2022 香港の祝日・休日カレンダー

  • 元旦:1月1日

  • 春節:2月1日~2月3日

  • 耶蘇受難節(レント):4月15日

  • 復活節翌月曜日(イースターマンデー):4月16日

  • 労働節(メーデー):5月1日

  • 仏誕節:5月9日

  • 端午節:6月3日

  • 香港特別行政区成立記念日:7月1日

  • 中秋節の翌日

  • 国慶節:10月1日

  • 重陽節:10月4日

  • クリスマス:12月25日

    クリスマス翌平日:12月26日~12月27日(振替休日)

by Trip.com-JP

2022年香港の祝日・休日

香港 祝日の注意点

一国二制度(中国の一部である香港に、中国本土とは異なる制度を適用することを指す)のため、香港の祝日は中国本土と若干異なります。

中国本土の祝日は香港も適用しています。正し、旧正月(春節)は3日間のみのようです。

イギリス管理する時の祝日も適用されています。例えば、クリスマスは休みです。

旧暦を使用しているため、毎年変わる祝日もあれば、固定の祝日もあります。

元旦

新暦の元日。1年のはじまりを祝う日。大晦日から1月1日にかけて、盛大なカウントダウンのイベントが行われる。香港では新正月よりも旧正月のお祝いを重視するため、この日はショップやレストランなどは通常営業しているところが多い。例年この日には、香港文化中心前などで「ドラゴン&ライオンダンス祭」と呼ばれるカラフルな龍や獅子舞のアクロバティックなパフォーマンスが行われる。

春節(旧正月)

旧暦の元日。香港では一般的に新暦の元日よりも、旧正月を盛大に祝う。日本の正月と同じように、「盆菜(プンチョイ)」と呼ばれるおせちのような縁起のいい料理を食べたり、「利是(ライシー)」と呼ばれるお金を配ったりする習慣がある。またナイトパレードや花火大会など、華やかなイベントが開催される。旧正月の1~2週間前ごろから開催されるフラワーマーケットで、おめでたい花や木を買うのも香港では恒例の正月行事。

清明節

太陽の黄道上の位置から1年を24分割する中国の伝統的な季節区分、二十四節気のひとつ「清明」を祝う日で、春分から15日目に当たる。祖先を敬う重要な祝日。この日には、日本のお盆のように多くの家族・親戚一同が集まって先祖供養のために墓参りをし、墓の掃除や草むしり、墓碑の手入れなどをしたあとにお供え物をするのが恒例。そのため「掃墓節」(Sao Mu Jie)とも呼ばれている。

耶蘇受難節(レント)

聖金曜日(Good Friday)。キリストが十字架で処刑された日で、イースター(Easter Sunday)の2日前の金曜日。イースターは、十字架にかけられて亡くなったイエス・キリストが3日目に復活したことを記念するキリスト教でも重要な祭り。イギリス植民地時代から続く祝祭日のひとつとして、香港でも聖金曜日からイースターの翌日の月曜日までが祝日となる。香港ではイースターにちなんだイベントが数多く行われる。

復活節翌月曜日/イースターマンデー

イースター(Easter Sunday)の翌日の月曜日。イースターは、十字架にかけられて亡くなったイエス・キリストが3日目に復活したことを記念するキリスト教でも重要な祭り。イギリス植民地時代から続く祝祭日のひとつとして、香港でも聖金曜日からイースターの翌日の月曜日までが祝日となる。香港ではイースターにちなんだイベントが数多く行われる。

労働節/メーデー

労働者が一致団結して権利の要求活動を行なう日で、アメリカの労働者のストライキに起源する。英国から中国へ返還された翌々年(1999年)から中国全土に倣って香港でも祝日となった。香港では例年各地でさまざまな抗議運動や集会、デモが行なわれ、香港島の銅鑼灣のビクトリアパークから湾仔、セントラル周辺にかけては交通規制が敷かれることもある。例年は5月1日だが、日曜日にあたる場合は翌日が振替休日となる。

