東京発札幌行き格安航空券を検索・予約

東京発札幌行きに関するフライト情報

よくあるご質問:
  • 東京発札幌行き航空券を最安値で買える時期はいつですか?

    東京発札幌行きの航空券は基本的に、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆この3つの繁忙期で、航空券が高くなる傾向にあります。この時期はハイシーズンとなっており、航空会社の早期割引やLCCで予約ができたとしても、料金は正規運賃とほぼ変わらないです。できるだけ、この3つの時期をずらしましょう。次に、航空券が比較的安くなるシーズンについてご紹介します。1月中旬~2月は、正月を終え、旅行する方は少なくなる傾向にあります。特にヨーロッパはオフシーズンのため、航空券が安いです。4月に入り、新生活が始まるなどで忙しくなる時期も旅行される方がわりと少ないため、航空券が安くなる傾向にあります。また、10月ごろもシルバーウィークを終え、クリスマスと正月に向けて旅行を控える方が多く、航空券が安くなる時期になります。 東京発札幌行きの航空券は火曜日、水曜日、土曜日出発のフライトが比較的安くなる傾向があります。

  • 東京から札幌までを運行している航空会社は?

    東京から札幌までを運行している航空会社は春秋航空日本,日本航空,ジェットスター・ジャパン,ANA(全日空),バニラ・エアになります。

  • 東京から札幌までは、最も人気の直行便を運航している航空会社は?

    日本航空は、東京から札幌までの直行便を966便を運航しています。

  • 札幌周辺にいくつの空港がありますか?

    札幌周辺に2つの空港があります。 - 新千歳空港,札幌丘珠空港

  • 直行便の平均飛行時間:

    1h36m

  • 目的地の空港:

    CTS OKD

  • 路線:

    TYO ✈ SPK

  • 航空券の相場:

    9,989円

東京発札幌行きの時刻表

便名・航空会社
出発
到着
路線週間スケジュール

06:30

HND

08:05

CTS

東京 - 札幌最安値を見る

06:50

HND

08:20

CTS

東京 - 札幌最安値を見る

07:00

NRT

08:35

CTS

東京 - 札幌最安値を見る

07:30

HND

09:00

CTS

東京 - 札幌---最安値を見る

08:00

HND

09:30

CTS

東京 - 札幌最安値を見る

08:05

NRT

09:45

CTS

東京 - 札幌---最安値を見る

08:15

HND

09:45

CTS

東京 - 札幌最安値を見る

08:30

HND

10:05

CTS

東京 - 札幌最安値を見る

09:00

HND

10:35

CTS

東京 - 札幌最安値を見る

09:10

HND

10:45

CTS

東京 - 札幌最安値を見る

09:30

HND

11:05

CTS

東京 - 札幌最安値を見る

10:00

HND

11:35

CTS

東京 - 札幌最安値を見る

10:15

NRT

12:00

CTS

東京 - 札幌最安値を見る

10:30

HND

12:05

CTS

東京 - 札幌----最安値を見る

11:00

HND

12:35

CTS

東京 - 札幌最安値を見る

11:30

HND

13:05

CTS

東京 - 札幌最安値を見る

12:00

HND

13:35

CTS

東京 - 札幌最安値を見る

12:25

NRT

14:15

CTS

東京 - 札幌最安値を見る

12:30

HND

14:05

CTS

東京 - 札幌----最安値を見る

12:50

HND

14:25

CTS

東京 - 札幌最安値を見る

13:00

HND

14:35

CTS

東京 - 札幌最安値を見る

13:30

HND

15:05

CTS

東京 - 札幌最安値を見る

14:00

HND

15:35

CTS

東京 - 札幌最安値を見る

14:30

HND

16:05

CTS

東京 - 札幌最安値を見る

15:00

HND

16:30

CTS

東京 - 札幌最安値を見る

15:30

HND

17:05

CTS

東京 - 札幌-----最安値を見る

15:50

HND

17:20

CTS

東京 - 札幌最安値を見る

16:00

HND

17:35

CTS

東京 - 札幌最安値を見る

16:35

HND

18:10

CTS

東京 - 札幌最安値を見る

17:00

HND

18:35

CTS

東京 - 札幌-最安値を見る
閉じる
東京発札幌行きフライト情報

航空券の相場

東京から札幌までのフライトは羽田空港発か成田空港発、新千歳空港着の直通便を利用します。片道の航空券の相場は17,945円ですが、早期購入割引を利用すれば、10,000円以下で購入できる航空券もあります。ただし、同じ航空会社の場合、地理的に羽田発の便の方がやや高い傾向があります。また、LCCであれば、3,000円以下の格安航空券も存在します。

