JP
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨
ヘルプ
日本国内 0120 925 780 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
国際電話 +86 513 8918 6112 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
App
無料アプリをダウンロード

オンライン旅行業界のパイオニア

米国NASDAQ上場のハイテク企業

最良のおもてなし

365日対応 安心の日本語サポート

国際ネットワーク

200を超える国と地域、120万軒以上のホテル&5,000都市以上の航空路線

よくあるご質問:

麗江のプール付きがあるホテルのご案内

麗江の観光情報

麗江の基本情報

気候

麗江市の年間平均気温は15度程度で、典型的な温帯気候です。標高2,400mの高地にある街なので、高海抜・低緯度の独特な気候を特徴としています。夏は涼しく冬は温暖で一年を通して晴れの日が多く過ごしやすいのですが、山の天気は変わりやすいと日本でも言うように、一日の中で天気が数回変わることも珍しくありません。標高が高く朝晩は冷え込むので、体温調節ができる上着を1枚持っておくといいでしょう。コートもいいのですが、薄手のダウンのような軽いはおりものがあるとかさばらずに便利です。年間を通して観光は楽ですが、雨季は避けた方が無難です。5~10月は麗江の雨季で、大雨が降り土砂災害が多くなります。また夏を含む雨期には雪が解けて、冠雪した白く美しい玉龍雪山を見ることができないのも留意しておきたいところです。

街の様子

麗江は雲南省の省都昆明から約600kmの地点にある、標高2,400mの街です。日本では、2006年に公開されたチャン・イーモウ監督の「単騎、千里を走る。」の舞台になった街として知られています。伝統的な黒い瓦屋根が連綿とつながる景観は、多くの人々をとりこにしてきました。麗江の街並みは、美しさと文化的背景が評価されユネスコの世界文化遺産に登録されています。また麗江市街の周囲には玉龍雪山に代表される壮麗な大自然が広がっており、街並みと自然が一体となって古代から景勝地として憧れの場所になってきました。

麗江の街並みを作り上げたのは、少数民族のナシ族です。ナシ族は、現存する唯一の象形文字とされる『ナシ文字(トンパ文字)』を現在も「トンパ」と呼ばれるシャーマンが宗教的活動に用いるなど、独自の文化と宗教を持つ民族です。彼らの宗教はチベット仏教との共通点も多く指摘されており、独特の世界観を形成しています。ナシ族のほかにも麗江には多くの少数民族が暮らしているので、服装や言葉などの違いを意識してみると面白いでしょう。

ぜひ訪れていただきたいのは古城エリアで、細くて複雑な路地が入り組んでいて、地図を見ながら歩いているつもりでも目的地にまっすぐたどり着けないほどです。それほど広いわけではないので迷って帰って来られないという心配はありませんが、ひっそりとした路地を探検するようなドキドキ感が麗江の街を歩く一番の魅力といえるでしょう。

センスの良いカフェや雑貨店が多くあるので、ゆったりと散歩をするのがおすすめです。

交通情報(アクセス)

飛行機の場合、市街地の南28kmにある麗江三義国際空港を利用することになります。日本からの直行便はないので、北京や上海、成都で入国して国内線に乗り換えます。国内線は主要都市や昆明との間に多く就航していますが、日本からの乗り継ぎを考えると上海や成都を中継地として利用するのがいいでしょう。空港から市街地まではエアポートバスで約50分、タクシーなら約30分です。

雲南省の各都市をつなぐ長距離バスも利用できます。昆明からは約8時間30分、大理・香格里拉(シャングリラ)からは約4時間と長時間の移動になりますが、交通費を節約したいという方は検討してみてもいいでしょう。

杭州の観光情報グルメ

有名な食べ物

麗江は標高が高く、良質な米が栽培されていて、そのため麗江では伝統的に米を主食としています。中国料理と聞いてイメージするような、小麦粉を使った餃子やマントウは麗江ではあまり食べられていません。

麗江名物といえば「米線(ミーシェン)」。米から作った麺で、ビーフンよりも太く食べごたえのあるポピュラーな主食です。麗江には米線専門店も何軒かあり、観光客向けにクセを抑えた味付けになっているので、無理なく米線を味わうことができます。

また麗江は激辛料理で有名な四川省と地理的に近く、基本的に唐辛子がきいた刺激の強い味付けになっています。油はあまり使わない調理法なのであっさりしていますが、辛いものが苦手な方は注文時に「微辣(ウェイラー)」と言って辛さを抑えてもらうようにしましょう。

麗江には世界各国から観光客が集まるので、西洋料理や日本料理の店も多くあります。麗江料理に飽きたら、おしゃれなカフェ巡りをするのもおすすめです。日本人でも驚くようなハイセンスなお店があるのも麗江グルメの魅力です。

特有の食べ物情報

麗江には屋台形式の軽食を売る店が多くあります。いろいろな少数民族の多様な食文化を楽しみたい麗江では、こうしたお店はありがたい存在です。

暑くて涼みたい時におすすめのおやつが『涼粉(リャンフェン)』。緑豆デンプンを使って作った寒天を細長く切り、ごまだれやピリ辛醤油味のタレで食べる軽食です。

甘いものが欲しい時には『木瓜水(ムーグアシュイ)』がおすすめ。薬草を使って作られたゼリーで、ほんのりと甘みのあるシロップをかけて食べます。みつまめ感覚でペロッと食べられ、日本人にも抵抗のない味になっています。

