ロンドンのおすすめペット同伴可ホテル

よくあるご質問:

    ロンドンのペット同伴可ホテルのご案内

    ロンドン(イギリス) の天気(気候)&旅行シーズン

    ロンドンは北緯約51°に位置し、北海道よりも緯度が高い立地ですが、比較的温暖な気候の土地です。西岸海洋性気候で夏は涼しくて過ごしやすく、冬は雪が降ることが少ないため、日本の東京や大阪と変わりません。夏場の気温は高くても24℃前後ですが、陽が沈むと一気に涼しくなり、1日の寒暖差が大きいです。また、日本のような梅雨はありませんが、急に雨が降ることが多く、曇りや雨の多いイメージがあります。雨量は少ないため、地元の人は傘を持ち歩かず、フードをかぶる程度です。日本と同じく四季はありますが、夏が短く、冬が長くなります。

    春は3~5月で、平均気温は12~18℃。コートが必要なときもあれば、陽気のよい日もあり、日によって変わります。6~7月の夏は30℃を超える日もありますが、湿度が低く過ごしやすいです。朝晩は冷え込むのでストールやカーディガンを用意しましょう。秋頃の8~10月にかけて日が短くなり、気温がぐっと下がります。厚めのジャケットやコートが必要です。11~2月の冬場は日照時間が短く、薄暗く寒い日が続きます。寒風も強いので、厚手のインナーに靴下や帽子などで防寒対策をしましょう。

    ベストシーズンは気候が安定する6~7月頃ですが、年間を通してさまざまなイベントが楽しめます。

    ロンドン(イギリス)周辺の空港

    ロンドンの国際空港はヒースロー空港が有名ですが、他に4つの空港があり、それぞれ特徴や市内へのアクセス方法が異なります。

    ヒースロー空港はヨーロッパ最大級の規模を誇り、ブリティッシュ・エアウェイズやヴァージン・アトランティック航空の拠点空港で、世界各国の航空会社が乗り入れ、日本からの直行便も発着します。

    ヒースロー空港に次ぐ規模のガトウィック空港は、LCCのフライトが多く発着し、日本のLCCもヨーロッパの主要都市を乗り継いでロンドンに向かう便が多いです。他にロンドンの北の玄関口であるスタンステッド空港、ロンドン北西部にあるローカルなルートン空港、ロンドン中心部から約10kmのシティ空港があります。

    ヒースロー空港から市内へ向かうには電車が便利です。ヒースロー・エクスプレスなら、所要時間約15分・料金20ポンド(約2,640円)。ヒースロー・コネクトは約25分で、料金はパディントン駅まで9.5ポンド(約1,254円)です。他に地下鉄・バス・タクシーも約1時間で到着します。

    ガトウィック空港から市内へ向かい場合も、電車が早くて便利です。ガトウィック・エクスプレスは所要時間約35分で、料金は17.9ポンド(約2,362円)。ナショナルトレイルはヴィクトリア駅まで所要時間約45分で、料金は24.5ポンド(約3,234円)です。バスは7.5ポンド(約990円)と安価ですが、1時間~1時間半ほどかかります。

    ロンドン(イギリス)の交通

    ロンドンは地下鉄やオーバーグラウンド、2階建てバスなどさまざまな公共交通機関が発達しています。ロンドン市内はゾーンで区切られ、地下鉄やオーバーグラウンドを利用する際は、ゾーンによって料金が異なります。ゾーン1は観光客が集まる中心部で、それ以降は中心部からの距離によってゾーンが決まります。また時間帯でも料金が変わり、ラッシュ時はゾーンにより2.4~5.1ポンド(約316~673円)、それ以外の時間帯は2.4~3.1ポンド(約316~409円)となります。

    バスはゾーンや時間帯に関係なく、1回の乗車で1.5ポンド(約198円)と大変お得です。地下鉄・オーバーグラウンド・バスを使う場合、1日の利用料金の上限を決めたデイリーキャップ制度が利用できます。さらに、日本のSuicaのようなチャージ式のオイスターカードがあり、料金がお得になります。

