沖縄発シンガポール行き格安航空券を検索・予約

沖縄発シンガポール行きに関するフライト情報

よくあるご質問:
  • 沖縄発シンガポール行き航空券を最安値で買える時期はいつですか?

    沖縄発シンガポール行きの航空券は基本的に、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆この3つの繁忙期で、航空券が高くなる傾向にあります。この時期はハイシーズンとなっており、航空会社の早期割引やLCCで予約ができたとしても、料金は正規運賃とほぼ変わらないです。できるだけ、この3つの時期をずらしましょう。次に、航空券が比較的安くなるシーズンについてご紹介します。1月中旬~2月は、正月を終え、旅行する方は少なくなる傾向にあります。特にヨーロッパはオフシーズンのため、航空券が安いです。4月に入り、新生活が始まるなどで忙しくなる時期も旅行される方がわりと少ないため、航空券が安くなる傾向にあります。また、10月ごろもシルバーウィークを終え、クリスマスと正月に向けて旅行を控える方が多く、航空券が安くなる時期になります。 沖縄発シンガポール行きの航空券は火曜日、水曜日、土曜日出発のフライトが比較的安くなる傾向があります。

  • 沖縄からシンガポールまでを運行している航空会社は?

    沖縄からシンガポールまでを運行している航空会社はカンタス航空,ジェットスター・アジア航空になります。

  • 沖縄からシンガポールまでは、最も人気の直行便を運航している航空会社は?

    ジェットスター・アジア航空は、沖縄からシンガポールまでの直行便を27便を運航しています。

  • シンガポール周辺にいくつの空港がありますか?

    シンガポール周辺に3つの空港があります。 - チャンギ国際空港,パヤレバー空港,セレター空港

  • 直行便の平均飛行時間:

    5h10m

  • 目的地の空港:

    SIN QPG XSP

  • 路線:

    OKA ✈ SIN

  • 航空券の相場:

    32,796円

沖縄発シンガポール行きの時刻表

便名・航空会社
出発
到着
路線週間スケジュール

09:10

OKA

13:20

SIN

沖縄 - シンガポール------最安値を見る
沖縄発シンガポール行きフライト情報

入国に必要な書類

入国審査のカウンターで、入国時6カ月以上有効なパスポートと機内で配布される出入国カードを提出、帰りの航空券を提示します。入国審査で返される半券が出国カードになりますので、大切に保管しておきましょう。

ターミナル情報と搭乗の流れ

那覇空港のターミナル3階にある各社カウンターでチェックインをします。南側にはJAL 、JTA 、琉球エアコニューター、ジェットスター、北側には、ANA 、ソラシドエア、スカイマークのカウンターがあります。

LCC のピーチアビエーション、バニラエアの場合は、国際ターミナルの先にあるLCC 専用ターミナルで行います。

その後、手荷物はカウンターへ預け、手荷物チェック、税関手続きを行い、出国審査カウンターにて搭乗券と、出国印を押されたパスポートを受け取り搭乗口へ向かいます。

空港内にはラウンジや両替所があり、出国前に利用可能です。

航空券を安く購入できる方法

ジェットスターグループのLCCであるジェットスターアジア航空が、那覇から直行便を運航しているので、こちらを利用して節約する方法があります。またSkyscannerでは、直行便だけなく経由便も検索可能です。経由便を利用するとやや安くなる傾向があるので、サイト上で確認してみましょう。

おすすめの観光スポット

シンガポールには数多くの観光名所がありますが、昼だけでなく、夜も楽しめるのがシンガポール動物園。ナイトサファリでは、夜行性動物を間近に見ることができます。

ベイエリア近くにある「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」は、世界中の多種多様な植物を楽しめる大庭園です。ここには「チルドレンズガーデン」もあり、無料で水遊びを楽しむことができるので、家族連れにピッタリです。

また、少し足を延ばしてセントーサ島へ行くと、ユニバーサルスタジオでさまざまなアトラクションを体験したり、ショーを見たりして一日中満喫できます。もちろんシンガポール観光の定番であるマーライオンパークやマリーナベイ・サンズも外せません。

東南アジアで唯一のユニバーサルスタジオパーク(USS)で、24の大ヒット映画をテーマにした乗り物と、7つの異なるパークエリアを体験してください。 テーマパーク内の大人気エリアの1つ、ドリームワークスのアニメーションをテーマとしたエリアでは、ジュラシックパークなどの映画作品をテーマとした楽しい世界感を満喫いただけます。