仏誕節

旧暦の4月8日、釈迦仏の誕生日。英国から中国へ返還された翌々年(1999年)に制定された祝日で、例年4月の最後の週から5月のいずれかの日にあたる。仏教徒が多くいる香港では、寺院に参拝して仏像に水をかける習わしがある。また、香港内の寺などでさまざまな祝賀行事が行なわれ、なかでも世界最大級の仏像があるランタオ島の寶蓮禅寺(ポーリン寺)で行われる祭事が有名。

端午節

旧暦の5月5日。例年6月中旬から下旬ごろにあたる。この日の起源として有力な伝説は楚の時代に詩人・政治家として活躍した屈原(くつげん)にまつわるもので、この日に自死したとされる屈原の魂を鎮める祭りが開かれる。笹の葉に包まれた「粽(ジョン)」と呼ばれる中華ちまきを食べる風習がある。また、この日は「龍船節(ドラゴンボート・フェスティバル)」とも呼ばれており、各地で手漕舟によるレースが開催される。

香港特別行政区成立記念日

1997年7月1日に、香港がイギリスから返還され、中国の「特別行政区(Special Administrative Region)」となったことを記念する日。毎年この日の朝には、香港の中心地・湾仔(ワンチャイ)にある香港コンベンション&エキシビジョンセンター前の返還記念碑にて、区旗掲揚の記念式典が行われるほか、各地で盛大な花火大会やセレモニーが開かれる。

中秋節の翌日

旧暦の8月15日。中華圏では三大節句とされる「中秋節」の翌日。中秋節の夜には家族が一堂に会して食事をし、家族の幸せを願って月見をしながら月餅を食べる習慣があり、その翌日は祝日となっている。各地では中秋節から翌日にかけて提灯カーニバルが開かれるほか、大坑(タイハン)では「中秋舞火龍(ファイヤードラゴンダンス)」と呼ばれる、無数の線香で作られた巨大な「火龍」が街を練り歩く催しが開催される。

国慶節

中華人民共和国の建国記念日で、10月1日にあたる。1949年10月1日、天安門広場で毛沢東が中華人民共和国の建国を宣言したことに由来する。中国ではこの時期に1週間ほどの大型連休となるが、香港ではこの日のみが休みとなる。毎年ヴィクトリア湾では大規模な記念の花火が打ち上げられるほか、ヴィクトリア・ハーバーでは記念の海上パレードが盛大に開かれる。

重陽節

旧暦の9月9日。例年10月中旬ごろにあたる。「9」が重なる日なので「重九節」とも呼ばれており、陰陽思想から「陽と陽が重なる日」という意味もある。2000年以上前から続く祭日と言われており、家族で山登りをして景色を楽しんだり、菊花酒を飲み、蒸し菓子を食べたりする風習がある。また清明節と同様、お彼岸の意味もあるため、家族そろって墓参りをする。最近では、敬老の日としての意味合いも定着している。

クリスマス

イエス・キリストの降誕を祝う日。中国語では聖誕節と呼ばれる。香港には仏教や道教の信者が多く、キリスト教信者は人口の10%前後と言われているが、長くイギリスの統治下にあった背景からクリスマスも祝日となっている。クリスマスシーズンにはイルミネーションのほか様々なイベントが開催され、盛大に祝われる。当日が日曜にあたる場合、クリスマスから2日目の平日が休みとなる。

クリスマス翌平日(ボクシング・デー)

クリスマスの後の最初の平日で、香港ではこの日も祝日となっている。クリスマスに仕事で家族と過ごせなかった人のために定められた、イギリスと旧イギリス植民地の多くで残る伝統的な祝日。教会が貧しい人たちのために寄付を募ったクリスマスプレゼントの箱(box)を開ける日であったことに由来する。イギリスなどと同様に、香港でもこの日に各店舗で大型セールが開催される。

