札幌発沖縄行き格安航空券を検索・予約

札幌発沖縄行きに関するフライト情報

よくあるご質問:
  • 札幌発沖縄行き航空券を最安値で買える時期はいつですか?

    札幌発沖縄行きの航空券は基本的に、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆この3つの繁忙期で、航空券が高くなる傾向にあります。この時期はハイシーズンとなっており、航空会社の早期割引やLCCで予約ができたとしても、料金は正規運賃とほぼ変わらないです。できるだけ、この3つの時期をずらしましょう。次に、航空券が比較的安くなるシーズンについてご紹介します。1月中旬~2月は、正月を終え、旅行する方は少なくなる傾向にあります。特にヨーロッパはオフシーズンのため、航空券が安いです。4月に入り、新生活が始まるなどで忙しくなる時期も旅行される方がわりと少ないため、航空券が安くなる傾向にあります。また、10月ごろもシルバーウィークを終え、クリスマスと正月に向けて旅行を控える方が多く、航空券が安くなる時期になります。 札幌発沖縄行きの航空券は火曜日、水曜日、土曜日出発のフライトが比較的安くなる傾向があります。

  • 札幌から沖縄までを運行している航空会社は?

    札幌から沖縄までを運行している航空会社はANA(全日空)になります。

  • 札幌から沖縄までは、最も人気の直行便を運航している航空会社は?

    ANA(全日空)は、札幌から沖縄までの直行便を93便を運航しています。

  • 沖縄周辺にいくつの空港がありますか?

    沖縄周辺に2つの空港があります。 - 沖縄 那覇空港,嘉手納基地

  • 直行便の平均飛行時間:

    4h0m

  • 目的地の空港:

    OKA DNA

  • 路線:

    SPK ✈ OKA

  • 航空券の相場:

    12,646円

札幌発沖縄行きの時刻表

便名・航空会社
出発
到着
路線週間スケジュール

10:30

CTS

14:30

OKA

札幌 - 沖縄最安値を見る
札幌発沖縄行きフライト情報

航空券の相場

札幌から沖縄までの往復航空運賃の相場は90,720円です。札幌-沖縄の直行便は全日空の1日1便のみとなります。一般的に年末年始、ゴールデンウィーク、旧盆などの繁忙期に航空券の価格が上がります。札幌から沖縄の路線で最も高値となるのは年末年始ですが、3月までは観光客の増加が認められるため、航空券の相場も高めで推移する傾向です。ゴールデンウィークを終えた5月から6月は、沖縄の梅雨シーズンに当たり観光にやや不向きなので、航空券の価格が下がる傾向にあります。同様に8月後半から秋にかけての台風シーズンは欠航なども発生しやすく、価格相場は低めです。

札幌から沖縄間の航空券・新幹線・バスとの料金を比較

  • 飛行機(新千歳発):料金は40,190円、所要時間は3時間55分ほど
  • 新幹線:直行便はありません。
  • 高速バス:直行便はありません。

※航空券料金は弊社のデータにより算出したものです。

札幌から沖縄まで運航している航空会社&LCC

新千歳空港(CTS)‐那覇空港(OKA)間運航している航空会社&LCC

この区間で唯一の直行便は全日空(ANA)が運航する1日1便です。使用機材はボーイング737-800で全座席数166席、うちプレミアムクラスは8席。搭乗時間は約4時間で国内線としては最長の部類です。無料ドリンクサービスのほか、プレミアムクラスでは昼食とアルコール類も無料で提供されます。機内では無料Wi-Fiによるインターネット利用が可能です。なお、全日空はスターアライアンスに加盟しており、加盟各社のマイレージを貯めることができます。

札幌から沖縄までの一番人気路線

新千歳空港⇒那覇空港の10時45分発の全日空(ANA)NH169便は一番人気です。この便が札幌と那覇を結ぶ唯一の直行便とあって観光シーズンには需要があります。

札幌から沖縄までの一番安い路線

新千歳空港⇒那覇空港の10時45分発の全日空(ANA)NH169便は片道11,736円~と最も安くなる傾向にあります。

札幌から沖縄までの一番早い便

新千歳空港⇒那覇空港の10時45分発、14時30分着の全日空(ANA)NH169便が始発便となります。

札幌から沖縄までの一番遅い便

新千歳空港⇒那覇空港の10時45分発、14時30分着の全日空(ANA)NH169便が最終便となります。

※これらのデータは弊社のデータにより算出したものです。航空会社によってはスケジュールが変更される可能性があります。

札幌‐沖縄の空港情報

那覇空港(OKA)

