go to トラベルキャンペーン go to トラベルキャンペーン

Go Toトラベル キャンペーン対象商品について

このマークが付いている商品はGo Toトラベル キャンペーン対象商品になります。表示価格は割引料金が適用されています。

Go Toトラベル キャンペーン割引金額と上限回数

1予約あたりの合計金額(税込)から最大35%割引となります。ただし、割引上限金額は1人1泊あたり14,000円(税込)となります。期間中、上限回数制限なしで何度でもご利用いただけます。

Go Toトラベル キャンペーンの実施期間

2020年7月30日(木)10:00 ~ 2021年1月31日(日)23:59 ※実施期間は、予告なく変更または中止となる場合があります。あらかじめご了承ください。

Go Toトラベル キャンペーンの注意点

東京都在住の方は9月30日(水)までのご旅行は、Go To トラベルキャンペーン割引をご利用頂けません。
※キャンペーン実施に関する詳細な条件は日々更新されておりますので、​最新情報はGo To トラベル旅行者向け公式サイト にてご確認ください。
さらに表示
閉じる

おすすめホテル

よくあるご質問:

福岡の穴場観光情報とホテル・旅館ガイド

福岡のホテル・宿泊施設情報

福岡県は510万人を超える人口を誇り、九州で最大の県です。九州の最も北に位置し、佐賀、熊本、大分と隣接、さらに海を挟んで山口とも近接しています。中国や韓国とも近いため「アジアの玄関口」とも呼ばれており、古くは弥生時代や古墳時代から大陸との交流がありました。

福岡県は大きく4つの地域に分けられ、交通や商業の中心となっているのは「福岡地域」です。九州最大の福岡市を有し、中心地である博多は全国にその名を知られる街です。福岡空港で世界各地ともつながっています。「筑豊地域」は、かつて石炭産業で栄えましたが、現在は自動車産業に活路を見出しています。一方で、米や花(トルコギキョウ)が特産品もあります。「北九州地域」は政令指定都市の北九州市を中心とし、古くから工業地帯として知られています。「筑後地域」は、大牟田市や久留米市を中心とし、県内で農業が最も盛んな地域です。

福岡の旅行シーズン

福岡県は非常に自然豊かな場所に位置しており、北部は玄界灘、響灘、周防灘に、南西部は有明海に面しています。中央部から東部、南部にかけては山地が連なり、平野部との気候に差が生まれます。気候はおおむね温暖で、過ごしやすいのですが、梅雨から秋にかけては台風に見舞われることがあります。年間の平均気温は18℃前後、最高気温は38℃前後、最低気温は0℃前後です。福岡を観光するベストシーズンは、気温が高すぎず湿度も低い4月〜5月頃です。薄手のコートやセーターがあると、朝晩の寒暖差にも対応できます。この時期は「博多どんたく港まつり」などの全国的にも有名なお祭りが開催されるのでおすすめです。オフシーズンは台風に見舞われる6〜9月頃と、積雪や寒波が予想される1月頃です。

福岡へのアクセス

  • 東京から

    飛行機では、羽田空港から福岡空港まで1時間50分、片道料金は8,900円〜。成田空港から福岡空港まで2時間5分、片道料金は5,910円〜。新幹線では、東京駅から博多駅まで4時間52分、JR東海道新幹線のぞみで指定席片道料金は23,190円~。高速バスでは、東京駅鍛冶橋駐車場、またはバスタ新宿から乗車し、西鉄天神BT、またはHEARTSバスステーション博多で下車。所要時間は14時間2分〜、料金は片道9,300円~。

  • 大阪から

    飛行機では、関西国際空港から福岡空港まで1時間15分、片道料金は4,960円〜。伊丹空港から福岡空港まで1時間15分、片道料金は8,870円〜。新幹線では、新大阪駅から博多駅までは2時間38分、JR東海道新幹線のぞみで指定席片道料金は15,400円~。高速バスでは、大阪梅田からHEARTSバスステーション博多、またはキャナルシティ博多で下車。所要時間は9時間20分〜、料金は片道4,000円~。