主要空港から都心部へのアクセス方法

シンガポール・チャンギ国際空港から都市部へのアクセスには、MRT(電車)、タクシー、空港シャトルバスのいずれかがおすすめです。MRT東西線のチャンギ・エアポート駅から2駅目のタナ・メラ駅でジュー・クーン駅行に乗り換えすると、約30分で市内まで行けます。ただし、MRTの最終は23時31分ですので、到着が深夜になる場合は利用できません。

タクシーは24時間利用可能。チャンギ空港から市街地へはおよそ2,000円、約30分でアクセスできます。注意点は、深夜(0~6時)にタクシーに乗ると、目的地までのタクシー料金の50%分が深夜割増料金として加算され、混み合うピークアワーは、ピークアワーチャージ25%が加算されることです。

公共バスは8~12分おきに市内中心部まで運行しており、交通渋滞がなければ約30分で市内まで行けます。ただし乗り合いバスのため、人数が集まった時点で出発するなど、ホテル到着の時間が読めないのが難点です。

一番早い便、一番遅い便

・一番早いフライト

一番早い便は、那覇空港(OKA)を9時00分に出て、シンガポール・チャンギ国際空港(SIN)に13時25分に到着する直行便です。

首里駅を出発するモノレールに乗車すると、空港に到着します。

・一番遅いフライト

一番遅いフライトは、那覇空港(OKA)を21時45分に出て、シンガポール・チャンギ国際空港(SIN)に10時30分に到着する経由便です。

首里駅を出発するモノレールに乗車すると、空港に到着します。

シンガポールの基本情報

シンガポールの基本情報

・国名:シンガポール共和国

・宗教:仏教、イスラム教、キリスト教、道教、ヒンドゥー教

・言語:マレー語、英語、中国語、タミール語

・気候:熱帯性モンスーン気候で、1年を通じて半袖で過ごせます。

・時差:-1時間 ※日本よりも1時間遅い

・ビザ:14日もしくは30日以内の滞在であれば不要ですが、予約済みの往復航空券が必要です。

シンガポールの注意点

治安:比較的安定していますが、観光客を狙ったスリや盗難への対策として、手荷物や貴重品などの扱いには十分に注意するようにしましょう。

飲料水:水道水はそのまま飲めますが、気になる人はミネラルウォーターを購入することをおすすめします。

マナー:ごみのポイ捨ては罰金の対象です。公共の場での喫煙、ガムを噛む行為、交通機関で飲食することは禁止されています。国内へのガムの持ち込みも禁止です。

チップ:料金に10%のサービス料金が含まれているので、特別な事を頼んだ時以外チップは必要ありません。

物価:シンガポールの物価は、基本的には東京都と同程度です。500mlのペットボトルのウーロン茶で約200円程度で、ホテル代は日本の方がやや高めですが、タクシー代は日本の半額程度です。食事代は大体日本と同程度ですが、お酒はシンガポールの方が倍くらいの値段になります。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。
また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

沖縄発シンガポール行き格安航空券の往復チケットと片道チケットの比較

基本的に各航空会社は往復を利用することを条件に、航空券を割引して販売しています。特に海外格安航空券の割引幅が大きい傾向があります。また、片道航空券は単純に往復航空券の半額料金とは限りません。片道航空券を往路・復路で購入する場合むしろ高くなります。 国内線航空券に関して、航空会社のルール(有効期間内に、同一区間を往復すること)により、割引が適用されますが、海外格安航空券のよう金額面でのメリットはそこまで大きくありません。場合によって各航空会社の割引運賃を確認し、往路・復路でそれぞれ最安航空券を組み合わせたほうが安く抑えられます。

トレンドランキング

福岡 東京 飛行機 | 東京 高松 飛行機 | 東京 大阪 飛行機 | 東京 鹿児島 飛行機 | 福岡 沖縄 飛行機 | 沖縄 飛行機 | 函館 飛行機 | グアム 航空券 | ソウル 航空券| 福岡 羽田 飛行機 | 鹿児島 羽田 | 羽田 シンガポール | 羽田 台北 | 羽田 ソウル | 新千歳空港 羽田空港 | 成田 関空 | 大阪 ホテル | 京都 ホテル | 横浜 ホテル | 台北 航空券 | 金沢 ホテル | 上海 ホテル