香港の入国制限について

制限詳細

「Come2hk Scheme」による隔離不要な入境

広東省またはマカオ特別行政区から渡航する香港の非居住者は、「Come2hk Scheme」と呼ばれる特別な隔離不要の入境対象となる場合があります。この制度を利用する人は、到着予定日までの14日間、広東省またはマカオ特別行政区以外の場所、および新型コロナウイルス感染症の「危険性がある(at-risk)」とされる地域を訪れることはできません。上記いずれかの場所で隔離を行った期間は、この制度の対象とはなりません。「Come2hk Scheme」を利用して渡航予定の人は、出発前にオンラインで申請し、予約確認を受け取る必要があります。深セン湾口岸経由の1日の予約上限は1,000人、港珠澳大橋経由の1日の予約上限は1,000人です。全ての予約は先着順に割り当てられ、譲渡することはできません。予約が確定している渡航者は、新型コロナウイルス核酸検査の陰性証明(出発時点において、発行から3日以内のもの)を携行する必要があります。越境管理地点に到着時、渡航者は有効な渡航書類、「Come2hk」の予約確認書、および核酸検査の陰性証明を提示する必要があります。追加情報は次のURLにてご確認いただけます:https://www.coronavirus.gov.hk/eng/come2hk-scheme.html

特定カテゴリの地域対象の入境方針

海外の地域から渡航する全ての非居住者は、香港特別行政区への入境が禁止されています。この方針は到着の14日前までに香港当局により承認された新型コロナウイルスワクチンを、規定回数完全に接種済みの非居住者で、到着予定までの21日間に、香港当局が新型コロナウイルス感染症の「高リスク」と見なす海外の地域を訪問していない人には適用されません。

「高リスク」地域

到着予定までの21日間に次の「高リスク」とみなされる地域を2時間以上訪問した全ての人(香港居住者を含む)は香港への入境が禁止されています:アルジェリア、アルバニア、アンゴラ、アルゼンチン、アルバ、オーストラリア、オーストリア、バーレーン、バングラディシュ、ベラルーシ、ベルギー、バルミューダ、ボツワナ、ブラジル、ブルネイ・ダルサラーム、ブルキナファソ、カンボジア、カナダ、ケイマン諸島、チリ、コロンビア、コスタリカ、クロアチア、キューバ、キュラソー、キプロス、チェコ共和国、コンゴ共和国、デンマーク、ドミニカ共和国、エクアドル、エジプト、エストニア、エスワティニ、エチオピア、フィジー、フィンランド、フランス、ジョージア、ドイツ、ガーナ、ジブラルタル、ギリシャ、グアドループ、ガーンジー島、ハンガリー、アイスランド、インド、インドネシア、イラン、アイルランド、イスラエル、イタリア、ジャマイカ、日本、ヨルダン、カザフスタン、ケニヤ、コソボ、クウェート、ラトビア、レバノン、レソト、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マラウイ、マレーシア、モルディブ、マルタ、モーリシャス、メキシコ、モンテネグロ、モロッコ、モザンビーク、ミャンマー、ナミビア、ネパール、オランダ、ニュージーランド、ナイジェリア、北マケドニア、ノルウェー、オマーン、パキスタン、パレスチナ、パナマ、パラグアイ、ペルー、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、カタール、レユニオン島、ルーマニア、ロシア、ルワンダ、セントマーチン島、サウジアラビア、セネガル、セルビア、シエラレオネ、シンガポール、スロバキア、スロベニア、南アフリカ、韓国、スペイン、スリランカ、スウェーデン、スイス、タンザニア、タイ、トーゴ共和国、トリニダード・トバゴ共和国、チュニジア、トルコ、ウガンダ、ウクライナ、アラブ首長国連邦、英国、米国、ベトナム、ザンビア、ジンバブエ。この方針は香港居住者で、到着予定日の14日前までに香港当局により承認された新型コロナウイルスワクチンを、規定回数完全に接種済みであることを示すワクチン接種証明書を携行する人には適用されません。これに該当する人は新型コロナウイルスのポリメラーゼ連鎖反応(PCR)による核酸検査の陰性証明(出発時点において、発行から48時間以内のもの)を携行し、指定隔離ホテルでの21泊以上の予約確認書(英語または中国語)も携行する必要があります。到着後、上記の人は21日間の隔離を行い、隔離期間中に6回の個別の新型コロナウイルス検査を受け、隔離期間終了後7日間の自己健康観察を追加で行い、香港到着後26日目に最終の新型コロナウイルス検査を受ける必要があります。この方針は香港到着予定までの21日間に、アンゴラ、ボツワナ、エスワティニ、エチオピア、カザフスタン、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、ナイジェリア、南アフリカ、英国、米国、ザンビア、ジンバブエを訪れた人には適用されません。これに該当する人は、「竹篙湾検疫センター(Penny's Bay Quarantine Centre)」にて4日間の隔離を行い、新型コロナウイルス検査を毎日受ける必要があります。4日経過後、陰性結果が確認された人は、全21日間の隔離のうち残りの17日間を、上記の方針に応じて指定隔離ホテルにて行うことができます。

