クアラルンプールのおすすめ温泉旅館・ホテル

よくあるご質問:

  • クアラルンプールで一番人気な温泉があるホテルはどこですか?

    ヒルトン クアラルンプールはクアラルンプールで最も人気の温泉があるホテルです。 クアラルンプールを訪れる多くの人がヒルトン クアラルンプールホテルの予約をしています。

  • クアラルンプールの温泉があるホテルの1泊当たりの料金はどれくらいですか?

    Trip.comのデータに基づくと、クアラルンプールの温泉があるホテルの1泊当たりの料金は 5263 JPYです。 ※この価格は随時に変動するため、目安として参考にしてください。

  • クアラルンプールの温泉があるホテルにおいて、週末の1泊当たりの料金はどれくらいですか?

    Trip.comのデータに基づくと、クアラルンプール 温泉があるホテルの週末の1泊当たりの料金は 15851 JPYです。 ※この価格は随時に変動するため、目安として参考にしてください。

クアラルンプールの温泉 ホテルのご案内

クアラルンプールの天気(気候)&旅行シーズン

マレーシアは赤道から近く、熱帯気候に属しています。1年を通して暖かい気候になっていて、クアラルンプールも同様です。クアラルンプールの年間の平均最高気温は約31℃、平均最低気温は27℃でほとんど気温が変わりません。

季節による気温の変化が少ないので、観光のオフシーズンは無いと言えます。ただし雨季があって、クアラルンプールでは3月~4月と10月~12月の期間はスコールが多くなります。

マレーシア全土で雨季と乾季がありますが、クアラルンプールは同国東側に比べると雨量は少なく、旅行に大きな支障がでるほどの豪雨にはならないのが特徴です。また、10月と11月は、1年間の中で観光客が減る時期となっています。航空券やホテルが他の時期よりも多少安くなるので、費用を抑えたい方にはおすすめです。

1年を通して暖かく雨季は湿気が多いことから、通気性に優れた服装を持っていきましょう。ホテルやショッピングセンターでは冷房をかけているので、羽織るものや長袖を持っておくと重宝します。また、日本が真冬の時期に行き帰りする場合には、気温差に注意が必要です。

クアラルンプール周辺の空港

クアラルンプールから南に約50㎞の所にクアラルンプール国際空港があります。空港内はメインターミナル(KLIA)と第二ターミナル(KLIA2)の二つがあって、メインターミナルはメインビルとサテライトビルに分かれています。市内へのアクセスは、電車、タクシー、バスが利用できます。電車は、直行でKLセントラル駅に到着する「KLIAエクスプレス」と3つの駅を経由する「KLIAトランジット」二つの車両を利用可能です。

電車は「KLIAエクスプレス」「KLIAトランジット」利用で、大人片道55RM(1,349円)・往復100リンギット(2,453円)、子ども片道25RM(613円)・往復45RM(1,103円)となり、所有時間はKLIAエクスプレスKLIA-28分・KLIA2-33分、KLIAトランジットKLIA-KLセントラル駅33分・KLIA2-KLセントラル駅38分となります。

また、安く利用するなら空港から出ているリムジンバスがおすすめです。リムジンバスの料金は片道11RM(269円)・往復20RM(490円)で所要時間は約1時間です。

3つの移動手段の中では一番料金が割高ですが、楽に移動できるのがタクシーです。料金は日本産のバジェットタイプ、外国産のプレミアタイプ、8人乗れるファミリータイプの3タイプがあります。料金は、バジェットが約84RM(2,060円)、プレミアムが約118RM(2,894円)、ファミリーが約223RM(5,470円)です。時間はリムジンバスと同様約1時間です。

クアラルンプールの交通

クアラルンプールでは鉄道網が発達していて、市内各地からマレーシア全土までアクセス可能です。市内では電車とバスによるRapid KLが運行していて、高架鉄道(LRT)、モノレール、MRTが利用できます。

また、郊外や他都市へ移動する場合は、KTMと呼ばれる鉄道サービスが利用できます。クアラルンプールやバターワース近郊ではKTMコミューターが運行していて、長距離ではKTMインターシティが使用可能です。

その他、ホテル間などの細かい移動ではタクシーを利用するのもよいでしょう。タクシーには、通常のタクシーの他に青色のエグゼクティブタクシーがあります。一般的なタクシーは初乗りが3RM(73円)に対して、エグゼクティブタクシーは6RM(147円)と倍額です。

