JP
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨
ヘルプ
日本国内 0120 925 780 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
国際電話 +86 513 8918 6112 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
App
無料アプリをダウンロード

オンライン旅行業界のパイオニア

米国NASDAQ上場のハイテク企業

最良のおもてなし

365日対応 安心の日本語サポート

国際ネットワーク

200を超える国と地域、120万軒以上のホテル&5,000都市以上の航空路線

北京の送迎ホテルのご案内

北京の観光情報

北京の基本情報

気候

北京は北緯40度くらいにあり、日本でいえば秋田県や岩手県と同じくらいの緯度に位置します。

北京は大陸性の乾燥した亜寒帯気候で、春や秋の過ごしやすい季節はとても短いです。北京の観光のベストシーズンは10月の秋になります。春は黄砂が飛んだり、柳の綿毛が舞ったりして外出が大変なこともあります。春の時期に行くのであれば、マスクを用意していくといいでしょう。

北京の冬は-10℃程度を超える寒さになる日があり、雪は少なく非常に乾燥します。一方、夏は湿度が高く35℃以上の暑さになり、特に7~8月の北京は東京並みに雨が降ります。大陸性気候のため、夏の時期であっても朝晩に冷え込むことがあり、羽織るものを用意してもよいでしょう。

街の様子

北京は中世の頃から首都として栄えた歴史のある都市で、遺跡や史跡、歴史的建造物が数多くあります。中国や東アジアの歴史に興味があるならぜひ訪れて頂きたいです。

改革開放による近代化を推し進め、経済力をつけた中国は、2008年の北京オリンピックに向け都市開発とインフラ整備を進めました。現在の北京は高層ビルも立ち並ぶ国際都市になり、都心部は政治経済の中心として機能しています。

整然とした都心から少し外れると、伝統芸能のシアターや中国の伝統品を販売する商店がある下町エリアを楽しめます。各国大使館が多い国際商業地区は流行の最先端を行く高級エリアで、今どきの中国をチェックできるでしょう。

交通情報(アクセス)

北京へは主要空港から多数の直行便が毎日飛んでおり、好きな時にいつでも気軽に行けます。なかには中国の都市(上海や大連)を経由する便もあります。国際便ですが、直行便は国内旅行並みの3時間前後で到着します。

羽田空港や成田空港、関西国際空港、名古屋の中部国際空港、札幌の新千歳空港からは北京行きの便が毎日運航されています。地方都市でも仙台空港や広島空港、那覇空港からも定期便が週に2~5便就航しています。

北京の観光情報グルメ

有名な食べ物

北京で有名な食べ物として一番にあげられるのは「北京ダック」です。北京ダック専門店の老舗レストランの「便宜坊」「全聚徳」が有名で、観光客も気軽に食べに行けます。最近人気の北京ダックは「大董」の北京ダック。こってりした伝統の味ではなく、現代人の口に合う「香ばしくパリッと脂っこくない」風味です。立地もよく、お店の内装もスタイリッシュ、おしゃれに北京ダックをいただけます。

北方に位置する北京では、米より小麦で作る饅頭や水餃子が代表的な主食です。饅頭は日本の蒸しパンに相当しますが、それよりずっと大きく、具は入っていません。同じ蒸し料理でも、上海や香港では軽食用の小さい点心になるのに対し、北京では主食なのでかなりボリュームがあります。水餃子は中に入れる餡の種類が豊富で、おなじみの豚肉と野菜の定番具材から、具たくさんの五宝や五福、トマトと卵だけの肉がない餡もあります。餃子専門店ではバラエティーに富んだ餃子をいただけます。

特有の食べ物情報

北京では清朝の贅沢な宮廷料理「満漢全席」を市中のレストランでいただくことができます。宮廷の宴席で供されていた美食の数々を眼前に全て並べたさまは圧巻です。専門店では宮廷衣装を身にまとったスタッフや清朝の家具も配されており、料理だけでなく、当時の宮廷の雰囲気も味わえます。

北京料理の「涮羊肉」は、モンゴルをルーツとする羊肉のしゃぶしゃぶ料理。日本ではしゃぶしゃぶはふつう牛肉ですが、北京では羊肉が多く用いられます。羊肉をスープ入りの鍋に10秒間ほどしゃぶしゃぶして、ゴマだれをつけていただくのが伝統的な食べ方です。定番の「鮮羊肉」と野菜の盛り合わせを頼んだり、羊の脚肉をいただくのもいいでしょう。厳選された羊の後ろ脚の霜降り肉はとても美味でおすすめです。