北海道は1年を通して人気の観光地で、最大の玄関口である新千歳空港は常に混雑していますが、春から夏にかけての行楽シーズンは特に利用者が多く価格が高騰します。また、年末年始の旅行客が多い時期も価格が上がり、LCCでも15,000円以上かかることもあります。

羽田空港からの便は国内線で最も利用者の多い路線ですが、成田空港も2011年頃から利用者が増えています。LCCの参入もあり、時間帯や価格の幅が広がったことも要因のひとつです。

東京から札幌間の航空券・新幹線・バスとの料金を比較

  • 飛行機(羽田発):料金は14,110円、所要時間は1時間30分ほど
  • 飛行機(成田発):料金は5,460円、所要時間は1時間50分ほど
  • 新幹線(東京駅‐札幌駅):料金は27,760円(自由席)、所要時間は7時間53分ほど
  • 高速バス:直行便はありません。
  • フェリー:直行便はありません。

※航空券料金は弊社のデータにより算出したものです。

※高速バス、新幹線は直行の片道料金で算出しています。

東京から札幌まで運航している航空会社&LCC

成田空港(NRT)‐新千歳空港(CTC)間運航している航空会社&LCC

フルサービスキャリアでは、日本航空(JAL)と全日空(ANA)が新千歳空港着の路線を運航しています。成田空港は国内線の運航数が少なく、新千歳空港へは日本航空(JAL)が1日1便、全日空(ANA)が1日2便となっています。両航空会社ともWi-Fiサービス完備、飲み物の提供があります。座席の種類は全日空(ANA)が普通席とプレミアムクラスの2種類、日本航空(JAL)はファーストクラス、クラスJ、普通席の3種類用意されています。

一方で、こちらの路線はLCC拠点としての発展も目覚ましく、ジェットスター・ジャパン、春秋航空、ピーチの3社が直通便を運航しており、計10本以上の便が運航しています。第3ターミナルがLCCと拠点として有名ですが、ピーチは第一ターミナルになるので注意が必要です。

羽田空港(HND)‐新千歳空港(CTS)間運航している航空会社&LCC

国内線の拠点として不動の地位を築いている羽田空港は、フルサービスキャリアの日本航空(JAL)と全日空(ANA)が何本も運航しています。LCCもスカイマーク、エア・ドゥの2社が運航していて、すべてを合計すると1日の60本以上の便があります。

エア・ドゥは北海道に拠点を置く航空会社で、機内では北海道にちなんだお酒や軽食の販売があり、平日の朝には北海道豆パンの無料モーニングサービスもあります。また、機内オーディオでは北海道情報や、北海道にちなんだアーティストの楽曲なども聴くことができるなど、地域に密着したサービスが豊富です。日本航空(JAL)とスカイマークが第一旅客ターミナル、全日空(ANA)とエア・ドゥが第二旅客ターミナルから搭乗します。

東京から札幌までの一番人気路線

成田空港⇒新千歳空港、18:45分発の日本航空JAL3049が一番人気です。 観光客だけでなく、ビジネス目的の方にも多く利用されています。

東京から札幌までの一番安い路線

成田空港から7:00発のジェットスターJJP103、14時40分のJJP127が5,270円〜と最も安い便です。

東京から札幌までの一番早い便

羽田空港からは6:15発の全日空NH987、成田空港からは7:00発のジェットスターJJP103が始発便です。

東京から札幌までの一番遅い便

羽田空港からは21:30発のエア・ドゥADO43と全日空NH4739、成田空港からは18:45発の日本航空(JAL)JAL3049が最終便です。

※これらのデータは弊社のデータより算出したものです。航空会社によってはスケジュールが変更される可能性があります。

東京‐札幌の空港情報

羽田空港(HND)

