JP
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨
ヘルプ
日本国内 0120 925 780 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
国際電話 +86 513 8918 6112 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
App
無料アプリをダウンロード

オンライン旅行業界のパイオニア

米国NASDAQ上場のハイテク企業

最良のおもてなし

365日対応 安心の日本語サポート

国際ネットワーク

200を超える国と地域、120万軒以上のホテル&5,000都市以上の航空路線

マニラのホテルガイド

フィリピン共和国の首都で、フィリピン最大の港のある、都市マニラ。

マニラは公共交通機関の中心で、フィリピンのどの都市よりも経済的、文化的な面で、非常に西洋化されているため、「アジアのニューヨーク」として多くに知られています。

マニラは歴史も長く、インド、中国、中央アジアの古代文明などの影響を強く受けており、アメリカとスペインの文化を取り入れることによって最終的に東洋と西洋の複合文化が形成されました。1571年、スペインの植民地支配が確立し、フィリピンは占領され、マニラの中心に城と要塞が作られました。今日のマニラは、田園都市として国際的にも大都市となっています。メトロ・マニラはマニラ首都圏と重なる都市群のことで、マニラや旧首都ケソンを含む15市と1町により構成されています。外国人や移住者でない人たちからは、全てまとめてマニラと呼ばれています。多くの人はフィリピンの別の場所へ移動する際に、マニラを利用することが多いようですが、もし時間に余裕があるようなら、マニラで興味深い経験をしてみてはいかがでしょうか?近代的な高層ビルだけではなく、古風なスペインを思わせる都市もあります。マニラで見る夕焼けはとても有名で、地元の人々は美しさを誇りに思っているのだとか…。夕日に照らされるマニラ湾は、黄金で、そして静けさを演出し、白砂は眩しいほどに輝き、夏には空に虹がかかることも多いそうです。自転車をレンタルして、海岸沿い、10キロほど続くサンセット大通り沿いを走りながら、やや湿った海風を感じつつ、感動的な夕日の沈む瞬間を待つ。待っている時間でさえも楽しむことが出来ます。

マニラは、毎年11月から2月にかけて涼しく過ごしやすい季節になります。この時期は乾季なので雨はほとんど降りません。旅行を考えているのであれば、この時期がベストです。最低気温37℃の酷暑期が始まるのは、毎年3月から5月の間。雨季は6月から10月ですが、20分以上雨が降り続けることはほとんどありません。マニラは、基本的に一年中暑いので半袖のトップスや短パンといった夏服を持って行くのがオススメです。しかし涼しい時期(11月~2月)には、少し暖かめの長袖ジャケットや長ズボンが必要になるかもしれません。雨季(6~10月)は、雨対策グッズ(傘やカッパなど)を忘れずに持っていってください。マニラの治安はあまり良くないので、自分自身の安全について危機意識を持って行動しましょう。観光スポット周辺は、パトロールなど頻繁に行われていますが、日中でも一人で出歩いたりせず、夜はなるべくホテルで時間を過ごし外出は避けたほうが良いです。自分の持ち物や大事な書類は安全な場所にちゃんと保管しておくきましょう! 旅行出発前には必要に応じて、自分にあった保険に入って置くのも良いかもしれません。万が一、旅行中にアクシデントや問題が起こった場合は、速やかに地元の警察(911)に連絡してください。

フィリピンの首都であるマニラは比較的大きな都市で、さらに衛星都市に囲まれているにも関わらず、観光スポットは、リサール公園とイントラムロスといった南部に集中しています。ホテル選びに苦戦する方も多いと思いますが、やはりロケーション、サービス、交通の弁が良く安心して泊まれるホテルがいいですよね。女性の方でも安心して泊れるエリアの一つは、マカティ地区です。もしも、フライトなどの乗り継ぎでホテルが必要な場合は、パサイターミナル周辺のホテルに泊まるとマニラ市内を訪れるのに便利です。植民地時代の遺跡の観光をする予定なら、マニラ市の中心部に滞在することで移動時間を節約できます。もし何かの理由で、ライトレール などの公共交通機関が利用できない場合は、メーター制のレギュラータクシーを利用することをお勧めします。出発前にはしっかり運賃の確認、交渉してから利用してください。

全文表示 閉じる
エリア:
ビノンド クイアポ サンパロック サンタ・クルス サンタ・メサ トンド イントラムロス エルミタ パコ サン・アンドレス・ブキッド 更に表示 閉じる
日本語
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