東京発バリ島行き格安航空券を検索・予約

東京発バリ島行き便の情報

ピークシーズン

2月
23,350円

オフシーズン

6月
18,274円

往復航空券の最安値

85,114円
東京(NRT) ⇒ バリ島(DPS)

直行便の最安値

47,600円
東京(NRT) ⇒ バリ島(DPS)

よくある質問:

  • 東京(TYO)発バリ島(DPS)で、航空券が一番安いのはいつですか?

    航空券の価格は、日程や予約のタイミングにより、航空会社が調整しています。Trip.comでは、東京発バリ島行きの航空券は、火曜日、水曜日、土曜日出発の便が安い傾向にあります。
  • 東京(TYO)発バリ島(DPS)行きの航空券はいくらぐらいですか?

    Trip.comのデータによると、158,128円が最安値になります。
  • バリ島の主要空港から市の中心までは、どうやって移動したらよいですか?

    • デンパサール国際空港 から市中心部まで11km、タクシーで約 30分の道のりです。
  • 東京(TYO) 発バリ島(DPS)便で、人気のある航空会社を教えてください。

    東京(TYO)発バリ島(DPS)行きの直行便を運航している航空会社は次の通りです:インドネシア・エアアジア Xガルーダ・インドネシア航空アエロメヒコ航空日本航空ANA(全日空)アエロフロート・ロシア航空
  • 東京(TYO) 発バリ島(DPS)便で、人気のある航空会社を教えてください。

    日本航空が、東京(TYO)発バリ島(DPS)行きの直行便を22便運航しています。
  • バリ島(DPS)には空港はいくつありますか?

    バリ島(DPS)には、空港は1個あります( デンパサール国際空港
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、バリ島へ出かけるにあたって、何かアドバイスはありますか?

    入国制限、フライトの運航スケジュール及び便の変更・欠航などが頻繁に発生しております。バリ島へのご旅行にあたっては、ご予約の航空会社の最新の情報をご確認ください。 また、Trip.comの入国制限情報もご参照いただけます。
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、こちらの目的地行きの便で、日時変更手数料が無料の航空会社はありますか?

    この目的地行きの便で、ご選択のサービスを提供している航空会社はありません。※参考情報です。正確な情報については、ご予約前に航空会社までお問い合わせください。

東京発バリ島行きの時刻表

便名・航空会社
出発
到着
路線週間スケジュール

08:35

NRT

15:40

DPS

東京 - バリ島--最安値を見る

10:50

NRT

17:55

DPS

東京 - バリ島-----最安値を見る

11:00

NRT

17:45

DPS

東京 - バリ島-----最安値を見る
東京発バリ行きフライト情報

入国に必要な書類

入国の際は「税関申告書」の作成が必要です。通常、税関申告書は機内で配布されます。ただし航空会社や利用便によっては配られないこともあるため、到着後の空港で手に入れる必要があります。

フライト時間

東京からバリに行くには、成田空港(新東京国際空港)からデンパサール国際空港(ングラ・ライ国際空港)までの直行便か乗継便を利用します。直行便のフライト時間は7時間30分前後、乗継1回のフライトなら10〜16時間ほどです。

航空券の相場

東京からバリまでの航空券の相場は、往復で3万5,000〜4万5,000円程度です。年間を通して比較的変動の幅は少なめですが、年末年始とゴールデンウィークにはやや相場が上がります。

旅行のベストシーズン

バリは熱帯モンスーン気候で、4〜10月の乾季と11〜3月の雨季に分かれています。乾季には快晴の日が多く、日本より湿度も低いため観光スポット巡りに向いたシーズンといえます。また海の透明度も高く、特に6〜8月はダイビングやシュノーケリングといったマリンレジャーなどを楽しみたい人にとってベストシーズンです。一方、雨季になるとドリアンやマンゴーといったフルーツが充実してきます。特に12〜2月にかけて食べごろを迎えるため、バリの味覚を楽しみたい方にはおすすめのシーズンです。

