JP
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨
ヘルプ
日本国内 0120 925 780 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
国際電話 +86 513 8918 6112 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
App
無料アプリをダウンロード

オンライン旅行業界のパイオニア

米国NASDAQ上場のハイテク企業

最良のおもてなし

365日対応 安心の日本語サポート

国際ネットワーク

200を超える国と地域、120万軒以上のホテル&5,000都市以上の航空路線

最近予約されたマカオ国際空港ホテル

マカオ国際空港周辺ホテルのご案内

マカオの観光情報

マカオの基本情報

気候

マカオ(澳門)は亜熱帯気候区に属し、大陸性気候と海洋性気候の両方の要素を併せ持っています。年間平均気温は22度程度で、湿度が高く温暖な気候です。一番暑くなる7月には平均気温が約28度、湿度は90%にもなります。日本ほどはっきりはしていませんが四季もあり、春が3~4月、夏が5~9月、秋が10~12月、冬が1~2月です。長い夏と短い冬、その間に一瞬の春と秋が感じられます。夏は気温と湿度が高く、雷を伴う激しい雨が頻繁に降るので天気には注意が必要です。この時季には折り畳み傘が必須です。また、熱中症対策と、紫外線が強いので日焼け対策もしっかり行ってください。マカオ観光のベストシーズンは秋で、南東の風が内陸部からの風に変わるので気温が下がり過ごしやすくなります。冬はオフシーズンになりますが、比較的湿気が少なく気温も日本ほど下がらないので、航空券やホテルの安い冬にあえてマカオ観光に出かけるのもおすすめです。

街の様子

マカオは東洋と西洋が混じり合った場所で、歴史ある街並みと現代的な大都市が狭い土地の中で共存しています。香港とは少し違う、ノスタルジックな雰囲気が独特の魅力を作り出しています。約500年前ポルトガルがマカオに進出し、その頃には東アジアにおけるキリスト教布教の拠点として発展しました。16世紀には日本人がマカオを訪れたという記録も残っています。長年ポルトガル領だったマカオは1999年に中国へ返還され、現在の名称は「中華人民共和国澳門特別行政区」となっています。イギリス領だった香港とは一味違う、南欧の雰囲気あふれる旧市街、清代の建築様式が楽しめる繁華街、南国リゾート気分で楽しめる島部、ポルトガル料理がベースとなり中国料理と混ざり合った独特の食文化など、マカオならではの街歩きには何日あっても足りないほどです。また、2005年には歴史市街地区がユネスコの世界文化遺産に登録されており、世界遺産ファンが多く訪れるようになりました。1日でも観光は可能ですが、2泊3日程度のゆったりした日程でじっくり街を散策するのがおすすめです。

交通情報(アクセス)

飛行機で香港に入国し、香港からマカオまで多数出ている高速船を利用する方法が最も多く利用されています。空路の場合は、本数は多くありませんが東京と関西から直行便が発着しています。また、台北や高雄を経由しマカオに乗り継ぐルートをとると空路でも比較的安くマカオに行くことができます。マカオ半島は南北4kmの小さな半島なので、徒歩とバスを組み合わせればストレスなく移動が可能です。大型ホテルに泊まれば無料シャトルバスを運行している場合があるので、こうした手段も利用すると便利です。また、マカオ観光は移動距離が短いので、タクシーを利用しても高額になりません。うまく利用すれば効率的に時間を使うことができるでしょう。

マカオの観光情報グルメ

有名な食べ物

・ミンチィ

マカオ料理は、ポルトガル料理と中国料理が融合して生まれました。ミンチィは中国風ジャーマンポテトで、甘辛く炒めたひき肉と目玉焼きがサイコロ形のジャガイモの上に乗ったローカルフード。卵をくずしかき混ぜながら食べます。白ワインやマカオビールによく合う、しっかりとした味付けになっています。

・シーフードリゾット

とれたての魚を使って作る贅沢なシーフードリゾット。マカオ名物で、多くのレストランで看板メニューとなっています。魚介スープを先に煮出し、後からお米を入れ煮込むのがマカオ流。贅沢に海鮮を使用するので、時価で提供するお店が多いのもポイント。ポルトガル料理の定番なので、お店によってシェフの個性が出ます。人気店のシーフードリゾットを食べ比べするのも楽しみです。

特有の食べ物情報

・エッグタルト

マカオのスイーツといえばエッグタルト。気軽に楽しめるおやつなので、テイクアウトの店は非常に多く、オーブンで香ばしく焼き上げるのがマカオのエッグタルトの特徴です。マカオの人々は小さい頃からエッグタルトを食べているので、行列のできていることがおいしい店を探す目安となります。タルト生地の中に入った濃厚な卵ベースのクリームがまろやかで、それほど甘くないため何個でも食べられます。

・アフリカンチキン

アフリカンという名前ですが、マカオ料理ではとてもメジャーなメインディッシュです。大航海時代にマカオ人がアフリカをはじめとして世界中から集めたスパイスを使って完成させた料理といわれ、炭焼きにしたチキンにココナッツミルクやアフリカ・中近東風のスパイスで作ったソースがかかっています。複雑な味わいがマカオの歴史を感じさせます。店ごとに味が違うので、食べ比べをするのも楽しいでしょう。ボリュームがあるので、何人かでシェアするのにもおすすめです。