1955年に利用を開始した羽田空港(正式名称:東京国際空港)は東京都大田区に立地し、東京湾に接しています。日本航空(JAL)や全日空(ANA)を含む39社が発着する日本最大級の空港で、国内外の路線も豊富です。館内にはWIFIや携帯の充電スポット、ATMなどフライトの待ち時間に必要な設備が整備されており、ドラッグストアや診療所、クリニックも完備されています。お土産では、和菓子の老舗「とらや」、カステラの「文明堂」、日本製のバームクーヘンの「ねんりん屋」など日本を代表するショップが充実しています。また、2013年には羽田第2旅客ターミナルの南ピアに3スポットが増設されました。こちらのスポットは足の悪い方に配慮して、段差のない搭乗橋を採用しています。

その他、第1ターミナル、第2ターミナルともにベジタリアンやハラル対応店があり、グローバルな嗜好に対応できる環境が整っています。第1旅客ターミナル6Fには、多目的ホールと貸会議室が2つあり、パーティや会議など広い目的で使用できるように設計されています。展望デッキやラウンジ、時間単位で利用できるホテルまで完備されており、フライトまでの待ち時間を有意義に過ごせるように工夫されています。

成田空港(NRT)

1978年に新東京国際空港として開港した成田空港は、民営化に伴って成田国際空港と名称が変わった経緯がある日本最大の国際空港です。2015年にLCC専用の第3ターミナルの供用が開始されてからも、利用者の数は着実に伸びています。すべてのエリアで無料WIFIを完備し、無料の電源コンセントスペースも各所に用意されています。国際線の発着が多いことからベジタリアンやハラル対応店も豊富です。日本食が多いものの、中華や洋食、カフェも充実しており、幅広いニーズに応えています。各ターミナルには有料のシャワールームや仮眠室、カプセルホテルがあり、診療所も設置されるなど、休憩施設も充実しています。

また、第一ターミナルには出国手続き後、歌舞伎を体感できるショップ「Kabuki Gate」があり、空港の随所にアート散歩道を設けるなど、日本文化を象徴する展示が見られます。2018年には空港評価「World Airport Awards 2018」のセキュリティ部門で「Best Airport」に選ばれたり、2020年には「第13回国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰」を受賞したりと、多方面での取り組みが評価されています。

新千歳空港(CTS)

1963年にターミナルビルが完成し、民間の航空の供用が開始された新千歳空港は、日本で初めて24時間運航を実現した主要空港です。各ターミナルに無料WIFIと無料充電フリースペースを完備しており、ATMなどの設備だけではなく、コピーやFAXといったビジネスサービスも提供しています。診療所や、体調が優れない時などの利用できる休養室、国際線にはトラベラーズラウンジ、ロイヤルラウンジ、ノースラウンジが設置されています。

ショップエリアには「ルタオ」、「六花亭」、「ロイズ」、「花畑牧場」といった北海道の有名スイーツメーカーが軒を連ね、ジンギスカンのたれ、鮭とばなど北海道ならではの商品が数多く販売するお土産店も豊富です。飲食店も北海道を前面に押し出したラインナップで、北海道各地の名店が多数出店しています。特に「北海道ラーメン道場」と呼ばれるエリアには、様々なジャンルのラーメン店が密集しています。

新千歳空港では多言語に対応したスタッフがわかる外国語スタッフバッジや6ヶ国語表記など、ユニバーサルデザインの取り組みを進めています。2010年には「第4回国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰」を受賞しており、早期からバリアフリーに取り組んでいたことがうかがえます。

空港⇔市内中心部のアクセス案内

市内中心部⇒成田空港(NRT)

東京駅と鍛冶橋駐車場から片道1,000円でエアポートバス「TYO-NRT」が運行しています。所要時間は60分ほどで、予約制の指定席と予約を必要としない自由席があります。全席で予約ができない自由席便は大江戸温泉物語、銀座駅からも運行しています。6時から17時まで10分おきに運行しています。

