茨城 大阪 飛行機をお探しですか?

大阪発茨城行き格安航空券の価格比較

  • 片道
  • 往復

取り消し線のある価格は、Trip.com上の該当する路線の平均価格に基づいて計算されています。

今後12週間の価格グラフ

大阪 (OSA) - 茨城 (IBR)

  • 814
  • 1521
  • 2228
  • 9月

    294
  • 511
  • 1218
  • 1925
  • 10月

    262
  • 39
  • 1016
  • 1723
  • 2430

大阪発茨城行き便の情報

往復航空券の最安値

13,019円

直行便の最安値

6,569円

ピークシーズン

2月

オフシーズン

9月

よくある質問:

  • 大阪(OSA)発茨城(IBR)で、航空券が一番安いのはいつですか?

    航空券の価格は、日程や予約のタイミングにより、航空会社が調整しています。Trip.comでは、大阪発茨城行きの航空券は、火曜日、水曜日、土曜日出発の便が安い傾向にあります。
  • 大阪(OSA)発茨城(IBR)行き便の所要時間を教えてください。

    大阪(OSA) から茨城(IBR)までの所要時間は約1時間 8分です。
  • 茨城の主要空港から市の中心までは、どうやって移動したらよいですか?

    • 茨城空港 から市中心部まで18km、タクシーで約 30分の道のりです。
  • 大阪発茨城行きの始発便の時刻を教えてください

    大阪(UKB)発茨城(IBR)行き始発便の出発時刻は、08:10です(到着時刻 09:20)。
  • 大阪発茨城行きの最終便の時刻を教えてください

    大阪(UKB)発茨城(IBR)行き最終便の出発時刻は、19:25です(到着時刻 20:30)。
  • 大阪(OSA) 発茨城(IBR)便で、人気のある航空会社を教えてください。

    大阪(OSA)発茨城(IBR)行き便を運航している航空会社は次の通りです:スカイマーク
  • 大阪(OSA) 発茨城(IBR)の直行便で、人気のある航空会社を教えてください。

    スカイマークが、大阪(OSA)発茨城(IBR)行きの直行便を1便運航しています。
  • 茨城(IBR)には空港はいくつありますか?

    茨城(IBR)には、空港は1個あります( 茨城空港
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、茨城へ出かけるにあたって、何かアドバイスはありますか?

    入国制限、フライトの運航スケジュール及び便の変更・欠航などが頻繁に発生しております。茨城へのご旅行にあたっては、ご予約の航空会社の最新の情報をご確認ください。 また、Trip.comの入国制限情報もご参照いただけます。
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、こちらの目的地行きの便で、日時変更手数料が無料の航空会社はありますか?

    この目的地行きの便で、ご選択のサービスを提供している航空会社はありません。※参考情報です。正確な情報については、ご予約前に航空会社までお問い合わせください。
大阪発茨城行きフライト情報

航空券の相場

大阪から茨城までの往復航空運賃の相場は11,965円です。他の路線と同様に年末年始やGWの大型連休、お盆を含めた夏休みの期間は相場が高くなります。茨城県は観光名所が多く、年間平均気温が約14℃と気候が温和で雨が少ないことから、一年を通して旅行に適している特徴があります。そのため、航空運賃の相場の変動幅もそれほど大きくありません。その中でもっとも相場が下がる傾向があるのは2月で、年末年始の帰省や旅行客が落ち着いた頃です。また、もっとも航空運賃が高くなる傾向が見られるのは8月です。茨城県の太平洋沿岸部は関東でも有数のサーフィンスポットがあることで知られ、8月は観光レジャー客が増加すると見られます。

大阪から茨城間の航空券・新幹線・バスとの料金を比較

  • 飛行機(神戸発):料金は7,440円、所要時間は1時間15分ほど
  • 新幹線:直行便はありません。
  • 高速バス(大阪駅・水戸駅):料金は11,000円、所要時間は10時間13分ほど

※航空券料金は弊社のデータにより算出したものです。

※新幹線は直行の片道料金で算出しています。

大阪から茨城まで運航している航空会社&LCC

神戸空港(UKB)‐茨城空港(IBR)間運航している航空会社&LCC

スカイマーク1社が毎日3便ほど運航しています。スカイマークは神戸と羽田を拠点とする航空会社で、航空業界の規制緩和に伴い、もっとも早い1998年に新規参入した航空会社です。国内線利用者では全日空(ANA)、日本航空(JAL)に次ぐ第3位のシェアとなっています。座席はホームページから予約する際に無料で指定可能です。チェックインカウンターはターミナルビル2Fにあり、手荷物は20kgまで無料のため、少々荷物が多くても持ち込みできます。機内では毛布やおしぼり、キャンディーなどを無料サービスしており、軽食やドリンクは有料ですが、100円~と利用しやすい価格です。シートの前後間隔は約79cmで、各座席下にコンセントが装備されているので、スマホの充電などに活用できます。機内Wi-Fiサービスはありません。

