JP
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨
ヘルプ
日本国内 0120 925 780 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
国際電話 +86 513 8918 6112 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
App
無料アプリをダウンロード

オンライン旅行業界のパイオニア

米国NASDAQ上場のハイテク企業

最良のおもてなし

365日対応 安心の日本語サポート

国際ネットワーク

200を超える国と地域、120万軒以上のホテル&5,000都市以上の航空路線

    広州の4つ星ホテルのご案内

    広州の観光情報

    広州の基礎

    気候

    中国三大都市の一つに入る広州は、沖縄よりも南に位置しています。亜熱帯季節風気候の広州は、年間を通して大きく雨季と乾季に分けられます。4月から9月までが雨季、10月から3月までが乾季となっています。広州の雨季の特徴は、日本の沖縄のように高温多湿でジメジメとしていることです。もっとも気温が高くなる7月から8月にかけては、気温が30度を超えることも多く、スコールも度々発生します。また、日差しが非常に強いため、熱中症対策以外にも日焼け止めやサングラス、帽子を必ず持っていきましょう。1月は、最も寒くなる月で最低気温は10度前後になります。日本の冬と比べると温度は高めですが、薄めのダウンやヒートテックなどを持参して防寒対策をすることをおすすめします。

    街の様子

    広州には海外からの駐在員も多く、中国の文化と西洋の文化が融合した雰囲気を持つ都市です。特に、広州租界エリアはかつてイギリスやフランスに占領されていた面影を残しているため、ヨーロッパのような街並みとなっています。そんな広州の人たちは、南国気質のせいか、おおらかで腰が低い人が多いとも言われています。人種や階級による差別も少ない地域であるため、観光もしやすいでしょう。

    交通情報(アクセス)

    広州白雲国際空港は、広州市内の中心地から北に約30kmに位置しています。空港から広州市内へのアクセス方は、エアポートバス、タクシー、地下鉄の3つ。エアポートバスは、機場快線と空港快線の2種類あります。チケットは、空港内のブースで購入しましょう。タクシーはメーター制となっています。乗車する際はトラブル回避のために、必ず到着ロビーを出たところにある正規のタクシー乗り場から乗車しましょう。交通状況にもよりますが、広州市内までの到着時間を60分ほどで約4,000円と見積もっておけば、問題ないでしょう。広州市内のタクシー初乗り料金は、3kmまでが約200円です。また深夜時間帯の乗車や高速道路では、追加料金がかかります。

    地下鉄は、広州の中心地である「体育西路駅」まで1時間弱で到着し、120円という安さでアクセスできます。安さ重視な場合、地下鉄で広州市内にアクセスするのが良いでしょう。

    広州の観光情報グルメ

    有名な食べ物

    広東料理の本場である広州。「食在広州(食は広州に在り)」という言葉は日本でも知られています。広州が本場の広東料理は、「広東人は飛ぶものは飛行機以外、泳ぐものは船や潜水艦以外、四つ足は机と椅子以外、二本足は人間以外なんでも食べる」という言葉のとおり、高級食材であるフカヒレやツバメの巣から犬やロバ、蛙といった日本ではなかなか味わえない食材まで味わうことができます。そんな広州の名物料理を5つ挙げるとするなら、牛バラ肉麺(牛腩粉)、子豚の丸焼き(化皮乳猪)、ピータン粥(皮蛋痩肉粥)、蒸篭蒸しごはん(籠仔飯)、魚の蒸しもの (清蒸鮮魚)。本場の広東料理を広州でぜひ味わってみましょう。

    特有の食べ物情報

    広州には、アフリカからの出稼ぎ労働者が数万人いると言われています。そんな出稼ぎ労働者たちに、故郷の味を提供すべくナイジェリア料理店が増えてきているのだとか。広州に訪れたら広東料理だけでなく、ナイジェリア料理も味わってみてはいかがでしょうか?また、広州では外食文化が根付いていると言われています。なんと広州市の年間の平均外食費は、中国国内平均の4倍にも上ります。このことからもわかるように広州の人々は、食にかける情熱が熱いのです。そんな広州だからこそ、世界に名をはせる広東料理の発祥地となったのかもしれません。

