東京発ウィーン行き格安航空券を検索・予約

>>>

東京発ウィーン行き便の情報

ピークシーズン

12月
73,840円

往復航空券の最安値

157,690円
東京(NRT) ⇒ ウィーン(VIE)

直行便の最安値

514,929円
東京(HND) ⇒ ウィーン(VIE)

よくある質問:

  • 東京(TYO)発ウィーン(VIE)で、航空券が一番安いのはいつですか?

    航空券の価格は、日程や予約のタイミングにより、航空会社が調整しています。Trip.comでは、東京発ウィーン行きの航空券は、火曜日、水曜日、土曜日出発の便が安い傾向にあります。
  • 東京(TYO)発ウィーン(VIE)行きの航空券はいくらぐらいですか?

    Trip.comのデータによると、190,184円が最安値になります。
  • 東京(TYO)発ウィーン(VIE)行き便の所要時間を教えてください。

    東京(TYO) からウィーン(VIE)までの所要時間は約12時間 7分です。
  • ウィーンの主要空港から市の中心までは、どうやって移動したらよいですか?

    • ウィーン国際空港 から市中心部まで17km、タクシーで約 30分の道のりです。
  • 東京(TYO) 発ウィーン(VIE)便で、人気のある航空会社を教えてください。

    東京(TYO)発ウィーン(VIE)行きの直行便を運航している航空会社は次の通りです:ANA(全日空)オーストリア航空
  • 東京(TYO) 発ウィーン(VIE)の直行便で、人気のある航空会社を教えてください。

    オーストリア航空が、東京(TYO)発ウィーン(VIE)行きの直行便を34便運航しています。
  • ウィーン(VIE)には空港はいくつありますか?

    ウィーン(VIE)には、空港は1個あります( ウィーン国際空港
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、ウィーンへ出かけるにあたって、何かアドバイスはありますか?

    入国制限、フライトの運航スケジュール及び便の変更・欠航などが頻繁に発生しております。ウィーンへのご旅行にあたっては、ご予約の航空会社の最新の情報をご確認ください。 また、Trip.comの入国制限情報もご参照いただけます。
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、こちらの目的地行きの便で、日時変更手数料が無料の航空会社はありますか?

    この目的地行きの便で、ご選択のサービスを提供している航空会社はありません。※参考情報です。正確な情報については、ご予約前に航空会社までお問い合わせください。

東京発ウィーン行きの時刻表

便名・航空会社
出発
到着
路線週間スケジュール
ANA(全日空)

01:55

HND

06:00

VIE

東京 - ウィーン------最安値を見る
ANA(全日空)

13:35

NRT

18:35

VIE

東京 - ウィーン------最安値を見る
オーストリア航空

14:50

NRT

19:10

VIE

東京 - ウィーン------最安値を見る
東京発ウィーン行きフライト情報

入国に必要な書類

オーストリアへの入国に必要なのはパスポートのみで、出入国カードや税関申告書は必要ありません。免税範囲を超える場合のみ、手荷物を受け取った後に申告ありのレーンに並び申告を済ませましょう。

ターミナル情報と搭乗の流れ

東京発ウィーン行きのフライトは羽田空港発着となっています。ここでは、羽田空港のターミナル情報についてご紹介します。

羽田空港(東京国際空港)は品川駅からモノレールを利用すると約13分で到着します。国内線(第1・2)と国際線ターミナルがあり、国際線利用時は3階の出発ロビーにある航空会社のカウンターでチェックインを行います。その後セキュリティチェック、税関検査、出国審査と進んで、搭乗ゲートに向かいましょう。国際線ターミナル内には航空会社の利用者とクレジットカード所持者が使えるラウンジや両替可能な銀行・ATMがあります。

航空券を安く購入できる方法

日程の調整ができるならまず試みたいのが、金土日のフライトを避ける方法です。航空券の価格は需要に左右される部分が非常に大きいので、週中のフライトで調整できれば半額ほどの価格で購入できることもあります。日頃から気軽に試せる方法としては、航空会社や格安航空券サイトが運営するメールマガジンに登録するのがおすすめ。会員向けに、セール情報が優先的に流れてくる場合があるので、運が良ければかなりの低価格でも購入できます。