クアラルンプールへのアクセス

日本からクアラルンプールまでは約5,245㎞の距離があって、各都市から4社が直行便を運航しています。運行しているのは、全日空、日本航空、マレーシア航空、エアアジアXの4社です。経由便を含めるとさらに多くの航空会社が運行しているので、料金や所要時間、キャリアによって選ぶとよいでしょう。

東京からクアラルンプールまでは所要時間約7時間20分で、往復約73,200円~で利用可能です。また、大阪からクアラルンプールまでは所要時間約6時間50分で、往復約72,790円~で利用できます。その他、新千歳空港からも直行便が出ており、所要時間約8時間15分で、往復約34,980円~となっています。利用料金に関しては、航空会社や時期によっても変動があります。

クアラルンプールの物価

クアラルンプールの通貨はリンギット(RM)で2020年3月18日現在、1RMで24.53円となっています。物価は日本と比べると3分の1ほどですが、利用するサービスや購入する商品によっては割高になるものもあります。たとえば、公共バスの料金は0.5RM~3RM(12円~73円)、市内の列車の料金は1RM~8.8RM(24円~215円)と割安です。

また、食事では、ローカルレストランで約5RM(123円)、エアコン付きのレストランで約35RM~50RM(858円~1,226円)、一流ホテルのビュッフェで約100RM(2,453円)となっています。食事をする場所でも大きく値段が変わり、一流ホテルですと日本の普通のレストランよりも高い値段となっています。

その他、ペットボトルの水が0.75RM(18円)、缶のコカ・コーラが1.8RM(44円)、ビールが8RM~10RM(196円~245円)となっています。

クアラルンプールのホテル相場

クアラルンプールは10月~11月の期間に観光客が少し落ち込むものの、通年気温が変わらないことから1年中が観光のベストシーズンと言えます。そのため、ホテルの値段も1年を通して大きく変動することが少なくなっています。

クアラルンプールのホテルの平日の相場は約17,873円で、週末は約13,505円です。一方ブキビンタン周辺のホテルの相場は税込1,143円~15,803円となっています。クアラルンプール中心部では税込3,648円~18,076円となっているので、ブキビンタンよりも若干割高となっていることがわかります。

また、チャイナタウン周辺のホテルの相場は、567円~5,968円となっています。クアラルンプールでは、1万円以下でもホテルが豊富にあるので格安旅で利用もできます。1流ホテルでも2万円以下で泊まれる格安の値段となっています。

ホテルランクごとの相場

ホテルランク相場
5つ星6,055円~11,055円
4つ星4,251円~4,442円
3つ星1,653円~2,273円
2つ星1,550円~1,668円

クアラルンプールのホテル事情

クアラルンプールの治安は?

マレーシアは軽犯罪が多い国で、特に首都であるクアラルンプールでは注意が必要です。置き引き、スリ、駐車場荒らしなどが多いので、荷物や貴重品の取り扱いは気を付けてください。夜間になれば強盗に巻き込まれる可能性もあるので、「女性の一人歩きはしない」「人通りのない暗い道は歩かない」を心掛けましょう。移動の際には、配車アプリなどを利用することをおすすめします。

また、メーター制ではないタクシーでは、ぼったくりの被害も散見されます。白タクのような怪しい非公式のタクシーには乗車しないように心がけて、なるべくメーター制を利用するとよいでしょう。

クアラルンプールの通信環境は?

クアラルンプールは通信環境が整っていて、公共のWi-Fiスポットが市内中にあります。規制もないので、GoogleやLINEも使用可能です。日本との連絡や調べ事で困ることは少ないでしょう。ただし、出所が不明のフリーWi-Fiでは情報流出の危険性もあるので、企業や店舗のWi-Fiを利用すると安全です。

また、通信速度に関しては、日本よりも遅いことが多々あります。大容量のデータをやり取りする際には、ある程度の時間がかかります。

日本人におすすめホテル

おすすめ高級ホテル

クアラルンプールでおすすめのホテルを3つご紹介します。

一つ目はペトロナス・ツイン・タワー近くにある、「マンダリン オリエンタル クアラルンプール」です。周辺には高層ビルが立ち並び、高層階からの夜景はとてもきれいです。客室数643ととても大きなホテルで、爽やかで都会派なホテルとして人気があります。

