JP
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨
ヘルプ
日本国内 0120 925 780 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
国際電話 +86 513 8918 6112 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
App
無料アプリをダウンロード

オンライン旅行業界のパイオニア

米国NASDAQ上場のハイテク企業

最良のおもてなし

365日対応 安心の日本語サポート

国際ネットワーク

200を超える国と地域、120万軒以上のホテル&5,000都市以上の航空路線

よくあるご質問:

イスタンブールのホテルのご案内

イスタンブールはヨーロッパとアジアにまたがる唯一の都市です。旧市街、新市街、アジアサイドの3つの区域に分かれており、旧市街と新市街は合わせてヨーロッパサイドと呼ばれています。ボスポラス海峡が都市を横切り、ユーラシア大陸を分断しています。観光名所が最も集中しているのは旧市街です。キリスト教とイスラム教の両方の影響が残るアヤソフィアがあります。道を挟んだ反対側には、メッカのマスジドハラームの次に壮麗だと言われているブルーモスクが建っています。午後には、旧市街から出発するボスポラス湾のサンセットクルーズに参加して、静かに夕日が沈む海を眺めることができます。そのあとは丘の上に建つスレイマニエモスクに戻り、イスラム教徒の晩の祈りを見学できます。新市街とアジアサイドは、イスタンブールの全く違う面をそれぞれ見せてくれます。新市街の真ん中にあるタクシム広場には、有名なお店や金融街があり、現代のイスタンブールの活気を肌で感じることができます。アジアサイドはほとんどが市民の居住区であり、地元のバザールをのぞいたり、小さなモスクで祈っている人を見たり、地元のカフェでお茶を飲んだりタバコを吸ったりできます。イスタンブールの旅には、3〜4日を費やすことをおすすめします。1〜2日で、ブルーモスク、アヤソフィア、新旧の王宮、イスティクラル通り(Independence Avenue)など、絶対見ておかなければいけない名所をまわります。そしてもう1日でボスポラス海峡を探検しに行き、最後の日には、グランドバザールや、香辛料盛りだくさんのスパイスバザール、スレイマニエモスクやカーリエ博物館など、通な場所に行ってみてください。

ブルーモスクは、イスタンブールの象徴ともいえるモスクです。ブルーモスクという名称は、その青いタイルに由来しています。太陽の光が260もある小さな窓のステンドグラスを通り、金が青に入り混じって輝く光景は、息を呑むほどの美しさです。30以上のドームと6本の尖塔(ミナレット)に囲まれた、堂々としたすばらしい外観を見学にくる人が夜も昼も絶えません。キリスト教とイスラム教の調和が美しいアヤソフィアはブルーモスクと道路を挟んで向かい合う形で建っています。アヤソフィアは、ビザンチン時代にはキリスト教の大聖堂でしたが、その後イスラム教のモスクに改築され、今はドームや尖塔と共に、イスタンブールのシンボルとなっています。教会のセントラルホールに立って、円形のドームを見上げると、その壮大な光景に圧倒されます。内部に足を踏み入れると、たくさんのシャンデリアや荘厳なドアや壁を見ることができます。アヤソフィアの隣にある、バシリカシスタン(イスタンブール地下宮殿)という地下宮殿ではとてもロマンティックな地下の世界を体験できます。ここは『007ロシアより愛をこめて』や、『アクシデンタル・スパイ』というジャッキー・チェンの映画の撮影地にもなりました。地下宮殿におりていくと、別世界のイスタンブールに来たような気になれるでしょう。旧市街の丘の上に建つスレイマニエモスクは、イスタンブールで最も美しいモスクとして知られています。小高い場所にあるため、ここからの海峡の眺めはとても美しいです。モスクの奥には、スレイマン1世とその皇后のお墓があります。タクシム広場は新市街にあり、イスタンブールで一番大きな広場です。広場の中心部には、トルコ共和国建国の父、ケマル・アタチュルクと軍人の銅像(共和国モニュメント)が建っています。タクシム広場から伸びるイスティクラル大通り(Independence Avenue)はイスタンブール一の繁華街です。ここは現代のトルコを感じることができる場所です。

トルコの北部に位置するイスタンブールは、地中海性気候に属し、夏は暑くて乾燥し、冬は湿気が多く雨がたくさん降ります。旅行するのに良いシーズンは、春(4月〜7月)、夏(7月〜9月)と秋(9月、10月)です。この時期のイスタンブールは快適な気温で、晴れることが多いです。とくに夏は、エーゲ海で遊ぶのに良いシーズンです。ただし、ヨーロッパの人たちがトルコを訪れるピークシーズンでもあるので、旅行費用は高くなります。

イスタンブールには高級ホテルからユニークなホテルまで、たくさんのホテルがあります。ホテルは、ヨーロッパサイドにもアジアサイドにもありますが、ほとんどの旅行客は、ヨーロッパサイドに宿を探します。ヨーロッパサイドは観光名所が密集していて、交通機関も発達しています。イスタンブール近郊のアタチュルク国際空港は、イスタンブールの出入りの要です。トランジットをするなら、空港の近くに宿を取るのがよいでしょう。アジアサイドのホテルは、ヨーロッパサイドよりも相場が安いですが、観光名所が少なく、ホテルもこじんまりとしています。しかし、アジアサイドから船で行けるプリンシスアイランド(Plince’s Island)ではすばらしい風景を眺めることができますし、改築した別荘でホームステイもできます。新鮮な空気と素晴らしい環境が楽しめるでしょう。

Trip.comは最高のホテル選びをお手伝いします。Trip.comなら宿泊料金、宿泊設備やホテルクラスなどで絞り込み検索ができ、お客さまにご満足いただけるホテルが必ず見つかります。

閉じる
エリア:
更に表示 閉じる
Trip.comは、Trip.comグループ(Trip.com Group Limited)のグローバルブランドです。Trip.comグループは、世界最大級の旅行会社です。
Ctrip Skyscanner Trip