    他にもレンタル自転車のボリスバイクがあり、こちらは2ポンド(約264円)で乗り放題と大変便利です。

    ロンドン(イギリス)へのアクセス

    東京からロンドンまでは羽田発と成田発の便があります。羽田からはブリティッシュ・エアウェイズ、日本航空、全日空の3社が運航しています。成田からはブリティッシュ・エアウェイズ1社が運航しています。所要時間は12時間10分~12時間30分で、往復の料金は135,200円~です。

    大阪からロンドンまでは関西空港発の便のみがあります。ブリティッシュ・エアウェイズと日本航空の2社が運航しており、日本航空はブリティッシュ・エアウェイズとのコードシェア便になります。所要時間は12時間20分で、料金は138,350円~です。

    ロンドン(イギリス)の物価

    通貨単位は「ポンド(GBP)」で、1ポンド=約132.83988円です(2020年3月現在)。

    ロンドンは物価が高いイメージがありますが、円高傾向が続く影響で、日本人旅行者も滞在しやすくなっています。観光地の入場料や地下鉄の初乗り料金、レストランなどは高めですが、5つ星ホテルでも早期予約により2万円台で宿泊できます。

    レストランでの食事は平均3,960円程度で、ビッグマックセットは約620円、コカコーラは1本約257円です。スーパーやマーケットでは食料品が安いので、滞在中の食費を抑えることもできます。地下鉄は約316円~、バスは1回の乗車で約198円です。観光地の入場料がセットで、かつ公共交通機関乗り放題のトラベルカードが付いたロンドン・パスは、1日11,880円で利用できます。大英博物館やナショナル・ギャラリーなど、入場無料の博物館が多いです。

    ロンドン(イギリス)のホテル相場

    ロンドンのホテルは、他のヨーロッパ諸国の都市に比べて料金が高く、日本の1.5倍以上が目安になります。ただしエリアやホテルのランク、宿泊時期などによって変わるうえ、空室が減るにつれて料金が上がっていくシステムのため、旅行の予定が決まり次第お早めに予約することをおすすめします。

    平均的なロンドンのホテル(3つ星から4つ星)の料金相場は、おおむね1部屋1泊4,140円~4,890円程度です。ベストシーズン(6~7月)の料金相場は3つ星以上のホテルで、おおむね1部屋1泊45,290円~55,280円ほどになります。ロンドンの人気観光エリアであるチェルシー地区の料金相場は、3つ星以上のホテルで1部屋1泊6,210円~57,590円程度となります。

    ホテルランク毎の相場

    ホテルランク相場
    5つ星26,636円~39,003円
    4つ星12,243円~12,784円
    3つ星7,266円~9,012円
    2つ星3,710円~5,658円

    ロンドン(イギリス)のホテル事情

    ロンドン(イギリス)の治安は?

    ヨーロッパの中では比較的治安はよい方ですが、犯罪件数は日本よりかなり高くなります。日中なら女性が1人で観光しても問題ありませんが、夜間になるとメインストリート以外の街灯やネオンが暗くなります。特に冬は日没も早いので注意が必要です。

    スリや置き引き、ひったくりなどの発生率は先進国の中でも高く、特に観光地ではスリが多発しています。カード社会のイギリスでは現金を持ち歩く人は少なく、現金を持っていると思われる日本人観光客は狙われやすいので注意しましょう。

    ロンドン(イギリス)の通信環境は?

    市内にはカフェをはじめ、レストランやパブ、美術館や博物館などの観光スポットはもちろん、大手デパート・銀行・スーパーに至るまで、あらゆる場所に無料Wi-Fiスポットが設置されています。ただ、日本ほど通信速度は速くなく、同じ場所で無料Wi-Fiを使用する人が増えると途端に速度が遅くなります。街歩きや観光のためには地図や乗り換えアプリを使えると便利なので、海外用Wi-Fiのレンタルを検討するのもよいかもしれません。また、ロンドンでもGoogleやLINEが使用できます。

    日本人におすすめホテル

    おすすめ高級ホテル

    「ザ サボイ ホテル」は、古くから社交界の要人をもてなしてきた由緒あるホテルです。レストランでは生演奏とともに、アフタヌーンティーやディナーが楽しめます。博物館や劇場、ギャラリーにも近く、地下鉄コヴェント・ガーデン駅から徒歩約7分とアクセスも良好です。