北京の観光スポット

有名な観光地情報

北京は長い歴史の中で数多の王朝の舞台となり、数々の遺跡や史跡があります。なかでも、北京で有名な観光地である万里の長城や紫禁城を紹介します。

万里の長城は紀元前7世紀から明の時代まで2,000年以上にわたり建造され、現存する城壁は総延長6,000kmに及びます。北京近郊の長城は石やレンガの重厚な造りで二重に築かれています。そのほか監視台や狼煙台(ほうかだい)が均等に分布し、建築的な造形美も垣間見えます。

紫禁城は中国では故宮と呼ばれており、15世紀初めの明の時代に創建した後、清に再建され現在に至っています。紫禁城はほぼ左右対称の構造で、南半分は公の政務を執り行う場の「外朝」、北半分は皇帝一族の私的スペースの「内廷」に分かれています。太和殿は特に皇帝の権威を示す重要な建造物で、大きな広場の中央に佇んでいる様子にただただ圧倒されます。

観光地を巡る際に必要な費用の相場

個人で観光地を巡る場合、交通手段には鉄道やバス、タクシーチャーターの3つの方法があります。

2008年の北京オリンピックを機にインフラが整備されたため、公共交通機関を利用して気軽に各地を訪れることができるようになりました。北京での代表的な移動手段は鉄道です。

北京市街地や近郊であれば地下鉄が利用でき、料金は距離制で初乗り約50円からです。ただし、空港行きの路線は約400円となります。また、地下鉄は乗車前に荷物のX線検査やボディーチェックがあるため、携行品には注意してください。

北京郊外の観光地、例えば万里の長城であれば、北京市郊外鉄道を利用します。北京市郊外鉄道は地下鉄で行けない郊外まで路線が敷設されていて、一駅約80円、二駅以上は約100円の均一料金です。

北京のホテル事情

北京のホテル料金の相場

他の観光エリアと比較して高いのか?安いのか?

北京は中国の首都で歴史のある人気の観光地、さらに国内屈指の経済都市のため物価も高いです。したがってホテル料金も中国の近隣の観光地に比べると割高になります。

例えば、北京行きの便の経由地になる大連では、ホテル料金は北京の2割から半額程度になります。

また、北京からほど近い天津のホテルはさらに安く、おおむね数千円から7,000円前後と非常にリーズナブルです。

北京のホテル料金の相場

北京のホテルは立地や規模、ホテルのクラス、泊まる時期によって料金が変わってきます。

平均的な北京のホテル(3つ星から4つ星)の料金相場はおおむね4,000円弱から15,000円程度です。

おすすめのホテル

人気のホテル

宿泊者から評価の高い、北京の人気ホテルを3軒紹介します。

・オリエンタル ガーデン ホテル

観光客が滞在しやすいエリアにあり、空港から地下鉄空港線で乗り換え不要で行けます。

・パーク プラザ 北京 ワンフージン

北京市中心部の最高のロケーションでどこに行くにも便利なホテルです。

・インナー モンゴリア グランド ホテル

中国の内モンゴル系のインターナショナルホテルで、北京の中心にありながらリーズナブルなところが人気です。

空港から近いホテル

北京の首都国際空港は、市の中心部から25kmほど北東にあります。

トランジットなどでちょっと北京に泊まりたい場合や、北京出張にもおすすめのお得なホテルを3軒紹介しましょう。

・デイズ ホテル ベイジン ニュー エキシビジョン センター

国際空港や中国国際展覧センターに近くて、評価も高いビジネスホテルです。

・ワンスー ホテル(Wansi Hotel)

リーズナブルなビジネスホテルながら、内装は高級感や清潔感があり使いやすいです。

・メディチ ホテル(Medici Hotel)

宿泊料金が安く、無料の送迎バスもあってトランジットにおすすめです。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、記載した金額は変動する可能性がありますので、目安としてご参考ください。

全文表示 閉じる
エリア:
朝陽区 東城区 海淀区 西城区 懐柔区 密雲県 順義区 昌平区 豊台区 延慶県 大興区 房山区 平谷区 石景山区 通州区 門頭溝区 更に表示 閉じる
Trip.comは、Ctrip.com (Hong Kong) Limited のグローバルブランドです。Ctripは世界最大級のオンライン旅行会社です。
Ctrip Skyscanner Trip