【滁州フリープラン】2023滁州日帰り旅行ガイド!滁州モデルツアーコース

ライターのプロフィール写真

by Trip.com

1日目 | 午前

龍興寺

営業時間: 営業 9:00-16:00

チケット価格: 30 RMB

おすすめ滞在期間: 1-1 時間

場所: ジョ州市 鳳陽県

鳳陽市北部の鳳陽山の鳳凰峰の下にある隆興寺は、朱元璋(西暦1383年)の16年目に建てられ、明代の皇室でした。その前身は朱元璋が僧侶になって仏陀を祀った朱元璋で、明代の創始皇帝である朱元璋の発祥の地であり、朱元璋全体と関係があり、何百年もの間中国の有名な寺院。 1981年に、安徽省の主要な文化的遺物保護ユニットとしてリストされました。寺院が最初に建てられたとき、それは大規模で、1282.5ムーの面積をカバーしていました。さらに、朱元璋による隆興寺の碑文と王室の「最初の山」の記念碑は、隆興寺の威厳をさらに高めました。当時、「梵天寺の西安龍水山」や「梵天王宮は世界に立っている」と言われる方もいらっしゃいました。 600年以上の変遷の後、隆興寺のほとんどの建物はさまざまな程度で損傷を受けています。しかし、その廃墟とレイアウトは依然として壮大であり、生き残った文化的遺物と建物の構成要素のいくつかは、その勢い、サイズ、規模を確認するのに十分です。ホールの外には4つの巨大な銅製の壺があり、僧侶が料理に使っていると言われています。過去の僧侶の群れを想像するのは難しいことではありません。東側と西側には古代のイナゴの木があります。ホールの正面。王宮の証人として鐘を鳴らします。 1992年以来、鳳陽県は九華山の仏教徒コミュニティの支援を受けて、弥勒菩薩ホール、大雄ホール、朱元璋ホール、地蔵菩薩ホール、チベット経館、両側の瞑想室、法廷を建設するために1,000万元以上を投資してきました。当初は200室以上の部屋がスケールを形成し、過去の香が復元されました。隆興寺は江淮地域の重要な仏教寺院になりました。

1日目 | 午後

龍興寺を満喫したあとは、近くの譲泉を訪れてみましょう。

譲泉

営業時間: 営業 6:30-18:00

チケット価格: 無料

おすすめ滞在期間: 30-30 分

「酔っぱらいのパビリオン」は次のように書いています。春は石でできています。プール、プールへの水、そして渓流への水。プールは3フィート四方で、深さは約2フィートです。池には、清朝康熙帝40年に国王によって建てられた「蘭泉」と書かれた碑文があります。湧き水の温度は一年中ほとんど変化せず、摂氏17度か18度に保ちます。湧き水は「大合のように甘く、ガラスのように明るい」ので「ガラスの泉」とも呼ばれます。

*ユーザーのレビューは自動翻訳によるものです。

免責事項:この記事はグローバルブログプラットフォームが所有し、著作権は原作者に帰属しております。もし著作権者の著作権を侵害した場合、お知らせください。できる限り、早くコンテンツを削除します。
>>>
滁州日帰り旅行プラン