おすすめホテル

よくあるご質問:

カンクンのホテルのご案内

カンクンメキシコ

カリブ海の有名ビーチ・リゾートとして多くの人に知られているメキシコの都市、カンクン。カンクンのビーチは上から見るとL字になっていて、海に囲まれている景色は無人島にも勝る美しさと言われるほどです。カンクンは世界のトップ10に入る人気のビーチです。カリブ海の陽射しを感じながら、長さ20km、幅400mの美しい白砂のビーチで過ごす休暇はトップ・レベルとしか言えません。メキシコのカンクンは、メキシコ南東部のカリブ海沿岸、ユカタン半島の先端に位置しています。島全体は蛇行で、ユカタン半島の北部と南部をつなぐ橋のようになっています。カンクンは元々300人前後の人里離れた孤独な漁村でした。1970年にメキシコ政府の先導でリゾート地として開発するために3億5000万ドルを投資し、スーパーリゾート地が造られました。1975年には、観光客の呼び込みが始まりました。今では、カンクンを訪れる観光客が年間約2億人という、国際的にも有名な観光地として知られる程になりました。メキシコ政府は、「マヤの世界」を観光客に知ってもらえるようユカタン半島全体を観光地として開発しました。カンクンは大きく3つの、国際空港、都市部、カンクンホテルゾーンに分けられます。カンクンに船で行きたい場合は、キンタナ・ロー州の「Puerto Juarez(プエルト・フアレス)」を利用することになります。都市部に住んでいる人たちは、観光地を栄えさせるため貢献しています。

 1年を通して95%の日照率を誇るカンクンの緯度は、日本の宮古島とほぼ同じで平均気温は27℃~28℃と温暖な気候です。乾季にあたるのは12月から4月で雨季は5月から11月となります。雨季は、スコールや通り雨がほとんどで、1日中雨が降り続くことは少ないです。雨が上がった後には綺麗な虹が見ることもあります。ベストシーズンは乾季にあたる晴天の日が多く、海の透明度も高い12月~4月と言われています。11月~3月は海に入ることは出来ますが、比較的水温も冷たくなりますのでビーチリゾート目的でのベストシーズンは4月~8月です。観光重視であれば、11月~4月がおすすめです。

 観光客の3分の1は、カンクンを拠点にしてカンクン周辺のユカタン半島のマヤ遺跡を観光する人も多いようです。1980年に建てられた、「カンクンコンベンションセンター」は現代カンクンのシンボルになっています。ホテルゾーンは、もともと自然にあった地形を生かしつつカンファレンスセンターをもとに造られていて、街並みはマイアミビーチの街並みと似ているそうです。アメリカでも人気の高いホテルが、海岸沿いに次々とオープンし、それぞれのホテルには専用ビーチやゴルフコースなどの施設が充実しているホテルばかりです。アメリカからマイアミに行くのとほぼ同じ距離でカンクンビーチ、ホテルゾーンに行くことができます。カンクンはマイアミと自然やリゾート施設などの違いはほとんどありません。でも、カンクンの方がはるかに物価が安いので、米国からだけではなく世界中の多くの観光客が集まるようになりました。

 カンクンには、サンミゲリート遺跡を訪れる事で、マヤの文化と遺跡について触れることができます。さらに、カンクンから130キロほど行ったところにあるトゥルム遺跡は、メキシコでも最も完全に近い状態で古代の物が保存されているそうです。

 カンクンのホテルの中には、スタイルも様々でカラフルなホテルが建ち並んでいます。その中でも、フォー ポインツ バイ シェラトン カンクン セントロ (Four Points by Sheraton Cancun Centro)は6階建てのピラミッド形の建物で、そこで南北会議が行われたと言われています。カンクンのホテルに泊れば、今まで経験したことの無いような完璧な休暇を体験できます。

サンゴからできた美しい白砂の海岸が続くカンクンの砂浜は、毛布の様に柔く、翡翠より白いいことから、「ホワイトビーチ」「パールビーチ」「タートルビーチ」「ロブスタービーチ」などと呼ばれています。ビーチには、マヤ風のパビリオンやヤシの葉屋根で石の重しがしてある屋台などがあり、カンクンのビーチを堪能する事ができます。

閉じる

カンクン ホテルの口コミ情報