JP
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨
ヘルプ
日本国内 0120 925 780 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
国際電話 +86 513 8918 6112 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
App
無料アプリをダウンロード

オンライン旅行業界のパイオニア

米国NASDAQ上場のハイテク企業

最良のおもてなし

365日対応 安心の日本語サポート

国際ネットワーク

200を超える国と地域、120万軒以上のホテル&5,000都市以上の航空路線

セブのホテルガイド

セブ フィリピン

セブはその素晴らしい気候と、澄みきった水、そして柔らかな砂浜で別名「エデンの島」とも呼ばれています。日差しに包まれてとビーチで休暇を過ごしたい人には、ぴったりのパラダイスです。海岸沿いは、リゾート地になっていて、豪華なファーストクラスホテル、レストラン、エンターテイメントを楽しめる場所、ショッピングエリア等いろいろな施設が揃っています。

特に、綺麗な水、美しい珊瑚、そして一年を通して穏やかな気候のセブは、ダイバー達にとって夢の楽園です。さらにダイビング用の装備も揃っていますし、プロのダイビングコース、スリル満点ダイバーのための海底世界ツアーなどワクワクせずにいられません。マクタン島やモアルボアルは見逃せません。セブは歴史を感じさせる建物や場所が随所に残されています。セブは、現代の首都であるマニラよりも古い、フィリピン最初期の植民都市です。そして、ビサヤ諸島の政治・文化・交易・教育の拠点であることから『Queen City of the South』(南部の女王都市)の異名があるほどです。

1521年、フェルディナンド・マゼランはスペインから南アメリカ大陸へと航海し、途中で思いがけず美しいこの島を発見しました。今では、7000以上の島でなっているフィリピンのなかでも、セブは人気の一番高い観光地として発展してきました。

フィリピン中部、ルソン島とミンダナオ島にはさまれた海域にある島々が、ビサヤ諸島です。中心都市は、フィリピン第2の大都市圏「メトロ・セブ」の中核であるセブ市です。セブの市域は315km2 、人口70万人です。セブ市、マンダウエ市、ラプラプ市の総人口は約110万人ほどでセブ島が成り立っており、ビサヤ諸島の経済的中心地です。

セブ市はフィリピンの宗教・文化の中心の一つです。特に、町の一番のシンボルは「マゼラン・クロス」です。現代では、十字架に触ろうという人が多すぎて今は八角形の聖堂がかぶせられています。これは、フェルディナンド・マゼランが世界一周航海の途中、1521年にフィリピン諸島に上陸した時に作られたものです。また、守護聖人サント・ニーニョ像(幼いイエス・キリスト像)が掲げられているサントニーニョ教会は世界的にも有名です。1月の第三日曜日には通りをダンサー達が練り歩く盛大なシヌログの祭典が催されます。

セブ島は1年を通して暖かく、平均気温は26.5℃。1年中半袖で過ごせる気候です。セブは雨季と乾季に分かれており、雨期になるとスコールと呼ばれる強い雨が3~4時間おきに降ります。スコールと聞くと長時間の豪雨を想像するかもしれませんが、セブ島のスコールは、1時間程度で止みます。一般的に乾季が11月から5月で、平均最高気温は37℃前後です。雨季の6月から10月の中でも、9~10月が台風シーズンですが、基本的にマニラのルソン島中心に台風が発生するため、セブ島では大きな影響を受けることはありません。セブ島には、強めの雨と強風、雷などに気をつけていれば大丈夫です。

セブ観光のベストシーズンは、乾期にあたる12月から5月です。この時期は快晴の日が多く気温も高い傾向にあります。4月から5月は特に、波も穏やかな日が多いため、セーリングやシュノーケリング、その他の海水浴を楽しむのにはベストです。

ぜひ、この時期にセブへ旅行してリゾートでゆったり気分を味わってください。

多くのホテルは、観光客のとっても便利な交通手段の見つけやすいエリア、セブ市に集中しています。ぜひお気に入りのホテルを見つけて素敵な休暇を過ごしてください。

全文表示 閉じる
エリア:
更に表示 閉じる
日本語
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