東京発プーケット行き格安航空券の価格比較

東京発プーケット行きに関するフライト情報

よくあるご質問:

東京発プーケット行き航空券を最安値で買える時期はいつですか?

東京発プーケット行きの航空券は基本的に、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆この3つの繁忙期で、航空券が高くなる傾向にあります。この時期はハイシーズンとなっており、航空会社の早期割引やLCCで予約ができたとしても、料金は正規運賃とほぼ変わらないです。できるだけ、この3つの時期をずらしましょう。次に、航空券が比較的安くなるシーズンについてご紹介します。1月中旬~2月は、正月を終え、旅行する方は少なくなる傾向にあります。特にヨーロッパはオフシーズンのため、航空券が安いです。4月に入り、新生活が始まるなどで忙しくなる時期も旅行される方がわりと少ないため、航空券が安くなる傾向にあります。また、10月ごろもシルバーウィークを終え、クリスマスと正月に向けて旅行を控える方が多く、航空券が安くなる時期になります。 東京発プーケット行きの航空券は火曜日、水曜日、土曜日出発のフライトが比較的安くなる傾向があります。

東京からプーケットまでは、最も人気の直行便を運航している航空会社は?

は、東京からプーケットまでの直行便を便を運航しています。

プーケット周辺にいくつの空港がありますか?

プーケット周辺に1つの空港があります。 - プーケット国際空港

目的地の空港:
路線:
航空券の相場:

東京発プーケット行きの時刻表

東京発プーケット行き便の時刻表が見つかりませんでした。東京発プーケット行きの全ての経路を表示するには、上の検索ボックスをご利用ください。

東京 to プーケット国際空港 (HKT)

5月30日 06:35 - 5月31日 11:20
UO | 香港エクスプレス航空
17時間55分です。
HND - HKT
経由2回
24,951円
往復
最安値を見る
6月6日 23:45 - 6月8日 23:45
D7 | エアアジア X ブルハド
15時間15分です。
HND - HKT
経由2回
28,989円
往復
最安値を見る
5月30日 10:40 - 6月6日 23:45
SL | タイ・ライオン・エア
10時間40分です。
NRT - HKT
経由2回
30,119円
往復
最安値を見る
8月5日 20:40 - 8月10日 19:45
XJ | タイ・エアアジア X
13時間40分です。
NRT - HKT
経由2回
30,254円
往復
最安値を見る
6月1日 15:40 - 6月3日 00:10
CZ | 中国南方航空
9時間30分です。
HND - HKT
経由2回
35,211円
往復
最安値を見る

大人1名あたり(税金・燃油サーチャージ込み)。(運賃は常に変動しているため、表示の価格は参考価格となります。実際の価格は、予約の際に表示されます。)

東京発プーケット行きフライト情報

入国に必要な書類

タイへの入国には出入国カードの提出が必要です。フライト中に配布されるので、着陸までの間に記入を済ませましょう。税関申告書は、申告のない場合は提出不要です。

ターミナル情報と搭乗の流れ

東京からプーケットには直行便の運航がありません。乗り継ぎ便の多くが成田空港発となるので、成田空港のターミナル情報についてご紹介します。

成田空港(成田国際空港)は東京23区から、電車やバスで約1時間~1時間半でアクセス可能です。ターミナルは1~3まであり、多くの大手航空会社はターミナル1か2にカウンターを設置しています。ターミナル1は北と南ウィングがあるので、間違えないようチェックしておきましょう。ターミナル1は4階、2は3階で、それぞれ国際線のチェックインをした後、セキュリティチェック、税関手続、出国審査の順番で搭乗ゲートに進みます。空港内には航空会社やクレジットカード会社が運営するラウンジや、各銀行の両替所があり、出国前に利用可能です。

フライト時間

東京からプーケット国際空港までは経由便で約9時間45分です。

航空券を安く購入できる方法

日程の調整ができるならまず試みたいのが、金土日のフライトを避ける方法です。航空券の価格は需要に左右される部分が非常に大きいので、人が少ない平日のフライトを利用できればお得に旅行できます。日頃から気軽に試せる方法としては、航空会社や格安航空券サイトが運営するメールマガジンに登録するやり方も。セール情報が優先的に流れてくることがあるので、運が良ければかなり低価格で航空券を購入できます。

おすすめの観光スポット

プーケットはタイ最大のビーチリゾートです。バンコクから飛行機で1時間20分というアクセスの良さもあり、多くの観光客が安らぎを求めてプーケットにやってきます。エメラルドグリーンの海や白い砂浜の美しさはプーケットのビーチならではのものです。

