App
無料アプリをダウンロード
ヘルプ
日本国内 0120 925 780 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
国際電話 +86 513 8918 6112 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
JP
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨

オンライン旅行業界のパイオニア

米国NASDAQ上場のハイテク企業

最良のおもてなし

365日対応 安心の日本語サポート

国際ネットワーク

200を超える国と地域、120万軒以上のホテル&5,000都市以上の航空路線

    黄山・黄山区エリアホテルのご案内

    黄山(中国)の天気(気候)&旅行シーズン

    黄山は、中国東部の安徽省にある景勝地です。古代より「黄山を見ずして山を見たというなかれ」と称えられ、多くの文人たちに愛されてきました。自然と文化両方の価値を持つ「世界複合遺産」に登録されています。

    黄山の麓は亜熱帯性気候に属し、四季がはっきりと分かれます。山の上は気温が低く、麓とは10℃ほどの気温差があるため注意しましょう。

    四季折々の風景が楽しめますが、一般的な観光シーズンは5月〜9月頃と言われています。冬の黄山は幻想的な雪景色となり、水晶のように透き通る霧氷なども観賞できるでしょう。11月〜3月は雲海の発生が多いことから、冬の黄山も人気があります。

    黄山観光は散策が中心となるため、動きやすい服装と歩きやすい靴を持っていきましょう。また高地のため、昼と夜では寒暖差があります。温度調節ができるよう、羽織るものや厚手の洋服も持っていくとよいでしょう。昼間は日差しが強いため、帽子やサングラス、日焼け止めなどの対策は必須です。山の天候は変わりやすいため、折り畳み傘や雨ガッパといった雨具は必ず持ち歩くことをおすすめします。

    黄山(中国)周辺の空港

    黄山には「黄山屯渓国際空港」があります。日本からの直行便は今のところ就航していません。

    黄山屯渓国際空港(以下、黄山空港)は、黄山市の中心部から約5kmの場所にあります。国際空港と名付けられていますが中国国内便がメインで、国際便は大韓航空のソウル便が就航しています。空港から黄山の市街地まで移動する場合は、バスまたはタクシーの利用が便利です。

    タクシーを利用する場合、黄山鉄道駅までの料金は約15~25元(約230~390円)、黄山風景区までの料金は約280元(約4,350円)。旅客ターミナル1Fにあるタクシー乗り場を利用しましょう。

    路線バスは、18番および19番のバスが空港と市内の間を往復しています。運賃はどちらも1元(約15円)、所要時間は約20分です。

    黄山(中国)の交通

    黄山での移動手段はバスまたはタクシーがおすすめです。黄山の中心地は「屯渓(とんけい)」というエリアで、黄山の麓である「黄山風景区」に行く際は多くの場合この屯渓を経由します。

    黄山汽車駅にある黄山バスターミナルから、黄山風景区(湯口)へのバスが出ており、料金は15元(約230円)、所要時間は約1時間半です。5分に1本と非常に便数が多く便利でしょう。タクシーや車をチャーターする場合は約140元(約2,170円)ほどかかります。

    黄山の麓から山頂まではロープウェイで移動可能です。雲谷、玉屏、太平という3種類のロープウェイがありますが、雲谷ロープウェイを利用するのが一般的です。トレッキング目的であれば太平ロープウェイを利用して山頂まで行きます。いずれも乗車時間は約8分、料金は往復80元(約1,240円)かかります。ロープウェイはシーズンによって運行時間が異なるため注意しましょう。

    黄山に入る際は入場料が必要です。料金はオンシーズン(3月1日~11月30日)で230元(約3,570円)、オフシーズン(12月1日~2月末)で150元(約2,330円)となります。

    黄山(中国)へのアクセス

    日本国内の空港から黄山空港への直行便は無いため、北京または広州を経由して黄山に行くのが一般的です。ここでは、北京首都国際空港で乗り継ぐ方法をご紹介します。

    東京から行く場合、北京首都国際空港への直行便は羽田空港と成田空港どちらからも出ています。羽田・成田ともに日本航空(JAL)、全日空(ANA)、中国国際航空が就航しており、所要時間は3時間15分〜4時間15分、往復24,380円〜です。

    大阪から北京首都国際空港へ行く場合、全便が関西国際空港発で、全日空(ANA)、中国国際航空、中国東方航空、深セン航空が就航しています。所要時間は3時間20分〜3時間35分で、往復29,890円〜です。首都国際空港に到着後、黄山空港行きの飛行機に乗り継ぎます。所要時間は約2時間15分で、往復36,469円〜です。

    黄山(中国)の物価

    通貨単位は人民元(CNY)で、為替レートは1人民元15.52円です(2020年3月20日現在)。

    経済成長により物価が上昇している中国ですが、黄山はまだそれほど物価が高くありません。ただし、黄山風景区内は例外です。黄山風景区内の物価は市内の2~3倍で、入場料やロープウェイの料金も高く感じるかもしれません。黄山風景区内の物価が高いのは、日本国内の山岳地帯と同様、物資をすべて人力で運んでいるためでしょう。水や食料品などは持参する人が多いようです。

    黄山(中国)のホテル相場

    黄山のホテルは立地やホテルのクラス、泊まる時期によって料金が変わります。市内にあるホテルの料金相場は、おおむね1部屋1泊7,100〜7,400円程度です。

    黄山観光のベストシーズンとなる4〜10月頃の相場は、3つ星以上のホテルで25,000円前後となります。人気エリアである湯口南大門周辺の相場は、1泊1部屋1,200~10,400円です。

    ホテルランクごとの相場

    ホテルランク相場
    5つ星8,377円~8,846円
    4つ星4,310円~4,627円
    3つ星3,644円~7,863円
    2つ星1,022円~1,421円

    黄山(中国)のホテル事情

    黄山(中国)の治安は?

