フィリピンの4月の気温は?日本との違いや最適な服装を解説

ライターのプロフィール写真

執筆:Trip.com‐JP

フィリピンの4月の気温

🎁期間限定ホテル用クーポン🎁

👆コードをコピーしてご利用ください👆

期間限定クーポン配布中!国内・海外どのホテルでも利用可能!

🛫👇格安航空券👇🛫

フィリピンの4月の気温は暖かく、平均気温は30度以上になります。乾季の終わりにあたり、ほとんどの地域で雨は少なく気候は乾燥しています。ビーチリゾートや観光名所を訪れるには絶好の時期といえるでしょう。この記事では、フィリピン旅行の4月の気温や服装についてわかりやすく解説します。

【フィリピンの4月の気温】

場所最低気温 (°C)最高気温 (°C)降水量 (mm)
マニラ243422
セブ243349
パラワン253347
ボラカイ263240
アンヘラス233415

平均気温と降水量はあくまでも目安で、実際は大きく異なる場合があります。気象条件は年によって異なるため、実際に旅行する前に最新の天気情報を確認することをおすすめします。

東京発→フィリピン(マニラ)行きの格安航空券

  • 片道
  • 往復
sort並べ替え:最安値
  • 並べ替え:最安値
  • 並べ替え:最も早い便

取り消し線のある価格は、Trip.com上の該当する路線の平均価格に基づいて計算されています。

フィリピン・マニラの4月の気温や最適な服装

フィリピン・マニラの4月の気温や最適な服装

マニラの4月の平均気温は約34-36度、夜間でも約25-27度となります。湿度が高くなるので、体感温度はさらに高く感じます。マニラの暑さを乗り切るためには、日本の夏に着るような軽い素材の服装がおすすめです。コットンやリネンなどの通気性と吸湿性が良いTシャツやタンクトップ、ショートパンツ、薄手のワンピースなどが適しています。

日差しが強くなるため、帽子やサングラス、日焼け止めクリームなどの紫外線対策は必須です。室内ではエアコンが効いていることが多いため、薄手の長袖シャツやカーディガンがあると便利です。

フィリピン・セブの4月の気温や最適な服装

フィリピン・セブの4月の気温や最適な服装

セブの4月は気温が約31度から34度に上り、夜間でも25度前後と暖かいです。湿度は低く、観光に最適な季節です。4月のセブでの最適な服装は、吸湿性と通気性の良い軽い素材の服装です。特にコットン製のショートパンツとTシャツ、またはポロシャツを優先してみてください。

セブの街中を散策する際、レストランやモールなど室内ではエアコンが効いています。薄手の長袖シャツを持っていきましょう。また予期せぬ雨に備えて、折りたたみ傘や薄手のレインジャケットも持っていくと安心です。

フィリピン・パラワンの4月の気温や最適な服装

フィリピン・パラワンの4月の気温や最適な服装

4月のパラワン島の気温は30度から33度に上り、夜間でも25度前後と暖かいです。雨は少なく、ほとんどの日が晴天に恵まれます。ビーチに出かけるのに最高の季節。基本となる服装は、薄手のコットンやリネンの素材のtシャツやワンピース、ショートパンツがおすすめです。特にカラフルなプリントやトロピカルな柄のアイテムは、パラワンの雰囲気にピッタリ。

日差しが強いので、日焼け止めクリームやUVカットスプレーは必須です。可愛いストローハットやサングラスで紫外線対策をおしゃれに決めましょう。

フィリピン・ボラカイの4月の気温や最適な服装

フィリピン・ボラカイの4月の気温や最適な服装

4月のボラカイの平均気温は約32度から34度、夜間で約26度となります。湿度は低く、海辺での活動に最適な気候となっています。4月のボラカイでは、暑さ対策とした軽い素材の服装がおすすめ。コットンやリネンなどの通気性が良く、吸湿性のある素材のショートパンツとTシャツが基本となります。ビーチでは水着が必要になるでしょう。日焼けを防ぐためのラッシュガードもあると便利です。

ボラカイの日差しはとても強いため、サングラスや帽子、日焼け止めクリームも忘れずに持って行きましょう。また、ビーチサンダルは歩きやすさと暑さ対策に最適です。

フィリピン・アンヘレスの4月の気温や最適な服装

フィリピン・アンヘレスの4月の気温や最適な服装

アンヘレスの4月の平均気温は日中で約33度から36度、夜間で約25度と暖かいです。降水量は少なく湿度もそれほど高くないため、観光には適した季節となります。この時期は暑さが増すため、薄手で通気性の良い素材が最適です。コットンやリネンのような素材のショートパンツとTシャツは基本となります。日差しは強いため、帽子やサングラス、そして日焼け止めクリームを忘れないでください。足元は暑さを逃がすために開放的なサンダルが良いでしょう。

室内ではエアコンが効いていることが多いため、薄手の長袖シャツやカーディガンを一枚持っていくと良いです。さらに突然の雨に対する備えとして、折りたたみ傘や薄手のレインコートも携行しましょう。

4月に行きたいフィリピンのイベント3つ

4月に行きたいフィリピンのイベント3つ

パハリュアグ祭り

毎年4月にルソン島のイロコス地方で開催されます。パハリュアグとは現地の言葉で「感謝」を意味し、豊作に感謝するとともに新たな収穫のための祈りを捧げる伝統的な祭りです。農作物を飾った彩り豊かなパレードや、伝統的なダンス、食事が楽しめます。

モラヨン祭り

ボホール島で毎年4月に開催されるこの祭りは、ボホール島の文化と伝統を祝うものです。一週間にわたって開催され、地元のダンスや音楽、伝統的な料理を楽しむことができます。

エイリー・エイリー祭り

この祭りはフィリピン全体で開催され、特にパンガシナン州のダグパン市が中心地です。"エイリー・エイリー"は"Iluhluh iti lugar"(この地への愛)を意味し、4月の第1週に開催されます。この祭りでは街が華やかに飾られ、パレードや美食、アートの展示など様々なアクティビティが楽しめます。

4月にフィリピンへ行くときの注意点【気温や観光】

4月にフィリピンへ行くときの注意点【気温や観光】

1.紫外線対策について

フィリピンは熱帯地域に位置しており、4月でも日差しが強くなります。そのため、日焼け止めクリームの使用や帽子、サングラスの着用など、紫外線対策をしっかりと行うことが大切です。長時間の直射日光を避けるために、昼間の外出時は涼しい場所や日陰を選ぶようにしましょう。

2.飲食について

フィリピンは美味しい料理がたくさんあります。しかし衛生状態が日本と異なるため、新鮮さや調理方法に注意が必要です。特に生ものや露店で売られている食べ物は注意してください。そのほか、水はボトルウォーターを利用することや、氷を使わないなど飲み水にも注意が必要です。

3.交通について

フィリピンの交通事情は日本とは大きく異なります。特に首都マニラなどの都市部では交通量が多く、渋滞が発生しやすいです。また、交通ルールが守られていない場面に遭遇することもあります。タクシーやジプニー(小型バス)を利用する際は、安全運転を心がける運転手を選ぶようにしましょう。また、道路を渡るときは十分に注意してください。

フィリピン旅行の費用に関しては、こちらの記事が参考になります。ぜひ、ご覧ください。

フィリピン旅行に必要な費用はいくら?安い時期やベストシーズンを解説

免責事項:この記事はグローバルブログプラットフォームが所有し、著作権は原作者に帰属しております。もし著作権者の著作権を侵害した場合、お知らせください。できる限り、早くコンテンツを削除します。