JP
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨
ヘルプ
日本国内 0120 925 780 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
国際電話 +86 513 8918 6112 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
App
無料アプリをダウンロード

オンライン旅行業界のパイオニア

米国NASDAQ上場のハイテク企業

最良のおもてなし

365日対応 安心の日本語サポート

国際ネットワーク

200を超える国と地域、120万軒以上のホテル&5,000都市以上の航空路線

マカオのホテルのご案内

国際都市であるマカオは高級ホテルリゾートが立ち並び、西洋風の古い建造物も多く観光に最適の都市です。マカオはタイパ島、コロアネ島、そして両島をつなぐ埋立地コタイから成っておりそれぞれ異なる観光資源に恵まれています。

澳門半島(マカオ半島)はマカオの最北に位置し、マカオ市民の主要居住地となっています。聖ポール天主堂跡、マカオ・タワー、グランドリスボア等はこの区域内にあります。タイパ島はマカオ半島の南に位置し、島上にはポルトガル風の建造物が並んでいます。主な観光スポットは、澳門大学、官也街、マカオジョッキークラブ等です。コロアネ島はタイパ島の更に南に位置し、昔ながらの自然な風景が残っている地域です。島の東南部にあるハクサビーチはマカオでも最大の天然海水浴場として知られ、毎年沢山の観光客で賑わっています。コタイはタイパ島とコロアネ島の間を埋めたもので、もともとは海だった部分です。コタイはマカオでもホテルやリゾートの密集地となっており、マカオベネチアン、シティ オブ ドリームス、サンズ コタイセントラル、ギャラクシー等の娯楽施設が揃っております。

マカオ自体の面積は大きくなく、2日程あればマカオの史跡、リゾート、そして離島等を回ることが可能です。2005年7月15日にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されたマカオ歴史地区はマカオの8つの広場と22の歴史的建造物から成っており、聖ポール天主堂跡、民政総署大楼、媽閣廟、聖ドミンゴ教会等は中国に現存する西洋建築の中でも最古のものです。

長期間ポルトガルの植民地統治下にあったマカオは、食文化もポルトガルと広東料理を中心としたものです。パン、お菓子、ペイストリー類はとても豊富で、世界各国からマカオの美食を求めて観光客が訪れています。特に、マーガレット・カフェ・ナタ、莫義記、公鶏葡国餐庁、竹升麺等は一度ご賞味の価値があります。

高さ233mのマカオ・タワーでは各種アクティビティに参加できます。時速200kmを超えるバンジージャンプ、マカオタワーの61階から更に100m上るタワークライムや地上233mにあるマカオタワーのメイン外縁を歩く「スカイウォーク」等、日常とは一味違った体験ができます。

マカオはその3方を海に囲まれており、ビーチ等の観光資源に恵まれています。特にハクサビーチはその中でも有名でおよそ1kmのビーチを黒い砂が覆いつくしています。また、ハクサビーチの西南には竹湾ビーチもあります。

マカオの気候は、温帯夏雨気候 に属し年間平均気温は22℃です。春は霧が多く、夏は暑くなります。秋と冬の気候は暖かく、毎年10月~翌年2月までがマカオ旅行に最適の時期とされています。夏は台風が到来する事もあり、その影響で飛行機が欠航となったり、嘉楽庇総督大橋や路氹連貫公路が一時的に閉鎖することもございますので5月~9月に外出の際は天気にご注意下さい。夏のマカオは非常に暑く台風も来る為、観光に適していないと思われるかも知れませんが、ハクサビーチを訪れるにはこの時期が最適です。海から吹く風が気持ちよく、キャンプ場もありますので夏を満喫することができます。マカオのホテルはマカオ半島南部及びコタイに集中しております。マカオ半島は観光スポットに近く、非常にお勧めです。

旅行の際に、一番重要なのが滞在先ホテルです。マカオにはホテルが無数にあり、ホテル選びに時間が掛かってしまうかもと思ってしまうかもしれませんが、ご心配ありません。Trip.comならお客様に最適なマカオのホテルをお勧めしております。Trip.comなら宿泊料金、宿泊設備やホテルクラス等で無数のマカオホテルから絞り込み検索ができ、必ずお客様に満足頂けるホテルが見つかります。

全文表示 閉じる
エリア:
マカオ半島 コタイ 更に表示 閉じる
日本語
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