おすすめホテル

よくあるご質問:

  • 鎌倉でカップルに好評なのはどのホテルですか?

    鎌倉パークホテル, プラージュ 由比が浜及びHotel鎌倉moriはカップルや夫婦におすすめです。

  • 鎌倉でファミリーにおすすめなのはどのホテルですか?

    Guest House SHIBAFU KAMAKURA HASE, 船宿 秋田屋及びT-Reef Vacation House Leafはファミリーにおすすめです。

  • 鎌倉 ホテルの1泊当たりの料金はどれくらいですか?

    Trip.comのデータに基づくと、鎌倉のホテルの1泊当たりの料金は 31150 JPYです。 ※この価格は随時に変動するため、目安として参考にしてください。

  • 鎌倉 ホテルの週末の1泊当たりの料金はどれくらいですか?

    Trip.comのデータに基づくと、鎌倉 ホテルの週末で、1泊当たりの料金は 33741 JPYです。 ※この価格は随時に変動するため、目安として参考にしてください。

鎌倉の穴場観光情報とホテル・旅館ガイド

鎌倉のホテル・宿泊施設情報

神奈川県南東部の三浦半島の入り口に位置する鎌倉市は、東京都心から約50kmの圏内にあり、横浜市や逗子市、藤沢市に隣接しています。鎌倉幕府の後、江戸時代になると、多くの神社仏閣などの歴史的遺産や景勝地が注目を集め、三方を山が囲み、一方は海に面した風光明媚な土地柄から、人気観光地となりました。明治から大正時代には夏目漱石や芥川龍之介など、多くの文化人が鎌倉に滞在したほか、昭和初期には川端康成や小林秀雄などの作家や文化人による鎌倉ペンクラブが発足し、ハイカラな雰囲気が融合します。現在、鎌倉は日本遺産に認定され、国籍や年代を問わず多くの観光客やサーファー、海水浴客などが集まる日本を代表する観光都市となっています。藤沢と鎌倉間を結ぶ江ノ電は100年以上の歴史があり、沿線は鎌倉らしいローカルな観光スポットです。神社仏閣の祭事や神事、地域に根付いたイベントも多く、座禅や鎌倉彫などの体験や、和洋中のグルメなど鎌倉には魅力的な旅の要素が集まっています。

鎌倉の旅行シーズン

山に囲まれ、目の前に湘南の海が広がる鎌倉は、年間を通して温暖な気候で、最高気温も30℃を超えることはほとんどありません。冬は風が強いですが晴天率が高く、最低気温が1℃未満になることもあまりないです。1年を通じて湿度は高めで、梅雨や台風の時期にはかなりの降水量になります。鎌倉は長谷寺や明月院などアジサイの名所が多く、見ごろを迎える時期が観光のベストシーズン。6月上旬から咲き始め、7月中旬の梅雨明け前くらいが見ごろです。他に紅葉の11月中旬から12月上旬も多くの観光客が訪れます。鎌倉は四季折々の草花が楽しめるので、オフシーズンでも旅を楽しむことができるでしょう。混雑を避けるなら1月や2月あたりがおすすめです。

鎌倉へのアクセス

  • 東京から

    神奈川県内に民間空港はなく、飛行機でのアクセスはできません。列車では東京駅からJR横須賀線で鎌倉駅までの所要時間は約56分、料金は940円~。高速バスは羽田空港第3ターミナルから鎌倉駅東口まで所要時間は約1時間35分、料金は1,400円~。乗車日によって料金が大きく変動する可能性があります。

  • 大阪から

    飛行機は羽田空港や成田空港を利用し、鎌倉駅まで高速バスや電車を利用することになるため、直行便はありません。列車は新大阪駅から東海道・山陽新幹線のぞみで品川駅まで、JR横須賀線に乗り換えて鎌倉駅まで所要時間は約3時間25分、料金は指定席片道15,070円~。高速バスは大阪から鎌倉までの直行便、経由便ともにありません。

  • 福岡から

    飛行機は羽田空港や成田空港を利用し、鎌倉駅まで高速バスや電車を利用することになるため直行便はありません。列車は博多駅から東海道・山陽新幹線のぞみで品川駅まで、JR横須賀線に乗り換えて鎌倉駅まで所要時間は約6時間、料金は指定席片道23,520円~。高速バスは福岡から鎌倉までの直行便、経由便ともにありません。

鎌倉の観光情報

鎌倉のおすすめ温泉・露天風呂

稲村ヶ崎温泉

鎌倉唯一の天然温泉で目の前に海や空が広がり、遠くに江ノ島や富士山を眺望できます。温泉に含まれる炭酸水素イオンやメタケイ酸の濃度は世界的に見ても高く、疲労回復や冷え性、神経痛など多くの効能があり、弱アルカリ性で毛穴の汚れを取り除くクレンジング効果により、美肌・保湿効果もあるとされています。湯色は褐色がかった黄金色。別名「黄金の湯」と呼ばれます。温泉のあるエリアは分厚い岩盤で守られているため、海水をまったく含みません。ニオイもなくさっぱりした湯上がりで心地よくなれるでしょう。露天風呂や源泉かけ流しの水風呂も用意されています。温泉と景色を楽しんだ後は、隣接する全席オーシャンビューのレストランで食事ができます。江ノ電稲村ヶ崎駅から徒歩約5分です。

