JP
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨
ヘルプ
日本国内 0120 925 780 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
国際電話 +86 513 8918 6112 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
App
無料アプリをダウンロード

オンライン旅行業界のパイオニア

米国NASDAQ上場のハイテク企業

最良のおもてなし

365日対応 安心の日本語サポート

国際ネットワーク

200を超える国と地域、120万軒以上のホテル&5,000都市以上の航空路線

最近予約されたノイバイ国際空港ホテル

ノイバイ国際空港周辺ホテルのご案内

ハノイの観光情報

ハノイの基本情報

気候

ハノイ市は北緯21度と、北緯26度にある沖縄本島よりはるか南に位置するものの、シベリアからの冷たい季節風がヒマラヤ山脈に沿って流れ込む地勢のため、東南アジアの都市としては珍しく、ゆるやかながら四季を感じることができます。他の東南アジア地域と逆に、乾季は寒く雨季は気温が高いという気候特性があります。乾季は11月から4月までで、最低気温が5度前後になることがあり厚手の上着は必須。雨季は5月から10月にかけてで、気温は30度を超え、断続的にスコールが降って湿度が高く非常に蒸し暑くなります。夏の旅行時には強い直射日光をさけるため、薄手の長袖やサングラスを持参するといいでしょう。比較的観光しやすいのは11~2月で、湿度が低めで外出しやすい時季といえます。

治安

ベトナムは他の国に比べ治安が良いとされていて、犯罪は少ないものの、スリや置き引き、ひったくりなどの盗難事件は他国同様に発生します。旧正月(テト)の時季には特に窃盗被害が増加する傾向にあります。観光地では、ぼったくりや、商品・写真撮影の勝手な押し売り、商店では通貨の桁数が大きなドンの釣銭違い(最高額紙幣50万ドン=約2,300円)などに注意してください。多くの人で混雑するナイトマーケットや市場では、必要最低限の所持品を携行するにとどめ、常に手荷物の管理を怠らないようにしましょう。犯罪とは違いますが、交通事故にも注意が必要です。交通ルールや交通マナーを理解しない人もいるため、道路の横断時には前方だけでなく全方向に注意を向けてください。

街の様子

ハノイの街はホン川と支流のドゥオン川をのぞむ低地のデルタ地帯にあり、市内には湖沼が多く見られ、市民の憩いの場となっています。ベトナム南部にある同国最大の都市ホーチミンが経済の中心地なのに対し、北部の首都ハノイは政治や文化の中心地とされます。ハノイの発展の祖は11世紀の李朝の首都に定められた時にさかのぼり、19世紀までの長きにわたって王都として繁栄し、ホアンキエム湖の北の旧市街では当時の城壁や街並みが現在も残ります。また、旧市街から郊外まで街路樹が多くみられ、フランス統治時代の欧風様式の建物とともに美しい景観をつくりだしています。

交通情報(アクセス)

ハノイ市の北部にあるノイバイ国際空港へは日本から毎日直行便が運航しています。成田国際空港と羽田空港、関西国際空港からは毎日2~3便が発着していて、中部国際空港、福岡空港からも就航しているためいつでも行くことができます。成田空港や関西空港からはLCC(格安航空会社)便も飛んでいるので便利です。日本からノイバイ国際空港までの所要時間は3時間弱から3時間半ほどです。

注意点

ハノイにはチップの習慣がなく、レストランでメニューの後に「++」とあれば、サービス料が含まれているのでチップは不要です。ただし、近年チップの制度が広まりつつあり、高級ホテルではベルボーイやベッドメーク、ルームサービスには1~3万ドン(約50~140円)を渡してもよいでしょう。ベトナムの水道水は飲用に適さないため、ミネラルウォーターを購入します。大衆食堂の氷も水道水を使用していることが多いので、お腹の弱い方は避けた方がいいでしょう。ハノイの電圧は日本より高い220V、また電源プラグはA型やC型が主流で、まれにSF型やBFのプラグが存在するので、日本から持参した家電製品を使用する場合は変換プラグや変圧器が必要な場合があります。ドライヤーはほとんどのホテルで客室に備え付けられていて、部屋にない場合は貸し出ししてもらえます。

ハノイの観光情報グルメ

有名な食べ物

・フォー

日本でもよく知られたベトナム料理です。米粉を使った麺はベトナム北部が発祥の料理で、ハノイでもよく食べられています。スープに入れるメイン具材として牛肉か鶏肉かを選べます。特にハノイでは牛肉入りのフォーボーが大人気です。しっかり煮込まれたスープに、薄切り牛肉と香草も入っています。

特有の食べ物情報

・ブンダウマムトム

ハノイでは朝食としてよく食べられています。米粉麺を固めた「ブン」と作りたての揚げ豆腐や豚バラ肉、香草を、小エビの発酵調味料の「マムトム」に砂糖やカボス等を加えたたれにつけて食べます。独特のクセのある匂いや味がするため、外国人には苦手な人も多いのですが、慣れればやみつきになり、マムトムなしでは食べられなくなるほどです。

・チャーカー・ラボン

ハノイ独特の料理で、外国人にも人気の逸品。専門店のみで提供されている高級料理です。ぶつ切りにした川魚をディルや青ネギとともに油で炒めながら食する料理で、ブンと一緒にマムトムをかけて食べます。クセのあるマムトムが苦手なら代わりにニョクマム(魚醤)のタレを使用することもできます。調理法はいくつかあり、ピーナッツをたっぷり載せることもあります。油を多く使いますが、さらっとしていて意外と食べやすい料理です。