その他の海外地域

海外の地域または台湾から出発する航空便で到着する全ての人で、別の海外の地域に移動するために香港特別行政区で乗り継ぎを予定している人は、新型コロナウイルスポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査の陰性証明(出発時点において、発行から48時間以内のもの)の携行が必要です。予防接種が完了した非居住者でその他の海外の地域から到着する人は、ワクチン接種証明書と新型コロナウイルスのポリメラーゼ連鎖反応(PCR)による核酸検査の陰性証明(出発時点において、発行から48時間以内のもの)を携行し、指定隔離ホテルでの14日以上の予約確認書(英語または中国語)を携行する必要があります。到着後、上記の人は14日間の隔離を行い、隔離期間中に3回の個別の新型コロナウイルス検査を受け、隔離期間終了後に7日間の自己健康観察を追加で行い、香港到着後16日目と19日目に新型コロナウイルス検査を受ける必要があります。香港当局から承認された検査機関より、到着までの91日間以内に発行された承認済みの血清学抗体検査を携行する非居住者は、隔離期間を7日間に短縮することができます。これに該当する人は、隔離期間中に2回の個別の新型コロナウイルス検査を受け、隔離期間終了後に7日間の健康自己観察を追加で行い、香港到着後9日目、12日目、16日目および19日目に検査を受ける必要があります。ワクチン未接種で上記の地域から到着する香港居住者は、新型コロナウイルスのポリメラーゼ連鎖反応(PCR)による核酸検査の陰性証明(出発時点において、発行から48時間以内のもの)および指定隔離ホテルでの21泊以上の予約確認書(英語または中国語)を携行する必要があります。到着後、上記の人は21日間の隔離を行い、隔離期間中に6回の個別の新型コロナウイルス検査を受ける必要があります。

中国本土、マカオ特別行政区および台湾

海外の地域または台湾から出発する航空便で到着する全ての人で、別の海外の地域に移動するために香港特別行政区で乗り継ぎを予定している人は、新型コロナウイルスポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査の陰性証明(出発時点において、発行から48時間以内のもの)の携行が必要です。ワクチンを完全に接種済みで、香港到着予定日までの14日間に、中国本土、マカオ特別行政区または台湾以外を訪問していない渡航者は、新型コロナウイルスのポリメラーゼ連鎖反応(PCR)による核酸検査の陰性証明(出発時点において、発行から48時間以内のもの)を携行し、指定隔離ホテルでの7泊以上の予約確認書(英語または中国語)を携行する必要があります。到着後、これに該当する人は7日間の隔離と隔離期間中に2回の新型コロナウイルス検査を個別に受け、隔離期間終了後に7日間の健康自己観察を追加で行い、香港への到着9日目、12日目、16日目および19日目に追加で新型コロナウイルス検査を受ける必要があります。上記の地域から到着し、予防接種が未完了の人は新型コロナウイルスのポリメラーゼ連鎖反応(PCR)による核酸検査の陰性証明(出発時点において、発行から48時間以内のもの)と指定された隔離ホテルでの14泊以上の予約確認書(英語または中国語)を携行する必要があります。到着後、これに該当する人は14日間の隔離を行い、隔離期間中に4回の個別の新型コロナウイルス検査を受け、隔離期間終了後に7日間の自己健康観察を追加で行い、香港到着後16日目と19日目に新型コロナウイルス検査を受ける必要があります。

