go to トラベルキャンペーン go to トラベルキャンペーン

Go Toトラベル キャンペーン対象商品について

このマークが付いている商品はGo Toトラベル キャンペーン対象商品になります。表示価格は割引料金が適用されています。 ※1月7日(木)、政府より東京・埼玉県・千葉県・神奈川県を対象とした緊急事態宣言が発令されました。それに伴い、同日、Go Toトラベル事業の全国一時停止措置の延長つきまして、Go Toトラベル旅行者向け公式サイトをご覧ください。https://goto.jata-net.or.jp/info/

Go Toトラベル キャンペーン割引金額と上限回数

1予約あたりの合計金額(税込)から最大35%割引となります。ただし、割引上限金額は1人1泊あたり14,000円(税込)となります。期間中、上限回数制限なしで何度でもご利用いただけます。

Go Toトラベル キャンペーンの実施期間

2020年7月30日(木)10:00 ~ 2021年1月31日(日)23:59 ※実施期間は、予告なく変更または中止となる場合があります。あらかじめご了承ください。

Go Toトラベル キャンペーンの注意点

東京都在住の方は9月30日(水)までのご旅行は、Go To トラベルキャンペーン割引をご利用頂けません。
※キャンペーン実施に関する詳細な条件は日々更新されておりますので、​最新情報はGo To トラベル旅行者向け公式サイト にてご確認ください。
さらに表示
閉じる

北谷: 81軒のホテルが見つかりました

よくある質問:

北谷ホテル一覧

北谷の穴場観光情報とホテル・旅館ガイド

北谷の天気(気候)&旅行シーズン

北谷(チャタン)は、沖縄本島中部の西海岸にある町です。那覇市の北方16kmに位置します。亜熱帯性気候に属し、年平均気温は約22℃前後、湿度は75%前後で1年を通じて温暖な気候です。気温は、11℃前後~32℃前後で変化します。

北谷で南国らしい滞在を楽しめる時期は7月~9月頃までです。海開きは4月からですが、北谷の梅雨は5~6月頃。6月下旬には梅雨が明け、10月末までマリンアクティビティを楽しめます。ただ、7月~9月にかけては日差しが強いため、紫外線や熱中症対策をしっかりしておきましょう。また、台風シーズンとも重なるので、雨風への警戒も必要です。台風に遭遇した場合は、飛行機が欠航したり、外出ができなくなったりするため、ショッピングや観光などを楽しみたい場合は、降水量が少なく温暖な10月~12月上旬、および4月がおすすめといえます。

春は20℃を超える日もあり、半袖でも大丈夫ですが、朝晩は冷えるため薄手の上着を用意しておきましょう。冬は14℃~19℃前後で推移しますが、寒い日もあるのでコートが必要です。高温となる夏は、ノースリーブなど通気性のよい服がおすすめですが、室内の冷房がよくきいているため羽織るものが1枚あると便利でしょう。

北谷周辺の空港

北谷の最寄りの空港は、那覇市にある那覇空港です。那覇空港は、那覇市内中心部の西方約5kmに位置しており、アクセスも良好。東京や大阪など日本各地の都市から就航する国内便のほか、北京やソウル、バンコクといったアジア各国への国際便も就航しています。

那覇空港から北谷への主な交通手段は、バス・タクシー・レンタカーです。

那覇空港から北谷エリアを結ぶバスは、1日16便の直行便「カリー観光らくらくバス」や路線バス(名護西空港線)のほか、ヒルトン沖縄北谷リゾートやザ・ビーチタワー沖縄など北谷にある4ヶ所のホテルに停車する「空港リムジンバス」があります。所要時間は1時間~1時間10分ほど、料金は800円程度です。バスは那覇市内のバス停からも乗車可能で、直行便は県庁北口バス停から、路線バスは県庁北口または那覇バスターミナルから、空港リムジンバスは那覇バスターミナルから乗車できます。また、那覇市内からは路線バスの名護西線や読谷楚辺線、読谷喜名線も利用可能です。

タクシーを利用する場合は、那覇空港から国道58号線を北上して約45分、料金は3,500~4,000円程度でしょう。

また、那覇空港からモノレールで約11分、徒歩約5分の場所にある那覇港から、北谷フィッシャリーナに向かう高速船も出ています。1日5往復運航。所要時間は約30分、料金は900円です。

