バリ島行き格安航空券の最安値を検索

バリ島行き航空券の最安値

  • 全て
  • 来週末
  • 今月
  • 来月

取り消し線のある価格は、Trip.com上の該当する路線の平均価格に基づいて計算されています。

バリ島行きフライト情報

入国に必要な書類

入国時には入出国カードが必要です。機内で配布されるため機内で記入しておくと入国審査をスムーズに受けることができます。また、パスポートは残存期間が6ヶ月以上残っている必要があり、尚且つ、3ページ以上が空白である必要があります。

フライト時間

フライト時間は東京(成田)~バリ島で約7時間40分、大阪(関空)~バリ島で約7時間、名古屋(セントレア)~バリ島で約7時間となっています。

航空券の相場

最も安い時期はゴールデンウイーク明けの5月中旬頃で約52,000円です。逆に最も高くなる時期は8月のお盆前後で約92,000円となっています。年間平均としては約65,000円が目途になります。

旅行のベストシーズン

インドネシア・バリ島は熱帯性気候に属し、大きく乾季と雨季の2つの季節に分かれます。4~10月は乾季になり、雨が少なく湿度もあまり高くならず過ごしやすいベストシーズンになります。11~3月は雨季になり、スコールと呼ばれる大雨が1日1度は降り、湿度も高くなります。しかし、何時間も続く雨ではありません。乾季の青空の下、マリンスポーツなど楽しんでも良いですし、雨季で雨が降れば屋内でバリスパなどを楽しんでも良いでしょう。

おすすめの観光スポット

バリ島の南部クタ・レギャンには、島内で人気があるビーチ(クタビーチ)があります。サーフボードを持った人々が砂浜を歩いている姿をたくさん見ます。レストランや大型ショッピングセンターもあり、とても賑やかなエリアです。

対して、山間部に位置するウブドはバリ芸能で有名な町です。毎夜あちらこちらからガムラン音楽が聞こえ、踊りを鑑賞することができます。また、町を歩いているとお祭りの用意をしている村人たちの姿をよく見かけます。

バリ島のパワースポット、バリ・ヒンドゥー教の総本山であるブサキ寺院へは、ウブドからのアクセスが便利です。ブサキ寺院の参拝に際しては、神聖な場所であることから露出の多い服装はNGなどありますが、一度は訪ねてみたいバリ島の観光スポットです。

主要空港から都心部へのアクセス方法

ングラライ国際空港から主要都市へ向かうにはタクシーかチャーター車が便利です。

所要時間は目的地により変わりますが、空港近くのクタやレギャンなど南部リゾートエリアであれば30分~1時間、山間部の観光地ウブドであれば約1時間ほどかかります。

その他、バリ島最北部のイルカウォッチングで有名なロビナまでは約2時間半、インドネシア一美しいと呼ばれるギリ島への玄関口パダンバイへは約1時間半となっています。また、バリ島から陸路でジャワ島を目指す場合は、バリ島最西部の街ギリマヌッを目指します。渋滞等を考慮し、約4時間は見ておいた方が無難です。

一番早い便、一番遅い便

・一番早いフライト

全日空が東京(NRT)を11時00分に出発し、バリ島(DPS)に17時40分に到着します。

・一番遅いフライト

全日空で東京(HND)を22時55分に出発し、シンガポール・チャンギ国際空港(SIN)経由、バリ島(DPS)に11時55分に到着します。

※航空会社などにより、スケジュールが変更される可能性があります。

バリ島の基本情報

バリ島の基本情報

・国名:インドネシア共和国

・宗教:ヒンドゥー(9割)、イスラム教、キリスト教

・言語:インドネシア語、ただし、バリ島では島言葉のバリ語が一般的

・気候:年間平均気温が約28℃と暑いです。11〜3月の雨季は短時間で大雨が降る事がありますが、長時間降り続けることはありません。

・時差:マイナス1時間 ※日本よりも1時間遅い

・ビザ:観光目的であれば30日以内の滞在ならビザは不要

バリ島の注意点

・治安:バイクによる引ったくりや両替時に少なく紙幣を渡される、お店でのぼったくりなど、軽犯罪に注意してください。トラブルを防げるように、現金を受け取ったら必ず金額を確認する、深夜の外出は控える、貴重品をしっかり管理するなど対策をしましょう。