大阪から茨城までの一番人気路線

神戸空港から11時30分発、12時45分着のスカイマークSKY184便が一番人気です。午前中の余裕が持てる時間に出発し、午後からの時間を有効に使えるスケジュールです。

大阪から茨城までの一番安い路線

神戸空港から7時45分発、9時着のスカイマークSKY182便が一番安い傾向にあります。

大阪から茨城までの一番早い便

神戸空港から7時45分発、9時着のスカイマークSKY182便が始発便になります。

大阪から茨城までの一番遅い便

神戸空港から19時20分発、20時30分着のスカイマークSKY186便が最終便になります。

※これらのデータは弊社のデータにより算出したものです。航空会社によってはスケジュールが変更される可能性があります。

大阪‐ 茨城の空港情報

神戸空港(UKB)

神戸空港(UKB)は神戸市のポートアイランド沖にある海上空港です。愛称はマリンエアで、海上空港ならではの眺望が楽しめます。新千歳や羽田、高知、那覇など国内線10路線を運航し、年間旅客数は300万人を超え、関西国際空港や大阪国際空港(伊丹空港)とともに、関西の空の玄関となっています。現在、国際線は運行していませんが、2025年の大阪万博までの就航を検討中です。ターミナルビルは神戸空港駅と直結し、チェックインカウンターや搭乗口までの導線が分かりやすくなっています。館内の主な導線はゼブラ状に色分けして表示し、音声案内装置付きの点字案内板やピクトグラム(絵文字)を多く取り入れるなど、ユニバーサルデザインを目指した空港です。搭乗の時間までゆっくりできる有料ラウンジや、修学旅行などの団体客向け待合室が用意され、授乳室や子どもが遊べるキッズスペースもあります。屋上には展望デッキの他、パーティができるホテルのスカイラウンジがあり、離着陸する航空機と神戸の夜景が望めます。航空ファンにはバーチャルなフライト体験ができるフライトシミュレーターもおすすめです。館内で無線LANの利用が可能で、セキュリティーが気になる場合は有料サービスの利用もできます。神戸や兵庫、関西の土産品が揃うショップやコンビニ、神戸ならではの洋食やスイーツのお店も集まっています。

茨城空港(IBR)

茨城空港(IBR)は茨城県小美玉市の航空自衛隊百里基地を民間共用化し、2010年に関東地方3番目の空港として開港しました。国内線と国際線に対応したターミナルビルとしては国内最小規模で、シンプルでコンパクトな設計になっています。国内線は札幌、神戸、福岡、那覇の4路線、国際線は上海、西安、台北の3路線が運航し、年間旅客数は70万人ほどです。今後はLCCが就航しやすい環境づくりを進め、航空貨物やビジネス便の利用を促進することで、混雑が少ない首都圏の中小空港としての役割が期待されています。旅客ターミナルビル前には1,300台分の無料駐車場が完備され、送迎などの車の乗り入れに便利です。1階に出発ロビーと到着ロビーが集約されているので、移動距離が短く、子ども連れや高齢者も快適に利用できます。コンパクトな空港のため、ラウンジなどは設置されていませんが、休憩スペースや会議室があり、授乳室は1階の国内線搭乗待合室と国際線到着フロア、2階にも用意されています。2階に送迎デッキの広いスペースがあり、お見送りや空港見学に利用できます。館内は無料Wi-Fiの利用が可能です。免税店をはじめ、お土産から家電品や日用品まで購入できるショップ、コンビニがあります。食事は地元の食材を使ったメニューが人気のレストランやカフェが利用可能です。

空港⇔市内中心部のアクセス案内

市内中心部⇒神戸空港(UKB)

神戸空港へは神戸市の繁華街の三宮からポートライナーで約18分、料金は340円です。ポートライナーの神戸空港駅の改札を通り、約10mの連絡通路を渡ると出発ロビー出入口にアクセスできます。リムジンバスは地下鉄三宮駅前やJR神戸駅の他、有馬温泉や淡路島など兵庫県内各地から運行しています。地下鉄三宮駅前から約18分で、ポートライナーと同じ340円です。新神戸駅からも運行しているので、姫路や大阪、京都など関西各地から新幹線を利用したアクセスが可能です。ちなみにターミナル桟橋から関西空港と結ぶベイ・シャトルも運行しています。タクシーを利用する場合は空港ターミナルビル前で降車できます。三宮から約21分で、料金は約3,700円です。送迎などで車を利用する場合は広い駐車場を利用できます。第1と第2駐車場を合わせて収容台数は2,078台です。料金は1時間当たり150円かかりますが、1日使用した場合は1,530円が上限になります。