マカオの観光スポット

有名な観光地情報

・聖ポール天主堂跡

17世紀初頭にイエズス会によって建造されました。建造にはポルトガル人だけでなく、長崎を追放された隠れキリシタンたちも加わったとされています。当時は東洋で最も壮大な教会でしたが、1835年の火災で大部分が焼失し、現在は正面の壁面を中心とする建物の一部が保存されています。しばしばマカオのシンボル的な扱いをされる観光地です。

・民政総署

1784年に改築され、ポルトガル統治の中枢として機能してきました。行政府として作られたものですが、壮麗な装飾タイルと17世紀から収集された約2万冊もの蔵書を誇る図書館は観光地として愛されてきました。中庭や図書館を無料で見学することができます。

なお、現在も地方自治局として使用されています。

・マカオタワー

埋立地に作られた高さ338mのタワーで、マカオを一望できる複合観光施設です。58階より上は入場料が必要で、展望台は床の一部がガラス張りになっていて高さを体感することができます。60階には回転レストラン、61階には屋外展望台があり、晴れた日には香港まで見渡すことができます。アクティビティーも充実していて、命綱をつけてタワーの外縁部を歩く「スカイウォーク」が大人気となっています。

観光地を巡る際に必要な費用の相場

気になる食事ですが、マカオはフードコートや屋台から高級レストランまで多くの選択肢があるので、店舗次第で節約が可能です。庶民的な食堂なら1食1,000円もしませんが、飲茶(ヤムチャ)を楽しむなら1食2,000円、ポルトガル料理店であれば1人あたり5,000円は準備しておくとよいでしょう。市内の交通手段はホテルのシャトルバスと徒歩がメインになりますが、タクシーを利用する場合は2,000~3,000円程度をみておくと安心です。マカオにはショッピングやマッサージ、高級グルメなど多くの楽しみがあるので、予算に応じて旅の計画が立てられるのが魅力です。

マカオのホテル事情

マカオのホテル料金の相場

他の観光エリアと比較して高いのか?安いのか?

対岸にある香港と比べると2,000~3,000円ほど安くなります。香港の方が地価や物価がやや高いので、その差額が宿泊料金にも反映されています。マカオはビジネスより観光での宿泊客が多い傾向があるため、レジャーホテルの選択肢がとても豊富です。空室状況によってはお得な部屋も見つかるので、条件を変えていろいろなホテルを検索してみてください。

相場の料金

マカオのホテルは6,000~16,000円程度が相場です。市街地近くのホテルに比較的リーズナブルな料金で泊まれるのは、街自体が小さなマカオならではの魅力です。マカオには多くの観光客が訪れるので、外国人向けのサービスも充実しています。

おすすめのホテル

人気のホテル

・ホテル ギア

立地の良さと清潔さで高い評価を獲得しているホテルです。聖ポール天主堂跡まで1km弱、カジノへも徒歩15分ほどで行けるので、カジノ近くだと宿泊代金が高くついてしまうと心配の方にもおすすめです。小高い丘の上にあり、夜になるとマカオの夜景を見渡すことができます。室内はクラシカルな雰囲気で、マカオらしさたっぷりのホテルです。

・ロックス ホテル

ヨーロッパ風の5階建て建築で、まるで物語の中のようなロマンチックなホテルです。客室はビクトリア朝様式となっていて、各部屋のバルコニーからはマカオの美しい景色を眺めることができます。サービスが行き届いていてアクセスの便も良いのはもちろんですが、何よりもその壮麗な建築が高い評価を得ています。客室は周辺の同クラスのホテルに比べて広めなので、子ども連れでも安心して宿泊することができます。

空港から近いホテル

・ザ パリジャン マカオ

2016年に開業したばかりの非常に大型のホテルで、マカオ国際空港まで4km、タイパ島までわずか2kmと観光に便利な立地です。ホテル内にショッピングモール、フードコート、カジノなど何でも揃っていると言っていいほどの豪華絢爛さです。夕方から夜にかけてホテルの外観がライトアップされ、とてもきれいだと評判です。ロマンチックな雰囲気を利用して、このホテルでウエディングフォトを撮影するカップルもいるほど。夜遊びを楽しみたい方や、雰囲気重視のカップルにおすすめのホテルです。

・イン ホテル マカオ

タイパ地区の中心にあり、周辺にスーパー、コンビニ、夜遅くまで営業している飲食店などがあってとても便利です。また、カジノが徒歩圏内なので夜遊びの拠点としても利用できます。空港まで車でわずか5分ほどのところに立地し、同クラスの平均よりも安めの料金設定なので、疲れた体を癒すエアポートホテルとしての利用がおすすめです。2005年の開設ですが、清掃が非常に行き届いていて清潔感があると高い評価を得ています。レストランやバー、屋外プールがあり、ホテルの中だけでもマカオの雰囲気を楽しむことができます。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、記載した金額は変動する可能性がありますので、目安としてご参考ください。

全文表示 閉じる
エリア:
マカオ半島 コタイ 更に表示 閉じる
Trip.comは、Ctrip.com (Hong Kong) Limited のグローバルブランドです。Ctripは世界最大級のオンライン旅行会社です。
Ctrip Skyscanner Trip