・飲料水:生水は飲まない方が良いため、ミネラルウォーターの購入をおすすめします。

・マナー:「左手は不浄の手」とされているため、左手で食べ物を持ったり、左手で握手を求めたりしないようにしましょう。また、「頭は神聖なもの」という認識が強いため、頭(特に子どもの頭)をなでる行為はダメです。また、宗教への信仰心が深く、寺院を巡る時は服装や写真撮影などのマナーに気を付けましょう。キャミソールや半ズボンなど露出の多い服装では入場できない場合もあります。

・喫煙:日本と比べるとタバコを吸える場所が多いと感じるかもしれませんが、最近、吸えない飲食店などが増えてきています。スタッフに一声かけ喫煙しても良いか確認しましょう。

・チップ:一般的には不要ですが、「重い荷物を運んでもらった、手間をかけた」など、感謝の気持ちを伝えたい場合にチップを1,000~10,000ルピア程度渡すことがスマートです。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

バリ島行き航空券のよくある質問

  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、バリ島へ出かけるにあたって、何かアドバイスはありますか?

    入国制限、フライトの運航スケジュール及び便の変更・欠航などが頻繁に発生しております。バリ島へのご旅行にあたっては、ご予約の航空会社の最新の情報をご確認ください。 また、Trip.comの入国制限情報もご参照いただけます。
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、こちらの目的地行きの便で、日時変更手数料が無料の航空会社はありますか?

    この目的地行きの便で、ご選択のサービスを提供している航空会社はありません。※参考情報です。正確な情報については、ご予約前に航空会社までお問い合わせください。
  • バリ島行き航空券の平均価格を教えてください

    バリ島行きの航空券の平均価格は10,236円です。※参考情報です。価格は常に変動しておりますので、ご注意ください。
  • バリ島までの所要時間はどれぐらいですか?

    • ジャカルタからバリ島への所要時間は、約1時間 52分です。
    • 東京からバリ島への所要時間は、約18時間 40分です。
    • スラバヤからバリ島への所要時間は、約55分です。
    • ロンボクからバリ島への所要時間は、約1時間 5分です。
  • お得な航空券を予約するには?

    以下の方法で、お得な航空券が予約できる場合があります。
    • バリ島行き、または周辺の空港行きの航空券を検索する。
    • バリ島行きの別の航空会社を検索する。
    • 同月内の、別の日付で検索する。
    • 同日内で、別の時間帯で検索する。
    • 様々なソーシャルメディアで、割引情報を検索する。
    • 航空会社の公式サイトで、キャンペーンや割引情報を検索する。
  • バリ島への旅行の繁忙期はいつですか?

    バリ島への旅行の繁忙期と閑散期を把握しておくと、旅行の計画に役立ちます。バリ島への旅行の繁忙期は12月です。この月の航空券の平均価格は10,389円です。
  • バリ島行き航空券が一番安いのはいつですか?

    3月のバリ島行き航空券は他の月に比べて安い傾向にあり、平均価格は32,043円です。
  • バリ島の主要空港から市の中心までは、どうやって移動したらよいですか?

    • デンパサール国際空港 から市中心部まで11km、タクシーで約 30分の道のりです。
  • バリ島行きの便で、人気の航空会社はどこですか?

  • バリ島で人気の観光スポットを教えてください

    バリ島には多くの観光スポットがありますが、特に人気のあるのは次のスポットです: (市中心部から7km)、 (市中心部から7km)、HK Villa Bali (市中心部から7km)。