JP
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨
ヘルプ
日本国内 0120 925 780 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
国際電話 +86 513 8918 6112 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
App
無料アプリをダウンロード

オンライン旅行業界のパイオニア

米国NASDAQ上場のハイテク企業

最良のおもてなし

365日対応 安心の日本語サポート

国際ネットワーク

200を超える国と地域、120万軒以上のホテル&5,000都市以上の航空路線

>>>

    恵州のハーバープラザのご案内

    恵州の観光情報

    恵州の基礎

    気候

    雨期は蒸し暑くなりますが一年を通じて温暖な気候が続き、年間の平均気温は22度前後となっています。暑い時季は5月中旬から10月中旬までの半年間で、もっとも暑くなるのは7月。1日の平均気温が26~33度になりますが、35度を超える猛暑になることはほとんどありません。雨期は夏の暑い季節と重なり、降水確率、降雨量ともにもっとも高くなるのは6月の約1カ月間です。涼しい時季は12月上旬から3月上旬までですが、最も気温が下がる1月でも1日の平均気温が10~19度で、降雨量と湿度がともに低く、比較的過ごしやすい季節であるといえます。以上の点から、恵州の観光に最も適したシーズンは、10月中旬から11月下旬までの約1か月半とみてよいでしょう。この期間は降雨量が少なめで日当たりもよく、また日中の体感気温が18~27度となり、屋外でも快適に過ごせます。

    街の様子

    西は深圳と接し、その南に香港という中国きっての経済都市が控える恵州は、広東省東部における要衝都市になっています。海が近く、三方を山に囲まれた湖があるなど自然景観にも恵まれ、温暖な気候で街中にも緑が多いのが特徴です。

    市の中心部は、地元民の散策スポットとしても有名な西湖の周辺を中心に発展しており、ショッピングセンターや飲食街、デパートや5つ星のラグジュアリーホテルが並びます。これらのエリアを行き交う人は若い世代や家族連れが多く、活気があります。そして広東省の他都市と比較して街なかの清掃が行き届いており、清潔で快適なところも評価されています。市内には東江と西枝江という2つの川が流れ、周辺を囲むようにそびえる山々が湖と重なり、絵画のように美しい原初的な風景を作り出している恵州は、近代的な発展を遂げている一方で伝統的な文化や生活空間も残っていて、自然と共存する心地よい街並みを形成しています。

    交通情報(アクセス)

    恵州近郊は高速道路や鉄道が整備されており、また高速バスもたくさん出ています。恵州と深圳を結ぶ高速バスは、行先によっては10分おきに発車と本数が多く、100km弱の距離を約1時間半で結ぶことができて便利です。西湖を中心に街づくりが行われた恵州の市内は、曲線道路が多いことも関係してか、公共バスの路線網が非常に発達しています。市内外に路線バスのほか高速バス専用のターミナルが複数存在するため、深圳から恵州へ入る場合は、市内から40分ほど離れた郊外の駅に停車する鉄道よりも市内へアクセスしやすい高速バスのほうが便利です。ただし恵州駅前には火車站公共汽車総站という大きなバスターミナルがあるため、ここから路線バスに乗って市内へと移動することもできます。また中国の自動券売機は、中国の身分証明書がないと購入できない仕組みになっています。海外からの旅行者は販売窓口で切符を購入する際、身分証となるパスポートの呈示を求められるのでご注意ください。市内を走る路線バスの運賃は先払いとなっており、距離によって運賃が変わる路線の場合は、乗車の際に運転手に行き先を告げて乗ることになります。また恵州市内線のバスでは広州市の公共交通機関と共通のICカード「羊城通」が使用できます。切符の販売窓口やバスでは英語が通じないケースが多いため、行き先の名前などはあらかじめ紙などに書いておくとよいでしょう。

    恵州の観光情報グルメ

    有名な食べ物

    広東省東江地域にある恵州で食べられているのは東江料理(東江菜)です。東江料理は広東料理の一派との見方があり、辛くも油っこくもなく、日本人にとって食べやすい味付けになっているのが特徴です。恵州三大料理として特に有名なのは、高菜と豚バラ肉を醤油で煮た梅菜扣肉(モイツォイケウニョ)、宴会の席に欠かせないとされる客家料理の釀豆腐(ニオンテウフー)、鶏肉を塩で蒸した塩焗鶏(イアムクッカイ)の3つです。梅菜扣肉は広東料理として広く知られていて、梅菜はからし菜類の青菜を塩漬けにしてから天日干しして作られる漬物を指します。恵州産の梅菜は恵州貢菜という名でも知られています。この料理は、材料を煮て揚げてから蒸し煮にし、さらに蒸らすという4つの工程を経ており、梅菜の甘みに加えてさっぱりした後味と脂身のある豚肉との相性は抜群です。また細かく刻まれた肉の餡を豆腐にはさんだ釀豆腐は、蒸してからそのまま食べる場合と、蒸した後に野菜とともに炒めて出される場合があります。南宋時代の末期に、春節で食べる餃子用の小麦粉がなく、代わりに豆腐に肉のあんを詰めたことが釀豆腐の起源という説もあり、その後祝いの席で食べられる料理として定着しました。塩焗鶏は、清の時代に塩の精製に携わっていたある労働者が、紙に包まれた鶏の煮物を何気なく塩の山に置いたことがきっかけで生まれた料理と伝えられています。発熱した塩の風味が染みこんだ鶏肉のおいしさに感動し、以降鶏肉を塩で蒸すという調理法が取り入れられるようになったとされています。