おすすめの観光スポット

バリ観光のおすすめは、歴史のある寺院やビーチ、遺跡などの見学です。バリには六大寺院と呼ばれる寺院があり、中でも海に浮かぶ寺院として有名な「タナロット寺院」は夕日の絶景スポットとして人気を集めています。空港から車で1時間程度のウブドにある「サレンアグン宮殿」は、バリ観光でも特に有名なスポットです。昼間の宮殿見学だけでなく、夜には日替わりの伝統舞踊公演が行なわれるのも魅力です。サーフィンスポットとして知られる「クタ ビーチ」は、デンパサール国際空港からタクシーで10分程度という便利な立地にあり、サーファーに限らず世界中から大勢の観光客が訪れています。バリ島最大の石窟遺跡「グヌン・カウィ」は、ユネスコ世界遺産「バリ州の文化的景観 : トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システム」の一部(構成資産)に登録されている場所です。バリ島らしい自然の景観と高さ7mの巨大遺跡を同時に楽しめるので、自然好きの方にも遺跡マニアの方にもおすすめのスポットといえます。

主要空港から都心部へのアクセス方法

デンパサール国際空港からバリの各エリアまでは、エアポートタクシーや公共バス、ホテルや旅行会社の送迎サービスなどを利用します。エアポートタクシーは前払いの定額制で、空港内の「Airport Taxi Counter」で手配と支払いを行います。公共バスの「トランスサルバギタ」は毎日5〜21時までの運行です。料金の目安は、ヌサドゥアやバトゥブランまでは3,500ルピア(約30円)、タバナンエリアまでは7,000ルピア(約60円)と格安です。

一番早い便、一番遅い便

・一番早いフライト

直行便は1日1便で、成田空港(NRT)を11時に出発して、デンパサール国際空港(DPS)に17時25分に到着します。

乗継1回で一番早い便は成田空港(NRT)を8時55分に出発し、デンパサール国際空港(DPS)に0時30分に到着します。

・一番遅いフライト

乗継1回で一番遅い便は、成田空港(NRT)を21時40分に出発してデンパサール国際空港(DPS)に翌日の12時5分に到着するもの(火〜金・日)と、20時40分に出発して翌日の15時15分に到着するもの(月・土)があります。

※航空会社などにより、スケジュールが変更される可能性があります。

バリの基本情報

バリの基本情報

・国名:インドネシア共和国

・宗教:ヒンドゥー教、イスラム教、キリスト教、仏教など(9割近くがヒンドゥー教)

・言語:インドネシア語、バリ語、英語(公用語はインドネシア語)

・気候:熱帯モンスーン気候で、4〜10月が乾季、11〜3月が雨季になります。乾季は湿度が低く、朝晩には肌寒く感じることもあります。

・時差:-1時間 ※日本よりも1時間遅い

・ビザ:観光目的で30日以内の滞在ならビザは不要です。

バリの注意点

・治安:外務省の海外安全情報では「レベル1 十分注意してください」とされています。エリアによってはスリや置き引きが多数報告されている場所もあるため、しっかりした防犯対策が必要です。

・水:水道水は硬水のため飲用に適しません。飲水としてはペットボトルのミネラルウォーターなどがおすすめです。

・マナー:宗教的・文化的な背景に基づくマナーに注意が必要です。たとえば「人の頭」、特に子供の頭をなでることは控えるべきです。また左手は不浄の手とされているので、左手を使って物やお金を受け渡したり握手をしたりしないようにします。また寺院は神聖な場所なので、露出が多い服装で訪れることは避けたほうが無難です。

・チップ:タクシーやホテルではチップを渡すことが多いため、小銭を持っておいたほうが良いでしょう。なお高級ホテルやレストランなどではあらかじめサービス料が込みになっていることが多く、特別にチップを払う必要はありません。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

トレンドランキング

福岡 東京 飛行機 | 東京 高松 飛行機 | 東京 大阪 飛行機 | 東京 鹿児島 飛行機 | 福岡 沖縄 飛行機 | 沖縄 飛行機 | 函館 飛行機 | グアム 航空券 | ソウル 航空券| 福岡 羽田 飛行機 | 鹿児島 羽田 | 羽田 シンガポール | 羽田 台北 | 羽田 ソウル | 新千歳空港 羽田空港 | 成田 関空 | 大阪 ホテル | 京都 ホテル | 横浜 ホテル | 台北 航空券 | 金沢 ホテル | 上海 ホテル