東京発広州行き格安航空券を検索・予約

東京発広州行き便の情報

ピークシーズン

2月
62,954円

オフシーズン

6月
39,340円

往復航空券の最安値

184,488円
東京(NRT) ⇒ 広州(CAN)

直行便の最安値

110,696円
東京(NRT) ⇒ 広州(CAN)

よくあるご質問:

  • 東京(TYO)発広州(CAN)で、航空券が一番安いのはいつですか?

    航空券の価格は、日程や予約のタイミングにより、航空会社が調整しています。Trip.comでは、東京発広州行きの航空券は、火曜日、水曜日、土曜日出発の便が安い傾向にあります。
  • 東京(TYO)発広州(CAN)行きの航空券はいくらぐらいですか?

    Trip.comのデータによると、219,885円が最安値になります。
  • 広州の主要空港から市の中心までは、どうやって移動したらよいですか?

    • 白雲国際空港 から市中心部まで27km、タクシーで約 40分の道のりです。
  • 東京発広州行きの始発便の時刻を教えてください

    東京(NRT)発広州(CAN)行き始発便の出発時刻は、08:35です(到着時刻 13:00)。
  • 東京発広州行きの最終便の時刻を教えてください

    東京(NRT)発広州(CAN)行き最終便の出発時刻は、17:50です(到着時刻 21:45)。
  • 東京(TYO) 発広州(CAN)便で、人気のある航空会社を教えてください。

    東京(TYO)発広州(CAN)行きの直行便を運航している航空会社は次の通りです:中国南方航空日本航空ANA(全日空)中国東方航空中国国際航空厦門航空深セン航空
  • 東京(TYO) 発広州(CAN)便で、人気のある航空会社を教えてください。

    中国南方航空が、東京(TYO)発広州(CAN)行きの直行便を43便運航しています。
  • 広州(CAN)には空港はいくつありますか?

    広州(CAN)には、空港は1個あります( 白雲国際空港
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、広州へ出かけるにあたって、何かアドバイスはありますか?

    入国制限、フライトの運航スケジュール及び便の変更・欠航などが頻繁に発生しております。広州へのご旅行にあたっては、ご予約の航空会社の最新の情報をご確認ください。 また、Trip.comの入国制限情報もご参照いただけます。
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、こちらの目的地行きの便で、日時変更手数料が無料の航空会社はありますか?

    この目的地行きの便で、ご選択のサービスを提供している航空会社はありません。※参考情報です。正確な情報については、ご予約前に航空会社までお問い合わせください。

東京発広州行きの時刻表

便名・航空会社
出発
到着
路線週間スケジュール

08:50

HND

13:05

CAN

東京 - 広州------最安値を見る

09:15

HND

13:05

CAN

東京 - 広州-最安値を見る

09:25

HND

13:50

CAN

東京 - 広州------最安値を見る

10:45

HND

15:15

CAN

東京 - 広州最安値を見る

13:45

NRT

18:10

CAN

東京 - 広州------最安値を見る

15:05

HND

19:40

CAN

東京 - 広州-----最安値を見る

15:40

HND

19:25

CAN

東京 - 広州最安値を見る

17:20

NRT

21:50

CAN

東京 - 広州-最安値を見る

17:55

NRT

21:45

CAN

東京 - 広州------最安値を見る
閉じる
東京発広州行きフライト情報

入国に必要な書類

中国の広州に入国する際は、必要事項を記載した入国カードが必要です。また、ビザは15日内の滞在であれば必要ありません。

ターミナル情報と搭乗の流れ

成田国際空港は東京23区から、電車やバスで約1時間~1時間半でアクセス可能です。ターミナルは1~3まであり、多くの大手航空会社はターミナル1か2にカウンターを設置しています。ターミナル1は北と南ウィングがあるので、間違えないようチェックしておきましょう。ターミナル1は4階、2は3階で、それぞれ国際線のチェックインをした後、セキュリティチェック、税関手続、出国審査の順番で搭乗ゲートに進みます。空港内には航空会社やクレジットカード会社が運営するラウンジや、各銀行の両替所があり、出国前に利用可能です。