沖縄県は日本屈指の観光地でもあり、国内外から年間1,000万人を超える観光客が訪れています。その沖縄の空の玄関口が那覇市内にある那覇空港です。国内線を利用する旅客数は年間1,700万人以上で大阪・伊丹空港や名古屋の中部国際空港をしのぐ国内4番目の規模。那覇市内中心部と空港はモノレールやバスなどの公共交通機関で10~15分ほどの距離にあり、アクセスにも非常に優れているのが特徴です。那覇空港からは現在、国内30都市32路線、海外15都市15路線の合計44都市46路線が運航しています。

那覇空港のターミナルビルは地上4階建てで、1階にエントランスと到着ロビーがあり、2階に出発ロビー、3階はチェックインカウンター、4階はレストラン街です。1~3階は向かって左側が国内線ターミナルエリアで、右側が国際線ターミナルエリアとなっています。国内線エリアと国際線エリアが同じビル内で隣り合っているため、国際線と国内線相互の乗り継ぎも非常にスムーズに行えて便利です。

2階の搭乗ロビー側には滑走路と沖縄の海を一望できるスペースの「ウェルカムホール」があり、ウェルカムホール正面はモノレール那覇空港駅への連絡通路に繋がっています。

バス乗り場とタクシー乗り場はビル1階の到着口から正面エントランスを出てすぐの場所です。

国内線エリアにはコンビニエンスストアなど各種の売店があり、沖縄そばなど郷土色豊かなメニューを楽しめるレストランやカフェも充実しています。

ターミナルビル全域で無料Wi-Fiの利用が可能です。各階にコイン式のスマートフォン充電器、1階と2階にはコイン式のPCも設置されています。また2階中央ロビー付近に、沖縄の地銀各行とゆうちょ銀行、セブン銀行、イオン銀行のATMが設置されているため、便利です。

新千歳空港(CTS)

新千歳空港は千歳市と苫小牧市にまたがる北の空の玄関口で、100万都市の札幌市から約50kmの距離で、札幌駅からはJRで40分ほど。国内線の年間乗降客数は約1,900万人と東京・羽田空港に次ぐ2位で、国際線と国内線を合わせてもトップ5に入る基幹空港です。

新千歳空港ターミナルビルは国内線ターミナルと国際線ターミナルに分かれています。国内線側は地上4階、地下1階で、国際線側が地上3階です。両ターミナルは2階と3階に設けられた連絡施設を通って行き来することができます。

国内線側は1階が到着ロビー、2階が出発ロビーで、地下1階でJR新千歳空港駅に直結しているので非常に便利です。国際線側は1階にバス乗り場とタクシー乗り場、2階に到着ロビーがあり、3階にチェックインカウンターと出発ロビーがあります。

ATMは北海道の地銀のほか、セブン銀行、イオン銀行、ゆうちょ銀行などのATMが国内線側と国際線側の両方に設置されています。

新千歳空港にはターミナルビルに隣接しているA、B駐車場と、ターミナルビルからやや離れたC駐車場の3ヶ所があり24時間営業です。収容台数は合わせて4,500台以上に上りますが、曜日や時間帯によっては満車になることも珍しくありません。車で向かう際には、空港の公式サイトなどで混雑情報をチェックするとよいでしょう。

空港⇔市内中心部のアクセス案内

市内中心部⇒新千歳空港(CTS)

札幌市内から新千歳空港まではJR千歳線の新千歳空港行き快速エアポートが約15分間隔で運行しています。札幌駅から所要時間は37分ほど、料金は自由席1,150円で現金と各種交通系ICカードが利用可能です。なお、指定席料金は530円かかります。

札幌駅からバスで向かう場合、駅前の乗り場から新千歳空港まで1時間に4~5本程度空港バスの運行があるので、利用しやすいでしょう。所要時間は空港直行便の場合1時間5分ほどで、料金は1,100円です。

タクシーで行く場合、札幌駅から新千歳空港まで所要時間1時間26分程度で料金は約13,870円です。札幌市エリアから新千歳空港まで定額の空港送迎タクシーのサービスを行っているタクシー会社もあります。定額の送迎タクシーの場合、札幌駅付近からは1時間30分ほどで料金は10,000円前後です。

那覇空港(OKA)⇒市内中心部

那覇空港から那覇市内中心部までは、沖縄都市モノレール「ゆいレール」の利用が便利です。10~15分間隔で運行しており、那覇市中心部の国際通りに近い「県庁前駅」まで約12分で、料金は270円。現金のほか専用ICカードの「OKICA」が利用できます。また2020年3月10日からSuicaの利用も可能になる予定です。

バス利用の場合、ターミナルの乗り場から那覇市中心部の「県庁北口」まで約15分で、料金は240円かかります。

タクシーの場合は約12分で那覇市内中心部に到着し、料金は1,400円ほどが目安です。

空港の駐車場は立体駐車場が3ヶ所あり、普通車と二輪車のみ利用できます。普通車の場合30分以内の駐車は無料で、営業時間は6時から24時まで。全収容台数は2,472台ですが、週末は満車になることもありますので事前に確認しておきましょう。駐車場の混雑状況は那覇空港の公式Webサイトで確認できます。

