札幌発台北行き格安航空券を検索・予約

>>>

札幌発台北行き便の情報

ピークシーズン

7月
12,895円

オフシーズン

11月
10,396円

往復航空券の最安値

69,777円
札幌(CTS) ⇒ 台北(TSA)

直行便の最安値

32,089円
札幌(CTS) ⇒ 台北(TPE)

よくある質問:

  • 札幌(SPK)発台北(TPE)で、航空券が一番安いのはいつですか?

    航空券の価格は、日程や予約のタイミングにより、航空会社が調整しています。Trip.comでは、札幌発台北行きの航空券は、火曜日、水曜日、土曜日出発の便が安い傾向にあります。
  • 札幌(SPK)発台北(TPE)行きの航空券はいくらぐらいですか?

    Trip.comのデータによると、87,388円が最安値になります。
  • 台北の主要空港から市の中心までは、どうやって移動したらよいですか?

    • 台湾桃園国際空港 から市中心部まで31km、タクシーで約 50分の道のりです。
    • 松山空港 から市中心部まで3km、タクシーで約 20分の道のりです。
  • 札幌(SPK) 発台北(TPE)便で、人気のある航空会社を教えてください。

    札幌(SPK)発台北(TPE)行きの直行便を運航している航空会社は次の通りです:チャイナエアラインエバー航空日本航空ピーチ・アビエーションANA(全日空)ニュージーランド航空マリンド・エアタイ国際航空スクート
  • 札幌(SPK) 発台北(TPE)の直行便で、人気のある航空会社を教えてください。

    チャイナエアラインが、札幌(SPK)発台北(TPE)行きの直行便を28便運航しています。
  • 台北(TPE)には空港はいくつありますか?

    台北(TPE)には、空港は2個あります( 台湾桃園国際空港松山空港
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、台北へ出かけるにあたって、何かアドバイスはありますか?

    入国制限、フライトの運航スケジュール及び便の変更・欠航などが頻繁に発生しております。台北へのご旅行にあたっては、ご予約の航空会社の最新の情報をご確認ください。 また、Trip.comの入国制限情報もご参照いただけます。
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、こちらの目的地行きの便で、日時変更手数料が無料の航空会社はありますか?

    この目的地行きの便で、ご選択のサービスを提供している航空会社はありません。※参考情報です。正確な情報については、ご予約前に航空会社までお問い合わせください。

札幌発台北行きの時刻表

便名・航空会社
出発
到着
路線週間スケジュール
エバー航空

13:00

CTS

16:20

TPE

札幌 - 台北------最安値を見る
チャイナエアライン

13:10

CTS

16:55

TPE

札幌 - 台北------最安値を見る
チャイナエアライン

14:20

CTS

18:00

TPE

札幌 - 台北----最安値を見る
エバー航空

16:00

CTS

19:15

TPE

札幌 - 台北---最安値を見る
スクート

19:10

CTS

22:35

TPE

札幌 - 台北------最安値を見る
マリンド・エア

19:20

CTS

22:55

TPE

札幌 - 台北-最安値を見る
ピーチ・アビエーション

20:55

CTS

00:45

TPE

札幌 - 台北------最安値を見る
閉じる
札幌発台北行きフライト情報

入国に必要な書類

台北へ入国するときは、出入国カードの提出が必要です。フライト中に書類を渡されるため、到着前に記入を済ませておきましょう。加えて、パスポートと帰りの航空券も見せる必要があります。

ターミナル情報と搭乗の流れ

新千歳空港は札幌駅から電車で約35分、バスでは約1時間10分程度でアクセス可能です。

国内線ターミナルと国際線ターミナルに分かれていて、国際線の出発ロビーは国際線ターミナルの3階にあります。搭乗する航空会社のカウンターでチェックインしたら、セキュリティチェック、税関検査、出国手続きを済ませて搭乗ゲートへ進みましょう。

また外貨両替所は出発ロビーの北と南に用意されており、カードラウンジと航空会社のラウンジも利用できます。カードラウンジは国内線ターミナル3Fにあります。

航空券を安く購入できる方法

航空券を少しでも安く手に入れたいなら、空港を変えて検索してみるのもひとつの方法です。台北で利用できる空港としては、台北桃園国際空港と松山空港があります。台北桃園国際空港に発着する便が多いですが、あえて松山空港を発着空港とすることで安い航空券が見つかる場合があります。行きと帰りで別に航空券を手配し、空港をそれぞれ変えるというのもよいでしょう。

