JP
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨
ヘルプ
日本国内 0120 925 780 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
国際電話 +86 513 8918 6112 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
App
無料アプリをダウンロード

オンライン旅行業界のパイオニア

米国NASDAQ上場のハイテク企業

最良のおもてなし

365日対応 安心の日本語サポート

国際ネットワーク

200を超える国と地域、120万軒以上のホテル&5,000都市以上の航空路線

>>>

    夾心子駅周辺ホテルのご案内

    大連の観光情報

    大連の基本情報

    気候

    大連は内海の渤海と黄海に突き出た遼東半島の最南端にあり、仙台市と同じような緯度に位置しています。大陸性のモンスーン気候に属し、寒さの厳しい中国東北部の中では、大連は最も過ごしやすい都市です。しかし、冬は乾燥して雪は少なく、-10℃近くの寒さになることがあります。反面、夏は蒸し暑く、年間雨量の60~70%が夏季に降ります。東京ほど雨は多くありませんが、7月と8月は傘を用意するといいでしょう。大連の観光のベストシーズンは5月から10月です。ただし、春は黄砂が吹くためマスクを用意することをおすすめします。大連の春は乾燥しているため、過ごしやすいのは5月の後半頃からです。夏は最も暑い8月でも34℃以上になる酷暑は数日ほどしかありません。9月中旬頃に入るとさわやかな気候になり、街歩きに適した季節になります。

    街の様子

    大連は19世紀の終わり頃からロシアによって都市開発が進んだことから、当時の建築物が昔の雰囲気を偲ばせています。軍事拠点としてだけではなく、貿易港の役割を担う港湾都市というのも相まってエキゾチックな風情が似合います。大連は戦前まで日本の統治下にあって街が整備され、広場を中心に放射状に走る道路など、旧市街の基本構造はその当時のまま残されています。ただ、古い町並みがあるだけでなく、現在では大連は高層ビルがいくつも見られる近代的な都市です。そして大連は日本語ができる人材が厚いのも特徴で、日系企業も多く進出しています。大連は街の南側から海岸に向かって数多くの公園があり、大連市は平地より山がちで緑豊かな土地柄でもあります。

    交通情報(アクセス)

    大連は日本の主要空港から毎日直行便が飛んでおり、いつでも好きな時に訪れることができます。大連行きのフライトの所要時間は2~3時間ほどです。

    成田空港や関西国際空港からは毎日4便ほども大連行きの直行便が運航されています。また、名古屋の中部国際空港や新千歳空港、福岡空港からも大連への直行便が毎日あります。

    地方空港からも大連行きの直行便が飛んでいて、広島空港からは週5便ほど、富山からも週3便ほどが運航されています。大連は中国ではそれほど大きな都市ではありませんが、東京や大阪の空港まで出向かなくても、各地方の主要空港の直行便を利用して気軽に行けるのです。

    大連の観光情報グルメ

    有名な食べ物

    周りを海に囲まれ海産物が豊富で、養殖も盛んな大連は、魚介類を使った海鮮料理が名物です。中国東北部の料理に新鮮な魚介を合わせた大連ならではの味が楽しめます。

    大連では海鮮を入れた皮が厚めの水餃子がポピュラーで具材は様々です。魚のすり身やイカ、タコ、貝類入りの水餃子があります。

    中国の寒い地域には鍋は欠かせません。鍋の中央が区切られた形式の鍋では、白湯スープと激辛スープの2種類の鍋が味わえます。大連では新鮮な海鮮鍋が楽しめるお店が多いです。店によっては生きた海老をそのまま鍋に入れるところもあります。

    また、大連はウニが豊富に取れ、夏場のウニは冬場のものより濃厚な味わいです。大連の海鮮レストランでは各店ごとに様々なウニのメニューを揃えています。生のままいただけるほか、ウニチャーハンや茶わん蒸し、ウニ入り餃子まであります。

    特有の食べ物情報

    拌海涼粉は、大連特産の水草「牛毛菜」を原料とする寒天をところてんのように切り、中国パセリやニンニク、甘酢と和えて食べる前菜です。夏野菜のきゅうりなどを入れてアレンジする店もあります。低カロリーで口当たりがよく、夏に食べたい人気メニューです。

    海鮮燜子は大連でポピュラーなおやつで、屋台でも食べられます。「燜子」とは、サツマイモのでんぷんを煮固めたゼリーを、一口大に炒め切りして香ばしく焼き目をつけ、上にニンニク、芝麻醤、しょうゆ、酢をかけたものです。炒めた海老やほら貝など、海鮮類をのせた熱々の「海鮮燜子」は、まさに大連ならではのB級グルメです。