福岡の観光情報

福岡のおすすめ温泉・露天風呂

原鶴(はらづる)温泉

「原鶴温泉」は県内の南部、朝倉市にある温泉地です。お湯は硫黄が含まれている弱アルカリ性で、古い角質を取り除く性質とともに、美白効果も兼ね備えており「ダブル美肌の湯」として人気を集めています。温泉地を流れる筑後川では、毎年5月~10月まで「鵜飼(うかい)」が行われ、屋形船から楽しむことができます。また、桜と紅葉の名所として知られ、九州の小京都と称される「秋月(あきづき)」も、少し距離はありますがおすすめのスポットです。高速道路を利用すれば、博多から1時間ほどで訪れることができます。九州横断自動車道の杷木ICから約5分ほどです。最寄り駅はJR筑後吉井駅で、原鶴温泉までは車で約10分です。

玄海さつき温泉(げんかいさつき)

「玄海さつき温泉」は温泉地の名称ではなく、「ロイヤルホテル宗像(むなかた)」が提供している温泉の名称になります。景色の美しさで知られる「さつき松原」にちなんでその名が付けられました。ホテルの竣工時に湧き出たという温泉で、他に利用できる施設はありません。泉質はアルカリ性単純温泉で、神経痛や疲労回復などに効果が期待できます。大浴場に加え、露天の岩風呂も楽しむことができます。場所は福岡市と北九州市の中間に位置する宗像市にあり、JR博多駅とJR東郷駅からは事前予約で無料の送迎バスが利用できます。路線バスだと、東郷駅から瀬戸で下車、所要時間は約25分です。車の場合は、九州縦貫自動車道の古賀IC、または若宮ICから約30分です。

黒木温泉(くろき)

「黒木温泉」も、玄海さつき温泉と同様、温泉地の名称ではなく「くつろぎの森 グリーンピア八女(やめ)」が提供している温泉のことになります。グリーンピア八女は、温泉や宿泊施設だけでなく、広大な敷地の中に体育館や全天候型の多目的広場、ウォータースライダーのあるプール、ボート乗り場まで兼ね備えた大型リゾート施設です。温泉は地下1,600mから湧き出ているアルカリ性単純温泉で、露天の岩風呂を楽しむことができ、日帰りで利用することも可能です。場所は福岡と熊本の県境に近い旧黒木町(現在は八女市)で、最寄りに駅やバス停などがないため、基本的に公共交通機関は利用できません。車の場合は九州縦貫自動車道の八女IC、または広川ICから約45分です。

福岡のおすすめ観光スポット

太宰府天満宮

「太宰府天満宮」の名はおそらく誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。「学問の神様」として有名な菅原道真公がまつられている、日本を代表する神社です。道真公ゆかりの神社は全国におよそ12,000社あると言われ、その総本宮が太宰府天満宮です。県内中部の太宰府市にあり、西鉄の太宰府駅からは徒歩5分ほどです。他にも、博多から太宰府までの直行バスと、天神から太宰府までの太宰府観光列車が「旅人 -たびと-」という名称で運行しています。境内は自由に参拝することができ、途中「中世の大鳥居」をくぐって「心字池(しんじいけ)」に架かる太鼓橋を渡りながら10分ほど参道を歩くと「御本殿」があります。また、楼門内にある授与所や通信販売で、お札やお守りを購入することができます。

中洲の屋台

福岡といえば、やはり「屋台」を外すことはできないでしょう。その歴史は戦後の復興期に始まり、昭和40年代の最盛期には400軒以上もの屋台がありました。現在では、福岡市内の中洲、天神、長浜エリアを中心に約100軒が営業しており、名物のラーメンや天ぷらなど多彩なメニューを提供しています。お店が開くのは通常、夜の18時~19時ごろで、雨の日などは臨時休業する場合もあります。屋台では「長居はしない」「席をゆずりあう」がマナーとされています。利用する際はこうした点に留意しておきましょう。最寄り駅はお店ごとに異なりますが、大半のお店は市営地下鉄の中洲川端駅や天神駅、渡辺通駅の周囲に位置しています。

マリンワールド 海の中道

「櫛田神社」は「お櫛田さん」と呼ばれ、市民から広く親しまれている神社です。市営地下鉄の中洲川端駅、または祇園駅から徒歩約8分の場所にあります。その歴史は非常に古く、現在の社殿は1587年(天正15年)に豊臣秀吉が荒廃した博多を復興する際に建立、寄進したものと言われています。櫛田神社には三柱の神様がまつられています。その内の「素盞嗚(すさのお)大神」の祇園宮は、歴史の教科書にも出てくる「藤原純友の乱」の鎮圧に当たった小野好古が、941年(天慶4年)に現在の京都の祇園社から分霊を受けたものと言われています。この神様に対して奉納されるのが「博多祇園山笠」で、7月に開催される祭りのクライマックスは「櫛田入り」と呼ばれています。