沖縄の観光情報

沖縄の観光スポット

沖縄本島北部にある「古宇利島(こうりじま)」は、本島から車で行ける離島として人気の高い観光スポットです。那覇空港からは沖縄自動車道を利用して1時間30分ほどかかるでしょう。島へ行くには最初に屋我地島まで行き、古宇利大橋を渡ります。透明度の高い海にかかった橋の上からの眺めは絶景です。島内にはレストランやカフェのほかにホテルなどの宿泊施設もあり、沖縄の美しい自然をゆったりと楽しむことができます。

「玉泉洞」は、那覇空港から車で約30分の沖縄本島南部にある鍾乳洞です。全長が5kmに及ぶ国内最大級の鍾乳洞であり、天然記念物に指定。現在はそのうち890mが公開されており、今なお成長を続ける100万本以上の鍾乳石と洞内の泉や滝が織りなす幻想的な光景が人々を魅了し続けています。

玉泉洞を含む一帯は1996年に観光施設「おきなわワールド文化王国・玉泉洞」としてリニューアルオープンしました。そのおきなわワールドに隣接する「ガンガラーの谷」は大昔に鍾乳洞だった場所が崩れてできた亜熱帯の森です。沖縄の豊かな森を体験することのできる観光スポットとして人気があります。所要時間1時間20分のガイド付きツアーのみ見学が可能で、原則として前日17時までの予約が必要です。ここでは約18,000年前とみられる遺跡の発掘調査中で、旧石器時代を生きた「港川人」の居住区である可能性も高いとされています。歩いて森を巡り、自然と人間の太古のありかたに思いを巡らせてみるのもよいかもしれません。

沖縄のグルメ

「沖縄の台所 ぱいかじ」は、県内に7店舗、県外にも3店舗を展開する沖縄料理店です。海ぶどうやゴーヤ、ソーキなど沖縄ならではの食材を生かしたバラエティー豊かなメニューがリーズナブルな値段で楽しめます。店内で演奏される沖縄の伝統楽器・三線(さんしん)の音色を楽しみながら、郷土料理や地酒の泡盛を味わうことができるでしょう。

少し贅沢に沖縄ビーフを味わいたいなら「沖縄和牛鉄板焼 琉」がおすすめです。石垣牛や沖縄プレミアム和牛など最上質の牛肉はもちろん、野菜や魚介も徹底的に沖縄産にこだわっているのが特徴。那覇市と本島北部の名護市のほぼ中間地点にあたる恩納村にあり、洗練された料理と空間、ていねいなサービスが人気です。メニューはコース料理のみで、季節によって内容が変わります。

「沖縄料理とすば 島時間」も恩納村にある沖縄郷土料理の居酒屋です。琉球家屋を再現した店内にカウンター席や掘りごたつ席などが用意され、ゆったりと食事を楽しめる空間になっています。ラフテーや豚しゃぶなど、極上の沖縄産アグー豚を使った料理や、沖縄そば、旬の島野菜や新鮮な海の幸をふんだんに使った80品以上の沖縄料理が楽しめるでしょう。県内48ヶ所の全酒造元を網羅した泡盛のラインナップも自慢です。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

札幌発沖縄行き格安航空券の往復チケットと片道チケットの比較

基本的に各航空会社は往復を利用することを条件に、航空券を割引して販売しています。特に海外格安航空券の割引幅が大きい傾向があります。また、片道航空券は単純に往復航空券の半額料金とは限りません。片道航空券を往路・復路で購入する場合むしろ高くなります。 国内線航空券に関して、航空会社のルール(有効期間内に、同一区間を往復すること)により、割引が適用されますが、海外格安航空券のよう金額面でのメリットはそこまで大きくありません。場合によって各航空会社の割引運賃を確認し、往路・復路でそれぞれ最安航空券を組み合わせたほうが安く抑えられます。

トレンドランキング

福岡 東京 飛行機 | 東京 高松 飛行機 | 東京 大阪 飛行機 | 東京 鹿児島 飛行機 | 福岡 沖縄 飛行機 | 沖縄 飛行機 | 函館 飛行機 | グアム 航空券 | ソウル 航空券| 福岡 羽田 飛行機 | 鹿児島 羽田 | 羽田 シンガポール | 羽田 台北 | 羽田 ソウル | 新千歳空港 羽田空港 | 成田 関空 | 大阪 ホテル | 京都 ホテル | 横浜 ホテル | 台北 航空券 | 金沢 ホテル | 上海 ホテル