    「ロイヤル ランカスター ロンドン」は、アメリカンスタイルと英国の伝統を融合した、ハイドパークを目の前に臨む大型高層ホテルです。タイレストランやラウンジバー、美容室なども完備。日本人客にはグリーンティーが用意され、ご飯と味噌汁の朝食もあります。地下鉄ランカスターゲート駅から徒歩約2分です。

    「キンプトン フィッツロイ ロンドン」は、大英博物館とラッセル・スクエアに面したヨーロピアンスタイルのホテル。マホガニー材の内装は高級感が漂い、ヴィクトリア朝のロビーやバーは重厚感があります。地下鉄ラッセル・スクエア駅から歩いてすぐです。

    おすすめ格安ホテル

    「ザ ブレア ヴィクトリア ホテル」は、バッキンガム宮殿など市中心部の観光スポットが徒歩圏内にあります。レストランやカフェ、バーなどに加えてルームサービスも充実しています。ヴィクトリア駅から徒歩約10分です。

    「プリンセス ホテル」は、ロンドンシティセンター地区の中でも、大英博物館や劇場などカルチャースポットが多いエリアにあります。ヴィクトリア様式のホテルで、チェックアウトは11時。地下鉄キングス・クロス・セント・パンクラス駅から徒歩約3分です。

    「アルハンブラ ホテル」は、ブルームズベリー地区にあり、地下鉄キングス・クロス・セント・パンクラス駅から徒歩約2分と好アクセスのホテルです。博物館や劇場、大学も近いです。コンチネンタルの朝食無料サービスがあります。

    ロンドン(イギリス)の観光情報

    ロンドン(イギリス)のおすすめ観光スポット

    「バッキンガム宮殿」は、女王陛下の公邸で迎賓館の機能を持つ王宮です。約1万坪の広大な敷地に舞踏会場・美術館・診療所・消防署などがあり、さながら1つの街のようです。地下鉄ヴィクトリア駅またはグリーンパーク駅から徒歩約10分です。

    テムズ川の河畔に建つ「ウェストミンスター宮殿」と、併設の時計台「ビッグ・ベン」はロンドンの代表的な人気スポットです。宮殿は現在、英国議会が議事堂として使用しています。地下鉄ウェストミンスター駅から徒歩約2分です。

    同じく地下鉄ウェストミンスター駅から徒歩約3分に位置するのは、「ウェストミンスター寺院」です。11世紀に建設されて以降、改築を重ねてきた歴史ある大聖堂で、ロイヤル・ウェディングでも有名です。ニュートンをはじめとする著名人が埋葬されている場所でもあります。

    また、「ロンドン塔」もテムズ河畔にあります。世界遺産に認定されたにそびえる中世の城塞で、かつて処刑場として使われていたことから、怪奇現象が起きるいわくつきの塔としても知られています。地下鉄タワーヒル駅から徒歩約5分です。

    「ロンドン・アイ」は、2000年のミレニアム記念事業で建設された大観覧車です。最高地点は135mで、ユニークなカプセル型のゴンドラからは市内の観光名所の他、晴れた日にはウィンザー城まで見渡せます。地下鉄ウォータールー駅から徒歩約5分です。

    ロンドン(イギリス)の人気グルメ

    「スコッチエッグ」は、挽肉で包んだゆで卵に衣を付けて揚げた、イギリスの家庭料理の1つです。お店によってさまざまな工夫を凝らしたメニューがあります。味を競い合う大会もあるほど人気です。

    「シェパーズパイ」は、マッシュポテトのパイ皮と牛肉で作ったパイで、イギリスの家庭料理です。お店は「ザ・ウィンドミル」がおすすめで、ビンテージチェダーやラム肉入りのシェパーズパイが味わえます。地下鉄グリーンパーク駅からアクセスできます。

    「サンデーロースト」は、日曜日の昼食の定番メニューとして食卓に上るローストビーフ料理です。オーブンで蒸し焼きにし、グレイビーソースをかけて食べます。お店は「プリンセス・オブ・ショーディッチ」がおすすめで、オールド・ストリート駅から徒歩約6分です。

    ※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、記載した金額は変動する可能性がありますので、目安としてご参考ください。

    閉じる