    特有の食べ物情報

    塩焗鶏をはじめとする鶏肉料理が有名で、街中には地鶏料理の専門店を見かけることもあるでしょう。ここでもうひとつ紹介する鶏料理が黄酒鶏(ヴォンチウカイ)と呼ばれる鶏肉の黄酒煮です。黄酒鶏は客家料理のひとつで、伝統的にはもち米やキビなどから自家製の客家黄老酒という酒を醸造するところから各家庭で行っていました。黄酒鶏は春節の食卓で、また産後の女性の体力を回復させるために、妊娠中から姑が準備を始めておくというのがこの地域のならわしだったようです。黄酒鶏のように鶏肉を老酒(黄酒を長年寝かせたもの)で煮込んだ客家料理は、今では中国各地で食べる機会があるかもしれません。そのなかでも恵州で食べる鶏料理は格別なので、訪問の際にはぜひ賞味してみてください。

    また、恵州では鶏だけでなくガチョウの飼育も盛んです。瀝林碌鵝というガチョウを醤油煮込みにした料理は、その調理法が伝統技術として評価され、恵州市の無形文化遺産に登録されています。パリパリと香ばしい皮と、肉汁あふれるしっとりとした肉のうまみが味わえる贅沢な一品です。

    恵州の観光スポット

    有名な観光地情報

    恵州観光の中心的なスポットとなるのが、恵州市の北東にある恵州西湖です。恵州西湖は杭州西湖、福州西湖と並んで中国三大西湖に数えられ、中国の観光レベルにおいて4A(国家級)の景勝地として人気を集めています。恵州西湖は南湖、平湖、豊湖、鰐湖、菱湖の5つの小さな湖と6つの橋で構成され、それぞれが周辺の山とともに「五湖六橋十八景」と呼ばれる風光明媚な景観をつくりあげています。入場無料の園内には足漕ぎボートや舟もあり、泗洲塔という塔(有料)からは湖を見下ろすことができます。また6月上旬には蓮の花が見ごろになるのでおすすめです。恵州西湖へは恵州バスターミナル(恵州汽車総站)から徒歩で行けるほか、市内を走る路線バスのうち16本が恵州西湖の正門となる平湖門に停車します。正門周辺には飲食店やデパートが立ち並び、恵州観光はこのエリアからスタートするのが一般的なルートになります。

    恵州西湖と並んで恵州観光の目玉となるのが、東江の浜に位置する羅浮山です。こちらは最高レベルの5A級に指定された国家景勝地であり、道教の名山として中国十大名山のひとつに数えられています。そのほかにも、恵州周辺には広東省の歴史文化名城の一つとされる平海古城、ビーチやショッピングセンター、レストランの集まるリゾート地として開発された恵州巽寮湾が新しい観光スポットとして人気を呼んでいます。

    観光地を巡る際に必要な費用の相場

    恵州西湖のある園内への入場は無料、展望台の泗洲塔は入場の際に約80円を支払います。自然景観の多い恵州は入場料の必要な観光スポットが少なく、路線バス網が発達しているので、移動も片道16~32円程度ですみます。

    恵州のホテル事情

    恵州のホテル料金の相場

    他の観光エリアと比較して高いのか?安いのか?

    恵州と同じ広東省の他都市と比較すると、深圳の3つ星ホテルの宿泊料金は1泊5,000~8,000円、4つ星ホテルは同じく8,500~10,000円前後となっています。一方、広州の3つ星ホテルは1泊あたり3,500~4,800円、4つ星ホテルは同じく5,000~7,800円です。恵州の宿泊料金相場は、深圳よりも安く、広州よりも若干高くなっています。

    相場の料金

    恵州のホテルの宿泊料金は、3つ星ホテルが1泊につき3,500~6,000円、4つ星ホテルは同じく4,500~8,000円が相場となっています。

    おすすめのホテル

    人気のホテル

    ・シーフー シアオジュー ホテル

    恵州西湖のひとつ平湖に面した絶好の立地で、市内中心部やバスターミナルへのアクセスも良好なホテルです。便利な場所にありながらもリゾートホテルのような雰囲気があり、ゆったりとくつろげます。

    ・ホイチョウ ドリームランド ホテルズ

    ショッピングセンターやウォルマートなどの商業施設が徒歩圏内にあり、ビジネスや出張での利用が多いホテルです。フィットネス施設やサウナ、ビジネスセンターを備え、家族連れやカップル客にも対応した客室選択肢の幅の広さも人気の秘密でしょう。

    空港から近いホテル

    ・Huidong Migratory Ling Yu holiday villas(フィドン マイグラトリー リン ユー ヴィラズ)

    所在地は恵東城区ですが、恵州空港からわずか5km弱のヴィラタイプのホテルです。1室4名から6名まで使える客室を揃えているので、家族やグループ旅行にピッタリ。無料の空港または駅送迎サービスが利用できます。

    ・ホウニアオ シュイロンジュアン ホリデイ ホテル

    恵東城区にあるホテルで、恵州空港から5km弱の距離にあります。南国にあるヴィラタイプのつくりでゆったりとくつろげます。当ホテルの客室は4人から6人で使用できるようになっており、また空港や駅への送迎も無料で行っています。

    ※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、記載した金額は変動する可能性がありますので、目安としてご参考ください。

    閉じる
    Trip.comは、Trip.comグループ(Trip.com Group Limited)のグローバルブランドです。Trip.comグループは、世界最大級の旅行会社です。
    Ctrip Skyscanner Trip