    広州の観光スポット

    有名な観光地情報

    広州の有名な観光地といえば、広州タワー、中山記念堂、西漢南越王墓博物館、広東省博物館新館、長隆香江野生動物世界などがあります。中山記念堂や西漢南越王墓博物館は、歴史を学べる観光スポットでもありますが、その美しい建築も注目を集めています。広州のシンボルでもある広州タワーは、地元でも愛されている観光スポットです。夜はきらびやかにライトアップされるため、デートにもおすすめ。また展望台に登れば、広州市内を一望することができます。長隆香江野生動物世界では、460種類以上の動物を観ることができます。徒歩で観覧する動物園エリアと、乗り物に乗車して観覧するサファリエリアに分かれています。2012年に拡張されたサファリエリアは、5つのテーマに分かれて設計されていて、ライオンやキリンなども観察でき、見応えがあります。広州観光をより充実したものにするために、ホテルのエリア選びは重要です。広州東駅周辺エリアや旧市街エリアがおすすめです。交通が発展しているため、市内にアクセスしやすいでしょう。広州東駅周辺には、イオンもあるためちょっとした買い物にも便利です。

    観光地を巡る際に必要な費用の相場

    広州を観光する際の交通手段は、地下鉄が便利です。羊城通というパスモやスイカのようなICカードがあり、コンビニも羊城通で決済できます。広州の地下鉄は、1回の乗車料金が約30~100円で、1ヶ月間で16回目以降の乗車は6割引となります。

    広州のホテル事情

    広州のホテル料金の相場

    他の観光エリアと比較して高いのか?安いのか?

    広州以外の中国三大都市である上海、北京と比較すると、広州のホテルの料金相場は安めです。広州は約3,000~7,000円ほどのホテルが多いでが、上海だと約4,000~10,000円、北京では約3,000~10,000円クラスのホテルがメインになります。そのため、中国三大都市の中で広州のホテル料金は、お得な方だと言えます。

    相場の料金

    広州のホテルの相場料金は広州は約3,000~7,000円のホテルが一般的で多い傾向です。高ランクのホテルがご希望であれば、7,000~15,000円あれば比較的上位なホテルに泊まることができ、15,000~25,000円あれば広州でも最高レベルのホテルに泊まることができます。

    おすすめのホテル

    人気のホテル

    ・チャイナ ホテル

    地下鉄越秀公園駅がホテルの目の前にあるため、アクセスに便利です。高速インターネットが完備されていれビジネスでの利用にも人気があります。

    ・JI ホテル(JI Hotel)

    広州東駅のそばに位置しているため、市内観光に便利な立地となっています。

    ・プラネット ホテル

    ホテルから徒歩西村駅にアクセスできます。お手頃な価格で宿泊できるにも関わらず、朝食付きです。越秀公園 (ユエシウ パーク)という広州で最大規模を誇る公園の近くに位置しています。

    空港から近いホテル

    ・広州白雲国際空港 アワーリー チャージド パッセンジャー ラウンジ

    空港内にありながら大変お手頃な価格で宿泊できます。

    ・アエロテル グアンジョウ ハンワン

    空港から3kmに位置していて、2018年にオープンしたばかりの新しいホテルです。

    空港までの送迎サービスもあるので、早朝や深夜のフライトでも安心です。

    ・プルマン 広州白雲空

    空港の中心部に位置していて、出発ターミナルまでは徒歩3分で向かうことができます。

    早朝や深夜のフライトでも安心ですね。

    ※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、記載した金額は変動する可能性がありますので、目安としてご参考ください。

    閉じる
    エリア:
    天河区 番禺区 越秀区 白雲区 海珠区 花都区 茘湾区 増城 黄埔区 従化 南沙区 更に表示 閉じる
    Trip.comは、Trip.comグループ(Trip.com Group Limited)のグローバルブランドです。Trip.comグループは、世界最大級の旅行会社です。
    Ctrip Skyscanner Trip