「Return2hk Scheme」による隔離不要な入境

中国大陸から帰還する香港居住者は、到着までの14日間に中国本土の新型コロナウイルス感染症の「リスクあり」とみなされる地域を訪れていない場合に限り、「Return2hk Scheme」に基づく特別な隔離不要入境の対象となる場合があります。居住者は出発前にオンラインで予約を行い、確認書を受け取る必要があります。深セン湾港岸経由の1日あたりの帰還者の上限は3,000人、港珠澳大橋経由の1日あたりの上限は2,000人、香港国際空港経由の1日あたりの上限は1,000人です。全ての予約は先着順に割り当てられ、譲渡することはできません。「Return2hk Scheme」を利用予定の人は、香港政府認定の検査機関による新型コロナウイルス逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)検査の陰性証明(出発時点において、発行から48時間以内のもの)を取得する必要があります。入境地点への到着後、「Return2hk Scheme」を使用して香港へ渡航する居住者は有効な香港特別行政区身分証明書、「Return2hk Scheme」予約確認書、RT-PCR検査の陰性証明を提示する必要があります。詳しい情報は次のURLよりご確認いただけます:https://www.coronavirus.gov.hk/eng/return2hk-scheme.html

到着後の検査と検疫

香港国際空港に到着する無症状の人は全て、指定の場所にて新型コロナウイルス検査の対象となります。全ての人は、施設内で検査結果を待つ必要があります。検査結果が陰性の場合、自宅または指定隔離施設に直接向かう方法に関する案内があり、そこで強制隔離を完了する必要があります。

強制隔離要件は次のいずれかのカテゴリーに属する越境渡航者には適用されません。

1) 香港の通常の運営に必要な商品またはサービスの提供に必要な人、または香港の人々の日常のニーズに必要な人。

2) 政府の運営に必要な人。

3) 香港の人々の安全または健康に必要な人、または公衆衛生上の緊急事態に対処するために必要な人。

4) 保育園、幼稚園、初等・中等教育など、香港の教育条例(Cap279)に登録されているいずれかの学校で教育を受けている人、または上記の教育を提供している人、またはこの条項に概説されている目的のために香港へ到着する人が安全に渡航するために必要な人。

5) 入国が香港の公益に役立つとみなされる人。

6) 香港の経済発展に寄与するとみなされる、製造事業、事業活動、または専門的なサービスの提供に関する目的で渡航する人。

強制隔離の要件は、外国から到着する人で、次のいずれかのカテゴリーに属する場合は適用されません。

1) 香港の通常の運営に必要な商品またはサービスの提供に必要な人、または香港の人々の日常のニーズに必要な人。

2) 政府の運営に必要な人。

3) 香港の人々の安全または健康に必要な人、または公衆衛生上の緊急事態に対処するために必要な人。

4) 入国が香港の公益に役立つとみなされる人。

承認済みのワクチン、公式隔離ホテルおよび隔離の免除に関する詳細は次のURLよりご確認いただけます:https://www.coronavirus.gov.hk/eng/inbound-travel.html

免責事項:この記事はグローバルブログプラットフォームが所有し、著作権は原作者に帰属しております。もし著作権者の著作権を侵害した場合、お知らせください。できる限り、早くコンテンツを削除します。



免責事項:この記事はグローバルブログプラットフォームが所有し、著作権は原作者に帰属しております。もし著作権者の著作権を侵害した場合、お知らせください。できる限り、早くコンテンツを削除します。