おすすめの観光スポット

ウィーンは神聖ローマ帝国の時代にハプスブルク家ゆかりの地として栄え、現在に至るまで音楽の都として親しまれています。今でも音楽を学ぶ学生がウィーンの名門校に通い、街には音楽と文化の香りが息づきます。モーツァルト、ベートーヴェンなど、作曲家の足跡を追う旅というのもウィーンならではの楽しみです。

・シェーンブルン宮殿

17世紀に夏の離宮として建てられたものが、18世紀に女帝マリア・テレジアによって現在の壮麗な姿に改築されました。バロック様式で、内部には1,700もの客室が設置されています。テレジア・イエローと呼ばれる柔らかい黄色の外壁が印象的です。

・シュテファン寺院

ウィーン旧市街の中心に建つ大聖堂。ゴシック様式の建築で、北塔と南塔の両方に上ることができます。展望台からはウィーンの美しい街並みを一望でき、ウィーンに観光に来たならぜひ眺めていただきたい景色のひとつです。北塔にはエレベーターがあるので、体力に自信がなくても安心です。

主要空港から都心部へのアクセス方法

ウィーン国際空港から市内へは約18km離れており、空港から市内へはタクシーやエアポートバス、電車を利用することができます。

タクシーはメーター制で、市内まで約4,900円、所要時間は30分ほどです。朝夕の通勤ラッシュは渋滞が発生するので、時間がない場合は注意してください。

エアポートバスも30分おきに発車しています。

電車を利用すれば市内まで約16分。切符はオンラインで購入すると割引があり、駅や車内で車掌からも購入可能ですが、車掌からの購入は割高になるので注意してください。

一番早い便、一番遅い便

・一番早いフライト

一番早い便は、羽田国際空港(HND)を1時55分に出て、ウィーン国際空港(VIE)に6時00分に到着する直行便です。

電車を利用して早めに到着するのが良いですが、タクシーを利用するという手もあります。

・一番遅いフライト

一番遅い便は、羽田国際空港(HND)を1時55分に出て、ウィーン国際空港(VIE)に6時00分に到着する直行便です。

※1日1便の運航のため、一番早いフライトと同じ時間を掲載しています。

ウィーンの基本情報

ウィーンの基本情報

・国名:オーストリア共和国

・宗教:カトリック、プロテスタント、イスラム教、ユダヤ教

・言語:ドイツ語

・気候:夏は30度を超えることもありますが、湿度が低く朝晩は気温も下がるため過ごしやすいです。冬は雪の季節で、冷え込みも厳しくなるので防寒対策が必須です。

・時差:-8時間 ※日本よりも8時間遅い

サマータイム期間中は-7時間です。

・ビザ: 90日以内の観光ならビザ不要です。

ウィーンの注意点

・治安:治安は比較的安定していますが、繁華街など人が多いところでは観光客をターゲットにしたスリやぼったくりが発生しているので、手荷物からは目を離さないようにしてください。

・飲料水:水道水はアルプスの湧き水を使っているため、飲むことが可能です。

・チップ:会計の5~10%が相場です。サービス料が含まれている場合は必要ありません。

・物価:ペットボトルの水が1本240円程度。物価は日本より高いので、予算は余裕をもって準備しておきましょう。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。
また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

  • 東京⇒ウィーン

    東京発ウィーン行きのチケットはを安く購入できる時期は正月明け~2月中旬、4月上旬~中旬、ゴールデンウィーク明け~6月中旬、10月中旬~11月上旬になります。また、正月、ゴールデンウィーク、8月9月の夏休み期間中は高くなる傾向です。Trip.comは航空券やホテル情報が満載!オンライン予約も迅速で簡単!! Trip.comが東京からウィーンへの旅行計画をお手伝い致します。

  • 旅先で思い出に残る旅を

    Trip.comで、東京からウィーンへの旅を思い出に残る最高の旅に。Trip.comで事前に見所をチェック、あらゆる予約を済ませて、素晴らしい旅をお楽しみください。Trip.comで事前に目的地の見どころやレビューをチェック。ホテルから現地ツアーまで簡単に予約が可能です。あとは現地で素晴らしい旅をお楽しみ下さい。