次に紹介するのは「ザ・リッツ・カールトン クアラルンプール」。リッツ・カールトンが運営するラグジュアリーなホテルで、クラシックな雰囲気の外観と内装が人気です。ナイトスポットにもすぐにアクセスできるので、夜の町を楽しむのにもぴったり。

最後は「JWマリオット・ホテル・クアラルンプール」です。シックで大人な雰囲気のある本館は、ザ・リッツ・カールトン クアラルンプールと並んで人気のあるホテルです。他のホテルと同様にリッチが優れている他、館内にあるバーなども雰囲気が合って楽しめます。

おすすめ格安ホテル

クアラルンプールにあるリーズナブルなホテル3つを紹介します。

まずは2016年に開業した「ヌーホテルKLセントラル クアラルンプール」です。KLセントラル駅から約1Km、Tun Sambanthan Stationは徒歩圏内という立地にあります。スーペリアルームでは、2,357円と格安です。

次に紹介するのは「マイホテルアットセントラル」。ゲストルームは、ビュッフェ式朝食が付いて1,754円ととてもお得な値段のホテルです。KLセントラル駅へは900mと、駅へアクセスするのにも困りません。Wi-Fiももちろんついており、夜に調べ物や仕事などネットをすることができます。

最後は、「バックホームKL」です。男女混合のドミトリータイプのあるホテルですが、とても広々としていて人気のあるホテルとなっています。料金はドミトリータイプで約1,113円とっても格安です。相部屋が気になる方は約3,445円のゲストルームもオススメです。Dang Wangi駅から100mの場所にあって、KLタワーの近くにあるのでアクセス徒歩でアクセスも可能です。

クアラルンプールの観光情報

クアラルンプールのおすすめ観光スポット

クアラルンプールの観光で外せないのが、世界一大きいツインタワーとして有名なペトロナス・ツイン・タワーです。ビル内には、ショッピングモールやフードコートが並ぶほか、ペトロサインスと呼ばれる体験型博物館もあるのでお子様連れの観光でも楽しめます。

大迫力のツインタワーを見た後は、水族館でお魚鑑賞をしてみてはいかがでしょうか?KLCC水族館と呼ばれるアクアリウムでは、日本とはまた違った雰囲気が楽しめます。水中トンネルなどもあるので、カップルから夫婦、ファミリーまで、幅広い方の旅行で楽しめます。

また、クアラルンプールには、ペトロナス・ツイン・タワーの他に、KLタワーと呼ばれる421mの大きな通信塔があります。(値参照:https://tabijozu.com/kualalumpur-kltower)高層部のスカイデッキはオープンデッキとなっていて、とても迫力のある絶景が楽しめます。さらにクアラルンプールから南に25㎞行ったところに、プトラジャヤと呼ばれる連邦直轄領があります。

ここはとてもきれいな町並みとなっていてモロッコパビリオンや銀色のモスクなどさまざまな見どころがあります。中でも約15,000人を収容できるプトラモスクは、イスラム文化の美しい建築が楽しめます。

クアラルンプールの人気グルメ

マレーシアの庶民に愛されている定番料理がナシレマッです。ナシレマッは、ココナッツミルクを使用して炊いたお米の上に、揚げた小魚、卵、ピーナッツ、キュウリを盛り付けて辛味のある自家製サンバルソースをかけたプレート料理。羊の煮込みや鶏のから揚げなどもお好みで盛り付けるなど、自分流にカスタマイズもできます。

また、もう一つの定番料理である肉骨茶(パクテー)もおすすめです。土鍋の中に内臓肉、骨の付いた豚のアバラ肉を入れて、生薬や中国醤油で煮込んだ料理です。朝食でも食べられる胃に優しい料理で、薬膳料理として紹介されることもあります。

その他、屋台で気軽に食べられる料理として、ココナッツ風味のカレーラーメン「ニョニャラクサ」も人気です。カリーリーフやレモングラスといったハーブを使用したハーブとココナッツのマイルドな口当たりが特徴的な料理。麺を卵麺やビーフンなどに変えることも可能です。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、記載した金額は変動する可能性がありますので、目安としてご参考ください。

閉じる

クアラルンプール ホテルの口コミ情報