    咸魚餅子は、塩漬けして発酵させた干し魚を揚げ焼きし、トウモロコシ粉のビスケット状のパンで挟んで食べる料理です。干し魚は蒸し上げてスープに浸かった状態にして供されることもあります。独特のクセがあり、アジアの魚介系発酵料理が好きな方におすすめです。

    大連の観光スポット

    有名な観光地情報

    大連はロシアや日本の配下時代で造られた旧市街が有名です。旧市街の中心にあるヨーロッパ風の「中山広場」とその周辺の洋風建築からは、当時の雰囲気が偲ばれます。ただし、中山広場の美しさを堪能するなら、広場が望める高層ビルから上から眺めるのが一番です。他にも新しく造られたアジア最大の「星海広場」もあります。周囲の高層ビルをはるか遠くに望む広大な空間では、空が非常に広く感じられます。さらに大連には海浜公園がたくさんあります。なかでも星海広場にほど近い星海公園には、アジア最大の水族館があり、観光客だけでなく市民の憩いの場として人気のスポットです。大連市の南西部、遼東半島の最南端にある旅順は日露戦争で有名ですが、一部のエリアは立ち入りが制限されています。

    観光地を巡る際に必要な費用の相場

    大連市内を観光する際の交通手段として、地下鉄やタクシー、路面電車、路線バスがあります。大連では公共交通機関での移動がしやすく、特に地下鉄での移動が便利です。2015年に開設された地下鉄は現在4路線が運航中で、距離制で料金は約30~250円です。現在複数路線が建設中で、さらなる拡充が見込まれています。市内バスの料金は約16円~で、乗車時に支払います。また、レトロな車両も見られる路面電車は2路線あり、料金は約16円です。両者ともICカードか現金で支払いますが、車内に両替機はなく、おつりも出ないため注意しましょう。タクシーはメーター制で、運転手は英語ができない人が多く、メモか地図で行き先を伝えます。流しのタクシーもありますが、空港や駅のタクシー乗り場にいない白タクには要注意です。

    大連のホテル事情

    大連のホテル料金の相場

    他の観光エリアと比較して高いのか?安いのか?

    大連は北京行きの便の経由地でもあります。首都の北京のホテルに比べれば大連のホテルはかなり割安で、大連のホテルは北京より半額から2割程度安いです。大連と同様の港湾都市で、北京近郊の天津はどうでしょうか。天津のホテル料金の相場は3,000円から7,000円で、大連よりやや割安か同等の価格で宿泊できます。

    相場の料金(\3,000~\8,000)

    大連のホテル料金の相場はおおむね3,000円から8,000円です。空港に近いホテルは上限が6,000円くらいと割安なため、1日の大半を観光や出張にあてる人や、トランジットで短時間のステイを目的とした人におすすめします。

    おすすめのホテル

    人気のホテル

    ・ジーハオ ホテル

    2018年開業の新しいホテルで、広めの部屋は高層階にあるから都市の喧騒から離れて落ち着いて過ごせます。

    ・ジンユエン インターナショナル ホテル

    有名な中山広場近くの好立地のホテル。リーズナブルな低層ホテルながら施設が充実しています。

    ・大連グランドコンチネンタルインターナショナル ホテル

    施設は古いが、中山広場に近い好立地と割安さで日本人に人気のあるホテルです。

    空港から近いホテル

    ・ダーリェン サウス エアライン パール ホテル

    このホテルは空港から徒歩圏内の至近距離にあり、早朝のフライトに便利です。

    ・JI ホテル 大連空港店

    2018年に開業したばかりの新しいホテルで、宿泊者からの評価が非常に高いです。

    ・7 デイズ プレミアム ホテル 大連空港ウォールマート美食街店

    空港からほど近くて、空港送迎サービスのある格安なホテルです。

    ※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、記載した金額は変動する可能性がありますので、目安としてご参考ください。

    閉じる
    エリア:
    中山区 金州区 沙河口区 西崗区 甘井子区 旅順口区 大連ハイテクゾーン 更に表示 閉じる
    Trip.comは、Trip.comグループ(Trip.com Group Limited)のグローバルブランドです。Trip.comグループは、世界最大級の旅行会社です。
    Ctrip Skyscanner Trip