ハノイの観光スポット

有名な観光地情報

・ホアンキエム湖

ホアンキエム湖はハノイの旧市街地の南にある比較的大きな湖で、岸に沿って芝生が敷かれ、広々とした遊歩道は散歩にぴったり。夜になると湖畔の遊歩道がライトアップされ、多くの人が行きかい、屋台も多くみられます。湖の中央に立つ古い塔には亀にまつわる伝説があり、目にすると幸運が訪れるとされる大亀がひょっこり湖に現れ、人だかりができることもあります。ホアンキエム湖周辺には観光スポットが多く、ホテルもたくさんあるのでハノイの観光拠点とするのに最適な場所です。

・パーミュイシャオ・ポー・フン/36通り

ホアンキエム湖の北にあるハノイの旧市街は「ハノイ36通り」と称され、通りによって販売されている商品カテゴリーが決まっていて、各通りの名前もそれにちなんでいます。旧市街は通りごとにカラーが違うため、探索のしがいがあります。外国人向けのショップが並ぶ通りもあり、ハンベー通りはお土産屋も多く買い物が楽しめます。ハノイのナイトマーケットも、ここで毎週末に金・土・日の3日間にわたって開催されています。

・タンロン遺跡

世界遺産のタンロン遺跡は11世紀から19世紀までのベトナム諸王朝の王城遺跡群で、各時代の遺構が層になって残存しているのが特徴です。「昇龍」を意味するタンロンはハノイの旧称です。ここにはかつて「ハノイ城塞」をおいていましたが、フランス統治下で破壊され、城塞跡にコロニアル建築が築かれました。中国やベトナム南部の影響を受けた独特の建築様式と、異質な西欧風の建築が共存していて、ハノイ、ひいてはベトナムの歴史が肌で感じられるスポットです。

観光地を巡る際に必要な費用の相場

ノイバイ国際空港からハノイ市街まで行く手段としては、タクシーやエアポートミニバス、路線バスがあります。所要時間はいずれも40~50分ほどで、料金はタクシーは約1,800円、ミニバスは約180円、空港からの市内行き路線バスは8路線あり、ハノイ駅行きの86番は約140円です。                                                  ハノイ市街を移動するにはタクシーやバスが一般的ですが、一人旅であればバイクタクシーがお得。事前交渉が必要で、料金は1km当たり50~100円ほど、渋滞の場合は高くなる傾向にあります。一方、タクシーはメーター制で、大手会社のTAXI GROUPでは初乗りが300mまで約50円で、それ以降は1kmごとに約70円が加算されます。路線バスはハノイ市内を網羅しており、料金は区間均一で約30~40円と格安。おつりが出ないので小銭をあらかじめ用意し、バスが来たら手で大きく合図し乗車します。

おすすめポイント

人気の高級ホテル情報

・インターコンチネンタル ハノイ ウェストレイク

タイ湖(西湖)はハノイ最大の湖で、ハノイで一番美しい湖と評されます。霧の湖とも呼ばれ、早朝や夕方の景色は特に美しいです。早朝には花市が開催され、時季になると湖畔の桃や湖上の蓮の花が咲きます。湖上に浮かぶように建つこのホテルからはそんな湖の様子を眺めることができます。湖でのクルージングや、大型船でのナイトディナーも楽しめます。タイ湖周辺にはおしゃれな店やレストランがありプチリゾートのような雰囲気があります。

ハノイの観光客の声

ハノイへ旅行したユーザーの口コミ、感想

・お客様の声A

昔からある美しい建物を眺めていると、この街がたどってきた悠久の歴史にふと思いを馳せるときがあります。ここには、ぜひ見ておきたい歴史的建造物と安くておいしい地元料理がいっぱいです。

・お客様の声B

ハノイで最大の湖であるタイ湖のほとりはブランドホテルが多く建っていて、ハノイの新しい顔になっています。賑やかな旧市街とは対照的に閑静なエリアで、湖畔沿いの通りにはおしゃれなカフェがたくさんあり、お茶を飲みながらゆったりと湖を眺めることができます。

・お客様の声C

旧市街には独特な商業地区があって、通りごとに帽子や調理器具など扱う商品のジャンルが違っています。地元の人がつくった質の高い製品がいっぱいあって、ここでは欲しかったものが安く手に入ります。

ハノイのホテル事情

ハノイのホテル料金の相場

他の観光エリアと比較して高いのか?安いのか?

ハノイのホテル料金を他のベトナムの都市と比べてみましょう。ベトナム最大の都市ホーチミンのホテル料金は価格帯が広く、最低料金の平均はハノイより安いのですが、上限額の平均はハノイより3割ほど高めです。ベトナム中部を代表する都市、ダナンのホテルの最低料金の平均はハノイの7割ほどですが、上限額はハノイとほとんど変わりません。

相場の料金

ハノイのホテル料金の相場は3,000~6,000円ほどです。ホアンキエム湖の周辺にはホテルが多く、この地域がハノイでの相場を形成しているといってよいでしょう。ハノイ最大のタイ湖の周辺には高級ホテルが多くあります。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、記載した金額は変動する可能性がありますので、目安としてご参考ください。

全文表示 閉じる
エリア:
ハイバーチュン 更に表示 閉じる
Trip.comは、Ctrip.com (Hong Kong) Limited のグローバルブランドです。Ctripは世界最大級のオンライン旅行会社です。
Ctrip Skyscanner Trip