茨城空港(IBR)⇒市内中心部

小美玉市内のJR羽鳥駅まで小川駅を経由する右回りと、経由なしの左回りの2路線の連絡バスが運行しています。所要時間は右回りが約1時間20分、左回りが約53分で料金は一律200円とリーズナブルです。JR石岡駅やJR水戸駅、つくばエクスプレスへも連絡バスが運行しています。JR石岡駅まで小川駅を経由し、約40分で料金は630円。JR水戸駅まで高速道ルートは約40分で料金は1,050円、一般道ルートは約1時10分で料金は1,160円です。つくばセンターまでは高速バスで約1時間、料金は1,050円となっています。つくばセンターのターミナルからつくばエクスプレスに乗り換えが可能です。他に常陸太田やひたちなかなど県内各所まで空港連絡バスが運行します。また航空機利用者は、JR東京駅まで500円で乗車できます。タクシーを利用する場合はJR羽鳥駅まで約28分で料金は約6,490円。JR石岡駅までは約25分で料金は約5,140円です。つくば市や土浦市など対象エリアであれば、事前予約制の乗り合いタクシーもあります。空港の広い無料駐車場は日数制限がないため、車も気軽に利用できます。

茨城の観光情報

茨城の観光スポット

ひたちなか市の太平洋岸にある国営ひたち海浜公園は花と緑に囲まれた都市公園で、茨城県を代表する観光スポットです。約200haの広い園内は7つのエリアに分かれ、各所に広い花畑があります。春はスイセンやチューリップ、初夏のネモフィラやバラ、夏のヒマワリやジニア、秋はコスモスやコキア(ほうき草)など四季折々の花々が観光客の目を楽しませてくれます。特に広大なみはらしの丘一面に広がる約450万本のネモフィラや、紅葉したコキアの光景は圧巻です。他にサイクリングコースやアスレチック広場、遊園地などもあります。

筑波山は古から「西の富士、東の筑波」とされる名山です。朝夕に山肌の色が変わることから紫峰と呼ばれ、男体山と女体山の2つの峰があることから信仰の山でもあります。長い間神域として保護されたため、珍しい植物や昆虫、野鳥が多く、関東平野の貴重な自然の宝庫です。山頂までケーブルカーやロープウェイで誰でも気軽に登れて美しい眺望が見られます。期間限定で夜間ロープウェイのスターダストクルージングもあります。

東茨城郡大洗町にあり、太平洋に面した丘に鎮座する大洗磯前(おおあらいいそさき)神社は、神磯(かみいそ)の鳥居の神々しい絶景が見られるパワースポットです。神磯の鳥居は参道の入口にある二の鳥居、社殿前にある一の鳥居とは別の場所にあり、神社の発祥に関わる聖地の岩礁に建っています。波が打ち寄せる岩肌に建つ鳥居の姿は荘厳で、日の出の時間はさらに神々しさが増します。初日の出の奉拝式では厳かな雰囲気の中でご来光を拝めます。

茨城のグルメ

茨城県水戸市の名産品である納豆をアレンジしたそぼろ納豆は、地元の伝統的なお惣菜です。水戸の小粒納豆に切り干し大根を加え、しょうゆや塩で味付けしています。昔は各家庭で作られ、それぞれの味付けがありました。市販品も味が付いているので、そのままでお酒のつまみになり、ごまやねぎを加えると栄養バランスが取れたご飯のおかずになります。温かいご飯に載せてお茶漬けにすると、そぼろの歯ざわりを楽しみながら最後まで美味しく食べられます。茨城のお土産に最適な一品です。

筑波山に登るならご当地名物つくばうどんがあります。地名の筑波にかけて、「つ」くねと「く」ろっぽい野菜、「ば」ら肉を使用しているという、こだわりの具沢山うどんです。つくねは筑波山のつくば茜鶏、野菜は地元産のしいたけやごぼう、ばら肉は筑波山ローズポークに地元産のレンコンパウダーを使用し、うどんにも地元産の小麦を使っているため、地元の食材をつくばうどん一杯で味わうことができます。期間限定で各店が味を競い、さまざまなつくばうどんの味を楽しめるイベントもあります。

冬の味覚あんこう料理は「東のあんこう、西のふぐ」と並び称される茨城県を代表するグルメです。茨城は国内有数のあんこうの産地で、県内各地にあんこう鍋やどぶ汁、あん肝、唐揚げなどあんこう料理を食べられる店があります。深海魚のあんこうは見た目こそグロテスクですが、淡泊な食べやすい味で、カロリーが低くコラーゲン豊富なので女性に人気です。肝が肥大する12月~2月が美味しいとされます。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

  • 大阪⇒茨城

    大阪発茨城行きのチケットはを安く購入できる時期は正月明け~2月中旬、4月上旬~中旬、ゴールデンウィーク明け~6月中旬、10月中旬~11月上旬になります。また、正月、ゴールデンウィーク、8月9月の夏休み期間中は高くなる傾向です。Trip.comは航空券やホテル情報が満載!オンライン予約も迅速で簡単!! Trip.comが大阪から茨城への旅行計画をお手伝い致します。

  • 旅先で思い出に残る旅を

    Trip.comで、大阪から茨城への旅を思い出に残る最高の旅に。Trip.comで事前に見所をチェック、あらゆる予約を済ませて、素晴らしい旅をお楽しみください。Trip.comで事前に目的地の見どころやレビューをチェック。ホテルから現地ツアーまで簡単に予約が可能です。あとは現地で素晴らしい旅をお楽しみ下さい。