旅を思い出に残る最高の旅に。Trip.comで事前に見所をチェック、あらゆる予約を済ませて、素晴らしい旅をお楽しみください。Trip.comで事前に目的地の見どころやレビューをチェック。ホテルから現地ツアーまで簡単に予約が可能です。あとは現地で素晴らしい旅をお楽しみ下さい。