湘南台温泉

「湘南台温泉らく」は小田急湘南台駅から徒歩約2分と、アクセスに便利な日帰り温泉施設です。エントランスまで続く真っ赤な鳥居や、オブジェを飾るなど装飾にこだわりが感じられます。フロアは畳張りで素足でも気持ちよく、休憩スポットも多いくつろぎの空間です。温泉は湯河原の奥座敷として知られる、神谷温泉の源泉を毎日直送しています。海が近い湘南界隈の温泉は少し塩分を含み、色味があることが多いですが、こちらの温泉は無色透明で少しトロッとした肌触りが特徴です。源泉をたっぷり楽しめる水深90cmのお風呂や、疲労回復効果のある炭酸風呂、寝ながら入れる寝ころび湯、マンガが読める畳風呂エリアなど、日帰りでもゆっくり入浴ができるでしょう。湘南の海鮮グルメも楽しめます。

野天湯元

「野天湯元たや 湯快爽快」は天然温泉を使用した日帰り温泉施設です。田谷洞窟近くの地下300mから湧出した黒褐色の湯に、高濃度の炭酸泉を溶かした漆黒の炭酸泉がトレードマーク。豊富なナトリウムを含む源泉は肩こりや冷え性などに効果があり、美肌の湯としても評判です。医療用に使える高濃度の炭酸泉は、泡がきめ細かく、体内の血流を促し、身体の芯までぽかぽかと温かくなります。大きな露天の五右衛門風呂を使った壷湯や、岩盤浴のうたた寝之湯、サウナなどお風呂の種類も豊富です。こだわりの食材を使った食事や、家族で楽しめるイベントなども用意されています。JR・湘南モノレール大船駅西口よりバスで約10分、JR本郷台駅より送迎バスもあります。

鎌倉のおすすめ観光スポット

鶴岡八幡宮

鎌倉市内を南北に通る若宮大路の北端に鎮座する「鶴岡八幡宮」。源氏の氏神として祀ったのが起源で、1191年に鎌倉幕府の総社にふさわしい上下両宮の現在の姿になりました。源頼朝は現在に伝わる流鏑馬や相撲、雅楽などの神事や行事を執り行い、関東の総鎮守として宗敬を集めます。鎌倉幕府滅亡後も江戸幕府から篤く信仰され、江戸時代に造営された本宮と若宮は国指定重要文化財です。森の緑と社殿の朱色が調和する境内には、源頼朝や実朝をお祀りする神社をはじめとした静御前ゆかりの舞殿などがあり、800年を超える長い歴史を感じられるでしょう。現在は武士道の精神を伝える歴史的シンボルとして、国内外から参拝者が訪れます。JR鎌倉駅東口から徒歩10分です。

江ノ電

江ノ島電鉄の愛称の「江ノ電」は鎌倉駅と藤沢駅間のわずか10kmを結ぶローカル線です。始発駅から終着駅まで乗車しても約34分の電車の旅ですが、TVドラマや映画、CM撮影ロケによく使われたことから全国的に有名になりました。地域で長年親しまれる緑とクリーム色の電車は各駅停車の単線で、民家のすぐ庭先を通り、海岸線や路地へと車窓の変化が楽しめます。途中、由比ヶ浜や長谷寺のある長谷、極楽寺、江ノ島など観光スポットをめぐり、乗り降り自由な一日乗車券があるので観光にも便利です。沿線には話題の人気ダイニングやレストラン、古民家カフェ、雑貨屋などがあり、ランチや休憩にぴったり。都心から近場でのんびり電車旅が楽しめます。JR鎌倉駅から乗車できます。

高徳院 鎌倉大仏

大仏様の愛称で親しまれる「鎌倉大仏」は高さ約11.3m、重量約121tと奈良大仏に次ぐ大きさで、鎌倉唯一の国宝です。1252年に創建されました。当初は大仏殿がありましたが、その後台風や大地震で倒壊し、現在の露坐の大仏になります。江戸時代には高徳院と称する寺院が再興され、仏像の修復が行われたことで、創建から750年を超えて今にその姿を伝え、国内外や宗派を問わず、仏教徒の信仰を集めています。大仏の内部は空洞で、中に入って見学する胎内めぐりも可能です。廻廊の右手境内には奉納された大わらじが設置されているほか、朝鮮王朝の月宮宮殿を移築した観月堂があり、与謝野晶子の歌碑も残っています。江ノ島電鉄長谷駅から徒歩7分です。