北谷の交通

沖縄には鉄道が通っておらず、路線バスの便数も少ないため、交通手段はタクシーやレンタカーなどがメインとなります。もっとも、北谷の主要な観光スポットである美浜エリア周辺にはホテルが集まっているため、観光やショッピングが目的で移動するなら徒歩でも大丈夫です。世界遺産である「中城城跡」や「勝連城跡」、沖縄本島屈指のドライブルート「海中道路」など、中部エリアの人気観光スポットを巡る場合は、レンタカーのほうが移動しやすいでしょう。

タクシーを利用する場合は、初乗り1.75kmまで560円、以降365mおよび2分15秒走行するごとに70円(時間距離併用制)加算されます。配車サイトを利用すると無料で迎車できる会社もあるので便利です。

また、土日祝日の美浜エリア内では、自動走行する無料の「美浜シャトルカー」がホテルやビーチ、ショッピングエリア間を運行しています。運行時間は16時~21時。定員は5名と少ない印象ですが10分間隔で運行しているため、不便と感じることはないでしょう。

北谷へのアクセス

東京から北谷最寄りの那覇空港まで、羽田からは日本航空・全日空・スカイマークが就航。成田からは日本航空・全日空に加え、LCCのピーチ・アビエーションとジェットスター・ジャパンが就航しています。所要時間は2時間35分~3時間5分、料金は往復12,100円~です。

大阪から那覇空港までは、伊丹空港から日本航空・全日空が就航。関西空港からは全日空・トランスオーシャン航空に加え、LCCのピーチ・アビエーションとジェットスター・ジャパンが就航しています。所要時間は2時間10分~2時間20分、料金は往復11,130円~です。

北谷の物価

北谷の通過単位は「円」です。

北谷の人気ツアーの料金はシーズンによって大きく変動しますが、年間を通した平均価格は2泊3日のツアーで35,000円程度でしょう。7月~8月のレジャーシーズンには大きく値上がりし、60,000円以上になります。10月以降の秋から冬にかけては、平均価格を下回る30,000円前後で落ち着きます。

沖縄の物価は、本土と比べて決して安いとはいえません。沖縄以外の食材や生活消耗品、雑貨などは本土よりも高い場合もあります。観光客の多い飲食店も高くなる傾向ですが、地元の人が多い食堂などは、安くてボリュームもあり満足できるようです。また、タクシー料金は本土よりも安く、気軽に利用することができます。

北谷のホテル相場

北谷のホテルは立地やホテルのクラス、泊まる時期によって料金が変わります。北谷には3つ星以上のホテルが多く、平均的なホテル相場はおおむね1泊1部屋6,377~29,953円とかなり開きがあります。北谷の人気エリアである美浜サンセットビーチ周辺のホテル相場は、おおむね1泊1部屋18,000~65,000円と価格に幅があります。

2つ星以下のホテルでも、ベストシーズンは10,000円以上になることも少なくありません。一方、オフシーズンとなる11月以降(年末年始を除く)は、5つ星や4つ星でも20,000円以下で利用できる場合もあります。

ホテルランクごとの相場

ホテルランク相場
5つ星17,898円~19,847円
4つ星5,677円~17,031円
3つ星3,455 円~4,886円
2つ星2,846円~5,707円

北谷のホテル事情

北谷の治安は?

北谷の治安は、沖縄県のほかの市町村と比べるといくらか良好といえます。とはいえ全体の保障はないため、観光スポットやショッピングモールなど、人が多く集まる場所でのスリやひったくり、置き引きなどには注意しましょう。

また、無用なトラブルを避けるためにも、夜間の外出は控えたほうがよいでしょう。特に女性の1人歩きや、女性だけのグループでの夜間外出は避けることをおすすめします。

北谷の通信環境は?

沖縄では、年々増加している観光客に対応するために、フリーWi-Fiの環境整備が進んでいます。北谷でも「美浜アメリカンビレッジ」をはじめ、ホテルやレストラン、カフェなどでフリーWi-Fiの利用が可能です。しかし、利用できない場所もあるので、どこでも快適に通信したい方はモバイルWi-Fiの携行をおすすめします。お持ちでない方は、那覇空港などでレンタルWi-Fiを申請するとよいでしょう。

現地人がおすすめするホテル

おすすめ高級ホテル

美浜アメリカンカレッジから徒歩5分ほどの「ヒルトン沖縄北谷リゾート」は、364の客室と、県内最大級の屋外プールを擁するリゾートホテル。オーシャンビューのレストランやスパ、フィットネスセンターなど充実した設備が魅力です。