・ピピ島

プーケットから48km南東に浮かぶ、6つの美しい島の総称です。船に乗って2時間程度で行けるので、日帰りのアクティビティとしても人気。郊外のため特に海の透明度が高く、世界中からたくさんのダイバーや観光客が集まります。

・バングラ通り

パトンビーチのすぐそばにある賑やかな観光通りです。バングラ通りといえば「夜遊びの聖地」。世界中の夜遊び好きがここに集まるとも言われます。クラブやバー、ナイトクラブなどのナイトスポットも充実していますが、路上でもパフォーマーがいたりと、通りを歩くだけでも十分雰囲気を楽しめます。

主要空港から都心部へのアクセス方法

プーケット国際空港は市内から約32km離れたところにあり、市内へはタクシーやバスで移動できます。鉄道の運行はありません。タクシーはメーター制と定額制があり、行き先によってはどちらもそれほど料金は変わりません。メーター制タクシーのぼったくりがしばしば発生しているので、乗車時にメーターが倒れているかは必ず確認しましょう。

バスは乗り合いのミニバスとエアポートバスが運行しています。

一番早い便、一番遅い便

・一番早いフライト

一番早い便は、成田国際空港(NRT)を9時15分に出て、プーケット国際空港(HKT)に18時45分に到着する経由便です。

この時間帯であれば、電車の利用が便利です。

・一番遅いフライト

一番遅い便は、成田国際空港(NRT)を20時15分に出て、プーケット国際空港(HKT)に翌9時15分に到着する経由便です。

この時間帯であれば、電車の利用が便利です。

プーケットの基本情報

プーケットの基本情報

・国名:タイ王国

・宗教:仏教、イスラム教、キリスト教

・言語:タイ語

・気候:乾季と雨季に大別され、雨季には海の透明度が下がり、高波で遊泳禁止になることもあります。乾季はカラッと晴れたさわやかな日が続くので、観光のベストシーズンです。

・時差:-2時間 ※日本よりも2時間遅い

・ビザ: 空路の場合、30日以内の観光ならビザ不要です。

プーケットの注意点

・治安:治安は落ち着いていますが、油断せずに貴重品は常に身に着けるなど、最低限の注意はするようにしてください。

・飲料水:水道水は飲用できません。ミネラルウォーターを購入することをおすすめします。ローカルな店で提供される飲み物の氷にも水道水が使われているので、注意してください。

・チップ:習慣はありませんが、高級レストランなどでは会計の10%程度を渡しましょう。

・マナー:仏教寺院などでは、露出度の高い服は入場を断られることがあります。僧侶の体に触ったり、気軽に話しかけたりしてはいけません。

・物価:ペットボトルの水が1本40円程度です。物価は安いので、気兼ねなく観光を楽しめるでしょう。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。
また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

東京発プーケット行き格安航空券の往復チケットと片道チケットの比較

基本的に各航空会社は往復を利用することを条件に、航空券を割引して販売しています。特に海外格安航空券の割引幅が大きい傾向があります。また、片道航空券は単純に往復航空券の半額料金とは限りません。片道航空券を往路・復路で購入する場合むしろ高くなります。 国内線航空券に関して、航空会社のルール(有効期間内に、同一区間を往復すること)により、割引が適用されますが、海外格安航空券のよう金額面でのメリットはそこまで大きくありません。場合によって各航空会社の割引運賃を確認し、往路・復路でそれぞれ最安航空券を組み合わせたほうが安く抑えられます。

東京⇒プーケット

東京発プーケット行きのチケットはを安く購入できる時期は正月明け~2月中旬、4月上旬~中旬、ゴールデンウィーク明け~6月中旬、10月中旬~11月上旬になります。また、正月、ゴールデンウィーク、8月9月の夏休み期間中は高くなる傾向です。Trip.comは航空券やホテル情報が満載!オンライン予約も迅速で簡単!! Trip.comが東京からプーケットへの旅行計画をお手伝い致します。

旅先で思い出に残る旅を

Trip.comで、東京からプーケットへの旅を思い出に残る最高の旅に。Trip.comで事前に見所をチェック、あらゆる予約を済ませて、素晴らしい旅をお楽しみください。Trip.comで事前に目的地の見どころやレビューをチェック。ホテルから現地ツアーまで簡単に予約が可能です。あとは現地で素晴らしい旅をお楽しみ下さい。