鎌倉のイベント情報

「鎌倉花火大会」は毎年7月上旬に由比ヶ浜で開催される人気の花火大会です。海上に浮かんだ船から、海中に次々に投げられる名物の水中花火や、全国の腕に覚えがある職人の打ち上げ花火など華麗な競演を見ることができ、約2,500発もの花火が打ち上がります。屋台や露店も多く出店。例年約15万人の人出があります。潮の干満の差を考えて波打ち際に場所を取ると最前列で見られるでしょう。江ノ島電鉄由比ヶ浜駅から徒歩約6分です。

「絵筆塚祭」は荏柄天神社で毎年10月に開催される祭典です。漫画家の清水崑が愛用の絵筆を納めた「かっぱ筆塚」を建立したのが始まりで、清水崑の遺志を継承した横山隆一ら漫画家たちが「絵筆塚」を建立しました。絵筆塚祭では漫画家が作成した漫画絵行灯や多くの漫画家の楽しい河童の絵も飾られ、愛用の筆の供養やお焚き上げが行われます。「天神前」バス停からすぐにアクセス可能です。

「鎌倉まつり」は昭和34年から行われ、4月中旬から下旬まで1週間繰り広げられる春の恒例行事です。鶴岡八幡宮を中心に市内一円で、流鏑馬や華麗な舞、創作能、野点などさまざまな催しが行われます。メインイベントは「静の舞」とよばれ、頼朝と政子の前で捉われた義経の妻、静御前が舞うという史実を再現。静かな感動を呼ぶことでしょう。JR鎌倉駅からは徒歩約10分です。

鎌倉の人気グルメ

相模湾の新鮮なしらすを使った「しらす丼」は、鎌倉を代表するグルメです。生しらすは禁漁期の1月から3月中旬を除いて通年で味わえます。JR鎌倉駅から徒歩約2分の「秋本」のしらす丼は、釜揚げしらすと生しらすがタワーのように天盛りにされ、おろし生姜と醤油でいただきます。

「鎌倉コロッケ」はじゃがいもの甘みが口一杯に広がる、昔ながらの味わいが人気です。江ノ電鎌倉駅構内の「駿河屋本舗 鎌倉コロッケ 鎌倉駅本店」にはしらす入りやチョコレート入りなどの変わり種のコロッケがあります。

3種類の白身魚のすり身をブレンドした「鎌倉揚げ」は、ふわふわの食感が特徴です。中にごぼうやレンコン、とうもろこしが入っています。JR鎌倉駅東口から徒歩1分の小町通り入り口すぐの「あさひな」で、できたてが食べられます。

おすすめの高級旅館・ホテル

「鎌倉プリンスホテル」は、相模湾を眺望する緑の丘陵に位置し、全室オーシャンビューのロケーションです。水平線を眺めながら本格フレンチを楽しめます。江ノ電七里ヶ浜駅から徒歩約8分です。1泊シングル37,721円~。

「鎌倉パークホテル」は、鎌倉の海沿いにあるシーサイドホテルです。地元の三浦野菜と新鮮な海の幸を使った鎌倉フレンチと、日本料理でもてなしてくれます。JR鎌倉駅より車で約10分です。1人1泊6,999円~。

「江の島の歴史を伝える宿 岩本楼本館」は、創業150年を超える江ノ島島内にある「岩本楼」。国の有形文化財のローマ風呂と神秘的な洞窟風呂が魅力で、屋外プールも利用できます。磯の香り漂う海鮮会席も魅力です。江ノ電江ノ島駅からは徒歩15分。1人1泊9,680円~。

おすすめの格安宿・ホテル

「IZA鎌倉ゲストハウス&バー」は、江ノ電長谷駅から徒歩2分とアクセス抜群のゲストハウスです。由比ヶ浜海岸まで60mと近く、夏の海水浴やマリンスポーツの拠点にぴったり。輸入レンガを手積みした重厚な外装は優雅な雰囲気を醸し出します。ドミトリー1泊3,960円~。

「大町ジャンクション」は、JR鎌倉駅東口から徒歩7分のおしゃれなゲストハウスです。ドミトリータイプからカップルやファミリーで宿泊できる個室まで選べます。ハンドメイド感のあるかわいい外装でアットホームな宿となっています。コーヒースタンドを併設し、ペットとの宿泊も可能です。ドミトリー1泊3,000円~。

「鎌倉ゲストハウス」は、畳の部屋と縁側がある純和風のゲストハウスです。大きな囲炉裏を宿泊者同士で囲み、炭火で焼いた地魚を味わえば、旅の話に花が咲きます。梶原口バス停から徒歩2分でドミトリー1泊3,547円~。

鎌倉のホテルのお得なクーポン&キャンペーン情報

トリップドットコムでは最大50%OFFになるセールやすぐに使える割引コードなど、毎月多彩なキャンペーンを実施しています。詳しくはこちらをご覧ください。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、記載した金額は変動する可能性がありますので、目安としてご参考ください。

閉じる

鎌倉 ホテルの口コミ情報