    黄山は、中国の中でも比較的治安のよいエリアです。観光客の命に関わるような事件はほとんど発生していません。ただ市内では電気自動車やバイクが普及しており、音が静かなため接近に気付きにくくなっています。往来を歩く際には注意が必要です。また黄山は雨が多く、洪水も頻繁に起こります。天災には重々気をつけましょう。

    黄山(中国)の通信環境は?

    中国ではインターネットの情報規制が非常に厳しく、GoogleやLINE、Twitter、Instagramといったサービスは使えません。マップを見たり、観光名所を調べたりといったことはできないため注意しましょう。Wi-Fiに関しても、中国の電話番号を取得していないと利用できないスポットもあります。中国で使える検索アプリもあるので、事前にダウンロードしておきましょう。

    現地人がおすすめするホテル

    おすすめ高級ホテル

    「黄山リゾート&スパ」は、黄山風景区にある温泉リゾートホテルです。温泉をはじめ、サウナ、カラオケ、マッサージルームなど様々な施設があります。設備、アメニティが充実しており、お子様連れのファミリーにもおすすめです。自然に囲まれた環境でゆったりと過ごすことができるでしょう。

    「ホアンシャン インターナショナル ホテル」は、屯渓にある5つ星ホテル。黄山駅から約2km、黄山空港から約4kmと抜群の立地です。マッサージルームやサウナ、美容院などといったホテル内の施設も充実しています。

    「パークビュー ホテル」は、2013年に開業したホテルです。黄山空港から約4km、市内の中心部までも約4kmと観光に便利な立地といえます。広く清潔な客室やスタッフの接客は利用客からの評価も高いです。

    おすすめ格安ホテル

    「黄山老街 インターナショナル ユース ホステル」は、観光地である屯渓老街の中にあり、レジャーに便利なホテルです。周囲にはお土産屋さんや飲食店も多く、活動の拠点として利用するには利便性の高い立地といえるでしょう。

    2017年に開業した「ファースト メット ホテル」は、高速鉄道の黄山北駅から約500mの場所にあるホテルです。全25室のコンパクトなホテルですが、館内にはレストランもあります。客室にてフリーWi-Fiが利用可能です。

    「シンモンユエン イン」は、全12室の小さなホテルです。黄山北駅から約1kmの場所にあります。黄山空港までは15kmほどありますが、送迎を頼むことも可能です。

    黄山(中国)の観光情報

    黄山(中国)のおすすめ観光スポット

    天都峰と蓮花峰の間にある「玉屏楼(ぎょくへいろう)」は、険しい崖や雲海、奇石などといった黄山の奇怪な景色が集まる場所です。また、「迎客松(げいきゃくまつ)」は樹齢800年以上にもなる松の木で、黄山のシンボルとなっています。

    「屯渓老街(とんけいろうがい)」は、黄山中心部の屯渓にある歩行者天国で、市内有数のショッピングストリートとなっています。石畳の道沿いには徽州式建築の商店や屋台が数多く立ち並びます。茶葉や硯、骨董品など、伝統的な中国のお土産が手に入るでしょう。

    「西逓(せいてい)・宏村(こうそん)」は、明・清時代の歴史的建造物が数多く残された村落で、「安徽南部の古村落」として世界文化遺産に登録されていることでも有名です。西逓はかつて胡氏一族が暮らした土地で、明・清時代の旧民家や祠が残されており、一方の宏村は汪氏一族が暮らした土地で、明・清時代の建物が137棟も残されています。白壁にレンガの屋根の古民家はノスタルジックな雰囲気を感じさせ、まるでタイムスリップしたかのような気分を味わえるでしょう。

    黄山には巨大な怪石が数多くありますが、「飛来石」はその中でも特に有名です。高さ12m、重さ約600tもあり、あの孫悟空が空から放り投げたという伝説があります。断崖絶壁の上に絶妙なバランスで立つ不思議な岩は一見の価値ありです。

    黄山(中国)の人気グルメ

    黄山は安徽料理発祥の地であり、山の幸や川魚などを使った料理で知られています。なかでも「老街第一楼」は、黄山を代表するレストランのひとつで、伝統的な安徽料理を堪能できるでしょう。店内は広々としており、高級感のある中華風の内装が特徴といえます。落ち着いて食事を楽しみたい方におすすめです。

    「美食人家」は、屯溪老街にある安徽料理のレストラン。長い厨房の前に並ぶ、炒め物や焼き物、煮物、揚げ物、蒸し物などの多彩な料理を実際に見て注文することができます。カジュアルな雰囲気のお店なので、気軽に食事を楽しみたい方は、ぜひ足を運んでみてください。

    「全興大酒楼」は、黄山風景区にある郷土料理のレストランです。家庭的な雰囲気のこぢんまりとしたお店で、リーズナブルな価格で安徽料理を味わうことができます。

    ※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、記載した金額は変動する可能性がありますので、目安としてご参考ください。

    閉じる
    エリア:
    黄山区屯渓区徽州区更に表示
    Trip.comは、Trip.comグループ(Trip.com Group Limited)のグローバルブランドです。Trip.comグループは、世界最大級の旅行会社です。
    Ctrip Skyscanner Trip