おすすめの観光スポット

台北は中華民国の首都機能をもつ都市であり、台湾らしいさまざまな観光スポットがあります。たとえば、高層ビルの「台北101」は台湾のランドマークとして知られており、展望台からは台北の街の様子を一望できます。

台北には夜市も多く、地元のおいしいグルメを味わえるのが魅力的です。さらに、台湾には歴史を感じさせる観光スポットも多くあります。無料で入場可能な「龍山寺(ロンシャンスー)」は300年の歴史をもつ寺院で、いつもたくさんの観光客でにぎわっています。

主要空港から都心部へのアクセス方法

台北の空港としては、台北桃園国際空港と松山空港があります。

台北桃園国際空港から台北市内へ向かう場合、地下鉄を利用すると所要時間は約45分です。快速を利用すれば、約35分で到着できます。

バスを利用する場合は、空港から台北市内まで約1時間です。バスは最も料金を抑えられる交通手段です。

タクシーを利用して台北市内へ向かうことも可能です。日本でタクシーに乗るよりもリーズナブルなのが嬉しいポイントです。

また、松山空港から台北市内までは約5kmと近いため、移動も簡単です。台北桃園国際空港からの移動と同様、地下鉄、バス、タクシーを利用できます。ただし、松山空港から地下鉄で台北市内へ向かうためには乗り換えが必要です。タクシーを使えば10分程度で市内へ到着できるため、松山空港を利用するときは、タクシーで移動してもそれほど料金は高くなりません。

一番早い便、一番遅い便

・一番早いフライト

一番早い便は、新千歳空港(CTS)を7時30分に出て、台北桃園国際空港(TPE)に15時5分に到着する便です。

この時間帯は電車が動いていない可能性もあるため、タクシーなどを利用する方が安心です。

・一番遅いフライト

一番遅い便は、新千歳空港(CTS)を16時00分に出て、台北桃園国際空港(TPE)に23時45分に到着する便です。

この時間帯であれば、電車の利用が便利です。

台北の基本情報

台北の基本情報

・宗教:仏教、キリスト教、道教など

・言語:中国語

・気候:亜熱帯気候で高温多湿なのが特徴的です。ただし、冬は比較的寒くなり、10度以下になることもあります。

・時差:-1時間 ※日本よりも1時間遅い

・ビザ: 滞在期間が90日以内であれば、ビザを取得する必要はありません。

台北の注意点

・治安:観光客はスリやひったくりの被害にあいやすいため、注意が必要です。また、バイクの運転が荒いので、街中を歩くときは気を付けてください。

・飲料水:水道水は飲めないため、ミネラルウォーターを購入して飲み水を確保しましょう。

・マナー:駅の構内や地下鉄の中での飲食は禁止されています。違反者には罰金が科されるので注意が必要です。さらに、食事の際は音を立ててすすったり、食器を持ち上げたりしてはいけません。

・チップ:チップの習慣はないですが、特別なサービスを受けたときは気持ち程度のチップを手渡すとよいコミュニケーションができます。

・物価:台北は日本よりも安く購入できるものが多く、庶民向けの食堂なら200円程度で食事ができます。ただし、なかには日本で買うよりも高いものもあります。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。
また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

  • 札幌⇒台北

    札幌発台北行きのチケットはを安く購入できる時期は正月明け~2月中旬、4月上旬~中旬、ゴールデンウィーク明け~6月中旬、10月中旬~11月上旬になります。また、正月、ゴールデンウィーク、8月9月の夏休み期間中は高くなる傾向です。Trip.comは航空券やホテル情報が満載!オンライン予約も迅速で簡単!! Trip.comが札幌から台北への旅行計画をお手伝い致します。

  • 旅先で思い出に残る旅を

    Trip.comで、札幌から台北への旅を思い出に残る最高の旅に。Trip.comで事前に見所をチェック、あらゆる予約を済ませて、素晴らしい旅をお楽しみください。Trip.comで事前に目的地の見どころやレビューをチェック。ホテルから現地ツアーまで簡単に予約が可能です。あとは現地で素晴らしい旅をお楽しみ下さい。