航空券を安く購入できる方法

当日予約なら、株主優待割引を利用すると通常価格の半額程度で航空券を購入できる場合があります。

また、早い段階でスケジュールが分かっているなら、早期割引を利用することで割安な航空券を手配できます。旅行の予定が決まったら、早めに予約の準備をするのがおすすめです。

おすすめの観光スポット

広州は貿易の街として栄えてきたため、複数の文化が融合した独特の雰囲気があります。そのため、見ごたえのある観光スポットも多くあります。たとえば、「光孝寺(グァンシャオスー)」は、いまから1400年前に建てられたといわれているお寺です。敷地内にある鉄塔は中国最古のものだといわれており、歴史的価値が高いです。また、パリのノートルダム大聖堂を感じさせる西洋的な「聖心堂」もあります。これは、フランス人によってデザインされたものです。

主要空港から都心部へのアクセス方法

広州白雲国際空港は、広州の都心部より約29km離れています。都心部への移動は、電車、バス、タクシーを利用できます。

電車は地下鉄があり、空港の地下から乗ることが可能です。広州東駅まではおよそ50分で到着します。早朝から夜遅くまで運行しているため、到着時間にかかわらず便利です。

バスは「エアポートバス」があり、空港快線と機場快線の2つがあります。それぞれの乗り場のブースでチケットを購入できます。

タクシーを利用する場合、到着ロビーを出てすぐの乗り場から乗車しましょう。料金はメーター制となっています。正規のタクシー以外はトラブルに発展する可能性があるので、避けたほうが無難です。市内までは30~60分で到着します。

一番早い便、一番遅い便

・一番早いフライト

一番早いフライトは、羽田空港(HND)を2時00分に出て、広州白雲国際空港(CAN)に12時05分に到着する経由便です。

この時間は電車が動いていない可能性があるので、タクシーの利用をおすすめします。

・一番遅いフライト

一番遅いフライトは、成田国際空港(NRT)を17時20分に出て、広州白雲国際空港(CAN)に21時50分に到着する直行便です。

この時間帯であれば、電車の利用が便利です。

広州について

広州の基本情報

・国名:中華人民共和国

・宗教:仏教など

・言語:中国語(普通語)、広東語

・気候:広州は中国の中では特に暖かく、雨も多い地域です。7~8月の平均気温は30度を超えています。

・時差:-1時間 ※日本よりも1時間遅い

・ビザ: 15日以内の滞在であれば、ビザは必要ありません。16日以上滞在する場合は、30日間のビザを取得します。

広州の注意点

・治安:人が集まる場所ではひったくりや置き引きに注意が必要です。また、人気のない道にはなるべく近づかないようにしましょう。

・飲料水:ホテルの水道の水は飲める場合もありますが、基本的にはミネラルウォーターを購入することをおすすめします。

・マナー:空港では写真撮影が禁止されています。

・チップ:中国ではチップの習慣はないため、特に渡す必要はありません。ただし、高級ホテルに宿泊する場合は、サービス料を含めた金額が宿泊代として請求されることもあります。

・物価:日本に比べて物価は低めです。たとえば、チェーン店のハンバーガーは1つ110円程度で食べられます。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。
また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

トレンドランキング

福岡 東京 飛行機 | 東京 高松 飛行機 | 東京 大阪 飛行機 | 東京 鹿児島 飛行機 | 福岡 沖縄 飛行機 | 沖縄 飛行機 | 函館 飛行機 | グアム 航空券 | ソウル 航空券| 福岡 羽田 飛行機 | 鹿児島 羽田 | 羽田 シンガポール | 羽田 台北 | 羽田 ソウル | 新千歳空港 羽田空港 | 成田 関空 | 大阪 ホテル | 京都 ホテル | 横浜 ホテル | 台北 航空券 | 金沢 ホテル | 上海 ホテル