麗江の観光スポット

有名な観光地情報

麗江古城は、複雑に入り組んだ石畳の路地、明清時代の古い特徴的な木造建築が残る魅力的な街並みです。街全体が世界文化遺産に登録されており、味わいのある路地は迷い込みたくなるような不思議な魅力を持っています。3.8平方キロメートルもの広さがあり、一日かけて散策し写真を撮ったりしながら雰囲気を満喫するのがおすすめです。カフェやバーがいくつもあるので、疲れたらこうした場所で休憩するのもいいでしょう。

自然が好きな方にぜひ訪れていただきたいのは玉龍雪山国家重点風景名勝区です。麗江から15kmほど北にある自然保護区で、名峰玉龍雪山を間近で見ることができます。玉龍雪山は、最高峰は標高5,596m、13の峰が連なる雄大な山脈は日本の山とは桁違いの迫力です。

ロープウェイで標高4,506m地点まで一気に上がることができ、鋭く切り立った岸壁や万年雪に包まれた峰々の景観が堪能できます。

ふもとの藍月谷は、雪解け水が神秘的なブルーの湖を作り出し棚田のような景観を呈しています。神秘的な深い青色はまるで別世界にいるような気分にさせてくれます。

観光地を巡る際に必要な費用の相場

1日あたり1万円程度を用意しておくと安心でしょう。

入場料に2,500円、タクシーやバスに2,500円、食事に3,000円、買い物に2,000円程度です。

観光客向けの店を利用するとこれくらいの価格になりますが、麗江の地元の人々と同じ店で食事などをすませれば半額程度におさえることも十分可能でしょう。

麗江のホテル事情

麗江のホテル料金の相場

他の観光エリアと比較して高いのか?安いのか?

麗江は観光地なので、1泊1,000円以下のゲストハウスから1泊60,000円以上のラグジュアリーホテルまで価格の振れ幅が非常に大きくなっています。

中級ホテルに限っていえば、周辺の麗江や大理と目立った料金の差は見られません。

古城エリアにはナシ族の民家を改装したゲストハウス「客桟」が数多くあり、設備は比較的整っているので、予算を抑えたい方にはこうした宿泊施設を利用するのがおすすめです。ただし、トイレやシャワーなどが共同になっている場合があるので、気になる方は注意してください。

相場の料金

麗江は中国人にとっても憧れの観光地で、あらゆる年齢層で非常に人気の高いエリアです。ホテルのバリエーションも幅広く、バックパッカーが多いため、素泊まりで簡易な設備だけ備えた安価なゲストハウスが特に充実しています。1泊5,000円以下の低価格帯でも、都市的なこざっぱりとしたプチホテルやナシ族の文化をできるだけ残した古城らしいゲストハウスなど、多彩な選択肢があるのが麗江のホテルの魅力です。

おすすめのホテル

人気のホテル

・フローラ リージアン アンシエント タウン イーショー イン

2013年開業のリーズナブルなホテルです。麗江古城まで歩いて出かけることができ、ナシ族らしい雰囲気をたっぷりと残した建物が好評です。2017年に改装を施したばかりで、清潔感のある内装です。空港送迎サービスもあるので、空港からお越しの方はぜひ利用してみてください。

・ジーユン マンション(麗江木府店)

まるで中国の歴史ドラマに出てくるような優雅な外観が魅力のホテルで、立地も良く麗江古城のすぐそばに位置しています。無料Wi-Fiをはじめ館内設備が充実しています。寝具は羽毛布団なので、散策の疲れをゆっくり癒すことができるでしょう。子ども用の遊具が備えられており、家族連れに評価の高いホテルです。

空港から近いホテル

・チョンタオ シアオジュー ホテル

麗江三義国際空港から800mのところに位置する、2018年に開業したばかりのホテルです。空港からわずかな距離ですが無料送迎サービスもあるので、ぜひ事前予約してご利用ください。特別な設備はありませんが、非常に清潔なホテルでアクセス至便にもかかわらず一泊1,500円程度からと格安で人気を集めています。

・イーシンシアン ホリデイ ホテル

広い客室の開放感あふれるホテルです。空港からはわずか500mで、歩いて行っても問題ないほどアクセスが良いのが自慢でが、もちろん無料送迎サービスも利用できます。無料Wi-Fiもありますので、飛行機を乗り継いで疲れた体をとにかく早く休めたいという方におすすめです。ベッドが大きめの作りになっておりダブルルームが多いので、カップルでのご利用にも適しています。2017年開業とまだまだ新しいので、清潔感を重視する方にも安心しておすすめできます。ユーザーレビューでも清潔感を評価する声が多くあがっています。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、記載した金額は変動する可能性がありますので、目安としてご参考ください。

全文表示 閉じる
エリア:
麗江古城 更に表示 閉じる
Trip.comは、Ctrip.com (Hong Kong) Limited のグローバルブランドです。Ctripは世界最大級のオンライン旅行会社です。
Ctrip Skyscanner Trip