福岡のイベント情報

「博多祇園山笠」は、毎年7月1日から15日まで櫛田神社を中心に開催される神事で、博多の夏の風物詩です。国の重要無形民俗文化財であり、2016年(平成28年)にはユネスコの無形文化遺産にも選ばれました。起源には諸説ありますが、1241年(仁治2年)に疫病退散のため施餓鬼(せがき)棚に乗って祈祷水をまいたのが最初とされています。

「博多どんたく」は、1179年(治承3年)から続く日本を代表するお祭りです。毎年5月3日、4日に開催され、老若男女がさまざまな衣装を身にまとい、しゃもじを叩きながら街を踊り歩きます。例年3万人を超える人々が参加し、観衆は200万人にも及びます。メインとなる会場は、市営地下鉄の天神駅から中洲川端駅にかけての「どんたく広場」になります。

「福岡城さくらまつり」は、桜の名所として知られる舞鶴公園で行われるイベントで、福岡城跡の城壁と約1,000本の夜桜がライトアップされます。会場は無料エリアと有料エリアに分かれており、有料エリアでは、通常、夜間に閉場している場所も特別に公開されます。日中は屋台やキッチンカーなどが集まり、大道芸などのパフォーマンスが行われます。舞鶴公園は、市営地下鉄の赤坂駅、または大濠公園駅から徒歩約8分でアクセスできます。

福岡の人気グルメ

「博多ラーメン」は、豚骨スープで知られる博多発祥のラーメンです。考案時の味と、のれんを今に受け継いでいるのが「元祖赤のれん 節ちゃんラーメン」です。平打ちの細麺にあっさりしたスープが絶妙に絡むラーメンを、リーズナブルに味わえます。市営地下鉄の天神駅から徒歩約3分です。

「もつ鍋」は、ホルモン、キャベツ、ニラを、唐辛子やニンニクの効いたスープで煮込む福岡発祥の料理です。「博多もつ鍋 やま中」では、厳選した材料で作る正統派のもつ鍋が味わえ、地元民にも観光客にも人気です。本店は西鉄の大橋駅から徒歩約5分の場所にあります。

福岡では「地鶏」を使った料理も人気です。「はかた地どり」は脂肪が少なくコクがあり、水炊きやかしわめしなどに使われます。鶏ガラスープで鶏肉と野菜などを煮込む水炊きの発祥は、西鉄平尾駅から徒歩12分ほどの老舗「水月(すいげつ)」。元祖の味を一子相伝で守り続けています。

おすすめの高級旅館・ホテル

「ホテルモントレ福岡」は、2020年に開業したホテルです。市営地下鉄の渡辺通駅から徒歩約2分、JR博多駅からは徒歩20分ほどの天神南エリアにあり、観光やビジネスに便利な立地です。レストランでは新感覚の創作イタリアンを味わえます。料金は1泊1部屋9,840円~です。

「グランドハイアット福岡」は、大型複合商業施設「キャナルシティ博多」に併設しているホテルです。最寄り駅はJR博多駅、または市営地下鉄の中洲川端駅で、徒歩約10分でアクセスできます。料金は1泊1部屋14,000円~です。

「ホテルオークラ福岡」は、複合商業施設の「博多リバレイン」にあるホテルで、市営地下鉄の中洲川端駅と直結しています。館内にはヘルスクラブがあり、ジムやプールを利用できます。料金は1泊1部屋17,300円~です。

おすすめの格安宿・ホテル

「スカイハートホテル博多」はキャナルシティ博多にほど近い立地で、料金は1泊1部屋4,800円~。市営地下鉄の祇園駅から徒歩約3分です。

「キオラバジェットステイ」はドミトリーと個室の2タイプあり、個室はお風呂付きです。パンなどの朝食が無料で、自転車のレンタルも可能。料金は1泊1部屋2,800円~。JR博多駅から徒歩約11分です。

「平和台ホテル天神」は朝のコーヒーや紅茶、ココアなどが無料です。料金は1泊1部屋4,000円~。市営地下鉄の天神駅から徒歩約8分です。

福岡のホテルのお得なクーポン&キャンペーン情報

トリップドットコムでは最大50%OFFになるセールやすぐに使える割引コードなど、毎月多彩なキャンペーンを実施しています。詳しくはこちらをご覧ください。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、記載した金額は変動する可能性がありますので、目安としてご参考ください。

閉じる

福岡 ホテルの口コミ情報