2018年に開業した「ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート」は、ヒルトン沖縄北谷リゾートに隣接するホテルで、それぞれの施設を相互利用できるのが特徴です。フープトップバーでは、美しい夕焼けや満天の星を眺めながら、お酒を楽しめます。

「ザ・ビーチタワー沖縄」は、サンセットビーチに面した24階建てのリゾートホテルです。天然温泉の温浴施設やプールを完備。おむつやミルクの無料サービス、ふれあい動物園など、キッズ向けサービスが充実していて、家族旅行にもおすすめです。

おすすめ格安ホテル

2017年にオープンしたコンドミニアムタイプの「テラスリゾート北谷 WEST」。全14室の客室には電子レンジや冷蔵庫、コンロ、キッチン用品のほか、洗濯機・乾燥機も完備されています。長期滞在でも快適に過ごせるでしょう。「野営住宅前」停留所から徒歩約6分です。

旧海岸倉庫跡地に建つ「アイエン コーヒーアンドホステル」。混合ドミトリーと女性専用ドミトリーのほか、3名まで利用できる個室もあります。淹れ立てのコーヒーやモーニング、軽食、お酒を味わえるバーも併設。ランドリーもあるので長期滞在にも便利でしょう。「第二伊平」停留所から徒歩約6分です。

アラハビーチ近くにある「Mr.KINJO Inアラハスタイル」。全22室の客室には、キッチンや洗濯機を完備。お得な長期滞在プランもあります。6名まで宿泊できるデラックスルームもあり、家族やグループ旅行にもおすすめ。「桑江中学校入口」停留所から徒歩約2分です。

北谷の観光情報

北谷のおすすめ観光スポット

「美浜アメリカンビレッジ」は、アメリカ西海岸の町並みを再現したスポットです。約100軒の店舗が軒を連ねる「デポアイランド」のほか、大観覧車や映画館など、リゾート気分に浸りながらショッピングとレジャーを1度に楽しめます。

隣接する「サンセットビーチ」は、その名の通り、東シナ海に沈むロマンチックな夕焼けが美しいビーチです。ビーチサイドではバーベキューも楽しめます。

アメリカンビレッジの南、車で5分ほどの「アラハビーチ」は、約600mの砂浜が続くビーチです。海水浴のほか、カヤックやパラセール、シュノーケルなど、さまざまなマリンアクティビティを楽しめます。

北谷に隣接する北中城村にある「中城(なかぐすく)城跡」は、中城湾に面した高台にある山城です。15世紀頃に増築された石積みの城壁は貴重で、世界遺産にも登録されています。

北谷の南、宜野湾市にある「ぎのわんトロピカルビーチ」は、通称「トロピー」と呼ばれる中部を代表するビーチです。白浜と海の美しさで知られています。テントを備えたバーベキューエリアや広々とした芝生エリアもあり、1年を通じて楽しむことができます。

北谷の人気グルメ

アメリカンビレッジから徒歩約2分の「しゃぶ邸よろこび」では、沖縄が誇る2大名産肉「アグー豚」「石垣牛」をしゃぶしゃぶやすき焼きで味わえます。チャンプルーやラフテーなど、沖縄の定番料理もおすすめです。

北谷吉原にある「ぱくぱく亭」は、日本で初めてチーズインハンバーグを作ったお店。ステーキ肉に沖縄産のアグー豚と黒毛和牛を加えた自家製ハンバーグは、肉のうまみがギュッとつまって絶品です。ナイフを入れると、たっぷりの肉汁ととろりとしたチーズがあふれ出します。

アメリカンビレッジ内にある「ステーキハウス88 北谷店」は、1960年代のアメリカを感じられるステーキ店です。アメリカンスタイルの豪快なステーキは、インスタ映え間違いなし!石垣牛を使用した、ちょっと高めのステーキも味わえます。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、記載した金額は変動する可能性がありますので、目安としてご参考ください。

閉じる

北谷 ホテルの口コミ情報

4.8/52073レビュー
最安値3,693円
4.7/534レビュー
最安値5,474円
4.7/5196レビュー
最安値1,581円
4.8/5685レビュー
最安値13,460円
4.7/5958レビュー
最安値7,304円
4.9/514レビュー
最安値9,184円