「リムジンバス」は関東全域に発着場があり、値段は場所によって異なりますが、2,800円〜3,000円の価格帯で利用できます。高尾・八王子エリアは3,900円、南大沢駅や京王多摩センター駅、聖蹟桜ヶ丘駅は3,500〜3,600円と多少高くなります。

電車の場合は、日暮里から出ている「京成スカイライナー」が2,507円で、所要時間は48分です。インターネットからの予約も可能です。

JRの「成田エクスプレス」は品川、渋谷、新宿、池袋、横浜、大宮といった主要駅と成田空港を直接結ぶ路線で、東京駅からの運賃は3,072円、所要時間は50分ほど。12時から17時の間は1時間に1本の運行ですが、その前後の時間帯は本数が増えます。「えきねっと」でスマートフォンから簡単に指定席を予約できます。

タクシーは、都内の各所から成田空港まで一定の運賃で運行する「定額タクシー」があります。出発の1時間前までの予約が可能で、料金は最も安いエリアが通常で17,000円、深夜・早朝が20,000円。最も高いエリアが通常で24,000円、深夜・早朝が28,000円です。通常のタクシーの場合は、東京駅から成田空港まで約25,620円かかります。

市内中心部⇒羽田空港(HND)

バスを利用すると東京駅から約40分で到着します。「京急バス」と「リムジンバス」があり、運賃はどちらも950円で利用できます。

電車の場合は「京浜急行」を利用します。東京駅からは羽田空港に約20分、460円のアクセスできます。「モノレール」を利用する場合は浜松町から約20分、492円です。都心から近いこともあり、電車でのアクセスが良好です。

羽田空港行きの「定額タクシー」もあり、最も安いエリアで通常6,100円、深夜・早朝が7,200円。最も高いエリアが通常で11,300円、深夜・早朝が13,300円です。成田空港行きと同様、1時間前まで予約可能です。通常のタクシーの場合は費用が多少高くなり、東京駅から羽田空港まで約9,060円かかります。

新千歳空港 (CTS)⇒市内中心部

「北海道中央バス」や「北都交通」のバスが運行していて、札幌の中心部までの運賃は1,100円で、所要時間は1時間ほどです。9時から21時まで15分間隔で運行しているため、大幅に待たされることはないでしょう。

電車の場合は、空港の地下にあるJR新千歳空港駅から特急の「快速エアポート」に乗車し、約40分で到着します。運賃は1,150円です。Suica、PASMOなど、他の地方のICカードも利用可能です。バスは停留所が多く、目的地のすぐ側まで行けるのが魅力ですが、時間がかかるため、札幌の中心地までは電車の利用が一般的です。

タクシーを利用した場合は札幌中心部まで約50分。運賃は約12,720円です。空港の到着ロビー1階の正面玄関を出てすぐの場所から乗車できるため、待ち時間のストレスがなく、大きな荷物の移動が楽で、目的地までドア・トゥ・ドアで行けるのが魅力です。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。

また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

東京発札幌行き格安航空券の往復チケットと片道チケットの比較

基本的に各航空会社は往復を利用することを条件に、航空券を割引して販売しています。特に海外格安航空券の割引幅が大きい傾向があります。また、片道航空券は単純に往復航空券の半額料金とは限りません。片道航空券を往路・復路で購入する場合むしろ高くなります。 国内線航空券に関して、航空会社のルール(有効期間内に、同一区間を往復すること)により、割引が適用されますが、海外格安航空券のよう金額面でのメリットはそこまで大きくありません。場合によって各航空会社の割引運賃を確認し、往路・復路でそれぞれ最安航空券を組み合わせたほうが安く抑えられます。

トレンドランキング

福岡 東京 飛行機 | 東京 高松 飛行機 | 東京 大阪 飛行機 | 東京 鹿児島 飛行機 | 福岡 沖縄 飛行機 | 沖縄 飛行機 | 函館 飛行機 | グアム 航空券 | ソウル 航空券| 福岡 羽田 飛行機 | 鹿児島 羽田 | 羽田 シンガポール | 羽田 台北 | 羽田 ソウル | 新千歳空港 羽田空港 | 成田 関空 | 大阪 ホテル | 京都 ホテル | 横浜 ホテル | 台北 航空券 | 金沢 ホテル | 上海 ホテル